高次脳機能障害 STnet講演資料 130112

4,512 views

Published on

Published in: Health & Medicine
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
4,512
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2,279
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

高次脳機能障害 STnet講演資料 130112

  1. 1. STネット講演資料 2013年1月13日 asayume001Copyright © 2013 asayume001. All Rights Reserved.
  2. 2. BRAIN INJULYCopyright © 2013 asayume001. All Rights Reserved.
  3. 3. Agenda Ⅰ. はじめまして Ⅱ. 経緯について Ⅲ. 工夫したこと Ⅳ. のぞむことCopyright © 2013 asayume001. All Rights Reserved.
  4. 4. 講演に立つ理由 志 ・継続就労で社会参加する事に、挑戦したい。 的 ・当事者も、可能な範囲で声をあげるべきと感じる。 な ・コミュニケーションで、貢献できる医療もあると信ず る。 要 ・脳障害を得ても、一生活者として歩みたい。 因 ・医療への恩返しをしたい。 × ・受傷度として重度ではなかった。 事 ・代替手段を習得する機能が残されていた。 実 ・コミュニケーション能力が残されていた。 的 ・医学の知識が基盤としてあった。 背 ・課題抽出・解決思考を有していた。 景 ・プレゼンテーションスキルを有していた。Copyright © 2013 asayume001. All Rights Reserved. 4
  5. 5. Ⅰ. はじめましてCopyright © 2013 asayume001. All Rights Reserved.
  6. 6. 高次脳機能障害と付き合っている41歳の3児のパパです。 ヨークシャテリアのマックスくんが家族に加わりました! ■病歴 37歳の時に心筋梗塞による、突然の心肺停止。 家族の蘇生と、救急搬送により助命。 意識不明4日間を経て、戻ってきました。 高次脳機能障害という障害もついてきて。 ■仕事 広告代理店勤務。 受傷⇒休職⇒復職⇒転職⇒再転職。 苦戦しましたが、やっと落ち着きはじめました。Copyright © 2013 asayume001. All Rights Reserved. 6
  7. 7. 記憶も・機能も・自分も見失った自分が、 どう新しい自分を創ろうとしているか?Copyright © 2013 asayume001. All Rights Reserved. 7
  8. 8. Ⅱ経緯に .ついてCopyright © 2013 asayume001. All Rights Reserved.
  9. 9. 発症の経緯 37歳健康診断ほぼA・仕事順調・家庭円満!? ↓ 2008年8月、錦を飾る思いで実家にお盆帰省 ↓ うしみつ時に急性心筋梗塞発症⇒心肺停止 ↓ 蘇生リレー⇒AED20回⇒緊急手術 ↓ 4日間意識不明 ↓ 三途の川を渡りきる前に目が覚める ↓ 高次脳機能障害 ↑発症12時間前の写真。 デイ・キャンプでBBQしてました。 デイ・キャンプでBBQしてました。Copyright © 2013 asayume001. All Rights Reserved. 9
  10. 10. 私の高次脳機能障害の症状 ・新しいことが覚えづらい ・同時複数作業が苦手 ・疲れやすい・注意散漫 ・うるさいところが苦手 ・過去の記憶喪失(きっかけがあれば思い出せる) ・意欲・発動性の低下 ・一つの事に固執しやすいなどなどCopyright © 2013 asayume001. All Rights Reserved. 10
  11. 11. 就労とリハビリテーションの経緯 猶予 他企業に 復職関連企業に 休職 通常勤務就労 (4ヶ月) 勤務 (3ヶ月) (14か月 うち1ヶ月休職) 通常雇用転職 (16か月 うち3ヶ月休職) 通常雇用転職 (15か月) 入院 外来 外来 OT (週2回~月2回) ( ) ジョブコーチ・サポート・患者会 外来 外来 ST (週2回~月2回) ( ) (1~2ヶ月に1回程度) PT 復職支援 グループその他 プログラム カウンセリング 発症 1年 2年 3年 4年Copyright © 2013 asayume001. All Rights Reserved. 11
