Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

LOD2014(20150312)

1,107 views

Published on

  • Be the first to comment

LOD2014(20150312)

  1. 1. から まで -未来の図書館の役割を中心に 岡本真 アカデミック・リソース・ガイド株式会社 代表取締役/プロデューサー 学 問 を 生 か す 社 会 へ チャレンジ カンファレンス&優秀作品発表会 日時: 年 月 日(木) 会場:慶應義塾大学三田キャンパス アカデミック・リソース・ガイド株式会社 arg.ne.jp
  2. 2. 自己紹介 -岡本真とアカデミック・リソース・ガイド株式会社 学 問 を 生 か す 社 会 へ アカデミック・リソース・ガイド株式会社 arg.ne.jp
  3. 3. 自己紹介(現在) アカデミック・リソース・ガイド株式会社( 年~ )  代表取締役/プロデューサー( 年~)  編集長( 年~) オーマ株式会社( 年~)  代表取締役( 年~) プロジェクト( 年~)  プロジェクトリーダー( 年~) 情報支援プロボノ・プラットフォーム( 年~)  共同代表理事( 年~) 法人横浜コミュニティデザイン・ラボ( 年~)  理事( 年~) 公益財団法人シャンティ国際ボランティア会( 年~)  理事( 年~) 学 問 を 生 か す 社 会 へ アカデミック・リソース・ガイド株式会社 arg.ne.jp
  4. 4. 自己紹介(過去)  年生まれ  歳  国際基督教大学( )卒業( 年)  日本政治思想史を専攻  教育雑誌、学術書等の編集者等を経て、  年~ 年、ヤフー株式会社に在籍  カテゴリ、 検索、 知恵袋、 検 索ランキング、 ラボ等の企画・設計・運用、また産学 連携のコーディネートに従事 学 問 を 生 か す 社 会 へ アカデミック・リソース・ガイド株式会社 arg.ne.jp
  5. 5. [参考] アカデミック・リソース・ガイド株式会社概要  創業:  年 月 日  前史:  年 月 日創刊のメールマガジン  ビジョン:  「学問を生かす社会へ」  事業: 図書館の新設・リニューアル・運営等の計画策定支援 ウェブ技術を中心とした産官学連携のコーディネート 共同オフィス・シェアハウス等のコミュニティー空間の創造 ウェブコンサルティングや専門的調査の実施代行 ワークショップ等によるアイデア発想・知識創造の支援  体制:  役員 名+スタッフ 名 学 問 を 生 か す 社 会 へ アカデミック・リソース・ガイド株式会社 arg.ne.jp
  6. 6. [参考] これまでの との関係  そもそものきっかけ  年の に参加  その際の取材結果に基づく執筆・講演多数  日本での の紹介者の一人に  関係している取り組み:  法人リンクト・オープン・データ・イニシアティブ  横浜オープンデータソリューション発展委員会  学 問 を 生 か す 社 会 へ アカデミック・リソース・ガイド株式会社 arg.ne.jp
  7. 7. < >『ライブラリー・リソース・ガイド( )』  発行:アカデミック・リソース・ガイド株式会社  年 回発行(季刊)  :  定価: 円(税込)  特別寄稿と特集 学 問 を 生 か す 社 会 へ アカデミック・リソース・ガイド株式会社 arg.ne.jp 本日 一定部数 持参
  8. 8. < >『未来の図書館、はじめませんか?』  岡本真・森旭彦共著  2014年11月刊行  青弓社  2000円+税 学 問 を 生 か す 社 会 へ アカデミック・リソース・ガイド株式会社 arg.ne.jp 本日 一定部数 持参
  9. 9. [参考] 『未来の図書館、はじめませんか?』目次 学 問 を 生 か す 社 会 へ  まえがき 図書館は知の番人だ。 図面から生まれる図書館は正しいのか 図書館の“周辺”にある、進化のチャンス 図書館の原風景を見つめる 「足で見る」図書館 「まち」から生まれる図書館、図書館から生まれる「まち」 さあ、図書館をつくろう 「発信型図書館」のための、アイデアのつくりかた 図書館の拡張  あとがき アカデミック・リソース・ガイド株式会社 arg.ne.jp
  10. 10. オープンデータとしての -震災復興に向けた中間支援と情報支援の展開 学 問 を 生 か す 社 会 へ アカデミック・リソース・ガイド株式会社 arg.ne.jp
  11. 11. -日本最大級の被災文化施設情報の集約・共有 アカデミック・リソース・ガイド株式会社 arg.ne.jp 学 問 を 生 か す 社 会 へ (博物 館) (図書館) (文書 館) (公民 館)
