Successfully reported this slideshow.
Your SlideShare is downloading. ×

Smart se seminor no6 agileqa cybozu

Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Upcoming SlideShare
アジャイルRCA
アジャイルRCA
Loading in …3
×

Check these out next

1 of 22 Ad
Advertisement

More Related Content

Slideshows for you (20)

Similar to Smart se seminor no6 agileqa cybozu (20)

Advertisement

Recently uploaded (20)

Advertisement

Smart se seminor no6 agileqa cybozu

  1. 1. 現場のアジャイルQAを QA2AQパターンと比較し 議論してみた スマートエスイーセミナーシリーズ 「ポスト・コロナ時代のソフトウェアエンジニアリングを考える」 第6回 アジャイル開発と品質 2020/8/20 CYBOZU INC. COPYRIGHT © ATSUSHI NAGATA 1 サイボウズ株式会社 QA Community 永田 敦
  2. 2. QA2AQパターン勉強会 目的 パターンを学び、自分たちの活動を振り返る. パターンをただまねることではない 議論し、学び、自らの次の活動を考える。 形式 QA2AQパターンの説明、質疑応答 質問を参加者に投げる 例:ではあなたはどうしてますか? 2020/8/20 CYBOZU INC. COPYRIGHT © ATSUSHI NAGATA 2
  3. 3. 実績 6回の勉強会 1回目:イントロダクション 2回目:パターン: ”障壁の解体” 2回目:パターン: ”QAを含むOneチーム” 4回目:パターン: ”アジャイル品質プロセス” 5回目:パターン: ”アジャイル品質プロセス”続き 6回目:発表のレビュー 2020/8/20 CYBOZU INC. COPYRIGHT © ATSUSHI NAGATA 3
  4. 4. パターン: ”障壁の解体” 2020/8/20 CYBOZU INC. COPYRIGHT © ATSUSHI NAGATA 4 QA担当者が開発チームの一部ではない場合には、多くの問題が発生する可 能性があります(「我々」対「彼ら」シンドロームの発生)。QA担当者をアジャイ ルチームに組み込むにはどうすればよいのでしょうか? 問題 解決案 アジャイル品質チームでは、最初からQA担当者をアジャイルチームの一部と して含めることが重要です。 Pattern : Break Down Barriers
  5. 5. サイボウズにおける”障壁の解体” ·2017/2 サイボウズでアジャイルQA(DevQA)の紹介 ·2018/2 Cybozu Meetup #11 アジャイルQA もう、サイボウズでDevQAが実践されている リリース判定会議(ゲート)はあった ·2019/2 開発組織改編:QA部署がなくなる 品質はQAでなく チームとして責任を持つことになった QAは開発チームのメンバーとして活動 QA Communityの誕生 2020/8/20 CYBOZU INC. COPYRIGHT © ATSUSHI NAGATA 5
  6. 6. ちなみにDevQA 2020/8/20 CYBOZU INC. COPYRIGHT © ATSUSHI NAGATA 6 設計 QA 品質の 見える化 開発のリファレンス ▪ レビュー ▪ テスト ▪ 測定 サポート Deploy 評価環境 暗黙的共有 リスク 課題 アクション 信頼関係 フィードバックでもたらされた情報 (開発,PO) 品質のフィードバック https://www.slideshare.net/POStudy/devqa-qa-postudy
  7. 7. パターン: ”QAを含むOneチーム” 2020/8/20 CYBOZU INC. COPYRIGHT © ATSUSHI NAGATA 7 アジャイルチームはどのようにしてそのような障壁を取り除き、品質をさらに アジャイルにすることができるでしょうか。 問題 解決案 早い段階でQAを含めるなど、さまざまなアクションを通じてコミュニケーション を妨げる障壁や壁を取り壊してください。 Pattern : Whole Team
  8. 8. 質問をしてみました 2020/8/20 CYBOZU INC. COPYRIGHT © ATSUSHI NAGATA 8 QAが多くの文書を書いているのは、それが彼らの成果物だからです。特に 重要なのは、上司に対する品質の報告書です。 では、Agile QAでは、何が成果物でしょうか 質問 回答 今でもテスト仕様書は成果物だなーって思います! 素朴には開発物 (プログラム) が QA の成果物でもあるという意識でした。 この開発物には仕様書も含まれます (仕様書も試験するので) この成果物を作成する過程で生産される副産物が, kintone などに残した試 験結果という意識でした。 成果物はリリースするバージョンの製品だと思っています。 QAの成果物というか、開発チーム全体で一つの成果物を作っているのだと考 えています。
  9. 9. Whole Team 2020/8/20 CYBOZU INC. COPYRIGHT © ATSUSHI NAGATA 9 開発物 (プログラム) が QA の成果物で もあるという意識でした。 QAの成果物というか、開発チーム全体で 一つの成果物を作っているのだと考えて います。