  12. 12. 就労復帰の経緯とストレス曲線 FB① OTさん FB② FB③ 高 10 から喝! 業務役割の 9 変更依頼 疎外感・先の見えない 8 不安感など悶々とした 自分ができる 主 状況続く ことを改めて 観 7 的 見直す な 6 「 業務内容の 不 5 安 障害認知 更なる見直し ・ 4 (理解はしていない) つ やる気がないだ ら 3 けと勘違いし退社 さ 上司やチームメン 」 2 雇用先に障害を バー内に障害の開示 復職P 開示して、通常 1 をして他企業に転職。 開始 雇用で再転職 低 0 3Q 4Q 1Q 2Q 3Q 4Q 1Q 2Q 3Q 4Q 1Q 2Q 3Q 4Q 1Q 2Q 3Q 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 猶予 他企業に 復職関連企業に 休職 通常勤務 勤務 通常雇用転職 通常雇用転職 (4ヶ月) (14か月 うち2ヶ月休職) (3ヶ月) ) (16か月 うち3ヶ月休職) (13か月) 発症 1年 2年 3年 4年 本格復職してから非常に強いストレスが発生。受傷後一年二年も経ってから、 改めて自分の障害に遭遇したときに、強い精神的ストレスや不安感が起きた。Copyright © 2013 asayume001. All Rights Reserved. 12
  13. 13. 就労復帰して 何が起きたか?Copyright © 2013 asayume001. All Rights Reserved.
  14. 14. 障がいに出会った。 障がいに出会った。 できないことに日々出会う。 自信も自尊心もなくし疲弊した。 事態の大きさに気付き、 この先どうしたらよいかわからなくなった。 見えない障がいが、見えてきた。Copyright © 2013 asayume001. All Rights Reserved. 14
  15. 15. Ⅲ工夫 .したことCopyright © 2013 asayume001. All Rights Reserved.
  16. 16. 体 課 当 題 り を 捉 → え 不 、 安 策 ・ で 疲 解 弊 くCopyright © 2013 asayume001. All Rights Reserved. 16
  17. 17. 課題をどう捉えたか?Copyright © 2013 asayume001. All Rights Reserved. 17
  18. 18. 脳障害特有の、 自己基盤の立て直しの難しさ。 •自己認識~課題認識の機能欠損(課題認識できないのが課題) •障害認識~受容の難しさ(認めたくない自尊心の壁) •混乱と不安と焦燥のオンパレード •自己実現のビジョン喪失~再構築の難しさCopyright © 2013 asayume001. All Rights Reserved. 18
  19. 19. それでも、 課題を、 紐解くために。Copyright © 2013 asayume001. All Rights Reserved. 19
  20. 20. 混乱した記憶と残された機能を再統合し、 新しい生活基盤と自己ビジョンを創る。 機能が失われるだけではない。 自尊心や生きがいも失われる。 新しい自分創生のための、指標と決意と手段が欲し い。 STRATEGYCopyright © 2013 asayume001. All Rights Reserved. 20
  21. 21. 障がいではなく、自分を見る。 新しい自分を捉える。 新しい自分を受け入れる。 新しい自分のビジョンを創る。Copyright © 2013 asayume001. All Rights Reserved. 21
  22. 22. 策を具現化するための術。 策を具現化するための術。 ①指標 ペースを保ち、自分と課題を捉える。 ②宣誓 意識変容を起こし、受容と創生を固める。 ③補完 代替手段・思考で欠損した機能を補う。Copyright © 2013 asayume001. All Rights Reserved. 22
  23. 23. ①指標 ~ペースを保ち、自分と課題を捉える~Copyright © 2013 asayume001. All Rights Reserved.
