OpenDataKyoto(20130420)

1,250 views

Published on

0 Comments
2 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
1,250
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
29
Actions
Shares
0
Downloads
15
Comments
0
Likes
2
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

OpenDataKyoto(20130420)

  1. 1. 京都から考えるオープンデータ-特にGOV 2.0の観点から岡本真アカデミック・リソース・ガイド株式会社代表取締役/プロデューサー横浜オープンデータソリューション発展委員会 理事NPO法人リンクト・オープンデータ・イニシアティブ 理事学問を生かす社会へオープンデータ京都勉強会日時:2013年4月20日(土)会場:京都リサーチパーク(KRP)町家スタジオ1Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  2. 2. 自己紹介-岡本真とアカデミック・リソース・ガイド株式会社学問を生かす社会へ2Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  3. 3. 自己紹介(現在)1. アカデミック・リソース・ガイド株式会社(2009年~) 代表取締役/プロデューサー(2009年~) ACADEMIC RESOURCE GUIDE編集長(1998年~)2. オーマ株式会社(2008年~) 代表取締役(2011年~)3. saveMLAKプロジェクト(2011年~) プロジェクトリーダー(2011年~)4. iSPP 情報支援プロボノ・プラットフォーム(2011年~) 共同代表理事(2011年~)5. ニコニコ学会β実行委員会(2011年~) 事務局長(2011年~)学問を生かす社会へ3Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  4. 4. 自己紹介(過去) 1973年生まれ 39歳 国際基督教大学(ICU)卒業(1997年) 日本政治思想史を専攻 教育雑誌、学術書等の編集者等を経て、 1999年~2009年、ヤフー株式会社に在籍 Yahoo!カテゴリ、Yahoo!検索、Yahoo!知恵袋、Yahoo!検索ランキング、Yahoo!ラボ等の企画・設計・運用、また産学連携のコーディネートに従事学問を生かす社会へ4Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  5. 5. 自己紹介(京都関係) 来訪型町家シェアハウス「鍵屋荘」運営者 五条烏丸 月額3000円学問を生かす社会へ5Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  6. 6. 自己紹介(横浜関係) アートリノベーション シェアオフィス「さくらWORKS<関内>」運営者 横浜市中区相生町3-61 泰生ビル2F JR関内駅・みなとみらい線馬車道駅徒歩5分学問を生かす社会へ6Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  7. 7. [参考]アカデミック・リソース・ガイド株式会社 創業: 2009年9月30日 前史: 1998年7月11日創刊のメールマガジン“ACADEMICRESOURCE GUIDE (ARG)” ビジョン: 「学問を生かす社会へ」 事業:1. コミュニティー創造2. コラボレーション促進3. エンパワーメント支援4. ノウハウ提供 体制: 役員1名+パートナー4名学問を生かす社会へ7Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  8. 8. 学問を生かす社会へ京都から考えるオープンデータ-Gov 2.0から、オープンデータの京都モデルまで8Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  9. 9. 1. GOV 2.0の胎動 2人のトップによる主導 イギリス:ブラウン前首相(2007-06-27~2010-05-11) data.gov.uk / Show Us a Better Way アメリカ:オバマ大統領(2009-01-20~) Memorandum on Transparency and Open Government(2009-01-21) 2人のティムによる呼応 プラットフォームとしての政府(Government as aPlatform) ティム・オライリー(Tim O’Reilly) ティム・バーナーズ=リー( Tim Berners-Lee )学問を生かす社会へ9Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  10. 10. 参考:ABOUT OPEN GOVERNMENT On his first day in Office, President Obama signed the Memorandumon Transparency and Open Government, ushering in a new era ofopen and accountable government meant to bridge the gap betweenthe American people and their government: The Administration is reducing the influence of special interests by writingnew ethics rules that prevent lobbyists from coming to work in governmentor sitting on its advisory boards. The Administration is tracking how government uses the money withwhich the people have entrusted it with easy-to-understand websites likerecovery.gov, USASpending.gov, and