Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Ni ipotal tokyo2(20120823)

760 views

Published on

Published in: Technology
  • Be the first to comment

Ni ipotal tokyo2(20120823)

  1. 1. 学問を生かす社 講義(8)会へ 「サービスの設計と仕様策定」 国立情報学研究所(NII)学術ポータル担当者研修 日時:2012年8月1日(水)~3日(金)/2012年8月22日(水)~24日(金) 会場:名古屋大学附属図書館/国立情報学研究所(NII) 1 岡本真 アカデミック・リソース・ガイド株式会社 代表取締役/プロデューサー Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  2. 2. 企画・設計と仕様策定の大前提 -チーム内の一致共有 学 意思 問 を 生 か す チーム内の 社 会 一致共有 へ方向性 イメージ 2 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  3. 3. 企画・設計と仕様策定の大前提-チーム内の一致共有の失敗事例 http://www.cagylogic.com/archives/2004/03/04021256.php Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  4. 4. 設計と仕様策定の基本的な考え方What 学 問 をWhen 生 か す 社Who 会 へHow 4 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  5. 5. 設計と仕様策定の基本的な考え方What •願望の言語化・可視化 学 問 をWhen •開発の発注・着手前 生 か す 社Who •企画者・企画チーム 会 へHow •明確であり一貫している 5 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  6. 6. 設計と仕様策定の基本的な考え方-WHAT 願望 学 問 を 生 か す 言語化 可視化 社 会 へ 文章 図解 6 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  7. 7. 設計と仕様策定の基本的な考え方-WHOPlan(属人ではなく行為、以下同) 学 問 を Design 生 か言語化 す 社 可視化 Development 会 へ思考 フロー 確認 助言整理 整理 7 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  8. 8. 設計と仕様策定の基本的な考え方-WHAT1. 各ページ右上に配置された「質問す る」ボタンを押す。 学 問2.1. 利用登録済み利用者の場合、「質 を 問入力ページ」に移動し、以下の 生 データが表示される。 か  当該利用者のID す 社  当該利用者の得点 会 必要に応じて場所を明記 へ2.2. 未利用登録利用者の場合、利用 登録ページが表示される。 8 利用者目線での表現 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  9. 9. 補足:設計手段としてのプロトタイピング プロトタイピングの意義 1. 素早い試作と評価 2. ユーザー体験の優先 ソフトウェアにおけるプロトタイピング  画面デザインのモックアップ Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  10. 10. 補足:様々なプロトタイピングの方法 スケッチ ストーリーボード スケッチ ペーパープロトタイピング PowerPointプロトタイピング Excelプロトタイピング ワイヤーフレーム Visio Illustrator Flash 完成イメージ Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  11. 11. 補足:スケッチによる設計の極意1. 下手な絵でよい• 巧拙を競うものではない2. たくさん描く• いくらでもやり直せる3. 人に見せる• 一致を共有できているか Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  12. 12. 学問を生かす社 講義(8)会へ 「サービスの設計と仕様策定」 国立情報学研究所(NII)学術ポータル担当者研修 日時:2012年8月1日(水)~3日(金)/2012年8月22日(水)~24日(金) 会場:名古屋大学附属図書館/国立情報学研究所(NII) 12 岡本真 アカデミック・リソース・ガイド株式会社 代表取締役/プロデューサー Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp

×