  10. 10. パターン: ”アジャイル品質プロセス” 2020/8/20 CYBOZU INC. COPYRIGHT © ATSUSHI NAGATA 10 重要なシステム品質の評価をアジャイルプロセスにどのように組み込み、QA 担当者はそのプロセスのどこへ入っていけばよいでしょうか? 問題 解決案 アジャイルプロセスの一環として、システム品質を理解、記述、開発、および テストする方法を構築します。 Pattern : Integrate Quality
  11. 11. スクラムにおける品質の扱い (参考) 2020/8/20 CYBOZU INC. COPYRIGHT © ATSUSHI NAGATA 11
  12. 12. Integrate Quality 2020/8/20 CYBOZU INC. COPYRIGHT © ATSUSHI NAGATA 12 スプリント要求 振る舞い どこで、品質に気づくか 何に、その品質を 埋め込むか どこで、その品質を チームに共有するか どこで、その品質を 確かめるか Ready Done
  13. 13. アジャイルプロセス例 2020/8/20 CYBOZU INC. COPYRIGHT © ATSUSHI NAGATA 13 kintoneの場合
  14. 14. リファインメント 2020/8/20 CYBOZU INC. COPYRIGHT © ATSUSHI NAGATA 14 要求プロセス:バックログの品質を高め、Readyにするプラクティス 目的 背景・理由 ユーザーストーリ 受け入れ条件 バックログの 説明 質問 見積 PBI Ready スプリントスプリント スプリント デルファイ 品質の 気づき 品質の 埋め込み QA 開発 PO PO 開発 バックログの 修正 開発観点 リスクの 洗い出し PO スプリントと並行して行われる
  15. 15. スプリント 開発プロセス 2020/8/20 CYBOZU INC. COPYRIGHT © ATSUSHI NAGATA 15 PBI Done Sprint Planning 2 リスク認識 タスク 計画 受入テスト 設計 仕様書変更 プロダクトバックログアイテム 設計・実装・テスト Sprint Review Sprint Panning 1 バックログ 説明 割り当て タスク実行 モブ・アクティビティ
  16. 16. 2020/8/20 CYBOZU INC. COPYRIGHT © ATSUSHI NAGATA 16 プランニング2 バックログ タスク設計 テスト実装 タスク実行 懸 念 だ しQA 設計 テ ス ト 設 計 レ ビ ュ ー 仕 様 作 成 ・ レ ビ ュ ー PO UIデザイン リスクリスト 仕様書 受入テスト 試験設計書 テスト実行 品質の共有品質の共有 共有の 形式化 品質の 埋込み 品質の 確認
  17. 17. Integrate Quality 2020/8/20 CYBOZU INC. COPYRIGHT © ATSUSHI NAGATA 17 アジャイルのいたるところのプロセスに、品質を“Integrate”するため のフィードバックループができている。 気づき 共有 埋め込み検証 学び QAは品質のスペシャリストとして、品質を認識し、それをチームに フィードバック、共有することで、チームは品質を埋め込んでいる。 QAはそれを検証し、そこからスペシャリストとして学んでいる。
  18. 18. まとめ 2020/8/20 CYBOZU INC. COPYRIGHT © ATSUSHI NAGATA 18 Pattern : Break Down Barriers Pattern : Whole Team サイボウズでは、スクラムを導入するさい、QAをどうしていくか悩んでいた。 私が、DevQAというフィードバックモデルを紹介したところ、QAは1年でこの二つのパターン を取り入れ、私に見せてくれた。そしてその1年後、会社組織としてもWhole Teamパターンに なってしまった。 このように非常に速く変わることができたのは、後に述べるサイボウズのメンタリティであり、 文化によるものである。 Pattern : Integrate Quality P11のスクラムの図では、QAがいろいろなパターンを使いながら品質を埋め込んでいき、 それをQuality Testingでフィードバックしているような印象を受ける。 しかし、サイボウズでは、もっとアジャイルにいたるところでフィードバックを回し、それに よる気づきと学びで、観点、考え方が変わっている。そのconsequencesとして、バックログ、 仕様書、コード、テスト設計の品質が上がる。そして、それらのフィードバックループががア ジャイルプロセスとして機能している。
  19. 19. メンタリティ 2020/8/20 CYBOZU INC. COPYRIGHT © ATSUSHI NAGATA 19 • 変化する力 • 変化することを受け入れる • 自分の価値観を変える • 相手に敬意を持つ • 信頼する • 試す勇気 • 新しいことに飛び込む勇気 • 工夫する力 • 課題に気づきまとめ、それに対する対応を発 想する 改善の心 進化する組織(Evolutionary)
  20. 20. 基盤となる文化 2020/8/20 CYBOZU INC. COPYRIGHT © ATSUSHI NAGATA 20 心理的安全性 発言の平等性 アジャイルリーダシップ研修1:Michael Sahota, Audree Sahota オープンマインド
  21. 21. アジャイルQAのメンタリティ 2020/8/20 CYBOZU INC. COPYRIGHT © ATSUSHI NAGATA 21 リリースされた成果物は QA の成果物でもある、 というか開発チーム全体で一つの成果物を作っ ているのだと考えています。
  22. 22. 2020/8/20 CYBOZU INC. COPYRIGHT © ATSUSHI NAGATA 22 ご清聴ありがとうございました サイボウズ QA Community 永田 敦

×