Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

C# on lambda

139 views

Published on

Visual Studio 2017でAWS Lambda用関数の作成

Published in: Technology
  • Be the first to comment

C# on lambda

  1. 1. C#(.NET Core 2.0) on AWS Lambda Akio Tajima AKA arton
  2. 2. 自己紹介(宣伝) 発売中 2月中旬発売
  3. 3. AWS Toolkit for Visual Studio • .NET Coreをインストール
  4. 4. AWS Toolkit for Visual Studio • A[z]ureより前に来るA[W]S • https://aws.amazon.com/jp/visualstudio/ – 1.14 (2018/1) から.NET Core 2.0をサポート
  5. 5. AWSの用意 • アカウント • IAM • Credential setup
  6. 6. Lambdaプロジェクトの作成 .NET Framework 4 では表示されない
  7. 7. プロジェクトのプロパティ
  8. 8. ひな型 ・クラス名を変えるべし! 複数のプロジェクトを作ると、Function.csだらけになって間違える ・API Gateway の利用 ・application/x-form-urlencodedをPOSTされる前提であれば、Stream必須 ・stringを受け付ける場合、クライアントは””で囲んで送る => JSON ・応答データも””で囲まれる
  9. 9. デプロイ ・楽。 ・デプロイ後すぐにテストツールを実行可能 ・ライブラリ+プロジェクト(複数)とした場合に、デプロイ漏れすると悲しい
  10. 10. その他の情報 • https://aws.amazon.com/jp/blogs/developer/ aws-lambda-net-core-2-0-support-released/ – コマンドラインからのデプロイ (重要!) • https://aws.amazon.com/jp/blogs/developer/ using-the-aws-lambda-project-in-visual- studio/ – Visual Studio 2015のチュートリアル(違う)
  11. 11. 良い点 • Amazon CloudWatch – ログ • Console.WriteLineでOK – 既定メトリクス:レイテンシ、カウント、4xx、5xx
  12. 12. 悪い(?)点 • API Gateway – 未だにすんなり設定できない…… – デプロイ時に勝手に登録したい • printfデバッグ • テスト • async/await 試し中(クライアントに返した後に 残っているスレッドはどうなる?)
  13. 13. 使い道 • Dynamo、S3へのフロントエンド • Simple Queueのジョブ

×