IT.usaspending.gov. The Administration is empowering the public – through greater opennessand new technologies – to influence the decisions that affect their lives. On December 8, 2009, the White House issued an unprecedentedOpen Government Directive requiring federal agencies to takeimmediate, specific steps to achieve key milestones in transparency,participation, and collaboration. You can see all Open GovernmentDirective milestones, track progress across the Executive Branch onthe Open Government Dashboard, and read about how the ObamaAdministration is changing the way Washington works in theProgress Report to the American People .学問を生かす社会へhttp://www.whitehouse.gov/open/about10Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  11. 11. 1. GOV 2.0の胎動 形になりだしたGov 2.0 Gov 2.0 Summit 2009 2009-09 “Open Government”刊行 2010-02 Gov 2.0 Expo 2010 2010-05 Gov 2.0 Summit 2010 2010-09学問を生かす社会へ11Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  12. 12. 2. GOV 2.0の骨子学問を生かす社会へ1. 透明性(Transparency)2. 参加(Participation)3. 協同(Collaboration)12Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  13. 13. 2. GOV 2.0の骨子学問を生かす社会へTransparency(透明性)OpenGovernment(参加・協同)13Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  14. 14. 3. GOV 2.0の事例-世界レベル グローバル The Commons 52(2年前:46)の図書館、博物館、美術館、文書館×Flickr 米国議会図書館の発表(2010-01) 過去2年間:約2300万回以上閲覧 約28000人のFlickr利用者からコンタクト スミソニアン協会の発表 約半年:約63万回の閲覧と3000以上のコンタクト学問を生かす社会へhttp://www.flickr.com/commons14Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  15. 15. 3. GOV 2.0の事例-国家レベル アメリカ Open Government Initiative Data.gov イギリス Power of Information Task Force data.gov.uk Show Us a Better Way学問を生かす社会へ15Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  16. 16. 3. GOV 2.0の事例-都市レベル 都市 Open311のウェブ化 Open311とは? 緊急性の低い身の回りの問題の連絡・相談を受け付ける行政サービス窓口。従来は電話で運用。1. 仕様の協同策定2. データの公開(API経由)3. 公共セクター外からの成果の歓迎 地域: ニューヨーク、ワシントン、ピッツバーグ、ボストン、サンフランシスコ、バンクーバー、トロントなど学問を生かす社会へ16Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  17. 17. 3. GOV 2.0の事例-GOV 2.0 SUMMIT 前提となった「オープンデータ」 データ観の転回 “From Art to Science: The Answer is in the Data”. “ Unlock Data” “Data Platform Provider”化 API経由でのデータ公開 FCC Developer APIs 公開データに基づく官民の協同 Challenge.govの登場 … is a place where the public and government can solveproblems together.学問を生かす社会へ17Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  18. 18. 4. 日本でのGOV 2.0受容 Gov 2.0 Summitの衝撃(2009-09) 2009年最初期: 「ガバメント2.0-政府はプラットフォームになるべきだ」(Gov 2.0:It‘s All About The Platform)(TechCrunch JAPAN、2010-09-05) 楠正憲「Gov 2.0を見据えた需要主導のクラウド戦略を」(雑種路線で行こう、2010-09-06) 吉川日出行「CiNiiのコンテストでガバメント2.0を先取りしてみよう」(ナレッジ!?情報共有…永遠の課題への挑戦、2009-09-17) その他: 奥村裕一、山崎富美、横江久美、津田大介、佐々木俊尚、岡本真 慶應義塾大学国領研究室の取り組み 「日本にオープンガバメントの実現を!」シンポジウム(2010年4月) そして: 東日本大震災と原発ショック(2011年3月~)学問を生かす社会へ18Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  19. 19. 4. 