Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
EclipseCon	NA2016	報告	
	
田中	
ビューファイブ	LLC	
2016/05/13
アジェンダ	
•  Eclipse	Founda:on	&	Eclipse	Conference	
•  Eclipse	Con	NA2016 報告	
–  Textual	DSL	関連	
–  Graphical	DSL	関連	
–  EMF...
Eclipse	Founda:on について	
•  オープンソースソフトウェア推進団体	
–  2001年11月に設立	
–  会員数:約	230	社・団体(2015年末)	
–  hIp://www.eclipse.org/org/foun...
Eclipse	Founda:on について	
•  Ac:ve	Projects	
–  276	(160	[mature]	+	116	[incuba:ng])	projects	
–  hIp://projects.eclipse.org...
EclipseCon について	
•  EclipseCon	(Eclipse	Conference)は Eclipse コミュニティー参加者の集まり
(発表会・情報交換会的イベント)。	
•  2016	年の EclipseCon	スケジュー...
Eclipse と	OMG	
•  OMG	
–  基本的に(国際)業界標準「仕様」を策定	
•  Eclipse	Founda:on	
–  OMG標準の実装を含め各種技術のオープンソース化を推進	
–  OMG標準の実装に関わる事例	
• ...
hIps://www.eclipsecon.org/na2016/conference/schedule/session/2016-03-07	
	
EclipseCon	NA	は例年月曜日(チュートリアルDay)から木曜日夕刻までの4日間
hIps://www.eclipsecon.org/na2016/conference/schedule/session/2016-03-08
hIps://www.eclipsecon.org/na2016/conference/schedule/session/2016-03-09
hIps://www.eclipsecon.org/na2016/conference/schedule/session/2016-03-10
hIps://www.flickr.com/photos/108559379@N08/24985913334/	
Wai:ng	for	a	keynote	to	begin:
hIps://www.flickr.com/photos/108559379@N08/25380624720/	
hIps://www.flickr.com/photos/108559379@N08/25054737173/	
Mike	Milin...
Textual	DSL 関連	
•  eXXXtreme	Tutorial	-	Xtext,	Xbase	and	Xtend	
–  Home	Automa:on	
–  Building	a	REST	DSL	
•  Xtext	2.9	-	...
Xtext	
•  Home	Automa:on	サンプルモデル	
Device	Window	can	be	OPEN,	CLOSED	
Device	Hea:ng	can	be	ON,	OFF	
	
Rule	'Close	Window,	w...
Device	Window	can	be	OPEN,	CLOSED	
Device	Hea:ng	can	be	ON,	OFF	
	
