Titech(20071214)

558 views

Published on

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
558
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
3
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Titech(20071214)

  1. 1. ACADEMIC RESOURCE GUIDE ( ARG ) の 300 回を振り返る 学術サイト批評は何を意味し、何をもたらすのか 東京工業大学異業種交流会 ( 脇田研究室勉強会 ) 日時: 2007 年 12 月 14 日 ( 金 ) 会場: 東京工業大学大岡山キャンパス 岡本真 ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) 編集長 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  2. 2. 自己紹介 <ul><li>岡本真(おかもと・まこと) </li></ul><ul><ul><li>1973 年、東京都で出生 </li></ul></ul><ul><ul><li>1997 年、国際基督教大学を卒業 </li></ul></ul><ul><ul><li>1998 年、 ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) を創刊 </li></ul></ul><ul><ul><li>2006 年、『これからホームページをつくる研究者のために』(築地書館)を刊行 </li></ul></ul><ul><ul><li>2007 年、 TRC ライブラリー・アカデミーや文部科学省図書館地区別研修の講師を担当 </li></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  3. 3. ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) とは その歴史と内容、その成長と変遷 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  4. 4. ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) の歴史 <ul><li>インターネットの学術利用をテーマにした </li></ul><ul><ul><li>メールマガジン </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>1998 年 </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>ウェブサイト </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>1998 年 </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>ブログ </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>2004 年 </li></ul></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  5. 5. ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) の内容 <ul><li>記事構成 </li></ul><ul><li>新着・新発見リソース </li></ul><ul><li>イベントカレンダー </li></ul><ul><li>求人情報 </li></ul><ul><li>活動報告 </li></ul><ul><li>編集日誌 </li></ul><ul><li>羅針盤 </li></ul><ul><li>Web 発信再録 </li></ul><ul><li>特集・小特集 </li></ul><ul><li>編集風景 </li></ul><ul><li>情報収集 </li></ul><ul><ul><li>RSS </li></ul></ul><ul><ul><li>メール </li></ul></ul><ul><ul><li>サイト </li></ul></ul><ul><li>編集 </li></ul><ul><ul><li>エディター </li></ul></ul><ul><li>発行 </li></ul><ul><ul><li>はてなダイアリー </li></ul></ul><ul><ul><li>まぐまぐ </li></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  6. 6. ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) の成長と変遷( 1 ) <ul><li>成長 </li></ul><ul><li>メールマガジンの読者増 </li></ul><ul><ul><li>創刊:約 700 部 </li></ul></ul><ul><ul><li>現在:約 4700 部 </li></ul></ul><ul><li>変遷 </li></ul><ul><li>初期: </li></ul><ul><ul><li>個人サイトのレビュー </li></ul></ul><ul><li>中期: </li></ul><ul><ul><li>論説記事や特集記事 </li></ul></ul><ul><li>現在: </li></ul><ul><ul><li>新着サイトのレビュー </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>組織 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>個人 </li></ul></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  7. 7. ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) の成長と変遷( 2 ) http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  8. 8. ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) という関心 つなぐことと批評すること、そして重視すること http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  9. 9. ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) の関心―その始まり http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  10. 10. ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) の関心―その始まりの理由 <ul><li>大学教育の恩恵 </li></ul><ul><ul><li>国際基督教大学( ICU )での 4 年間 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>日本政治思想史を主として専攻 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>広いが浅く、しかし浅いが広く </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>無関心なものへの関心という学び </li></ul></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  11. 11. ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) の関心―批評の目覚め <ul><li>批評への注目 </li></ul><ul><ul><li>大学で学んだこと </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>理解のあり方 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><ul><li>「他者を他在において理解すること」 </li></ul></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>批判のあり方 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><ul><li>内容の正確な理解 </li></ul></ul></ul></ul><ul><ul><ul><ul><li>その上での建設的な批判 </li></ul></ul></ul></ul><ul><li>From Guide To Review </li></ul><ul><ul><li>批評対象としての ACADEMIC RESOURCE の発見 </li></ul></ul><ul><ul><li>3 通りの試行 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>Guide & Review </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><ul><li>1998 年~ </li></ul></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>人々の網の目 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><ul><li>2002 年~ </li></ul></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>新着・新発見リソース </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><ul><li>2003 年~ </li></ul></ul></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  12. 12. ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) の関心―批評への姿勢と反応 <ul><li>批評への姿勢 </li></ul><ul><li>批評への反応 </li></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  13. 13. ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) の関心―批判への反応 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  14. 14. ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) の関心―反発の理由 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  15. 15. ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) の関心―反論を超える危惧 <ul><li>求める Openness </li></ul><ul><ul><ul><li>≠ 一律の公開や受容 </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>コミュニケーションに対する Openness </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>説明 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>対話 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>理解 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>の追求 </li></ul></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  16. 16. ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) の関心―変化のきざし <ul><li>国立国会図書館の変化 </li></ul><ul><ul><li>PORTA への道 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>参考:丸善ライブラリーニュース号外 </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>外部の積極的な取り込み </li></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  17. 17. ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) の関心―重視すること <ul><li>10 年の批評の結果 </li></ul><ul><li>一つの到達点 </li></ul><ul><ul><li>図書館のウェブ対応の進展 </li></ul></ul><ul><li>見え出した到達点 </li></ul><ul><ul><li>大学のウェブ広報 </li></ul></ul><ul><ul><li>研究機関のウェブ利用 </li></ul></ul><ul><li>これからの 10 年に向けて </li></ul><ul><li>「個人」と「過程」と </li></ul><ul><ul><li>出発点への回帰 </li></ul></ul><ul><li>批評の限界 </li></ul><ul><ul><li>個人批評の限界 </li></ul></ul><ul><ul><li>批評自体の限界 </li></ul></ul><ul><li>モチベーションへの遡及 </li></ul><ul><ul><li>Academic Platform の夢 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>個人の活性化 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>過程の活性化 </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>10 年( 2008 年)を見据えて </li></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  18. 18. ご清聴ありがとうございました。 岡本真 ACADEMIC RESOURCE GUIDE ( ARG ) 編集長 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE

×