Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

181209 #jawsug クラウド女子会 #jazug 女子部合同勉強会 AWSがはじめてのあなたに #cloudgirl @applebear_ayu

293 views

Published on

2018年12月9日にTechPlay渋谷で開催したJAWS-UGクラウド女子会とJAZ女子部が合同で開催したくりぱ勉強会での登壇資料です

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

181209 #jawsug クラウド女子会 #jazug 女子部合同勉強会 AWSがはじめてのあなたに #cloudgirl @applebear_ayu

  1. 1.  AWSがはじめてのあなたに・・・ AWSって何がすごいの? ただ あゆみ 2018/12/9 @ JAWS×JAZ合同くりぱ勉強会 ※本資料内容および本登壇での発言はあくまでも個人的見解によるものです。 所属する組織の見解は含まれず、所属組織とは一切関係ありません。
  2. 2. 目次  自己紹介  JAWS-UGおよびクラウド女子会の紹介  AWS概要  re:InventからみるAWSの変化  まとめ ×
  3. 3. 自己紹介  名前:多田 歩美 (ただ あゆみ)  お仕事:二輪や四輪、最近は小型ジェットなんかも作っている会社で社内向けITインフ ラを担当する部署(いわゆる情シス)所属。最近は研究所領域の担当に戻りました。  個人活動:国家資格キャリアコンサルタント(JCDA)保有 AWS Samurai 2014、AWS Community Hero ※日経xTechでキャリアコン活動として連載してました→https://goo.gl/Djm6dp  好きなもの:くまモン、料理、カラオケ、社会人野球  苦手なもの:ナッツ類、英語  Twitter: @applebear_ayu  Slideshare: ayumitada126 ×  Linked-In: https://www.linkedin.com/in/ayumi-tada/
  4. 4. JAWS-UGとは× Japan(日本)のAWSのUser Group =JAWS-UG(読み方:じょーずゆーじー) #jawsug 定期的に勉強会を開催 初心者から上級者まで AWSに興味を持つ方が集まり 情報交換技術情報やAWS事例まで 幅広く集められます。 ※くまモン出没注意の支部: クラウド女子会、HPC、熊本
  5. 5. クラウド女子会 ※女子っぽいエレガントな雰囲気にしてみた。 https://www.facebook.com/jawsug.cloudgirl/ Facebookページ #cloudgirl http://cloudgirls.blogspot.jp/ ブログ
  6. 6. クラウド女子会の歴史。× ※詳細については、ブログ (http://cloudgirls.blogspot.com/) や女子会を長らく牽引してくださったAya Komuroさんの Slide (http://www.slideshare.net/popowa/201507-jawsug-51302599) を参考にしてください! • 第16回 クラウド女子会 〜新年だよ!2018年を貴女はどんな年にしたい?〜 • 第15回 クラウド女子会 〜美:Cap 雲をもつかむ美しさに最新技術を添えて 〜 • 第14回クラウド女子会~ほんとうにあったこわい話:納涼LT大会〜 • 第13回クラウド女子会〜雲をも掴めるいい女になるためのIoT解体新書!!〜 • 第12回クラウド女子会 〜気づいたら年末だ!とりあえず、みんなでワイワイいろいろと語り合おう〜 • 第11回 クラウド女子会 〜コミュニティの式年遷宮!?