Rule	'Close	Window,	when	hea:ng	turned	on'	
		when	Hea:...
Xtext
DEMO
Xtext	
•  Xtext	2.9	-	New	&	Noteworthy	スライド	
–  本スライドデータは EclipseCon サイトに公開されていませんが、本日
のMBSD	コミュニティーで紹介したいということで依頼し送って貰いま
...
Graphical	DSL	(Sirius) 関連	
•  Modeling	Avengers	:	Open	Source	Technology	Mix	for	Saving	
the	World	
–  GEMOC	project	:	Sir...
Sirius	
•  Sirius 事例紹介	
–  本コミュニティで過去にSiriusワークショップを2回開催して
います	
–  Sirius	を使うと EMF	Ecore モデルに基づいてグラフィカル
エディターを作成できます	
•  コ...
Sirius	Tutorials	
Ecore	モデル	
Sirius	
グラフィカルエディタ!	
興味を持たれた方へ:	
hIps://eclipse.org/sirius/getstarted.html
Arduino	Designer	
•  Obeo	社の Mélanie	Bats	さんにより昨年 Github	上に公開さ
れたプロジェクト	
–  hIps://github.com/mbats/arduino	
•  EclipseCon...
hIp://www.infoq.com/presenta:ons/arduino-designer
Arduino	 hIps://www.arduino.cc
Arduino	[hardware	(wiring)]	
hIps://www.arduino.cc/en/tutorial/blink
Arduino	IDE	[So~ware]	
setup	
loop	
IDE	付属のサンプルより
Arduino	Designer	[hardware]
Arduino	Designer	[so~ware]
Arduino	Designer	
arduino.ecore	(main	part)
Arduino	Designer	
•  Ecore	ファイルがあるので、グラフィカルエディタを
Sirius で作成できます	
–  [EMF]	Genmodel 生成	
–  [EMF]	Model	code	&	Edit/Editor	p...
EClass	(concept)	 Graphical	Element	
from	 to	
arduino.ecore	に基づく	
図形要素へのマッピング
DEMO
Sirius	
•  Modeling	Avengers	:	Open	Source	Technology	Mix	
for	Saving	the	World		
–  スライド	
•  hIp://cedric.brun.io/talks/M...
Sirius	
•  Gemoc	プロジェクト	
–  The	GEMOC	Ini:a:ve	
•  ANR	INS	Project	GEMOC	
•  hIp://gemoc.org/ins/
Sirius	適用例	
•  Gallery	Page	
–  各種ドメインへの適用事例	
•  hIps://eclipse.org/sirius/gallery.html	
•  Sirius で何を作るか、事例を眺めて考えると楽しいかもし...
EMF/EMF	Forms 関連	
•  Ecore	Editor-	Reloaded	
–  例題で説明します	
•  Make	it	happen!	-	Crea:ng	a	complex	form-based	UI	
in	30	minu...
EMF	Forms	
•  EMF	Forms 概要	
•  Ecore	Editor	&	Genmodel	Editor	(v1.8.0	~)	
–  ブログ	
•  hIp://eclipsesource.com/blogs/tutoria...
DEMO
組み込みシステム系の活動	
•  (一般的)組み込みシステム系	
–  Arduino	C++	IDE	for	Eclipse	
•  PolarSys	WG	
–  Open	source	tools	for	embedded	systems...
PolarSys	WG関連	
•  本年は UML	tool を利用したものが中心 	
–  Let's	play:	Lego	meets	Papyrus	UML	
•  Papyrus	+	MOKA	
–  Evel	Knievel	vers...
PolarSys	WG とは	
hIps://www.polarsys.org/about-us
PolarSys	WG の目的・対象領域	
hIps://www.polarsys.org/about-us
hIps://www.polarsys.org/solu:ons	
PolarSys の主なソリューション	
•  System	and	So~ware	Engineering	
–  Capella 	SysML	利用開発経験に基づき開発手法...
PolarSys	WG セション模様	
•  PolarSys	WG の多くのツールを使い Toy	Rover	(シンプルな探査ロボット)
を低予算($200-300程度?)で構築するコンテストを予定(ツールを使いき
ちんと設計することのコンテ...
hIps://www.eclipse.org/org/press-release/20160222_papyrus_industry_consor:um.php	
…..
Papyrus-RT 情報	
•  インストール方法	
–  hIps://wiki.eclipse.org/Papyrus-RT/User_Guide/Installa:on	
•  UML-RT	モデルの作成からコード生成・実行まで (Pi...
xtUML 情報	
•  ホームページ	
–  hIps://xtuml.org	
–  Executable,	translatable	UML
EclipseCon:ここ2年のロボット系デモ他	
•  EclipseCon	NA	2016	
–  PolarSys	Rover	demo	(Raspberry	Pi?):	PolarSys	tools	must	be	used	
–  P...
hIps://www.flickr.com/photos/108559379@N08/25049422273/	
hIps://www.flickr.com/photos/108559379@N08/25572337166/	
hIps://www...
hIps://www.eclipsecon.org/na2016/iot-summit	
hIp://iot.eclipse.org		
IoT	関連: IoT	Summit
InfoQ	記事	
•  InfoQ.com		
–  スポンサー参加し、インタビュー実施やプレゼンテーション録画	
•  EclipseCon	NA	2016	関連記事	
–  Eclipse	Founda:on	Releases	Next-...
Presenta:on 資料/録画データ 他	
•  EclipseCon	NA	2016	サイトの	Session	Slides	ページ	
–  hIps://www.eclipsecon.org/na2016/conference/sess...
少々の感想	
•  Eclipse	Modeling	
–  Eclipse 環境の	MBSD	は従来	DSL	(Xtext,	Sirius,	…	),	UML,	EMF	など各種ツールそ
れぞれが上流から下流までのツール群を揃えようとしていま...
最後に	
•  共通の理解を得るため「スケッチとしてのモデル」もありですが、どうせな
らモデルを有効利用しましょう	
–  モデルベースソフトウェア開発コミュニティーで いろいろな可能性をぜひ一
緒に検討しましょう	
–  良ければワークショッ...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

