Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

YuhoKai(20140116)

495 views

Published on

  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

YuhoKai(20140116)

  1. 1. 学 問 を 生 か す 社 会 へ サービスをプロデュースする - 知恵袋の企画意図と設計 流通科学大学有朋会第 回実学サロン 日時: 年 月 日(木) 会場:流通科学大学大阪オフィス 岡本真 アカデミック・リソース・ガイド株式会社 代表取締役/プロデューサー アカデミック・リソース・ガイド株式会社 arg.ne.jp
  2. 2. 自己紹介 学 問 を 生 か す 社 会 へ -岡本真とアカデミック・リソース・ガイド株式会社 アカデミック・リソース・ガイド株式会社 arg.ne.jp
  3. 3. 自己紹介(現在) アカデミック・リソース・ガイド株式会社( 代表取締役/プロデューサー(   オーマ株式会社(  代表取締役( 年~) 年~) 年~) プロジェクト(  年~) 編集長( 年~) プロジェクトリーダー( 年~) 年~) 情報支援プロボノ・プラットフォーム(  共同代表理事( 年~) 法人横浜コミュニティデザイン・ラボ(  理事( 理事( 年~) 年~) 公益財団法人シャンティ国際ボランティア会(  年~) 学 問 を 生 か す 社 会 へ 年~) 年~) アカデミック・リソース・ガイド株式会社 arg.ne.jp
  4. 4. 自己紹介(過去) 年生まれ    歳 国際基督教大学(  )卒業( 年) 日本政治思想史を専攻 教育雑誌、学術書等の編集者等を経て、  年~ 年、ヤフー株式会社に在籍   カテゴリ、 検索、 知恵袋、 検 索ランキング、 ラボ等の企画・設計・運用、また産学 連携のコーディネートに従事 アカデミック・リソース・ガイド株式会社 学 問 を 生 か す 社 会 へ arg.ne.jp
  5. 5. [参考] アカデミック・リソース・ガイド株式会社  創業: 年 月  ビジョン:   日創刊のメールマガジン 前史:   日 年 月  「学問を生かす社会へ」 事業: コミュニティー創造 コラボレーション促進 エンパワーメント支援 ノウハウ提供  学 問 を 生 か す 社 会 へ 体制:  役員 名+パートナー 名 アカデミック・リソース・ガイド株式会社 arg.ne.jp
  6. 6. サービスをプロデュースする - 学 問 を 生 か す 社 会 へ 知恵袋の企画意図と設計 アカデミック・リソース・ガイド株式会社 arg.ne.jp
  7. 7. 知恵袋 -世界最大級の サービス 学 問 を 生 か す 社 会 へ アカデミック・リソース・ガイド株式会社 arg.ne.jp
  8. 8. - 知恵袋 知恵袋における質問・回答例 そとし私あネき校 んてたがまッた内 なも。見りトの選 に不 たよでで考 悪安 のくのすで 評 いで はな判が流 、 のす 、 スいを、通 で す。 レよ見、科 ッう か ドでる 学 ?す限 大 ? で り 学 匿 、 の 指 名 定 で 校 投 を 稿 も が ら し う て あ こ と り が ま で … アカデミック・リソース・ガイド株式会社 … ) と割勤と確 い合しはか うがも無に 意、うい、 味受とで受 に験しす験 於偏たね偏 い差際。差 て値 但値 、 にしが での、、高 す低貴そ 。下殿れい 笑にのは大 反障 学 。比害「へ 貴 進 例に殿学 しながす 真 てる面る 増で に えあ目越 てろにし う勉 く者学た る こ 」のへ 学 問 を 生 か す 社 会 へ arg.ne.jp
  9. 9. 知恵袋の企画意図と設計( ) 問題(現状)の把握 検索エンジンの限界 解決の定義(成功のイメージ) 「検索」観の拡大(「尋ねる」合理性) 学 問 を 生 か す 社 会 へ 仕組み・仕掛けの構想(企画・設計) 古典的なコミュニティー×インセンティブ アカデミック・リソース・ガイド株式会社 arg.ne.jp
  10. 10. 知恵袋の企画意図と設計( ) 様々な設計:  質問のしやすさ/したくなりやすさ  質問へのポイント付与という転換   質問文化不在という認識 「社会的ジレンマ」的状況の解決  ポイント制度の細かな区分   質問 < 回答 < ベストアンサー 学術研究の知見の取り込み:     國領二郎:「顧客間インタラクション」研究 山岸俊男:「社会的ジレンマ」研究 黒木玄:「匿名」研究 アカデミック・リソース・ガイド株式会社 学 問 を 生 か す 社 会 へ arg.ne.jp
  11. 11. 知恵袋の企画意図と設計( ) 質問欲求を喚起する画面のデザイン 全ページに質問ボタン、トップに質問ボックス 質問意欲を助長するポイントの発行 質問=貢献とみなすシステム設計 学 問 を 生 か す 社 会 へ 質問躊躇を防止する類似質問の許容 「過去ログ」文化との決別と回避策の提示 アカデミック・リソース・ガイド株式会社 arg.ne.jp
  12. 12. 学 問 を 生 か す 社 会 へ サービスをプロデュースする - 知恵袋の企画意図と設計 流通科学大学有朋会第 回実学サロン 日時: 年 月 日(木) 会場:流通科学大学大阪オフィス 岡本真 アカデミック・リソース・ガイド株式会社 代表取締役/プロデューサー アカデミック・リソース・ガイド株式会社 arg.ne.jp

×