初めてさんもお馴染みさんもいらっしゃーい〜 • 第10回クラウド女子会 〜勝手にJAWSUG大忘年会 - 行く年来る年、来年の抱負を叫べ〜 • 第9回クラウド女子会 教えて!先生♡私のAWSがこんなに難しいわけがない • この冬だれと魔法にかかりますか? ☆クリスマス☆直前!! クラウド Cooking for Geeks • クラウド女子会 第7回〜AWS擬人化を通してAWSの理解を深めよう!〜 • 第6回JAWS-UG クラウド女子会『やりくり上手なAWS利用法』 • 第5回クラウド女子会『プログラマブルなクラウドワークショップ』 • クラウド女子会企画 「クラウド忘年会2011」 • 第二回JAWS-UG クラウド女子会〜クラウドセキュリティ徹底入門〜 • 女子会運営サミット • JAWS-UG クラウド女子会 焼き肉の陣 • JAWS-UG クラウド女子会&Azure ユーザー会女子部の合同勉強会 • クラウド女子♥花見 • 初回勉強会 NEW OLD
  7. 7. クラウド女子会の歴史。× ※詳細については、ブログ (http://cloudgirls.blogspot.com/) や女子会を長らく牽引してくださったAya Komuroさんの Slide (http://www.slideshare.net/popowa/201507-jawsug-51302599) を参考にしてください! • 第16回 クラウド女子会 〜新年だよ!2018年を貴女はどんな年にしたい?〜 • 第15回 クラウド女子会 〜美:Cap 雲をもつかむ美しさに最新技術を添えて 〜 • 第14回クラウド女子会~ほんとうにあったこわい話:納涼LT大会〜 • 第13回クラウド女子会〜雲をも掴めるいい女になるためのIoT解体新書!!〜 • 第12回クラウド女子会 〜気づいたら年末だ!とりあえず、みんなでワイワイいろいろと語り合おう〜 • 第11回 クラウド女子会 〜コミュニティの式年遷宮!?初めてさんもお馴染みさんもいらっしゃーい〜 • 第10回クラウド女子会 〜勝手にJAWSUG大忘年会 - 行く年来る年、来年の抱負を叫べ〜 • 第9回クラウド女子会 教えて!先生♡私のAWSがこんなに難しいわけがない • この冬だれと魔法にかかりますか? ☆クリスマス☆直前!! クラウド Cooking for Geeks • クラウド女子会 第7回〜AWS擬人化を通してAWSの理解を深めよう!〜 • 第6回JAWS-UG クラウド女子会『やりくり上手なAWS利用法』 • 第5回クラウド女子会『プログラマブルなクラウドワークショップ』 • クラウド女子会企画 「クラウド忘年会2011」 • 第二回JAWS-UG クラウド女子会〜クラウドセキュリティ徹底入門〜 • 女子会運営サミット • JAWS-UG クラウド女子会 焼き肉の陣 • JAWS-UG クラウド女子会&Azure ユーザー会女子部の合同勉強会 • クラウド女子♥花見 • 初回勉強会 NEW OLD 2011/1/27
  8. 8. JAZとは過去にも・・・× ※詳細については、ブログ (http://cloudgirls.blogspot.com/) や女子会を長らく牽引してくださったAya Komuroさんの Slide (http://www.slideshare.net/popowa/201507-jawsug-51302599) を参考にしてください! • 第16回 クラウド女子会 〜新年だよ!2018年を貴女はどんな年にしたい?〜 • 第15回 クラウド女子会 〜美:Cap 雲をもつかむ美しさに最新技術を添えて 〜 • 第14回クラウド女子会~ほんとうにあったこわい話:納涼LT大会〜 • 第13回クラウド女子会〜雲をも掴めるいい女になるためのIoT解体新書!!〜 • 第12回クラウド女子会 〜気づいたら年末だ!