日本でのGOV 2.0受容-国政レベル 国政での展開 経済産業省 アイデアボックス(2009-10~2010-03) オープンガバメントラボ(2010-07~) データボックス(2010-09~) 行政機関における情報分析ツール活用ガイド(2012-02~) 公共機関における民間ソーシャルメディア活用ポータル(2012-02~) 文部科学省 熟議カケアイ(2010-04~) 2010-07には、グリーと連携開始 その他 従前からのYouTube利用や最近のTwitter議員等学問を生かす社会へ19Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  20. 20. 4. 日本でのGOV 2.0受容-自治体レベル 地域別アイデアボックスの採用 埼玉県鶴ヶ島市 北海道陸別町 京都府伊根町 広がるTwitter利用 617(2年前:84)自治体での利用 がばったー掲載数 北海道福島町議会の取り組み 議案・説明資料の事前公開 福島町議会基本条例 第5条(議会の活動原則)4. 議会は、ホームページを利用して、会議の議案・調査資料等を事前に情報提供する。学問を生かす社会へ20Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  21. 21. 5. 日本におけるGOV 2.0の課題学問を生かす社会へ“Government”概念の馴染みにくさ「透明性」の確保行政的慣習の打破21Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  22. 22. 5. 日本におけるGOV 2.0の課題-“GOVERNMENT”理解 “Government”概念の馴染みにくさ 日本における近代以降の課題 “Government”の語義 大辞林:「支配。統治。また、政府。」 プログレッシブ:「統治, 政治, 行政, 施政;統治[行政]権」 参考: “Government of the People, by the People, for the People” “Government by Discussion”学問を生かす社会へ22Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  23. 23. 5. 日本におけるGOV 2.0の課題-「透明性」の確保#1学問を生かす社会へTransparency(透明性)OpenGovernment(参加・協同)23Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  24. 24. 5. 日本におけるGOV 2.0の課題-「透明性」の確保#2学問を生かす社会へOpen Government(参加・協同)Transparency(透明性)24Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  25. 25. 5. 日本におけるGOV 2.0の課題-「透明性」の確保#3学問を生かす社会へ双方向の共有「透明性」「参加」「協同」25Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  26. 26. 5. 日本におけるGOV 2.0の課題-「透明性」の確保#4透明性なくして参加なしNo Participation without Transparency参加なくして協同なしNo Collaboration without Participation学問を生かす社会へ26Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  27. 27. 5. 日本におけるGOV 2.0の課題-行政的慣習の打破 調達行政の歴史と前例主義 決裁者の無知と無理解 民間無償サービスへの姿勢 是非の考え方 現状:民間の無償サービス利用を非とする意識 × 本来:民間の無償サービス利用を是とする意識 ○ 求められる説明・説得の関係転換 「非」とする合理的根拠 「公費」の考え方とセキュリティー意識学問を生かす社会へ27Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  28. 28. 6. GOV 2.0の京都モデルに向けて学問を生かす社会へ「共有」(透明性)市政情報の透明化(事前ヒアリング等も含め)「京都モデル」という提案28Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  29. 29. 6. GOV 2.0の京都モデルに向けて学問を生かす社会へ「共有」(透明性)市政(行政・政治)データの公開(オープンデータ)「京都モデル」という提案29Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  30. 30. 6. GOV 2.0の京都モデルに向けて学問を生かす社会へ「共有」(透明性)を前提とした「参加」「協同」京都コンテストの開催「京都モデル」という提案30Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  31. 31. 6. GOV 2.0の京都モデルに向けて 京都の豊かな資産 京都府・市町村共同地理情報システム 学問を生かす社会へ31Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  32. 32. 6. GOV 2.0の京都モデルに向けて 京都の豊かな資産 京都府統計なび 学問を生かす社会へ32Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  33. 33. 6. GOV 2.0の京都モデルに向けて学問を生かす社会へその上での参加 協同まずは、「共有」(透明性)の徹底施策 データ「京都モデル」という提案33Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  34. 34. 京都から考えるオープンデータ-特にGOV 2.0の観点から岡本真アカデミック・リソース・ガイド株式会社代表取締役/プロデューサー横浜オープンデータソリューション発展委員会 理事NPO法人リンクト・オープンデータ・イニシアティブ 理事学問を生かす社会へオープンデータ京都勉強会日時:2013年4月20日(土)会場:京都リサーチパーク(KRP)町家スタジオ34Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp

×