DECADE+2(2000-2012)アヨハタ(ブクログ事業部 ディレクター)こんな仕事とかしてました+本で振り返る
Decadeとは?   10年を振り返る、という企画で、元々は    smashmediaというブログをやってる河野さん    が毎年末にやっているもの。   2008年に一度つくったものをベースに付け加    えてみました   聞きたい...
では、はじめます
自己紹介   大西隆幸 / Takayuki Onishi(通称アヨハタ)    1979年1月13日生まれ。大阪府立工業高等専門学校電子情報工学科    卒業後、デジタルハリウッド大阪校 専科クリエイティブ卒業   AKB48チームA松原...
アヨハタの10(+2)年   第一期(AKBでいうとチームBが出来るまで)    ●大阪時代のフリーランスとアニメ    ⇒自由きままに仕事しながら、いろいろなドリームを叶える    お手伝いをする   第二期(AKBでいうとひまわり公演か...
2000年   デジハリ在学中に3DCGとか映像を勉強していた。    しかし、映像関係就職は無理だと挫折。    ウェブ制作の勉強をはじめる。   在学中に知り合った、人が一緒にお仕事する人を募集してて    声をかける。一晩明かして、つ...
2001年   順調に仕事を覚えるが、なんとなく違和感を感じ    る。    ふとした事で、社長と喧嘩になって、辞める    #これに関しては、今考えれば自分は若かったと    思うけど、色々とおかしいと思う所は多かったの    で、辞めた...
2002年   年初に、SIAM SHADEの解散ライブに参戦する。    号泣する   派遣も終了して、フリーランスとして活動開始す    る。    すぐに、お仕事はボチボチくる。知り合い経由よ    りもマッチングサイトでの獲得が多か...
参考:天六(日本一長い商店街)
2003年   この年、Flashクリエイターの人たちとの飲み    会とかによく参加することになる。    その中で、情報発信サイトやECとか作りたい    ねって話になって、アーチストグッズコムを    立ち上げたら、言い出しっぺの人に「...
このとき読んでた本         秋山晶の仕事と周辺          ⇒コピーライターの本          とかを何故か読んでた
2004年   この年にアーチストグッズコム発売した、CDが    すごい売れ行きで、事務所に発送の封筒が転がり    まくる。   何故かデジハリの京都校の卒業生の人たちと仲良    くなる。    その流れで、TAをはじめる(そのときに...
アーチストグッズコムをやってわかったこと   個人制作のアニメーションの可能性、市場性    結果的に、その後すごいクリエーターが出て来て証明    されたと思っている    しかし、自分はチャンスを物にできなかった   YouTubeやニ...
2005年   JAWACON2005を夏に開催する    協賛でペパボの家入さんと健吾さんにすごくお世    話になる    このイベントから、やわらか戦車のラレコさんや    蛙男商会さんが出て来た。    ただ、色々とあって終了後、運営...
JAWACON2005
このとき読んでた本         スタイルシートスタイ          ルブック          ⇒この本がなかったら          CSS好きにならなかっ          たと思う。
2006年   2月に上京する。すぐに、サイバーエージェントで働き始める(ま    た派遣社員)    ブログのコーディングがメイン業務であったが、コーディングルー    ルなどがそろっておらずマジ切れして、自分で作る。一時期はそれ    が...
このとき読んでた本         渋谷ではたらく社長の          告白⇒入社前に読んで          て、藤田社長の印象が          変わった一冊。人間味          のある人だって思った。
2007年   1月17日に入籍する。(いわゆるスピード婚)   春前に、サイバーエージェントを退職する(正し    くは契約終了か)    なんだかんだ言って、楽い会社だった。    押■学先生のブログに関わらせてもらえた。(け    ど...
このとき読んでた本         マーケティング          ⇒ひたすら基本だけ書          いてる本。地味だけど、          基礎は重要だと思った。
2008年   大型案件も落ち着き、春に初社員が入る。制作の仕事に対して行き    詰まりも感じ、マーケティングや企画のお仕事をやりたいと思うよ    うになる。   初めて、雑誌で執筆をする。動画マーケティングについて書く。自    分の...
このとき読んでた本          色々読んでた、マー           ケティングの本とか           Web制作、UXの本と           か。ゲリラマーケ           ティングの本はフ           リー...
2009年   骨折と同時に、色々とあって精神的に凹む。    社員も辞める予定だったので会社をたたむこ    とを決める   紆余曲折あり編集プロダクションに入る   仕事も前の会社から引きついだものや、知り    合いからの相談もあり...
このとき読んでた本        あんまりこの年は本読んで         なかったきがする。。。
2010年   会社で新プロジェクトが立ち上がり責任者になる    中国にオフショア開発で行い、スケジュール管理    などをやっていた    言語の壁や、システムの設計関係、いろいろな人    に挟まれつつの要件定義などで精神的におかしく ...
編集した本
このとき読んでた本         そんなマーケティング          なら、やめてしまえ!          ⇒ペプシコ、コカコー          ラにいたセルジオジー          マンって人。
2011年   3月に会社を辞める決心をする   退職の旨を伝えたあと、大震災が起きる    会社は昼で解散になり、新宿から阿佐ヶ谷まで歩    きながら帰る。もしかしたら世界の終わりだと思    い、一人で焼肉を食べツタヤで「アウトレイジ...
このとき読んでた本         イシューからはじめよ          う          ⇒問題解決とかそうい          う本。難しい本で3回ぐ          らい読んでる。
2012年   6月から株式会社ブクログですね。   僕がやりたいこと    -本屋などの接点を大事にしたい(本が好きな    人は本屋にいる)    -パブーって「セルフパブリッシング」のデ    ファクトスタンダードにしたい!    他...
まとめ
僕がこの10(+2)年で学んだこと   自分の考えや相手にどうしてほしいかを伝えること   やりたい、って思ったことは人に話す(案外かなう)   適当なこと、社交辞令はなるべく言わない   1人で出来ることは大したことはできない、みんな...
ありがとうございました
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