EclipseCon NA2016 report

220 views

Published on

Trip report to EclipseCon NA2016 [focus: modeling]

Published in: Technology
  • Be the first to comment

EclipseCon NA2016 report

  1. 1. EclipseCon NA2016 報告 田中 ビューファイブ LLC 2016/05/13
  2. 2. アジェンダ •  Eclipse Founda:on & Eclipse Conference •  Eclipse Con NA2016 報告 –  Textual DSL 関連 –  Graphical DSL 関連 –  EMF Forms 関連 –  PolarSys WG 関連 –  その他 •  最後に
  3. 3. Eclipse Founda:on について •  オープンソースソフトウェア推進団体 –  2001年11月に設立 –  会員数:約 230 社・団体(2015年末) –  hIp://www.eclipse.org/org/founda:on/reports/annual_report.php –  参考 (報告者の概算) •  Luna SR2 (2/27/2015 〜) のダウンロード数:~ 8.8 million (以下のURLの 合計数) hIp://www.eclipse.org/downloads/packages/release/luna/sr2 (Java/JavaEE で ~6.4 million)
  4. 4. Eclipse Founda:on について •  Ac:ve Projects –  276 (160 [mature] + 116 [incuba:ng]) projects –  hIp://projects.eclipse.org/search/projects •  Working Groups –  Automo:ve –  Internet of Things (IoT) * –  Loca:onTech –  Long Term Support –  OpenMDM –  PolarSys * –  Science * : 後で少し触れます
  5. 5. EclipseCon について •  EclipseCon (Eclipse Conference)は Eclipse コミュニティー参加者の集まり (発表会・情報交換会的イベント)。 •  2016 年の EclipseCon スケジュール –  North America (NA): 3/7-10 @ RESTON VA, USA –  France: 6/7-9 @ TOULOUSE, FRANCE –  Europe: 10/25-27 @ LUDWIGSBURG, GERMANY •  報告者は従来 3 年毎に参加 –  モデルベースソフトウェア開発コミュニティ –  2015/2016 連続参加 –  参加者は22か国から281名(米、加、独、仏、英 …) –  日本からの参加は報告者のみ 今回のスポンサー -> <- OMG 会議の前週に同一会場にて
  6. 6. Eclipse と OMG •  OMG –  基本的に(国際)業界標準「仕様」を策定 •  Eclipse Founda:on –  OMG標準の実装を含め各種技術のオープンソース化を推進 –  OMG標準の実装に関わる事例 •  UML/SysML/MARTE/fUML+PSCS (Papyrus) •  EMOF (EMF/ecore) •  MOF QVT (QVTo, QVTd (ATL)) •  BPMN (BPMN2 Modeler) •  SOA (SCA Tools) •  MOF Model to Text (Acceleo) •  … –  3年程度の周期で OMG/Eclipse 合同ワークショップも開催
  7. 7. hIps://www.eclipsecon.org/na2016/conference/schedule/session/2016-03-07 EclipseCon NA は例年月曜日(チュートリアルDay)から木曜日夕刻までの4日間
  8. 8. hIps://www.eclipsecon.org/na2016/conference/schedule/session/2016-03-08
  9. 9. hIps://www.eclipsecon.org/na2016/conference/schedule/session/2016-03-09
  10. 10. hIps://www.eclipsecon.org/na2016/conference/schedule/session/2016-03-10
  11. 11. hIps://www.flickr.com/photos/108559379@N08/24985913334/ Wai:ng for a keynote to begin:
  12. 12. hIps://www.flickr.com/photos/108559379@N08/25380624720/ hIps://www.flickr.com/photos/108559379@N08/25054737173/ Mike Milinkovich Execu:ve Director Eclipse Founda:on Par:cipants!
  13. 13. Textual DSL 関連 •  eXXXtreme Tutorial - Xtext, Xbase and Xtend –  Home Automa:on –  Building a REST DSL •  Xtext 2.9 - New & Noteworthy •  User-Centric Diagram Editors –  開発の動機と Demo •  Demo 自体は1年前に紹介したものと同じ •  10 Java Idioms Stomped with Xtend –  セッション不参加 •  EclipseCon Europe2015の同名の動画が公開されている •  Crea:ng a Standalone Generator with Xtend –  Science WGでの Xtext 利用事例
