Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
実践C#
基礎工学部 情報科学科 2回生
翌桧@asunaroucc
C#とは
 必要な環境
→.Net Framework、Mono
 Windowsの場合主に統合開発ツールのVisual Studioを使用する。
 静的型付け、オブジェクト指向(第2回で詳しくやります)
 プログラム起動までの流れ
コ...
Hello World!
 まず、「ファイル」→「新規作成」→「プロジェクト」を選択
 コンソールアプリケーションを選択し新しいプロジェクトを作成
 Main関数
プログラムの最初に実行される
static void Main(strin...
変数の定義と代入
 「型 変数名;」で新しい変数を定義
 「変数名 = 代入したい値(数字とか文字とか変数と
か);」で右辺の値を左辺に代入
 変数の定義をするときに「型 変数名 = 値;」で初期値
として値を代入することもできる。
 ...
演算子
 変数(主に数値)は演算子を使用して変数を操作することができます。
 使い方の例:「変数 = 変数 演算子 変数」など。(演算子によっ
て使い方は違います。
 種類が多いので少しずつ覚えていきましょう(調べたらたくさん出て
きます...
条件分岐
 if, else if, else による条件分岐
if(x==10){
//x==10のときに実行される
} else if(y>20) {
//x==10 でなく y>20だったときに実行される
} else {
//x==1...
ループ文
 forによるループ文
for(ループさせる変数; ループの条件; ループ時に実行される){
// ここに書かれた手続きがループして評価される
}
 whileによるループ文
while(x>=10){
// z>=10である限り...
メソッド
 メソッド
演算結果の型 メソッド名(引数の型 引数){
//処理
//演算結果を返す場合はreturn 演算結果;とする
}
 メソッド名(変数,変数・・・)として呼び出す
練習問題#1
 なべあつ問題
1,2,3,…..,100を出力
ただし3で割り切れる場合と3を含む場合
(例:13)は”Three”を数字の代わりに表示するメ
ソッドを作成
配列・リスト
 配列
特定の型からなるデータの集まり。データはメモリ上に連続的
に記憶される。配列の長さは配列を定義するときに決定する。
要素の型[] 変数 = {要素、要素、・・・};
 リスト
配列と同様に特定の型からなるデータの集まり...
値型と参照型
 値型
 参照型
練習問題#2
(1)
int x = 10;
int y = x;
x = 20;
このとき、
x,yの値は?
(2)
char[] s =
new[]{‘C’,’S’,’h’,’a’,’r’,’p’};
char[] t = s;
s[0]=...
練習問題#1(解答例)
static void Main(string[] args) {
Nabeatu(1, 100);
}
static void Nabeatu(int start, int finish) {
for (int i =...
練習問題#2(解答)
(1)int型は値型なので、y = xでは、10という値そのものが渡される。なのでxの値
を変更しても、yには影響はない。
よって答えはx = 20, y = 10
(2)配列は参照型なので、t = s では、sがどこを参...
おしまい
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

実践C#

1,003 views

Published on

C#講習会1回目の資料です。

Published in: Education
  • Be the first to comment

実践C#

  1. 1. 実践C# 基礎工学部 情報科学科 2回生 翌桧@asunaroucc
  2. 2. C#とは  必要な環境 →.Net Framework、Mono  Windowsの場合主に統合開発ツールのVisual Studioを使用する。  静的型付け、オブジェクト指向(第2回で詳しくやります)  プログラム起動までの流れ コード作成 ビルド 依存関係の 解消 コンパイ ル 実行可能 ファイル生 成 エントリポイント から実行
  3. 3. Hello World!  まず、「ファイル」→「新規作成」→「プロジェクト」を選択  コンソールアプリケーションを選択し新しいプロジェクトを作成  Main関数 プログラムの最初に実行される static void Main(string[] args){ }  出力 Console.Writeline(“出力したい文字列”); ※;(セミコロン)を忘れないように注意  Ctrl+F5で実行
  4. 4. 変数の定義と代入  「型 変数名;」で新しい変数を定義  「変数名 = 代入したい値(数字とか文字とか変数と か);」で右辺の値を左辺に代入  変数の定義をするときに「型 変数名 = 値;」で初期値 として値を代入することもできる。  代表的な型:int(整数)、string(文字列)などなど
  5. 5. 演算子  変数(主に数値)は演算子を使用して変数を操作することができます。  使い方の例:「変数 = 変数 演算子 変数」など。(演算子によっ て使い方は違います。  種類が多いので少しずつ覚えていきましょう(調べたらたくさん出て きます)  例:=(代入),+,-,%(割り算のあまり),*(掛け算),/,&&(かつ),||(または) など
  6. 6. 条件分岐  if, else if, else による条件分岐 if(x==10){ //x==10のときに実行される } else if(y>20) { //x==10 でなく y>20だったときに実行される } else { //x==10 でも y>20でもなかったときに実行される }
  7. 7. ループ文  forによるループ文 for(ループさせる変数; ループの条件; ループ時に実行される){ // ここに書かれた手続きがループして評価される }  whileによるループ文 while(x>=10){ // z>=10である限りここに書かれた手続きがループして評価される }
  8. 8. メソッド  メソッド 演算結果の型 メソッド名(引数の型 引数){ //処理 //演算結果を返す場合はreturn 演算結果;とする }  メソッド名(変数,変数・・・)として呼び出す
  9. 9. 練習問題#1  なべあつ問題 1,2,3,…..,100を出力 ただし3で割り切れる場合と3を含む場合 (例:13)は”Three”を数字の代わりに表示するメ ソッドを作成
  10. 10. 配列・リスト  配列 特定の型からなるデータの集まり。データはメモリ上に連続的 に記憶される。配列の長さは配列を定義するときに決定する。 要素の型[] 変数 = {要素、要素、・・・};  リスト 配列と同様に特定の型からなるデータの集まりだが、データは ばらばらに記憶され、次のデータの場所を持っている。リスト は長さが決まっていないため、要素が追加、削除されるたびに 長さが変わる。 定義:List<型> リストの名前 = new List<型>(); 要素の追加:リストの名前.Add(値);
  11. 11. 値型と参照型  値型  参照型
  12. 12. 練習問題#2 (1) int x = 10; int y = x; x = 20; このとき、 x,yの値は? (2) char[] s = new[]{‘C’,’S’,’h’,’a’,’r’,’p’}; char[] t = s; s[0]=‘F’; このとき、s,tの値は? (3) string a = “abc”; string b = a; a = “def”; このとき、 a,bの値は?
  13. 13. 練習問題#1(解答例) static void Main(string[] args) { Nabeatu(1, 100); } static void Nabeatu(int start, int finish) { for (int i = start; i < finish + 1; i++) { if (i % 3 == 0 || i.ToString().Contains("3")) Console.WriteLine("Three"); else Console.WriteLine(i); } }
  14. 14. 練習問題#2(解答) (1)int型は値型なので、y = xでは、10という値そのものが渡される。なのでxの値 を変更しても、yには影響はない。 よって答えはx = 20, y = 10 (2)配列は参照型なので、t = s では、sがどこを参照しているかという情報がtに代 入される。なので、sの値を変更してしまうと同じ場所を参照しているtも値が変 わってしまう。 よって答えはs = {‘F’,’S’,’h’,’a’,’r’,’p’}, t = {‘F’,’S’,’h’,’a’,’r’,’p’}; (3)string型は参照型だが、string型は、コピーするときに同じ内容の新しいデータ を作成するので、別のデータを参照している。よって、aの値を変更しても、bに 影響はない よって答えはa= “def” , b = “abc”
  15. 15. おしまい

×