Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
Upcoming SlideShare
NCC2011(20110330)
Next

0

Share

Otsuma(2010420)

Related Books

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

Related Audiobooks

Free with a 30 day trial from Scribd

See all
  • Be the first to like this

Otsuma(2010420)

  1. 1. 大妻女子大学社会情報学科共通科目<br />「情報社会論」<br />日時:2010年4月20日(火)<br />会場:大妻女子大学 多摩キャンパス<br />1<br />岡本真<br />大妻女子大学社会情報学部非常勤講師<br />アカデミック・リソース・ガイド株式会社代表取締役/プロデューサー<br />Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.<br />第2回「情報・知識とは何か」<br />
  2. 2. 2<br />参考:授業の全体計画<br />Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.<br />
  3. 3. 3<br />参考:第1回で紹介した資料<br />Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.<br />『インターネット』<br />村井純著<br />岩波新書、1995年<br />『Webの創成-World Wide Webはいかにして生まれどこに向かうのか』<br />ティム・バーナーズ-リー著<br />毎日コミュニケーションズ、2001年<br />
  4. 4. 情報社会論 第2回<br />「情報・知識とは何か」<br />4<br />Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.<br />
  5. 5. 情報・知識に抱くイメージ<br />情報とは何か、知識とは何か<br />5<br />Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.<br />
  6. 6. 6<br />情報に抱くイメージ<br />Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.<br />「情報」の定義<br />ある物事の内容や事情についての知らせ。インフォメーション。「事件についての-を得る」「-を流す」「-を交換する」「-がもれる」「極秘-」<br />文字・数字などの記号やシンボルの媒体によって伝達され、受け手に状況に対する知識や適切な判断を生じさせるもの。「-時代」<br />生体系が働くための指令や信号。神経系の神経情報、内分泌系のホルモン情報、遺伝情報など。<br />
  7. 7. 7<br />知識に抱くイメージ<br />Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.<br />「知識」の定義<br />知ること。認識・理解すること。また、ある事柄などについて、知っている内容。「日々新しい-を得る」「 -をひけらかす」「予備-」<br />考える働き。知恵。「 -が発達する」<br />(多く「智識」と書く)仏語。<br />仏法を説いて導く指導者。善知識。<br />堂塔や仏像などの建立に金品を寄進すること。また、その人や金品。知識物。<br />対象を外界に実在すると認める心の働き。<br />《 knowledge ; (ドイツ) Wissen 》哲学で、確実な根拠に基づく認識。客観的認識。<br />
  8. 8. 8<br />情報・知識に抱くイメージ<br />Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.<br />
  9. 9. 9<br />言葉としての情報・知識<br />2009/5/18:雑学, 専門家, 守護霊, 印, 新型インフルエンザ<br />2010/3/1:津波情報, 無料着うた情報, メール解除, 津波, 関連情報<br />Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.<br />日常語としての性格の違い<br />日本語としての歴史の違い<br />
  10. 10. 「情報」という言葉の初出<br />書誌情報<br />仏国歩兵陣中要務実地演習軌典<br />酒井忠恕訳<br />内外兵事新聞局<br />1876年(明治9年)<br />第1冊 巻之1<br />40頁<br />入手方法<br />国立国会図書館 近代デジタルライブラリー<br />10<br />Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.<br />
  11. 11. 11<br />「知識」という言葉の使用例<br />Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.<br />大仏造立の詔(743年(天平15年))<br />菩薩の大願を發(おこ)して、 盧舎那佛金銅の像一躯を造り奉る。國銅を盡して象(かた)を鎔かし、大山を削りて以て堂を構え、 廣く法界に及して、朕が知識と為し、遂に同じく利益(りやく)を蒙りて、共に菩提を到さしめん。<br />(中略)<br />是の故に、知識に預かる者は、懇ろに至誠を發っして、各(おのおの)介福(おおいなるふく)を招き、 宜しく日毎に盧舎那佛を三拝し、自ら當(まさ)に念を存し、各(おのおの)盧舎那佛を造るべし。<br />
  12. 12. 12<br />情報・知識のとらえ方<br />参考:<br />丸山眞男著<br />『「文明論之概略」を読む』<br />(岩波新書、1986年)<br />Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.<br />
  13. 13. 情報・知識との接し方<br />人類はどのように情報・知識と接してきたのか<br />13<br />Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.<br />
  14. 14. 14<br />情報・知識との接し方-言語の獲得から紙の発明まで<br />Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.<br />言語の獲得と文字の発明<br />絵画表現の前史(例:洞窟壁画)<br />記憶・口承の技能(例:古事記)<br />記録媒体の模索<br />甲骨、石碑、粘土板、パピルス、羊皮紙、木簡<br />紙の発明(紀元前150年前後)<br />紙の世界的伝播<br />日本(7世紀)、イスラム(8世紀)、ヨーロッパ(12世紀)<br />紙の用法<br />日本の場合:墨書、書写、木版印刷<br />
  15. 15. 15<br />情報・知識との接し方-印刷の登場と大規模複製の実現<br />Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.<br />活版印刷の登場<br />グーテンベルクによる大成(1445年頃)<br />グーテンベルク聖書(四十二行聖書)<br />活版印刷の普及がもたらしたもの<br />宗教改革(16世紀)、科学革命(17世紀)ほか<br />印刷による大規模複製の実現<br />新聞、雑誌、書籍<br />百科事典、図書館<br />
  16. 16. 16<br />情報・知識との接し方-メディアの多様化と大衆化<br />Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.<br />メディアの多様化と大衆化<br />写真(19世紀前半)<br />電信(19世紀前半)<br />映画(19世紀後半)<br />電話(19世紀後半)<br />レコード(19世紀後半)<br />ラジオ(20世紀前半)<br />テレビ(20世紀中盤)<br />
  17. 17. 17<br />情報・知識との接し方-コンピューターとインターネットの登場<br />Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.<br />1940年代:<br />コンピューターの実用化<br />1950~1960年代:<br />大規模コンピューターの商用化<br />1970~1980年代:<br />パーソナルコンピューター化<br />マイクロソフト(1975年)、アップル(1977年)<br />Macintosh(1984年)、Windows(1985年)<br />1990年代~<br />インターネットの普及(1995年以降)<br />
  18. 18. ご清聴に感謝、ご質問はお気軽に<br />18<br />岡本真<br />大妻女子大学社会情報学部非常勤講師<br />アカデミック・リソース・ガイド株式会社代表取締役/プロデューサー<br />Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.<br />

Views

Total views

1,487

On Slideshare

0

From embeds

0

Number of embeds

8

Actions

Downloads

0

Shares

0

Comments

0

Likes

0

×