Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Mla(20090918)

1,131 views

Published on

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

Mla(20090918)

  1. 1. 三重県図書館協会研修会<br />日時:2009年9月18日(金)<br />会場:三重県文化会館<br />岡本真<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)<br />編集長<br />1<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />広報の前提としてのウェブ活用-サイト、ブログ、RSS、Twitterを事例に<br />
  2. 2. 自己紹介<br />1997年 国際基督教大学(ICU) 卒業<br />教養学部 社会科学科 日本政治思想史専攻<br />編集者、校正者、翻訳家などを経て<br />1998年 ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG)創刊<br />1999年 ヤフー株式会社 入社<br />2004年 Yahoo!知恵袋をプロデュース(専任)<br />2006年 『これからホームページをつくる研究者のために』を刊行<br />2008年 ARGカフェ&ARGフェスト、開始<br />2008年 Yahoo!検索ランキング、プロデュース(専任)<br />2009年 Yahoo!ラボ、プロデュース(共同)<br />2009年 ヤフー株式会社 退職<br />2009年 ARGフォーラム、開始<br />2009年 ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG)を法人化(予定)<br />兼任:<br />情報処理学会DBS研究会/CH研究会運営委員<br />京都大学情報学研究科非常勤研究員、東京大学Creation Advisor<br />コンタクト:hatena/twitter: arg, mixi: 38899<br />2<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />
  3. 3. 参考:ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG)<br />1998年7月創刊、週刊、4700部、無料<br />「インターネットの学術利用」がテーマ<br />約160人の執筆者、約390回の発行<br />3<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />
  4. 4. 参考:ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)の配信登録方法<br />4<br />ARG<br />無料で毎週月曜日にお手元に!<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />
  5. 5. 大前提としての認識<br />浸透期に入ったインターネット<br />5<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />
  6. 6. 参考:インターネットの利用状況<br />6<br />ARG<br />出典:情報通信白書平成21年版<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />
  7. 7. 大きなルール変動-ウェブによる実在証明<br />7<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />
  8. 8. 三重県の図書館のウェブ対応状況<br />8<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />
  9. 9. 事例:三重県内の公共図書館サイト(1)<br />9<br />ARG<br />http://www.tosyo.city.tsu.mie.jp/<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />
  10. 10. 事例:三重県内の公共図書館サイト(2)<br />10<br />ARG<br />http://library.city.kuwana.mie.jp/<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />
  11. 11. 事例:三重県内の公共図書館サイト(3)<br />11<br />ARG<br />http://www.town.komono.mie.jp/library/<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />
  12. 12. 次の一歩へ進む前に<br />現在地点の確認のために<br />課題発表<br />12<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />
  13. 13. 本講座の参加者の属性<br />地域:<br />津市、四日市市、伊勢市、松阪市、桑名市、鈴鹿市、亀山市、鳥羽市、いなべ市、東員町、川越町、多気町<br />館種:<br />公共:23<br />大学・高専:5<br />学校:1<br />13<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />
  14. 14. 事前課題の内容<br />三重県立図書館のサイトを訪れ、実際に使ってみる。その上で、<br />自分の勤務館のサイトに取り入れたいと思った点<br />実際に使ってみて不便に感じた点<br />を各3点、箇条書きで挙げる。<br />自分の勤務館のサイトを訪れ、実際に使ってみる。その上で、<br />実際に使ってみて不便に感じた点<br />今後改善したい点<br />を各3点、箇条書きで挙げる。<br />14<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />
  15. 15. 参考:参加者の全般的な指摘事項<br />アクセス方法の説明を強化する必要性<br />多言語版を提供する必要性<br />地域性に応じたコンテンツをつくる必要性<br />地域を表すデザインを施す必要性<br />更新頻度を高める必要性<br />リンクして紹介する外部資源を増やす必要性<br />イベントやカレンダーを整備する必要性<br />15<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />
  16. 16. 最低限の要求水準-5点に絞って<br />タイトルタグ<br />どう見えているかを常に意識<br />PDFの扱い方<br />必要性の熟慮と、不可欠な注記<br />フレーム<br />参照しやすい構造への意識<br />パーマリンク<br />リンクされやすい構造への意識<br />ALTなし画像<br />利用者への配慮<br />16<br />ARG<br />ウェブ標準への準拠<br />機械が読みやすい<br />=人が読みやすい<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />
