Ycu(20091027)

1,015 views

Published on

Published in: Technology, Education
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
1,015
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
3
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Ycu(20091027)

  1. 1. 横浜市立大学国際総合科学部ヨコハマ起業戦略コース「事業創造論」<br />日時:2009年10月27日(火)<br />会場:横浜市立大学<br />岡本真<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)<br />編集長<br />1<br />ARG<br />プランニング&プロデュース-興味・関心・理想を形に変えるために<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />
  2. 2. 自己紹介<br />お話させていただく人間について<br />2<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />
  3. 3. 自己紹介<br />1997年 国際基督教大学(ICU) 卒業<br />教養学部 社会科学科 日本政治思想史専攻<br />編集者、校正者、翻訳家などを経て<br />1998年 ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG)創刊<br />1999年 ヤフー株式会社 入社<br />2004年 Yahoo!知恵袋をプロデュース(専任)<br />2006年 『これからホームページをつくる研究者のために』を刊行<br />2008年 ARGカフェ&ARGフェスト、開始<br />2008年 Yahoo!検索ランキング、プロデュース(専任)<br />2009年 Yahoo!ラボ、プロデュース(共同)<br />2009年 ヤフー株式会社 退職<br />2009年 ARGフォーラム、開始<br />2009年 アカデミック・リソース・ガイド株式会社、設立<br />兼任:<br />情報処理学会DBS研究会/CH研究会運営委員<br />京都大学情報学研究科非常勤研究員、東京大学Creation Advisor<br />コンタクト:hatena/Twitter: arg, mixi: 38899<br />3<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />
  4. 4. 今日の話のねらい<br />オンライン・オフラインを問わず、<br />「ものごと」をプロデュースする<br />知識と経験について<br />理解を深めていただく<br />4<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />
  5. 5. “プロデュース”の世界へ<br />4つの事例から<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) <br />Yahoo!知恵袋<br />ARGカフェ&ARGフェスト<br />くるくる関内<br />5<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />
  6. 6. 事例1. ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) <br />個人メディアのプロデュース<br />1998年~<br />6<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />
  7. 7. 事例:ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG)<br />1998年7月創刊、週刊、4700部、無料<br />「インターネットの学術利用」がテーマ<br />約150人の執筆者、約400回の発行<br />7<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />
  8. 8. ARGの企画意図―2つの断絶の把握<br />分野と分野の間<br />市民と専門家の間<br />8<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />
  9. 9. ARGの企画意図:2つの解決イメージ<br />分野と分野の間<br />市民と専門家の間<br />9<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />
  10. 10. ARGの設計<br />10<br />記事の編集方針<br />分野を問わない⇔ 専門分野の接続<br />発信者を問わない⇔ 市民と専門家の接続<br />「学術利用」への関心という一点の接点<br />媒体の採用方針<br />メールマガジンの継続⇔ コミュニティー形成<br />モチベーションとしての部数と大台到達<br />情報蓄積としてのブログ<br />
  11. 11. ARGの設計-ビジョンとミッションの策定<br />11<br />
  12. 12. 事例2. Yahoo!知恵袋<br />大規模ウェブコミュニティーのプロデュース<br />2004年~2007年<br />12<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />
  13. 13. Yahoo!知恵袋<br />13<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />
  14. 14. Yahoo!知恵袋における質問・回答例(1)<br />14<br />「金沢文庫」ってなんですか?出版社ですか?<br />鎌倉時代に北条氏によって称名寺に作られた図書館で横浜市金沢区にあります。 確か神奈川県立になって近代的な建物になっています。当時の国宝級の書物もいくらか残っているようですよ。<br />
  15. 15. Yahoo!知恵袋における質問・回答例(2)<br />15<br />東京近辺で武家文書を展示している所はありますか?<br />中世の武家文書を閲覧したいと思っています。実物・複製は問いません。<br />残念ながら都内ではありませんが、横浜市金沢区の「金沢文庫」は鎌倉時代の武士北条実時により建立された武家文庫として有名です。<br />(中略)<br />場所は京急金沢文庫駅から東に徒歩約20分、称名字の手前。(トンネルでつながっています)<br />品川から金沢文庫駅まで40分ぐらいなので、都内の他の場所への移動と比べてもそう遠くはないと思います。<br />
  16. 16. Yahoo!知恵袋の特徴-最後発サービスからの逆転<br />16<br />ARG<br />出典:ネットレイティングス<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />
  17. 17. Yahoo!知恵袋の企画意図と設計(1)<br />問題の把握<br />検索エンジンの限界<br />柔軟な対案<br />古典的なコミュニティー<br />大胆な翻案<br />実態に即したローカライズ<br />明確な方針<br />ビジョン、ミッションの策定<br />17<br />ARG<br />明確な成功イメージ<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />
