Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Lending History(20091111)

1,246 views

Published on

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

Lending History(20091111)

  1. 1. ARG<br />「貸出履歴を巡る失われた歳月を超えて-議論と実行、そして決断」<br />第11回図書館総合展<br />デジタル・ライブラリアン研究会主催「貸出履歴を利用した新しい利用者支援の展開」リターンズ<br />日時:2009年11月11日(水)<br />会場:パシフィコ横浜<br />岡本真<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)<br />編集長<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.<br />
  2. 2. 2006年:<br />岡本、情報科学技術協会(INFOSTA)の講演で図書館システムにおける貸出履歴の活用を提案、後に文章化<br />2007年:<br />小野らの「Project Shizuku」構想、IPA未踏ソフトウェア創造事業(平成19年度第I期未踏ユース)に採択<br />原田、田辺、兼宗、林、小野、中道、岡本ら、Project Next-Lを開始<br />2<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.<br />貸出履歴問題を巡る近年の略史#1<br />
  3. 3. 2008年:<br />岡本、佐浦ら、全国図書館大会第94回兵庫大会 第7分科会「図書館の自由」で「「Web2.0時代」における図書館の自由」を討論<br />原田、小野、佐浦ら、第10回図書館総合展で「貸出履歴を利用した新しい利用者支援の展開」を討論<br />3<br />ARG<br />なかのひとびとの反応は?<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.<br />貸出履歴問題を巡る近年の略史#2<br />
  4. 4. 4<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.<br />3年を振り返って-喪失と焦燥<br />
  5. 5. 5<br />ARG<br />何のための図書館<br />何のためのライブラリアン<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.<br />望まれる姿勢-至上の目的を見据えて<br />
  6. 6. 原田による「図書館の貸出履歴を用いた図書の推薦システム」研究の発表(3月)<br />約800人分の約96万件を利用した実験<br />成田市立図書館によるサービス公開(6月)<br />「おすすめリスト」<br />Project Shizukuの進捗<br />研究プロジェクトからの法人化(9月)<br />6<br />ARG<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.<br />2009年の僥倖<br />
  7. 7. 図書館とライブラリアンの本来的な目的と役割を見据えて、建前論から脱却すること<br />いきなりテクニカルな議論を展開せず、大きなビジョンをまず抱くこと<br />否定形ではなく、肯定形から入り、「できない」根拠を白紙から検討すること<br />7<br />ARG<br />レコメンドやOPACに留まることなく、<br />すべての図書館サービスについて制限なく<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.<br />本日への期待と希望と<br />
  8. 8. ご清聴に感謝続きは討論で<br />ARG<br />本資料は後日、<br />ブログにて公開します<br />http://d.hatena.ne.jp/arg/<br />岡本真<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)<br />編集長<br />ACADEMIC RESOURCE GUIDE <br />http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/<br />8<br />Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.<br />

×