第三回ディレクタートークショー -DECADE(+2-

1,019 views

Published on

Published in: Career
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
1,019
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
394
Actions
Shares
0
Downloads
3
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

第三回ディレクタートークショー -DECADE(+2-

  1. 1. DECADE+2(2000-2012)アヨハタ(ブクログ事業部 ディレクター)こんな仕事とかしてました+本で振り返る
  2. 2. Decadeとは? 10年を振り返る、という企画で、元々は smashmediaというブログをやってる河野さん が毎年末にやっているもの。 2008年に一度つくったものをベースに付け加 えてみました 聞きたいことあったら途中で挙手してくださ い。
  3. 3. では、はじめます
  4. 4. 自己紹介 大西隆幸 / Takayuki Onishi(通称アヨハタ) 1979年1月13日生まれ。大阪府立工業高等専門学校電子情報工学科 卒業後、デジタルハリウッド大阪校 専科クリエイティブ卒業 AKB48チームA松原夏海さん推し(JUGEMでブログもやってま す) 2000年 大阪の制作会社に入社後、翌年退社。その後、2001年か ら2002年まで派遣社員でシステム会社などでウェブ担当者として 働く。 2003年よりフリーランス活動開始、ウェブ制作、開発とともに ウェブ、Flashアニメのグッズ販売ニュースサイトの運営。 2005年に上京、大手ブログサービスでコーダ-を担当、2006年10月 には自身の会社を設立したが、2009年4月会社をたたみ編集プロダ クションのメディア部門に入社。2011年5月に退社、2011年6月に paperboy&co.入社。 「インターネット&Webの必須常識100(ワークスコーポレーショ ン、共著)」でHTMLの章を担当
  5. 5. アヨハタの10(+2)年 第一期(AKBでいうとチームBが出来るまで) ●大阪時代のフリーランスとアニメ ⇒自由きままに仕事しながら、いろいろなドリームを叶える お手伝いをする 第二期(AKBでいうとひまわり公演から武道館での組閣ま で) ●上京そして起業 ⇒大手の仕事をやる楽しさと、今後のキャリアに悩む 第三期(AKBでいうと組閣後新公演がはじまらない時期) ●編集プロダクション時代 ⇒精神的にもきつかった時代だが、これがあるから今の自分 がある 第四期(AKBでいうと新公演開始から初ミリオンのEveryday, カチューシャまで) ●paperboy&co.入社から株式会社ブクログへ ⇒サービスに企画側として初めて関わる
  6. 6. 2000年 デジハリ在学中に3DCGとか映像を勉強していた。 しかし、映像関係就職は無理だと挫折。 ウェブ制作の勉強をはじめる。 在学中に知り合った、人が一緒にお仕事する人を募集してて 声をかける。一晩明かして、つくったサイトだったが公開さ れず..この時、初めて「TABLEレイアウト」という存在を知 る 卒業後、株式会社ディーネットという会社に入社。 FlashアニメーションとかHTMLやJavaScriptを書くお仕事を させてもらう。 入社3ヶ月で大手家電メーカーのECサイト立ち上げに関わり、 毎日終電帰りになる。この業界の大変さを身にしみる。 #ちなみに、そのサイトは2年ぐらいで潰れました。 同期入社の子が半年で辞める。軽く凹む。
  7. 7. 2001年 順調に仕事を覚えるが、なんとなく違和感を感じ る。 ふとした事で、社長と喧嘩になって、辞める #これに関しては、今考えれば自分は若かったと 思うけど、色々とおかしいと思う所は多かったの で、辞めた事は間違えでは無かったと思う 派遣で、システム会社にウェブ担当者として働く 一から立ち上げの会社であったので、会社のロゴ デザインとか色々やることに 並行して、あるスポーツ用品のメーカーにも派遣 に行くが、なんか先方都合でクビにされる。未だ にその会社の商品は買わないようにしている。
