Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

起業してわかったベトナムビジネスの可能性

2,029 views

Published on

ベトナムで海外起業してわかったベトナム消費者市場とベトナムビジネスの可能性

Published in: Business
  • Login to see the comments

起業してわかったベトナムビジネスの可能性

  1. 1. 海外起業してわかったベトナムビジネスの可能性 株式会社Asia Plus 代表取締役黒川賢吾
  2. 2. Asia Plusについて
  3. 3. About Us 株式会社Asia Plusは東京とホーチミンにオフィスを構え、日本人とベトナム人のチームで成立っていま す。 著しい成長を遂げているアジアの新興国ですが、文化・風習・人材が異なるため、ビジネスを進める上で 様々な障壁があります。Asia Plusは、その中でも成長の鍵となるこ「営業」「商品企画・マーケティング」 に関してのソリューションを提供してまいります。お客様のアジア新興国でのビジネス成功をサポートし、 我々も一層成長して参ります。 社名: 株式会社Asia Plus 設立: 2014年1月20日 本社 東京都世田谷区玉川4-4-1 Vietnam Office 25/7A Nguyen Binh Kheim Str. Ben Nghe Ward, Dist 1, HCM 代表取締役: 黒川賢吾
  4. 4. 代表取締役略歴:黒川賢吾 1997 – 2000: System Engineer 2001 – 2002: Sales Engineer 2002 – 2012 • Project Manager • Global Marketing Assistant General Manager (UK, US, S’pore) 2012 – 2013: Global Marketing 2014 – : Founder / CEO
  5. 5. 「マーケティング」及び「営業」の二つの分野が新興国での大きな課題 新興国に進出する際の課題について 39.4% 21.0% 10.6% 19.7% 20.0% 38.1% 9.3% 14.3% 40.0% 30.0% 20.0% 10.0% 0.0% Prod Planning / Mktg R&D Engineering Procurement Production Sales After-service Management / Control 2011, ものづくり白書 アジア新興国のビジネス展開の課題
  6. 6. Asia Plusの二つのサービス Connectivity を最大活用して御社のアジア展開をサポート致します 企業向けSNS 営業のリサーチサービス 問題を解決 マーケティング の問題を解決 www.tascade.net www.qanme.net
  7. 7. なぜベトナムなのか?
  8. 8. 東南アジアの増える中間層 Malaysia Thailand Euromonitor Indonesia Vietnam Philippines 富裕層=$35000/yr アッパーミドル=$15000-$35000/yr ローワーミドル=$5000-$15000/yr 低所得層= -$5000/yr
  9. 9. 進出国の検討:東南アジア主要国の比較 アジア圏でオンラインサービスを作ってビジネスするのに最適な条件 Singapore Malaysia Thailand Indonesia Philippines Vietnam Cambodia Myanmar 人口(百万人) 5.5 29.5 64.4 244.5 95.8 90.4 15.3 63.4 一人当たりGDP $54,775 $10,547 $5,674 $3,509 $2,709 $1,901 $1,016 $868 Smartphone WIFI 交通 人件費 エンジニア 人材 経営・生活 コスト 緑=very good, 黄緑= good,黄色= average, 赤=Bad
  10. 10. ベトナムで起業をした理由 アジア圏でオンラインサービスを作ってビジネスするのに最適な条件 無料のWIFI環境廉価で良質のエンジニア 爆発的なスマホ市場の拡大コンパクトな街並(交通ロスが少ない)
  11. 11. ベトナム人のライフスタイル
  12. 12. ASEAN55カ国の可処分所得 83,239 23,467 10,534 8,571 16,194 5,565 1,793 1,458 703 1,167 15.0 13.1 7.2 12.2 13.9 16 14 12 10 8 6 4 2 0 90,000 80,000 70,000 60,000 50,000 40,000 30,000 20,000 10,000 0 上位20%平均可処分所得下位20%平気可処分所得上位vs 下位 Worldbank
  13. 13. ベトナム人の収入分布 50% 45% 40% 35% 30% 25% 20% 15% 10% 5% 0% Student Workers Total N=200, Q&Me Vietnam Market Research
  14. 14. 月額家賃の分布 50% 45% 40% 35% 30% 25% 20% 15% 10% 5% 0% Student Workers Total N=200, Q&Me Vietnam Market Research
  15. 15. 月額食費の分布 45% 40% 35% 30% 25% 20% 15% 10% 5% 0% Student Workers Total N=200, Q&Me Vietnam Market Research