  12. 12. - によるコラボレーションの成功 学 問 を 生 か す 社 会 へ アカデミック・リソース・ガイド株式会社 arg.ne.jp 約 万件の所在情報 約 件の被災情報 約 名の編集者 約 万回の編集
  13. 13. の体制と活動 学 問 を 生 か す 社 会 へ アカデミック・リソース・ガイド株式会社 arg.ne.jp 有志(個人+組織) 国内外約 人の参画体制 間接支援(主として) 情報支援(集約と共有) 中間支援(把握と仲介) 活動
  14. 14. - の協働の設計 学 問 を 生 か す 社 会 へ アカデミック・リソース・ガイド株式会社 arg.ne.jp カラムを増やしすぎない簡易なデータフォーマット システム特性に根づいた寛容な運営方針 ソーシャルメディアでの活発なコミュニケーション オフラインでの定期的なコミュニケーション 同時多発的な協同入力イベントの実施 いまふうには 「ハッカソン」か
  15. 15. -オープンデータ化(データセットの公開) 学 問 を 生 か す 社 会 へ アカデミック・リソース・ガイド株式会社 arg.ne.jp 年 月公開 チャレンジ で表 彰
  16. 16. という潮流 -芸術・文化のオープンデータ化 学 問 を 生 か す 社 会 へ アカデミック・リソース・ガイド株式会社 arg.ne.jp
  17. 17. - とは何か 学 問 を 生 か す 社 会 へ アカデミック・リソース・ガイド株式会社 arg.ne.jp
  18. 18. - とは何か 学 問 を 生 か す 社 会 へ アカデミック・リソース・ガイド株式会社 arg.ne.jp が有する膨大かつ多様な 情報資源を 化する動き 先行・代表事例としての ウィキメディア共同プロジェクト (例: )
  19. 19. - とは何か 学 問 を 生 か す 社 会 へ アカデミック・リソース・ガイド株式会社 arg.ne.jp 加えて、 の動向に を融合化する動き の一翼を自らが担う という位置づけへの発展
  20. 20. - の具体化 案 学 問 を 生 か す 社 会 へ アカデミック・リソース・ガイド株式会社 arg.ne.jp 保有データのオープン化 を拠点にした オープンコンテンツの創造 、特に による オープンデータのリポジトリ化
  21. 21. - 保有データのオープン化 学 問 を 生 か す 社 会 へ  京都府立総合資料館  東寺百合文書 ( 年~)  世紀から 世紀までのおよそ 年間の文書群(国宝)  ライセンスで公開( )  営利目的も含めた二次利用を全面的に許可 アカデミック・リソース・ガイド株式会社 arg.ne.jp
  22. 22. - を拠点にしたオープンコンテンツの創造 学 問 を 生 か す 社 会 へ  ( 年~)  横浜、二子玉川、京都、伊那、柏等( 年~)  図書館保有データの 化  ししょまろはん(京都府)( 年~)  京都が出てくる本のデータ  京都が出てくる山村美紗作品データ  図書館員が調べた京都のギモン~京都レファレンスマップ~ アカデミック・リソース・ガイド株式会社 arg.ne.jp チャレンジ データセット部門最優秀賞 優秀な司書(専門家)の存在
  23. 23. - 、特に によるオープンデータのリポジトリ化 学 問 を 生 か す 社 会 へ  先行例としての富士見市立図書館(埼玉県)  富士見市広報誌「広報ふじみ」創刊号からのバックナン バーを掲載  地域資料、行政資料の収集は図書館の基本的役割(図書館法第 条)  オープンデータの受け皿への不安 行政の永続性の担保 その保障装置としての図書館 従来業務の範疇にある役割 アカデミック・リソース・ガイド株式会社 arg.ne.jp
  24. 24. [ ]第 回 シンポジウム 「ウィキペディアタウン・ファシリテーター養成講座」 学 問 を 生 か す 社 会 へ アカデミック・リソース・ガイド株式会社 arg.ne.jp 第 回 シンポジウム 「ウィキペディアタウン・ファシリテーター養成講座」 年 月 日(日)開催 遠方からの参加者には旅費補助を実施
  25. 25. から まで -未来の図書館の役割を中心に 岡本真 アカデミック・リソース・ガイド株式会社 代表取締役/プロデューサー 学 問 を 生 か す 社 会 へ チャレンジ カンファレンス&優秀作品発表会 日時: 年 月 日(木) 会場:慶應義塾大学三田キャンパス アカデミック・リソース・ガイド株式会社 arg.ne.jp

×