とりあえず、みんなでワイワイいろいろと語り合おう〜 • 第11回 クラウド女子会 〜コミュニティの式年遷宮!?初めてさんもお馴染みさんもいらっしゃーい〜 • 第10回クラウド女子会 〜勝手にJAWSUG大忘年会 - 行く年来る年、来年の抱負を叫べ〜 • 第9回クラウド女子会 教えて!先生♡私のAWSがこんなに難しいわけがない • この冬だれと魔法にかかりますか? ☆クリスマス☆直前!! クラウド Cooking for Geeks • クラウド女子会 第7回〜AWS擬人化を通してAWSの理解を深めよう!〜 • 第6回JAWS-UG クラウド女子会『やりくり上手なAWS利用法』 • 第5回クラウド女子会『プログラマブルなクラウドワークショップ』 • クラウド女子会企画 「クラウド忘年会2011」 • 第二回JAWS-UG クラウド女子会〜クラウドセキュリティ徹底入門〜 • 女子会運営サミット • JAWS-UG クラウド女子会 焼き肉の陣 • JAWS-UG クラウド女子会&Azure ユーザー会女子部の合同勉強会 • クラウド女子♥花見 • 初回勉強会 NEW OLD 2011/4/30
  9. 9. 私が女子会初参加したのは・・・× ※詳細については、ブログ (http://cloudgirls.blogspot.com/) や女子会を長らく牽引してくださったAya Komuroさんの Slide (http://www.slideshare.net/popowa/201507-jawsug-51302599) を参考にしてください! • 第16回 クラウド女子会 〜新年だよ!2018年を貴女はどんな年にしたい?〜 • 第15回 クラウド女子会 〜美:Cap 雲をもつかむ美しさに最新技術を添えて 〜 • 第14回クラウド女子会~ほんとうにあったこわい話:納涼LT大会〜 • 第13回クラウド女子会〜雲をも掴めるいい女になるためのIoT解体新書!!〜 • 第12回クラウド女子会 〜気づいたら年末だ!とりあえず、みんなでワイワイいろいろと語り合おう〜 • 第11回 クラウド女子会 〜コミュニティの式年遷宮!?初めてさんもお馴染みさんもいらっしゃーい〜 • 第10回クラウド女子会 〜勝手にJAWSUG大忘年会 - 行く年来る年、来年の抱負を叫べ〜 • 第9回クラウド女子会 教えて!先生♡私のAWSがこんなに難しいわけがない • この冬だれと魔法にかかりますか? ☆クリスマス☆直前!! クラウド Cooking for Geeks • クラウド女子会 第7回〜AWS擬人化を通してAWSの理解を深めよう!〜 • 第6回JAWS-UG クラウド女子会『やりくり上手なAWS利用法』 • 第5回クラウド女子会『プログラマブルなクラウドワークショップ』 • クラウド女子会企画 「クラウド忘年会2011」 • 第二回JAWS-UG クラウド女子会〜クラウドセキュリティ徹底入門〜 • 女子会運営サミット • JAWS-UG クラウド女子会 焼き肉の陣 • JAWS-UG クラウド女子会&Azure ユーザー会女子部の合同勉強会 • クラウド女子♥花見 • 初回勉強会 NEW OLD 2014/6/28
  10. 10. こんなお話をしました!× http://www.slideshare.net/ayumitada126/20140628jawsughpc (⬆️画像)なかやまろぐさんのブログより http://nakayamalog.blogspot.jp/2014/ 06/aws.html?spref=tw
  11. 11. クラウド女子会は男子も参加できます!  女子のエスコートがあれば男子も参加可能!!!  職場の新人・後輩・先輩男子を誘うもよし!  気になるあの人を誘うもよし!  心は乙女という方の参加ももちろんOK! ×
  12. 12. 関西女子会もあるよ!