  14. 14. Xtext •  Home Automa:on サンプルモデル Device Window can be OPEN, CLOSED Device Hea:ng can be ON, OFF Rule 'Close Window, when hea:ng turned on' when Hea:ng.ON then Window.CLOSED Rule 'Switch off hea:ng, when windows gets opened' when Window.OPEN then Hea:ng.OFF
  15. 15. Device Window can be OPEN, CLOSED Device Hea:ng can be ON, OFF Rule 'Close Window, when hea:ng turned on' when Hea:ng.ON then Window.CLOSED Rule 'Switch off hea:ng, when windows gets opened' when Window.OPEN then Hea:ng.OFF Model: declara:ons+=Declara:on*; Declara:on : Device | Rule; Device : 'Device' name=ID 'can' 'be' states+=State (',' states+=State)*; State : name=ID; Rule: 'Rule' descrip:on=STRING 'when' when=[State|QualifiedName] 'then' then=[State|QualifiedName]; QualifiedName : ID ('.' ID)*; Xtext •  DSL の文法を定義
  16. 16. Xtext
  17. 17. DEMO
  18. 18. Xtext •  Xtext 2.9 - New & Noteworthy スライド –  本スライドデータは EclipseCon サイトに公開されていませんが、本日 のMBSD コミュニティーで紹介したいということで依頼し送って貰いま した –  TypeFox 社 の Sven Exinge さんと Jan Köhnlein さんに感謝します
  19. 19. Graphical DSL (Sirius) 関連 •  Modeling Avengers : Open Source Technology Mix for Saving the World –  GEMOC project : Sirius を含む各種OSSツールの連携・統合利用プロ ジェクト •  How to Make Robust and Scalable Modeling Workbenches with Sirius –  Sirius :ps: Sirius の Ge{ng Started を終えた後に復習+次の段階の 学習に使えそうです •  言いたい事が何かを考えながら読み進んでください
  20. 20. Sirius •  Sirius 事例紹介 –  本コミュニティで過去にSiriusワークショップを2回開催して います –  Sirius を使うと EMF Ecore モデルに基づいてグラフィカル エディターを作成できます •  コード生成を行う場合には Acceleo を使います –  事例: Arduino Designer (EclipseCon 2015 より)
  21. 21. Sirius Tutorials Ecore モデル Sirius グラフィカルエディタ! 興味を持たれた方へ: hIps://eclipse.org/sirius/getstarted.html
  22. 22. Arduino Designer •  Obeo 社の Mélanie Bats さんにより昨年 Github 上に公開さ れたプロジェクト –  hIps://github.com/mbats/arduino •  EclipseCon NA2015 での講演動画が InfoQ で公開されていま す
  23. 23. hIp://www.infoq.com/presenta:ons/arduino-designer
  24. 24. Arduino hIps://www.arduino.cc
  25. 25. Arduino [hardware (wiring)] hIps://www.arduino.cc/en/tutorial/blink
  26. 26. Arduino IDE [So~ware] setup loop IDE 付属のサンプルより
  27. 27. Arduino Designer [hardware]
  28. 28. Arduino Designer [so~ware]
  29. 29. Arduino Designer arduino.ecore (main part)
  30. 30. Arduino Designer •  Ecore ファイルがあるので、グラフィカルエディタを Sirius で作成できます –  [EMF] Genmodel 生成 –  [EMF] Model code & Edit/Editor projects 生成 –  [eclipse] Plugins を組み込んだ Eclipse 起動 –  [Sirius] Viewpoint Specifica:on Project 作成 –  [Sirius] odesign マッピングファイル定義
  31. 31. EClass (concept) Graphical Element from to arduino.ecore に基づく 図形要素へのマッピング
  32. 32. DEMO
  33. 33. Sirius •  Modeling Avengers : Open Source Technology Mix for Saving the World –  スライド •  hIp://cedric.brun.io/talks/ModelingAvengers/#/ –  動画 •  hIp://www.infoq.com/presenta:ons/smart-farming-system-tools •  GEMOC Studio demo: star:ng at ~ 8 min 40 sec
