Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

MojiHimoji(20110218)

886 views

Published on

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

MojiHimoji(20110218)

  1. 1. 「文字資料アーカイブズの現在 -特に検索可能性を中心に」 公開シンポジウム 「文字と非文字のアーカイブズ/ モデルを使った文献研究」 日時:2011年2月18日(金) 会場:京都大学人文科学研究所 岡本真(@arg) アカデミック・リソース・ガイド株式会社 代表取締役/プロデューサー 1 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  2. 2. 自己紹介 私は何者か 2Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  3. 3. 自己紹介-岡本真(おかもと・まこと) 現在:  アカデミック・リソース・ガイド株式会社(2009年~)  代表取締役/プロデューサー  ACADEMIC RESOURCE GUIDE編集長(1998年~)  NPO法人横浜コミュニティデザイン・ラボ  理事(2010年~) 過去:  国際基督教大学卒業(1997年)  編集者等を経て、  1999年~2009年、ヤフー株式会社に在籍  Yahoo!知恵袋、Yahoo!検索ランキング等の企画・設計・運 用、産学連携のコーディネートに従事 3 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  4. 4. [参考] ACADEMIC RESOURCE GUIDE 1998年7月創刊、週刊、5000部、無料 「インターネットの学術利用」がテーマ 約150人の執筆者、約450回の発行 4 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  5. 5. 自己紹介-岡本真(おかもと・まこと) 兼任(大学関係):  京都大学 情報学研究科 非常勤研究員  国立情報学研究所 産学連携研究員  東京大学 工学系研究科 総合研究機構 研究員  早稲田大学 ITバイオマイニング研究所 客員研究員  大妻女子大学 社会情報学部 非常勤講師  関西学院大学 文学部 非常勤講師  その他、北海道大学、流通科学大学、兵庫県立大学、追 手門学院大学、横浜市立大学、関西大学、甲南大学等で 講義を担当 5 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  6. 6. [参考] アカデミック・リソース・ガイド株式会社 創業:  2009年9月30日 前史:  1998年7月11日創刊のメールマガジン “ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG)” ビジョン:  「学問を生かす社会へ」 体制:  役員1名+インターン3名 インターン募集中! 6 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  7. 7. [参考] ARGの事業内容1. インターネットサービスの企画、開発、運用2. インターネット活用の研修、コンサルティング3. ウェブ技術に関わる産官学連携のコンサル ティング、仲介4. 地域社会の活性化に関わるコンサルティング5. 前各号に附帯する執筆、出版、講演、講義6. 前各号に附帯する一切の事業 7 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  8. 8. 文字資料アーカイブズの現在 「電子書籍」元年、改正著作権法、国立国会図書館による大規模デジタル化 8 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  9. 9. 文字資料アーカイブズの現在-電子書籍元年 機器・デバイス  Kindle(アマゾン)、iPad(アップル)  GALAPAGOS(シャープ)、Reader(ソニー) 仕様と適用  EPUB  例:『ブックビジネス2.0』の電子版  iPhoneアプリ  クリエイティブコモンズ準拠  非DRM 9 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  10. 10. 文字資料アーカイブズの現在-改正著作権法第四十七条の七(情報解析のための複製等) 著作物は、電子計算機による情報解析(多数の著作 物その他の大量の情報から、当該情報を構成する言 語、音、影像その他の要素に係る情報を抽出し、比 較、分類その他の統計的な解析を行うことをいう。以 下この条において同じ。)を行うことを目的とする場合 には、必要と認められる限度において、記録媒体へ の記録又は翻案(これにより創作した二次的著作物 の記録を含む。)を行うことができる。ただし、情報解 析を行う者の用に供するために作成されたデータ ベースの著作物については、この限りでない。 10 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  11. 11. 文字資料アーカイブズの現在-国立国会図書館の大規模デジタル化 長尾真館長の強いリーダーシップ  2010年度補正予算  100億円を超える予算 大規模デジタル化  近代デジタルライブラリーという蓄積  1960年代後半までに刊行された日本語書籍で同館 に所蔵されているもの  画像データ 文字資料アーカイブズとしての可能性  全文テキスト化実証実験 11 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  12. 12. 検索可能性という課題抽出・解析・蓄積の先にある課題「検索」を実現するための構造化 12 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  13. 13. 検索可能性という課題-抽出・解析・蓄積の先にある課題 人文情報学の目的 1. 人手では不可能な大量のデータを扱い 2. 人手による処理では帰納できない類の情報を抽出し、 3. 得られた情報を機械可読かつ再加工可能な形式で蓄 積する 蓄積の先にある「利用」と、「利用」を可能にする 検索技術  類似度判定、連想検索といった技術  同時にあるペイジランク方式の限界 13 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  14. 14. 検索可能性という課題-「検索」を実現するための構造化 様々な動向  メタデータ付与という手法  国立国会図書館デジタル情報資源ラウンドテーブル  Linked-Open Data(LOD)  LODAC Projects(武田英明ら) 人文情報学の場合  最終的には、「××という特徴をもつ文献はどのよ うな構造をしているのか」を機械可読な形式でモ デルとして提出する、つまり「文献の構造の情報 学的モデル」を確立する 14 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  15. 15. 議論のための提案ファクトデータベースへの傾斜 研究文献のデータベース (レファレンスデータベース)の重要性 本文と、その解釈の関係をメタデータ として内包する書誌情報の必要性 15 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  16. 16. ご清聴に感謝/ご質問はお気軽に 岡本真 アカデミック・リソース・ガイド株式会社 代表取締役/プロデューサー 16 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp

×