  13. 13.  AWS概要
  14. 14. AWSは2016年に10年を迎え、現在12年目× (出典)https://aws.amazon.com/jp/aws_history/
  15. 15. AWSのグローバルインフラストラクチャ× (出典) https://www.slideshare.net/KamedaHarunobu/aws-nightschool20180618 ←上図にはケープタウン追加しました ケープタウン
  16. 16. AWSの機能改善、イノベーションのスピードは驚異的× (出典) https://www.slideshare.net/KamedaHarunobu/aws-nightschool20180618 ローンチされた新サービス数(年次) Amazonのビジネスサイクル図
  17. 17. 現時点の機能は100+×  AWSマネージメントコンソール上のサービス一覧 (2018年12月8日時点)
  18. 18.  re:InventからみるAWSのサービス 変化
  19. 19. re:Inventとは?×  年に1度米国(ラスベガス)で開催されるAWSイベントの中でも最大のカンファレンス。 単なるテクノロジーカンファレンスではなく、Education & Learningカンファレンスである。  今年は11月25日から11月30日にかけて開催された。 参加者 ()内はライブスト リーム登録 ブレイクアウトセッション 2012 6,000+ 150+ 2013 9,000+ 175+ 2014 13,500+ (15,000+) 273 2015 19,000+ (35,000+) 278 2016 32,000+ 400+ 2017 43,000+ (60,000+) 1,000+ 2018 50,000+ 1,000+ 2018年の会場規模(ホテル7箇所!マジでめちゃ広い)
  20. 20. re:Inventで振り返るAWSの進化 (1/4)× Year Keynote Andy Jassy (CEO) Keynote Theme : Werner Vogel (CTO) コメントおよび代表的/衝撃的/盛り上がった新 サービス 1 2012 re:Inventというタイトルの意味 ・クラウドを使うことでビジネスをAWS上に構築 できるという ビジネスの始め方を再発明した ・クラウドによりビジネスのスピードと俊敏さを 再発明したい ・21st Century Architecturesにおける4つ の掟 (Controllable/Resilient/Adaptive/Data Driven) ⇒Everything is a programmable resource ・Bigdataへの対応強化/IaaS領域の強化 →Redshift / EC2 / DataPipeline 2 2013 ・AWSが採用される理由 (Security/Cost/Availability/Agility) ・プライベートクラウド/オンプレとの共存 ・The power of invention (Performance/Security/reliability/cost/Sca lability) ・エンタープライズを強く意識したサービス →Workspaces/AppStream/Kinesis/CloudTrail/RDS for PostgreSQL 3 2014 ・Cloud has become the new normal ・Harder, Better, Faster, Stronger ・サーバーレス時代の幕開け/コンテナへの対応/ クラウドネイティブなDBの登場/開発プロセスの 迅速化 →Lambda / ECS / Aurora / CodeDeploy, Pipline, Commit 4 2015 ・7つのFreedom ⇒Freedom to Control Your Own Destiny 1. Freedom to build unfettered : 2. Freedom to get the real value from your data 3. Freedom to get your data into the cloud Easily: 4. Freedom from bad (database) relationships: Freedom to Migrate 5. Freedom to secure your cake and Eat ・システムを構築するために知っておくべき 6つの法則 1. Lucas Critique:ルーカスの批判 2. Goal’s Law:ゴールの法則 3. Law of Demeter:デメテルの法則 4. Occam’s Razor:オッカムの剃刀 5. Reed’s Law:リードの法則 6. The Gestalt Principle:ゲシュタルトの法則 ・過去2年でリリースされたサービスが点が線で繋 がるようなアップデートが ・IoT関連サービス強化/AWS初の物理デバイス →AWS IoT ,Kinesis Firehose, Analytics / Snowball ・DevSecOpsの実現に向けたセキュリティサービス の充実 →Inspector / Config Rules ・AWSの利用ケースが増え始め、そのノウハウがま
  21. 21. re:Inventで振り返るAWSの進化 (2/4)× 抽象度の高いサービスに移行することにより、運用コストは削減できるが 既存のオンプレミス運用を全てPaaS、SaaS化できるわけではない。 これまでのクラウドサービスは抽象度とカスタマイズ性が正比例して発展してきた これからはサービスとしての抽象度を高位で実現しつつ、どれだけカスタマイズ領域を確 保できるかが求められてきている ※Special Thanks: Yuki Itoさん(https://www.linkedin.com/in/yuki-ito/) 2015年時点で見えていたAWSのサービス進化の方向性