  34. 34. Sirius •  Gemoc プロジェクト –  The GEMOC Ini:a:ve •  ANR INS Project GEMOC •  hIp://gemoc.org/ins/
  35. 35. Sirius 適用例 •  Gallery Page –  各種ドメインへの適用事例 •  hIps://eclipse.org/sirius/gallery.html •  Sirius で何を作るか、事例を眺めて考えると楽しいかもしれません
  36. 36. EMF/EMF Forms 関連 •  Ecore Editor- Reloaded –  例題で説明します •  Make it happen! - Crea:ng a complex form-based UI in 30 minutes (過去にワークショップで紹介しました) •  EMFForms goes AngularJS •  Tailor-made model comparison: how to customize EMF Compare for your modeling language •  Model Migra:on with Edapt
  37. 37. EMF Forms •  EMF Forms 概要 •  Ecore Editor & Genmodel Editor (v1.8.0 ~) –  ブログ •  hIp://eclipsesource.com/blogs/tutorials/emf-forms-editors/ –  Mars にインストールが必要 •  hIps://www.eclipse.org/ecp/emfforms/download.html •  1.8.x Service Releases Update Site •  “EMF Forms Ecore Editor” –  Eclipse の次のリリースに入れる計画のようです
  38. 38. DEMO
  39. 39. 組み込みシステム系の活動 •  (一般的)組み込みシステム系 –  Arduino C++ IDE for Eclipse •  PolarSys WG –  Open source tools for embedded systems –  hIps://www.polarsys.org
  40. 40. PolarSys WG関連 •  本年は UML tool を利用したものが中心 –  Let's play: Lego meets Papyrus UML •  Papyrus + MOKA –  Evel Knievel versus Incremental Always Advancing •  xtUML –  Papyrus for Real Time: Executable modeling on Eclipse •  Papyrus-RT –  Mars explora:on guided by PolarSys
  41. 41. PolarSys WG とは hIps://www.polarsys.org/about-us
  42. 42. PolarSys WG の目的・対象領域 hIps://www.polarsys.org/about-us
  43. 43. hIps://www.polarsys.org/solu:ons PolarSys の主なソリューション •  System and So~ware Engineering –  Capella SysML 利用開発経験に基づき開発手法も組み込んだモデルベース開発環境 –  Papyrus for UML/SysML モデリングツール(+コード生成) •  So~ware development –  C/C++ for Embedded Linux –  Papyrus RT ROSE-RT などの流れを汲むリアルタイム用UMLツール(+コード生成) •  xtUML(BridgePoint)との統合も視野に入れて開発が行なわれている –  Papyrus for UML –  Egit –  EGerrit •  Tools Development Kit –  Kitalpha •  Verifica:on and Valida:on –  Titan –  Trace Compass
  44. 44. PolarSys WG セション模様 •  PolarSys WG の多くのツールを使い Toy Rover (シンプルな探査ロボット) を低予算($200-300程度?)で構築するコンテストを予定(ツールを使いき ちんと設計することのコンテスト)。デモでは Papyrus-RT(?) でモデル作成。 •  UMLツール(Papyrus)にOMG仕様を実装したMokaを組み込み、LEGOで 作った自動車のアセンブルラインをEV3で動かすデモ講演あり。 –  更に、UML ProfileとしてBPMNやBMMなどを組み込み活用した事例も確認。 •  その他 –  リアルタイムシステム向けUMLツールにPapyrus-RTとxtUMLがあり、両者が協 力体制にある(Papyrus-RTに機能追加を計画)。 –  ソリューションの一つであるTrace Compassツールを使った実時間システムト ラブルシューティング(参加できず)
  45. 45. hIps://www.eclipse.org/org/press-release/20160222_papyrus_industry_consor:um.php …..
  46. 46. Papyrus-RT 情報 •  インストール方法 –  hIps://wiki.eclipse.org/Papyrus-RT/User_Guide/Installa:on •  UML-RT モデルの作成からコード生成・実行まで (PingPong モデル) –  hIps://wiki.eclipse.org/Papyrus-RT/User_Guide/Ge{ng_Started •  UML-RT specifica:on 文書は本年6月を目標に準備中とのこと