  24. 24. 中長期指標を事前規定する意義とは? 現状把握ができない 現状確認ができる 暗中模索 ペースを保てる 行き詰まり感 不安・焦燥感の軽減 閉塞感 指標 障害受容の促進 復帰過程が見えない これからの自分 を想起しやすい 長くて困難な復職活動で、エンストを起こさないために、 中長期の指標を持つことが重要であったと感じます。Copyright © 2013 asayume001. All Rights Reserved. 24
  25. 25. 新しい自分創りの指標を持つ ~シンプルに3つのフェーズで捉え再構築を図る~ 1.過去確認期_どんな自分だったか客観的に把握する。 自分がそもそもどういう人間だったかを振り返る。仕事資料、写真、旧友に会う、ビデオ、ア ルバム、メール、手紙、年賀状、音楽、購入したもの、幼稚園のものまで・・・・。 2.現実受容期_失われた機能と残された機能を確認⇒受容する。 「再体験」によって、現在の自分を確認する。ここが一番難しい。過去で経験していたことに も再トライ。やる気が起きないので好きなことから始める。趣味、遊び、買い物、仕事。 気分も凹みやすいので、正の基盤づくりを意識して、できること・できたことを把握する。 3.新自分創生期_代替手段を習得しながら新しい自分を創る。 メモ、ライフログ、アクティブインタレスト等の代替手段の取得と同時に、新しい生き方をシェ アする場を活用して、新しい自分づくりを模索する。同じ障害者の方々の経験談も参考に。 患者会、家族会、ブログなど。Copyright © 2013 asayume001. All Rights Reserved. 25
  26. 26. 1.過去確認 2.現実受容 共有 3.新自分創生 合意形成を × 復職猶予期間=業務負担の軽減期間 いかに作るか がポイント! ↓ ○ 復職猶予期間=できるところを一緒に探して もらう期間。Copyright © 2013 asayume001. All Rights Reserved. 26
  27. 27. ②宣誓 ~意識変容を起し、受容と新しい自分創りを固める~Copyright © 2013 asayume001. All Rights Reserved.
  28. 28. 態度変容モデルってご存知ですか?Copyright © 2013 asayume001. All Rights Reserved. 28
  29. 29. 受 容 最も精神面で不 ま 安になる。特に復 職と重なると更に ターニング 8.受容・宣誓 8.受容・宣誓 不安が増長する。 で ・ポイント 7.自発改善・向上心 7.自発改善・向上心 の 6.自省・自責・落胆 6.自省・自責・落胆 意 5.突出行動・感情の乱れ 5.突出行動・感情の乱れ 識 変 4.自己防衛 4.自己防衛 容 3.悲観的 3.悲観的 モ 2.過去確認・状況整理・把握 2.過去確認・状況整理・把握 デ 1.認知機能回復 1.認知機能回復 ルCopyright © 2013 asayume001. All Rights Reserved. 29
  30. 30. なぜ宣誓をしたか? •不安定な状況を断ち切りたかった。 •この障害をなかったことにはできなかった。 •自分に意識変容を起こし、受容を確実なものにしたかった。 共存する道を模索 自分で自分の意識を変えるために、 ⇒障害の事をオフィシャルに開示して再々就職。 ⇒執筆・講演・ブログ等々、社会への宣言。Copyright © 2013 asayume001. All Rights Reserved. 30
  31. 31. 小さな「決意の芽」を見逃さずに育む 待つ 辛抱強く待つ。放っておく。(慈恵医大橋本Dr) 促す 小さな決意の芽を、支援者や第三者が大きく育てる。 第三者が褒める。客観的評価獲得の喜び。 褒める 第三者に褒められたい自分がいる。 (リハさん、Dr、会社の人、社会など) 記録する 褒められたことを記録する。 (メモリーノート、ブログ、写真、日記など) 共有する 褒められたことを共有する。 (友人・知人・家族・患者会・twitter、ブログ、社会活動など)Copyright © 2013 asayume001. All Rights Reserved. 31
  32. 32. ③補完 ~代替手段・思考で欠損した機能を補う~Copyright © 2013 asayume001. All Rights Reserved.