  22. 22. re:Inventで振り返るAWSの進化 (3/4)× 今後のクラウドサービスではPaaSとSaaSの隙間および新規領域へのサービス提 供として、”機能”そのものを提供できる基盤としての“FaaS”が台頭 FaaSが本格活用されることにより、IaaSで提供していた機能の多くは実現可能となる。今後 クラウドを活用することとは、サービス利用者はサーバを意識しない環境⇒サーバレスアーキテク チャに移行することとなる 2015年時点で見えていたAWSのサービス進化の方向性 ※Special Thanks: Yuki Itoさん(https://www.linkedin.com/in/yuki-ito/)
  23. 23. re:Inventで振り返るAWSの進化 (4/4)× Year Keynote Theme : Andy Jassy (CEO) Keynote Theme : Werner Vogel (CTO) コメントおよび代表的/衝撃的/盛り上がった 新サービス 5 2016 Super Powers (with AWS,it can feel like you have been given) Transformations ・だんだんその場ですぐに理解、消化でき ないサービスが増え始める(汗) ・運用の高度化に対応可能な各種サービス → OpsWorks For Chef Automate ・機械学習関連サービス強化の兆し →Rekognition, Polly, Lex 6 2017 Freedom of choice for developers 21st Century Architectures re:Imagined ・機械学習関連サービスの大幅拡充/開発者 向けサービス強化 →SageMaker, DeepLens,Transcribe, Translate/Cloud9 7 2018 The 5 Sentiments of What Builders Want The journey from his worst day at AWS to his best ・フルスタックかつフルスケールなサービ スが続々リリースされる ・IaaS領域の強みを生かしたさらなる強化。マ ネージドサービスを充実させ”Builder”にとっ て”ほしい”環境がすぐに手に入る! ・遂にオンプレに設置できるサーバが登場 →Outpost
  24. 24. 今年盛り上がったサービスの一つ!DeepRacer!!× • 1/18スケールの4輪ラジコンカー。 • クラウド上に準備された環境 (Amazon SageMakerとAWS RoboMaker環境がセット になったもの)と組み合わせて利用する。 • 自動運転を実現する手段の一つとしても 重要となる“強化学習”をお手軽に学ぶこ とができる • 自分で学習させたモデルを搭載してレー スに参加することができる「DeepRacer League」も来年から開催されることが同 時に発表された。 • オンボードIntel Atom® プロセッサー 1080p解像度の4メガピクセルカメラ、高速WiFi(802.11ac)、 複数のUSBポート、およそ2時間稼働できるバッテリーを搭載 • Atom processor上で、Ubuntu 16.04 LTS、ROS(Robot Operating System)、および Intel OpenVinoコンピュータービ ジョンツールキットが稼働
  25. 25.  まとめ
  26. 26. AWSはここがすごい!×  コミュニティーがすごい!! →是非JAWSに一度は足を運んでください!  クラウド業界のリーダーであり機能改善/イノベーションのスピードがすごい!! →Go Build!! とにかく触ってみなはれ!  re:Inventがすごい! →1度は行ってほしい。あの熱気、そしてスケールは現地に行かなければ感じられ ません!  技術的な進化だけでなく、トラディッショナルな考え方を変えるために必要な様々な ノウハウや経験を惜しみなくシェアしてくれるのがすごい! →AWSを利用する上ではMUST! 他の”クラウドサービス”を利用する上でも知ってい て損はない『Well-Architected Framework』はみんな必ず理解してね https://aws.amazon.com/jp/blogs/news/aws-well-architected-whitepaper/
  27. 27. 直近のJAWS-UG勉強会イベントは!?× ↓↓【公式HP】全国のJAWSイベント予定なども載ってます↓↓ https://jaws-ug.jp/ ↓↓イベントの様子はこちら!↓↓ アスキーのJAWS-UG専用のコミュニティ情報サイト http://ascii.jp/jaws-ug/
  28. 28. 年に1度のJAWS-UGビッグイベントは!?× 申し込み絶賛受付中!!!! @TOC五反田メッセ(貸し切り!) 1500名規模の大イベンド!! https://jawsdays2019.jaws-ug.jp/
  29. 29. おまけ  本日紹介したサイト  各サービスをわかりやすく解説・紹介してくれている資料集 https://aws.amazon.com/jp/aws-jp-introduction/  各サービスの公式ドキュメント https://aws.amazon.com/jp/getting-started/documentation/  オンラインセミナー https://aws.amazon.com/jp/about-aws/events/webinars/
  30. 30. ご静聴ありがとうございました♡

×