  47. 47. xtUML 情報 •  ホームページ –  hIps://xtuml.org –  Executable, translatable UML
  48. 48. EclipseCon:ここ2年のロボット系デモ他 •  EclipseCon NA 2016 –  PolarSys Rover demo (Raspberry Pi?): PolarSys tools must be used –  Papyrus4Lego Car Factory demo (Mindstorms EV3) –  Obeo Robot demo (Mindstorms EV3) –  Goldman Sacks Robot demo (Mindstorms EV3 & Eclipse Collec:ons) –  Robo:cs Related ac:vi:es •  IoT Summit: 14 sessions •  C++ IDE for Arduino •  EclipseCon NA 2015 –  Xtext XRobot demo (Mindstorms EV3) –  Obeo Arduino Designer demo (Arduino UNO) –  IBM Robot Car demo (Raspberry Pi) –  Robo:cs Related ac:vi:es •  IoT Day: 7 sessions
  49. 49. hIps://www.flickr.com/photos/108559379@N08/25049422273/ hIps://www.flickr.com/photos/108559379@N08/25572337166/ hIps://www.eclipsecon.org/na2016/session/lets-play-lego-meets-papyrus-uml PolarSys Rover prototype hIps://www.youtube.com/watch?v=VSzkiu9uhgU hIps://www.youtube.com/watch?v=ywAHnBl8gz4
  50. 50. hIps://www.eclipsecon.org/na2016/iot-summit hIp://iot.eclipse.org IoT 関連: IoT Summit
  51. 51. InfoQ 記事 •  InfoQ.com –  スポンサー参加し、インタビュー実施やプレゼンテーション録画 •  EclipseCon NA 2016 関連記事 –  Eclipse Founda:on Releases Next-Genera:on IDE, Eclipse Che 4.0 •  hIp://www.infoq.com/news/2016/03/eclipse-che-release –  Microso~ Joins the Eclipse Founda:on •  hIp://www.infoq.com/news/2016/03/microso~-eclipse hIps://www.flickr.com/photos/108559379@N08/25497782932/
  52. 52. Presenta:on 資料/録画データ 他 •  EclipseCon NA 2016 サイトの Session Slides ページ –  hIps://www.eclipsecon.org/na2016/conference/session-slides •  全てのスライドが公開されている訳ではありません(60-70%?) •  InfoQ.com による録画データ(現在15件が登録) –  hIps://www.eclipsecon.org/na2016/content/recorded-sessions •  幾つかの部屋に機器を設置し録画していました(これからも追加される模様) –  hIp://www.infoq.com/eclipsecon-2016/ •  Eclipse News: Discover Model-Based Engineering –  hIp://www.eclipse.org/community/eclipse_newsleIer/2016/april/ •  Papyrus 関連の記事4件
  53. 53. 少々の感想 •  Eclipse Modeling –  Eclipse 環境の MBSD は従来 DSL (Xtext, Sirius, … ), UML, EMF など各種ツールそ れぞれが上流から下流までのツール群を揃えようとしていました –  今回気付いたのは欧州の取り組みで、既存ツール群(+独自要素)をうまく組み 合わせ効率良くより良いものを作り出す仕組みを追求していることです –  Sirius(GEMOC)やPolarSysの話を聞いていると、構造的なモデルは •  まずXtextで簡単に作成 •  次にSiriusでグラフィカルモデルとして表現・提示 •  シミュレーションツールを用意し早い段階でモデル検証(valida:on)を行い •  モデルの詳細化を行い(UMLツール他) •  コード生成につなぐ ・・・ というプロセスを何度か聞きました •  比較的大規模システム志向のPapyrus-RTと限られたリソースに対応でき るxtUMLの協力は印象的! •  Eclipse Che 他をベースとしたクラウド上への展開 –  現在はまだテキストベースですが、来年はどうなっているでしょう? •  次にIoT への適用が来そう?
  54. 54. 最後に •  共通の理解を得るため「スケッチとしてのモデル」もありですが、どうせな らモデルを有効利用しましょう –  モデルベースソフトウェア開発コミュニティーで いろいろな可能性をぜひ一 緒に検討しましょう –  良ければワークショップにも顔を出してください –  Xtext, Sirius/Acceleo, EMF Forms 開発元とは良好な関係にありますので、使 われる際にサポートが必要なら声をかけて下さい •  昨年も言いましたが今年も言います: 皆さんも EclipseCon に参加しませ んか?

×