Pdws(20140609)

317 views

Published on

0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
317
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
5
Actions
Shares
0
Downloads
2
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Pdws(20140609)

  1. 1. 学術情報流通の政策課題 -大学、図書館、学協会、 そしてサイエンスコミュニケーション 岡本真 アカデミック・リソース・ガイド株式会社 代表取締役/プロデューサー 学 問 を 生 か す 社 会 へ 日時:2014年6月9日(月) 会場:政策デザインワークショップ 1 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  2. 2. 自己紹介 -岡本真とアカデミック・リソース・ガイド株式会社 学 問 を 生 か す 社 会 へ 2 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  3. 3. 自己紹介(現在) 1. アカデミック・リソース・ガイド株式会社(2009年~ )  代表取締役/プロデューサー(2009年~)  ACADEMIC RESOURCE GUIDE編集長(1998年~) 2. オーマ株式会社(2008年~)  取締役(2011年~) 3. saveMLAKプロジェクト(2011年~)  プロジェクトリーダー(2011年~) 4. iSPP 情報支援プロボノ・プラットフォーム(2011年~)  共同代表理事(2011年~) 5. ニコニコ学会β 実行委員会(2011年~)  事務局長(2011年~) 学 問 を 生 か す 社 会 へ 3 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  4. 4. 自己紹介(過去)  1973年生まれ  40歳  国際基督教大学(ICU)卒業(1997年)  日本政治思想史を専攻  教育雑誌、学術書等の編集者等を経て、  1999年~2009年、ヤフー株式会社に在籍  Yahoo!カテゴリ、Yahoo!検索、Yahoo!知恵袋、Yahoo!検索ラ ンキング、Yahoo!ラボ等の企画・設計・運用、また産学連携 のコーディネートに従事 学 問 を 生 か す 社 会 へ 4 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  5. 5. [参考] アカデミック・リソース・ガイド株式会社概要  創業:  2009年9月30日  前史:  1998年7月11日創刊のメールマガジン“ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG)”  ビジョン:  「学問を生かす社会へ」  事業: 1. 図書館の新設・リニューアル・運営等の計画策定支援 2. ウェブ技術を中心とした産官学連携のコーディネート 3. 共同オフィス・シェアハウス等のコミュニティー空間の創造 4. ウェブコンサルティングや専門的調査の実施代行 5. ワークショップ等によるアイデア発想・知識創造の支援  体制:  役員1名+スタッフ8名 学 問 を 生 か す 社 会 へ 5 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  6. 6. 学術情報流通の政策課題 -大学、図書館、学協会、そしてサイエンスコミュニケーション 学 問 を 生 か す 社 会 へ 6 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  7. 7. 本日の話題 学 問 を 生 か す 社 会 へ 7 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp 1. 大学図書館の現状・課題 2. 大学・学協会の現状・課題 3. 科学コミュニケーションの場としての 図書館・学会
  8. 8. 学術情報流通の政策課題の私的整理 1. 大学図書館の現状・課題  2つの進展 1. 機関リポジトリの整備(オープンアクセス政策) 2. ラーニングコモンズの整備(場としての図書館)  この先のミッションの不透明さ  現実として存在する大学の存続問題 2. 大学・学協会の現状・課題  数値の不均衡  少子社会と大学数  学協会における高齢化課題  会員数の減少による財政インパクト 3. 科学コミュニケーションの場としての図書館・学会  (公共)図書館を中心とした取り組みの存在  ウェブ×サイエンスとしてのニコニコ学会β  どんでん返しの正論としてのCiNiiのオープン化の意義 学 問 を 生 か す 社 会 へ 8 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  9. 9. 学術情報流通の政策課題の私的提言 CiNiiの全面オープン化 そのための財政措置 そのための政策提言 学 問 を 生 か す 社 会 へ 9 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp 海外への訴求も重要
  10. 10. 学術情報流通の政策課題 -大学、図書館、学協会、 そしてサイエンスコミュニケーション 岡本真 アカデミック・リソース・ガイド株式会社 代表取締役/プロデューサー 学 問 を 生 か す 社 会 へ 日時:2014年6月9日(月) 会場:政策デザインワークショップ 10 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp

×