  17. 17. 参考:県内公共図書館サイト訪問の印象<br />可能性:<br />伊勢市立図書館<br />条例・規則のリンク先に条規検索システムを設定<br />鳥羽市立図書館<br />三重県図書館情報ネットワークへのデータ反映時期(遅延)を明記<br />課題:<br />三重県図書館情報ネットワーク(MILAI)の活用<br />市町村合併の影響<br />17<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />
  18. 18. 新たな段階に進むウェブ<br />発信しやすく、共有しやすく、連携しやすい<br />仕組みの登場<br />18<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />
  19. 19. 事例:ブログ(1)<br />19<br />ARG<br />http://blog.goo.ne.jp/hikari_library<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />
  20. 20. 事例:ブログ(2)<br />20<br />ARG<br />http://d.hatena.ne.jp/the-per/<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />
  21. 21. 事例:RSS+RSSリーダー(1)<br />21<br />ARG<br />http://r.hatena.ne.jp/the-per/<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />
  22. 22. 事例:RSS+RSSリーダー(2)<br />22<br />ARG<br />http://r.hatena.ne.jp/history_mag/<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />
  23. 23. 事例:SBM(1)<br />23<br />ARG<br />http://b.hatena.ne.jp/yukilibpf/<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />
  24. 24. 事例:SBM(2)<br />24<br />ARG<br />http://library.koriyama-kgc.ac.jp/path/<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />
  25. 25. 事例:Twitter(1)<br />25<br />ARG<br />http://twitter.com/lib_yamanakako<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />
  26. 26. 事例:Twitter(2)<br />26<br />ARG<br />http://twitter.com/genkina_yoyolib<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />
  27. 27. 質疑応答と午後の部の説明<br />なにをしたいか、<br />なにができるか、<br />なにが必要か。<br />27<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />
  28. 28. 演習(グループワーク)<br />既存の枠にとらわれず、図書館サービスの向上のために、本日の研修で得た知識を参考にして、これから、<br />なにをしたいか<br />なにができるか<br />なにが必要か<br />をグループごとに話し合い、具体的な提案としてまとめましょう(複数案可)。<br />28<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />
  29. 29. グループワークの方法<br />ブレインストーミングの作法で、<br />否定から入らない<br />連携を大事に、<br />せっかくの機会という意識で<br />主体的に討論に参加を、<br />自分の頭で考えてこその研修<br />役割を決めて、<br />進行役と発表役を最低限<br />29<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />
  30. 30. 発表と講評<br />実現に向けて<br />30<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />
  31. 31. 補講:実現に向けてできること<br />31<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />組織・個人双方での取り組み<br />組織での実現の重要性<br />前提としての個人での挑戦<br />経験値向上のために<br />TRCライブラリー・アカデミーでの実践<br />日本図書館協会ステップアップ研修(2)での実践<br />
  32. 32. [PR]全国図書館大会U40プレミアセッション<br />32<br />ARG<br />三重開催募集<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />2009-10-29(Thu):<br />全国で同時多発開催<br />山形、仙台、水戸、東京、京都、大阪、沖縄<br />明るい笑顔で図書館の未来を語ろう<br />館種や立場を超えて幅広いネットワークを<br />今回は“U40”で<br />40歳以下の若手に脚光を<br />41歳以上は、若手同士の媒介に<br />
  33. 33. [PR] ARGの今後の活動予定<br />2009-11-12(Thu):<br />第6回ARGカフェ&ARGフェスト@横浜<br />於・神奈川県/パシフィコ横浜<br />近日、参加申込開始、ライトニングトーク登壇も募集<br />その他(11/10~11/12図書館総合展中):<br />財政危機をチャンスに変える思考と戦略-低成長時代の図書館サービス指導理念<br />CiNiiリニューアル記念 ウェブAPIコンテスト優秀作品発表会<br />貸出履歴を利用した新しい利用者支援の展開リターンズ<br />“グーグル文化と日本”-研究者、図書館の立場からグーグル・ブック構想を評価する<br />Library of the Year 2009 最終選考会<br />33<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />
  34. 34. ご参加に感謝実現に期待<br />ARG<br />本資料は後日、<br />ブログにて公開します<br />http://d.hatena.ne.jp/arg/<br />岡本真<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)<br />編集長<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />34<br />

×