Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Wacate2013w 伝えるために出来るコト

2,409 views

Published on

WACATE2013 冬で使用した発表資料です。

Published in: Education
  • Be the first to comment

Wacate2013w 伝えるために出来るコト

  1. 1. 小休憩。。。 2013 @ Asuka Kamijo
  2. 2. Challenge 状態遷移テストを貴方の上司/後輩が 解るように説明するなら、どうしますか? 表現方法は問いません 2013 @ Asuka Kamijo
  3. 3. 映像が脳内再生されるくらいに イメージは付きましたか? 2013 @ Asuka Kamijo
  4. 4. このセッションが終わったら イメージを付けられるようになります 2013 @ Asuka Kamijo
  5. 5. はじめましょう 2013 @ Asuka Kamijo
  6. 6. 伝 えるために出来るコト WACATE実行委員会 上條 飛鳥 2013.12.14 2013 @ Asuka Kamijo
  7. 7. About me 上條 飛鳥(Kamijo♂Asuka) 2013 @ Asuka Kamijo
  8. 8. 心 伝 備 繋 2013 @ Asuka Kamijo
  9. 9. 内側の 心 の理想 2013 @ Asuka Kamijo
  10. 10. できれば理想を求めたくはないですか? 2013 @ Asuka Kamijo
  11. 11. 内側から理想に向かうために必要なコト まとめました 2013 @ Asuka Kamijo
  12. 12. 未来の誰かが ありがとう と貴方に語りかけています 2013 @ Asuka Kamijo
  13. 13. 半ば強引に発信の機会を作ろう 2013 @ Asuka Kamijo
  14. 14. 「ありがとう」と 言ってくれている 人について、 具体的に 説明してみる 30秒×2人 未だ見ぬ 架空の人でもいい 具体的な人のイメージ があるなら、実名で 例:「来年新しく出来る 後輩の中之条君のシ ステム仕様に関する質 問に答えた時、弾ける ような笑顔と共に『あり がとうございます! 助かりました!!』と 言ってくれた」 2013 @ Asuka Kamijo
  15. 15. 2013 @ Asuka Kamijo
  16. 16. 自分の 業界の用語1つ ついて 説明してみる 1分×2人 振舞いや状況・状態を 表す1単語がいい 出来るだけ相手が分 かりそうな例えに置き 換えて 例:デッドロック 「簡単に言うなら、2人の利用者が『お見合い』して動けなくなってしまう現象だ。 例えばこの世にスプーンとフォークが1本ずつしかなかったとする。 君は今カレーを、僕はパスタを食べている。 食べている途中に君はサラダを、僕はスープを食べたくなった。 美味しく食べるにはスプーンとフォークを交換して洗わないといけない。 でも今まさに使っている食器を洗うわけにはいかない。 僕たちは『どうしよう?』と顔を見合わせることになる。 こんな現象のことを、デッドロックと呼ぶんだ。」 2013 @ Asuka Kamijo
  17. 17. うまく出来ましたか? 2013 @ Asuka Kamijo
  18. 18. 人に「話す、伝える」ことに怖気付く前に どう分かりやすく伝えるかを考える 2013 @ Asuka Kamijo
  19. 19. でも、いつも同じようには行かない 2013 @ Asuka Kamijo
  20. 20. 人前で話せても、いきなり説明は難しい 2013 @ Asuka Kamijo
  21. 21. 伝えるために準備をしよう 2013 @ Asuka Kamijo
  22. 22. 直接必要な情報 •具体例 •小道具 •シンプルな説明 •核心 •説明するための流れ •想定される反応と対策 間接的に必要な情報 2013 @ Asuka Kamijo
  23. 23. 相手の言葉で、身近で簡単な例を作ろう 2013 @ Asuka Kamijo
  24. 24. 小道具は「驚き」か「納得」のために 2013 @ Asuka Kamijo
  25. 25. 限界まで簡単に 2013 @ Asuka Kamijo
  26. 26. まずは核心を捉えたメッセージを考える 2013 @ Asuka Kamijo
  27. 27. 未来の姿→全体→小さな具体例→抽象化→実践化 2013 @ Asuka Kamijo
  28. 28. 考えられる質問を、よくありそうな順に 2013 @ Asuka Kamijo
  29. 29. Challenge 状態遷移テストを貴方の上司/後輩が 解るように説明するなら、どうしますか? 表現方法は問いません 2013 @ Asuka Kamijo
  30. 30. さぁ、再戦だ 2013 @ Asuka Kamijo
  31. 31. 2013 @ Asuka Kamijo
  32. 32. レビューしよう! 伝えたい核となる 情報は抜けて いないか? 進行に違和感はない? 2013 @ Asuka Kamijo
  33. 33. イメージ、付きましたか? 2013 @ Asuka Kamijo
  34. 34. あとは、実践あるのみです! いってらっしゃい! 2013 @ Asuka Kamijo
  35. 35. 人の背景・立場・性格を記録しよう 2013 @ Asuka Kamijo

×