  16. 16. 月額被服・娯楽費用の分布 45% 40% 35% 30% 25% 20% 15% 10% 5% 0% 月額被服費用月額娯楽費用 Student Workers Total N=200, Q&Me Vietnam Market Research 50% 45% 40% 35% 30% 25% 20% 15% 10% 5% 0% -10 USD 10-25 USD 25-50 USD 50-75 USD 75-100 USD 100-125 USD 125-150 USD 150-175 USD 175-200 USD 200-225 USD 225-250 USD 250 USD - Student Workers Total
  17. 17. 月額送金費用の分布 60% 50% 40% 30% 20% 10% 0% -10 USD 10-25 USD 25-50 USD 50-100 USD 100-150 USD 150-200 USD 200-250 USD 250 USD Do not send money Student Workers Total N=200, Q&Me Vietnam Market Research
  18. 18. 日本人とベトナム人の支出比較 3.9 17.5 日本ベトナム 17.5 3.9 18 16 14 12 10 8 6 4 2 0 その他2.5 1 娯楽2.3 0.5 交通・通信2.6 0.3 被服1.1 0.4 光熱0.75 0.3 住居4.65 0.6 食料3.6 0.8 (含む故郷への仕送り) 全国実費消費者調査(30歳未満、単身勤労者、2009)、Q&Me Vietnamese Research (N=200)
  19. 19. スマートフォン購入状況 1,549 1,590 981 1,492 4,335 1,384 996 58% 64% 67% 50% 39% 42% 53% 80% 70% 60% 50% 40% 30% 20% 10% 0% 5,000 4,500 4,000 3,500 3,000 2,500 2,000 1,500 1,000 500 0 Smart phone Feature phone SP rate 2013 Aug, GFK 2014年のデータではベトナムのスマホ率は70%
  20. 20. 所有しているスマートフォンは? 所有携帯機種新品・中古? Apple, 33.00% Samsung , 33.00% Nokia, 17.50% Lenovo, 3.00% Sony, 4.50% ASUS, 5.00% LG, 5.50% HTC, 5.50% Mobiista r, 3.00% Other, 13.00% New, 83.40% 2nd hand, 16.60% N=200, Q&Me Vietnam Market Research
  21. 21. マーケティングについて:ソーシャルメディア利用状況 極めて高いFB利用率 人口 Facebook ユーザー数 Facebook ユーザー率 ソーシャル メディア 接続時間 日本127,000,000 22,000,000 17% 0.8 ベトナム92,400,000 26,000,000 28% 2.4 シンガポール5,400,000 3,200,000 59% 2.2 マレーシア29,600,000 15,600,000 53% 3.3 タイ67,000,000 24,000,000 36% 3.7 フィリピン105,000,000 36,000,000 34% 4.0 インドネシア251,000,000 68,000,000 27% 2.9 wearesocial.sg, social bakers
  22. 22. ベトナム人の生活① • シェアルーム・6人部屋 • 1人月額$35USD程度 • 収入:それぞれ$10M-$15M VND ($500- $750USD), $6M-$10M VND ($300- $500USD), $3M-$5M VND($150-$250USD) 程度 • 出費(月額) • 携帯- $100K VND ($5 USD) • 外食- $1M-$2M VND ($50 - $100 USD) • 実家に送金- $1M VND ($50 USD) x 1, $5M VND ($250 USD) x 2
  23. 23. ベトナム人の生活② • 一軒屋 • 10人家族(祖父(57), 祖母(54), 長女 (34)家族(旦那・娘), 次女(旦那・娘二 人), 長男(25) • 世帯収入(20M VND – 30M VND($1000-$1500 USD))
  24. 24. ベトナムで海外起業して学んだ(でいる)事
  25. 25. 起業からの道のり • 2009. 4 – 2012.7: シンガポール赴任 • 2013.9-11: 東南アジア視察 • 2013.12: ベトナム視察 • 2014.1: 会社登記(日本) • 2014.2-6: 会社設立準備、システム開発 • 2014.7: 会社登記(ベトナム) • 2014.7: 企業SNSサービス開始 • 2014.8: マーケットリサーチサービス開始
  26. 26. 会社設立・承認活動について • 実績 • 2014年2月に申請・7月に設立完了。6ヶ月もかかる。 • 今週こそ承認・・と思いつつ2ヶ月かかる。 • 会社名(Asia Plus名での登記NG)という訳のわからない理由でもめ る。 • 気づき • 大きな手続きは明確だが、承認窓口側もオペレーションが拙いので、 結果、何が起きているのかはかなりわからない。 • 不明瞭な基準、人依存のルール解釈 • 日系・ローカルそれぞれのメリット・デメリット