  8. 8. 2002年 年初に、SIAM SHADEの解散ライブに参戦する。 号泣する 派遣も終了して、フリーランスとして活動開始す る。 すぐに、お仕事はボチボチくる。知り合い経由よ りもマッチングサイトでの獲得が多かった ある電気屋さんのECの構築をする。 PHPで一からECサイトを作った(PHP+MySQL) 実は本片手に初めて書いたPHPプログラムだった。 #高専でC言語やってて良かったと思った。 この年から、大阪の天六という場所で一人暮らし をはじめる
  9. 9. 参考:天六(日本一長い商店街)
  10. 10. 2003年 この年、Flashクリエイターの人たちとの飲み 会とかによく参加することになる。 その中で、情報発信サイトやECとか作りたい ねって話になって、アーチストグッズコムを 立ち上げたら、言い出しっぺの人に「本当に やっちゃたのかよ」と言われる。 なんとなく、この年はダラダラしてたと思う。
  11. 11. このとき読んでた本  秋山晶の仕事と周辺 ⇒コピーライターの本 とかを何故か読んでた
  12. 12. 2004年 この年にアーチストグッズコム発売した、CDが すごい売れ行きで、事務所に発送の封筒が転がり まくる。 何故かデジハリの京都校の卒業生の人たちと仲良 くなる。 その流れで、TAをはじめる(そのときに健吾さん (今の上司)と知り合う) 結果的には半年ぐらいしかやらなかったけど、そ のときの生徒何人かとは未だにやりとりはある。 mixiに参加する 家の事情で色々とあって、一人暮らしを辞めて実 家に戻った
  13. 13. アーチストグッズコムをやってわかったこと 個人制作のアニメーションの可能性、市場性 結果的に、その後すごいクリエーターが出て来て証明 されたと思っている しかし、自分はチャンスを物にできなかった YouTubeやニコ動、そしてpixivなどの登場で作品の発 表の場は沢山できた。 しかし、クリエイターに還元される仕組みがあまり無 いと思った(2008年当時) この問題が解決されない限り、ネット上の表現活動は ずっと続かないと思っている。 しかし、サラリーマンをしながらも、素晴らしい作品 を作り続ける人は居る。 インターネットってすばらしと思う。
  14. 14. 2005年 JAWACON2005を夏に開催する 協賛でペパボの家入さんと健吾さんにすごくお世 話になる このイベントから、やわらか戦車のラレコさんや 蛙男商会さんが出て来た。 ただ、色々とあって終了後、運営からは離れる。 思う所があって、上京する気持ちが出てくる このタイミングくらいから、会社を作ることが頭 にあった この年、あこがれの元SIAM SHADEのDAITAさん のサイトに関わることになる。
  15. 15. JAWACON2005
  16. 16. このとき読んでた本  スタイルシートスタイ ルブック ⇒この本がなかったら CSS好きにならなかっ たと思う。
  17. 17. 2006年 2月に上京する。すぐに、サイバーエージェントで働き始める(ま た派遣社員) ブログのコーディングがメイン業務であったが、コーディングルー ルなどがそろっておらずマジ切れして、自分で作る。一時期はそれ が社内のコーダーの標準的な資料となったらしい。 Ameba Visionという動画共有サイトの立ち上げに関わる。 サービスの立ち上げの大変さを感じる そんなに当時は詳しくないのに、アイドル関係の企画の会議に呼ば れる(グラビアは詳しかった) 10月に、会社を立ち上げる 夏ぐらいに藤田社長と初めて対面する。 運良く、短期間に3回も会食に参加できる アヨハタの名前を覚えられる。本名は覚えられてないと思う。 3月に今の妻(北海道在住)とコトノハというサービスのオフ会で 出会う
  18. 18. このとき読んでた本  渋谷ではたらく社長の 告白⇒入社前に読んで て、藤田社長の印象が 変わった一冊。人間味 のある人だって思った。
  19. 19. 2007年 1月17日に入籍する。(いわゆるスピード婚) 春前に、サイバーエージェントを退職する(正し くは契約終了か) なんだかんだ言って、楽い会社だった。 押■学先生のブログに関わらせてもらえた。(け ど、実績のブログが事情により数年後消滅する) 夏に大手SNSのリニューアルのプロジェクトのコ ンペに参加 無事獲得、怒濤の進行で地獄を見る 終了後すぐに結婚式で準備が全然できず、色々と 迷惑をかける….