  33. 33. 代替手段・思考の一覧 ・脳に負担をかけない~疲れをとる神経疲労対策 ・エコ脳~替脳~休脳 ・障害で自分の対応に異変が起きたことに気づく抑制対策 ・セルフ切り替え術の習得 コップ一杯深呼吸三回 ・好きだったことから誘導する発動性対策 ・強制的に牽引してもらう ・きっかけ・ライフタイムイベントを活用する ~五感をコントロールする~注意・集中対策 ・五感ノイズキャンセリング ・五感アクティブインタレスト ・事前規定(アジェンダ)コミュニケーションと情 ・リアルタイム確認(横並び&ボード術)報処理 ・事後確認(デブリーフ) ・記録する(メモ、カメラ、IC、速記、カタカナ)記憶 ・情報の入れ方を工夫する(色の使い手) ・情報の固着化をする(振り返り、時系列表示、集約) ・サポートツール・思考をフル活用する。遂行機能・論理的思考 ・スケジューラー、アラート機能、TO/DO活用、 ・マトリクス活用、カスケードチャートなどCopyright © 2013 asayume001. All Rights Reserved. 33
  34. 34. 「記録」は、未来の自分を創るためにある とりあえずメモ帳 ア新 スケジュール帳 クし 反 テい ライフログ 復 ィ自 確 認 ブ分 カメラ・写真 にを 創 ブログ るCopyright © 2013 asayume001. All Rights Reserved. 34
  35. 35. リハビリは、99%を取り戻す1%の鍵。 1% 99%。 復帰して4年の結果、習得した代替手段の99%は実社会での習 得。でも1%のリハビリがなかったら、社会参加すらできなかった。 リハビリは99%を取り戻す、1%の鍵。 一方で、99%は実社会で取り戻してきたのも事実であり、 周囲や社会の理解が重要である。Copyright © 2013 asayume001. All Rights Reserved. 35
  36. 36. リハさんは“時の案内人” DR ⇒ 4人目 ⇔ ST ⇒ 変わらず OT ⇒ 変わらず JC ⇒ 変わらず 急性期病院から転院して4年。主治医が変わろうとも、その間、 同じリハスタッフが病状の遷移と経時変化を把握しながら受療 をマネジメントし、当事者・支援者に適宜サジェッションを与えて くれた事が、大きな要因と捉えている。見えない安心感。Copyright © 2013 asayume001. All Rights Reserved. 36
  37. 37. Ⅴのぞむ .ことCopyright © 2013 asayume001. All Rights Reserved.
  38. 38. リハさんに望む 代 生 障 機 替 能 活 が 手 者 い を 段 取 と を り を し 得 戻 習 て て 得 あ も し り 一 た し た た 人 い い 。 い の 。 。Copyright © 2013 asayume001. All Rights Reserved. 38
  39. 39. 周囲に望む 期待値と実パフォーマンス値の 「ギャップを解消するステップ」が欲しい。 就労において最も困ったことは、相手の期待値と、当事者の実パフォーマンス値 のギャップ。「見えない障害」は、相手にも見えないし、自分でも見えない。ゆえに、 お互いどうしたらいいのか、どうしてほしいのかが、わからない。 復職上、何ができて何ができないか、場当たり体当りで確認していく過程が必ず 発生するので、そこを事前共有しておくことがポイントであると感じてます。Copyright © 2013 asayume001. All Rights Reserved. 39
  40. 40. 制度に望む 社会保障のゴールと、当事者のゴールの ギャップを埋めてほしい。 急性期 回復・リハ期 復職・就労期 社会復帰において、最も サポートが必要な時期 社会復帰において、最もサポートが必要な時期 退院⇒復職してからが非常に大変であり、そこをサポートするシステムができてい ないと感じます。医療提供者側からすると「復職」は一つのエンドポイントとなりうる が、患者側からするとエンドポイントではありません。 「その後の人生を、残された機能を活かしながらいかに充実して過ごせるか?」= 「社会との同期・一員となる」が、エンドポイントととらえています。Copyright © 2013 asayume001. All Rights Reserved. 40
  41. 41. 社会に望む 障がいを得ても、 一人の人として 全うな人生をすごせる 社会であってほしい。Copyright © 2013 asayume001. All Rights Reserved. 41
  42. 42. 自分に臨む高次脳機能障害とともに歩む自分づくりの30代半ばにして、低酸素脳症による高次脳機能障害を受傷した3児の父親のブログ。主に、高次脳機能障害のこと、その後の社会復帰について記します。 趣味のこともちらほらと。Copyright © 2013 asayume001. All Rights Reserved.

×