  18. 18. Yahoo!知恵袋の企画意図と設計(2)<br />学術研究の知見の取り込み<br />國領二郎:「顧客間インタラクション」研究<br />山岸俊男:「社会的ジレンマ」研究<br />黒木玄:「匿名」研究<br />社会・文化的背景の考慮<br />質問する文化、質問できる社会<br />質問するインセンティブデザイン<br />質問への貢献度付与<br />良回答 < 回答有<br />Vision/Goal設定<br />「幻なくば、民滅ぶ」(箴言)<br />「質量転化の法則」<br />
  19. 19. 事例3. ARGカフェ&ARGフェスト<br />対面型ネットワーキングプラットフォームのプロデュース<br />2008年~<br />19<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />
  20. 20. ARGカフェ&ARGフェスト<br />開催の実績・予定<br />第1回:秋葉原(2008-07)<br />60名<br />第2回:横浜(2008-11)<br />70名<br />第3回:京都(2009-02)<br />50名<br />第4回:仙台(2009-06)<br />50名<br />第5回:大阪(2009-08)<br />50名<br />第6回:横浜(2009-11予)<br />開催の形式・内容<br />カフェ<br />ライトニングトーク<br />フェスト<br />キャシュオンデリバリー<br />アウェー<br />一点でのツナガリ<br />20<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />
  21. 21. ARGカフェ&ARGフェストの企画―雑誌コミュニティの限界という問題把握<br />21<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />
  22. 22. ARGカフェ&ARGフェストの企画-解決イメージとしての多対多コミュニティ<br />22<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />
  23. 23. ARGカフェ&ARGフェストの設計<br />23<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />
  24. 24. ARGカフェ&ARGフェストの設計-アゥエー(他者と出会える場)<br />24<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />ARGの読者イベントとしての位置づけ<br />過度に強調せず、しかし手広くしすぎず<br />ARG読者という同一性を崩す仕掛け<br />非ARGクラスターの異質な他者への呼びかけ<br />ライトニングトークの分散化<br />立候補と打診のバランス<br />
  25. 25. ARGカフェ&ARGフェストの設計-ライトニングトーク(他者を知れる場)<br />25<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />5分間のショートスピーチ<br />名刺代わりの自己紹介(約10人)<br />全参加者の20%に割り当て<br />1対4関係をつくりだす(場の花)<br />試算:50名の参加者<br />登壇者10名<br />     ×<br />聴講者40名<br />     =<br />登壇者1名+聴講者4名×10グループ<br />
  26. 26. ARGカフェ&ARGフェストの設計-キャッシュオンデリバリー(他者と知り合える場)<br />26<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />立食パーティー<br />原則、食事代のみ、ドリンクは各自で支払い<br />様々な落差を考慮し、1500円~2000円に設定<br />お代わりによる席替え機会<br />2時間2杯目安、最低2回のチャンス<br />1対4×3=12人+α<br />大きな名札シールと名簿配布<br />名前を大きく、全員の氏名と所属<br />
  27. 27. 事例4. くるくる関内<br />地域経済活性化のプラットフォームのプロデュース<br />2009年~<br />27<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />
  28. 28. くるくる関内<br />28<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />
  29. 29. 参考:報道状況(神奈川新聞、ヨコハマ経済新聞)<br />29<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />
  30. 30. くるくる関内の企画-域内プレゼンスの低下という問題意識<br />横浜市中心部の状況<br />関内<br />伊勢佐木町<br />野毛<br />みなとみらい<br />中華街<br />元町<br />黄金町など<br />30<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />
  31. 31. くるくる関内の企画-京都の飲食店文化という解決イメージ<br />域内競争力の向上への鍵<br />京都の居酒屋・BAR文化からの学び<br />歴史ある地縁・血縁ネットワークの不在<br />地域特性による紐帯の弱さ<br />31<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />
  32. 32. くるくる関内の設計<br />常連客による主導<br />商売臭の排除<br />店舗内での打ち合わせ<br />常連の関与の拡大<br />2回開催という段階方式<br />10月11日、10月18日<br />事前・事後の地元紙掲載<br />店舗の支持拡大<br />12店舗+α<br />32<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />
  33. 33. 再掲:今日の話のねらい<br />オンライン・オフラインを問わず、<br />「ものごと」をプロデュースする<br />知識と経験について<br />理解を深めていただく<br />33<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />
  34. 34. 「ものごと」をプロデュースする上での基本<br />34<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />
  35. 35. 補論-学生時代の使い方<br />35<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />
  36. 36. ご清聴に感謝続きは質疑で<br />ARG<br />岡本真<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)<br />編集長<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />36<br />

×