  20. 20. このとき読んでた本  マーケティング ⇒ひたすら基本だけ書 いてる本。地味だけど、 基礎は重要だと思った。
  21. 21. 2008年 大型案件も落ち着き、春に初社員が入る。制作の仕事に対して行き 詰まりも感じ、マーケティングや企画のお仕事をやりたいと思うよ うになる。 初めて、雑誌で執筆をする。動画マーケティングについて書く。自 分の文章書く能力のなさに凹む。 マーケティングの勉強に励む。この当時は、リスペクトしていて人 がいてずっと背中を追いかけていた AKB48にはまる。 人生において、たぶん一番はまってるものだと思う。 子供が産まれる。 その前々日に、妻の推しメンの卒コンだったので代理で行くが、産 まれないか戦々恐々としていた。 ニコ動で人気があった「護法少女ソワカちゃん」というアニメのイ ベントをロフトプラスワンで開始する。当時のチケット最速売り切 れ記録を作ったらしい(と支配人さんに言われた)
  22. 22. このとき読んでた本  色々読んでた、マー ケティングの本とか Web制作、UXの本と か。ゲリラマーケ ティングの本はフ リーランスの人にお 勧めの1冊。
  23. 23. 2009年 骨折と同時に、色々とあって精神的に凹む。 社員も辞める予定だったので会社をたたむこ とを決める 紆余曲折あり編集プロダクションに入る 仕事も前の会社から引きついだものや、知り 合いからの相談もあり、順調に受託仕事を増 やす 2008年にやったイベントの2回目をまたやる ことに。この年、そのアニメはDVDも発売さ れた。
  24. 24. このとき読んでた本  あんまりこの年は本読んで なかったきがする。。。
  25. 25. 2010年 会社で新プロジェクトが立ち上がり責任者になる 中国にオフショア開発で行い、スケジュール管理 などをやっていた 言語の壁や、システムの設計関係、いろいろな人 に挟まれつつの要件定義などで精神的におかしく なる 本の企画から編集とかをやる。 サービスができあがらない、オフショア開発の難 しさを痛感する 「出来ない」というのを言うことの難しさにぶつ かる(俗に言う30歳の壁だと思う)
  26. 26. 編集した本
  27. 27. このとき読んでた本  そんなマーケティング なら、やめてしまえ! ⇒ペプシコ、コカコー ラにいたセルジオジー マンって人。
  28. 28. 2011年 3月に会社を辞める決心をする 退職の旨を伝えたあと、大震災が起きる 会社は昼で解散になり、新宿から阿佐ヶ谷まで歩 きながら帰る。もしかしたら世界の終わりだと思 い、一人で焼肉を食べツタヤで「アウトレイジ」 を借りて見る 地震の影響で会社が社員数名を残して全員放出す ることになる。そのことをFacebookに書いたら、 健吾さんから声がかかる。 6月20日にpaperboy&co.入社 6月22、AKB48チームA 松原夏海さんの生誕祭 (委員長だった)
  29. 29. このとき読んでた本  イシューからはじめよ う ⇒問題解決とかそうい う本。難しい本で3回ぐ らい読んでる。
  30. 30. 2012年 6月から株式会社ブクログですね。 僕がやりたいこと -本屋などの接点を大事にしたい(本が好きな 人は本屋にいる) -パブーって「セルフパブリッシング」のデ ファクトスタンダードにしたい! 他ね!色々とやりんたんですよ!
  31. 31. まとめ
  32. 32. 僕がこの10(+2)年で学んだこと 自分の考えや相手にどうしてほしいかを伝えること やりたい、って思ったことは人に話す(案外かなう) 適当なこと、社交辞令はなるべく言わない 1人で出来ることは大したことはできない、みんなが いるから大きなことができる 起こした「コト」を批判するのは良いと思う。ただし 「人」は批判しないほうが良い 発信することの大切さ 考えると悩むは違う 個人のクリエイティブには可能性がある AKB48握手券はあんまり買わない(家族から怒られ る)
  33. 33. ありがとうございました

×