  27. 27. 採用・人材について • 実績 • 半年でベトナム人10名採用(2名退職) • Vietnamworks (http://www.vietnamworks.com/)を利用 • 気づき • 無名の企業でも応募はたくさん来る(当社の場合オープニングポジ ション2名枠に50名応募。日本語にこだわらない場合) • レジメの内容が5割増 • 面接社平均勤務年数1.3年 • 同様のスキルでもジョブホッピングにより異なる給与 • 言葉の問題もあり、面接だけでのスキル見極めは不可能。試用期間 (2ヶ月)でのスキル・潜在性を見極める
  28. 28. マネジメントについて • 実績 • 日本人×1名(CTO)、ベトナム人×10名をマネージメント • ベトナム人はマネージメント層×1、スタッフ×9 • 外部システム委託先2社をマネージメント • 気づき • 上司の指示を良く聞き動いてくれる一方、プロアクティブな作業はなかな か見込めない • Whatだけの指示では上手くいかないことが多い。Howが理解されている かの識別及び指示が必要 • スカイプやタスク管理ツールで進捗をしっかり管理 • 教育・情報収集の機会が限られるためちょっとしたトレーニング機会の創 出でもモチベーションが変わる • 残業などをしないので締切前の追い込みが難しいが、家などで仕事をし てくれるやる気のある社員も • 飲みニュケーションがかなり効く
  29. 29. 営業について • 実績 • 日系・ベトナムローカル両社へのオンラインシステムの営業活動 • 気づき • 日系企業はコンタクト先さえ掴めばアポ獲得の可能性は高い(ただ し、企業数は1200社*程度と他の東南アジア国より少ない)(*2013年9 月時点) • ローカル企業は日本等と比較すると競合は少なめ。キーパーソンと のネットワーキングが鍵 • 企業電話帳のようなものは有料で購入可能 • ローカル企業マネージメント層にはFacebook、LinkedInなどを利用し てアクセスも可能(マネージメント層は英語でのやりとり、欧米的なコ ンタクト方法が割と使える)
  30. 30. マーケティングについて • 実績 • 2週間で1万人のオンライン会員獲得 • 日・ベトナムでのサービスローンチPR活動 • 気づき • とにかくFacebook。ダントツでROIが高い。ステルスマーケティングなど も問題にならない • ベトナムメディアはそれほど力がない割に高額 • 日本企業への認知に絞るのであれば、日本人向けフリーペーパー等 のメディアも豊富(ほどほど高額) Asia PlusのFacebook広告費用
  31. 31. マーケティングについて:メディア露出 ベトナムメディアに露出はしたものの反響ほぼ無し。
  32. 32. 外部委託について • 実績 • システム開発のベトナムローカル会社への委託 • 気づき • コストが1/4で品質が一緒・・などという良い話はない • 要件の初期での明確化が絶対必要(明確に伝えたことしか実 現されない。日本のように会話のキャッチボールから仕様が決 固まるなどのフローはない) • デザインは外れる可能性が高め • QAは時間も手間もかかる • ベトナムローカル以外の委託オプションの方が結果的に安いこ とも(クラウドワークス、ODesk、Design99、日系企業への委託)
  33. 33. ベトナムで起業して良かった点・注意すべき点 良かった点注意すべき点 • コストが安い • スタッフが比較的真面目で勤勉 • 認可の問題はあるが、競合等を考 えてもビジネスの参入障壁が低い (ビジネスチャンスが多くある一 方、実行障壁が低い) • GDP格差では言い表せない市場 機会 • 凄く親日。ビジネスがやり易い • 都心部の若者であれば結構英語 が通じる • スタッフの経験不足から業務品 質・スピードが思う通りにならない • 市場は成長しているとはいえ、ま だ小さい(受ける商品・価格帯の 選定が肝。誰を相手にするのか) • 色々なビジネスチャンスがありす ぎて目移りする • 国の承認プロセスが不透明 • ネットワーキングが出来ればビジ ネスは上手く進む
  34. 34. 当社でサポート出来ること
  35. 35. ベトナムマーケットリサーチ ベトナム市場について「高品質」「手軽」「廉価」なサービスを提供しています。 ベトナムのような多岐に渡る消費者市場では「定量」「定性」の組み合わせに よる調査が有効です。 定量調査定性調査 +
  36. 36. ベトナムの日常にもビジネスチャンスが・・
  37. 37. ベトナムの日常にもビジネスチャンスが・・ ヘルメット装着にも関 わらず女性の洗髪は 週に3度程度 バイクでの過去1年の 事故率97% 紫外線対策で皆暑い 中でもジャケットやス ウェット着用 通勤時に毎日しっかり 化粧をするのは35% ミニスカートで通勤する OLのバイク対策は?
  38. 38. ベトナムマーケットリサーチ: Chat Survey 投票などをリアルタイムに実現 コメントやイメージを自由にやりとり 参加者一覧 質問を事前に準備 (リアルタイムでの追加も可能)
  39. 39. ベトナムマーケットリサーチ: オンサイトサービス オンラインサーベイ、チャットサーベイにオンサイトでのサービスを加えることで 一層ターゲット層の理解を深めることが出来ます。 ホームビジット・ステイ/ ホームユーステスト ショップアロンググループインタビュー
  40. 40. ベトナムマーケットリサーチ www.qandme.netにてベトナム消費者リサーチのレポートを日々更新
  41. 41. ついでに・・ ベンチャーナウで執筆しているので良かったら見てください (www.venturenow.jp)
  42. 42. kengo.kurokawa@asia-plus.net
  43. 43. EOF

×