Jaspul East(20071129)

695 views

Published on

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
695
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Jaspul East(20071129)

  1. 1. 学術情報流通の「これまで」と「これから」 -大学図書館に 「みえるもの」と「みえないもの」 私立大学図書館協会東地区部会 2007 年度第 2 回研修会 日時: 2007 年 11 月 29 日 ( 木 ) 会場: 東京理科大学神楽坂キャンパス     森戸記念館 岡本真 ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) 編集長 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  2. 2. 自己紹介 <ul><li>岡本真(おかもと・まこと) </li></ul><ul><ul><li>1973 年、東京都で出生 </li></ul></ul><ul><ul><li>1997 年、国際基督教大学を卒業 </li></ul></ul><ul><ul><li>1998 年、 ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) を創刊 </li></ul></ul><ul><ul><li>2006 年、『これからホームページをつくる研究者のために』(築地書館)を刊行 </li></ul></ul><ul><ul><li>2007 年、 TRC ライブラリー・アカデミーや文部科学省図書館地区別研修の講師を担当 </li></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  3. 3. 本研修会の開催趣旨から <ul><li>図書館の利用者である学生や教員、インターネットを幅広く活用する研究者、 提供する側の出版社 が、電子資料についてどのように考え、どのようなことを図書館に期待しているのだろうか。図書館内外の電子資料を取り巻く利用者の声に耳を傾け、急速に変化し続けるデジタル環境下において、図書館が果たすべき役割を考えることは図書館職員の責務であろう。 </li></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  4. 4. 学術情報流通の「これまで」 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  5. 5. 「これまで」-三つの進展 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  6. 6. 一つ目の進展:図書館サイトの公開 <ul><li>10 年間で 2.6 倍 </li></ul><ul><ul><li>1997 年 3 月: 34.4% </li></ul></ul><ul><ul><li>2007 年 3 月: 90.6% </li></ul></ul><ul><li>出典 </li></ul><ul><ul><li>上田修一「大学図書館 OPAC の動向」 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>http://www.slis.keio.ac.jp/~ueda/libwww/libwwwstat.html </li></ul></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  7. 7. 二つ目の進展: Web OPAC の公開 <ul><li>10 年間で 5.2 倍 </li></ul><ul><ul><li>1997 年 3 月: 14.8% </li></ul></ul><ul><ul><li>2007 年 3 月: 77.6% </li></ul></ul><ul><li>出典 </li></ul><ul><ul><li>上田修一「大学図書館 OPAC の動向」 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>http://www.slis.keio.ac.jp/~ueda/libwww/libwwwstat.html </li></ul></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  8. 8. 三つ目の進展:電子化資料の公開( 1 ) http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  9. 9. 三つ目の進展:電子化資料の公開( 2 ) http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  10. 10. 三つ目の進展:電子化資料の公開( 3 ) http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  11. 11. 「これまで」が示すもの-「うち」へのまなざし <ul><li>深まり </li></ul><ul><li>深まり </li></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  12. 12. 「これまで」への評価 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE 存在 の 主張 独自の試み
  13. 13. 学術情報流通の「これから」 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  14. 14. 「これから」-三つの潮流 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  15. 15. 一つ目の潮流:電子ジャーナルの増加 <ul><li>様々な位相 </li></ul><ul><ul><li>出版社による強化 </li></ul></ul><ul><ul><li>大学図書館の困惑 </li></ul></ul><ul><ul><li>J-STAGE の挑戦 </li></ul></ul><ul><ul><li>オープンアクセス </li></ul></ul><ul><li>電子ジャーナルへの傾斜 </li></ul><ul><ul><li>リソースの外部化 </li></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  16. 16. 二つ目の潮流:機関リポジトリの増加 <ul><li>私立大学への広がり </li></ul><ul><li>慶應義塾大学 </li></ul><ul><li>東京歯科大学 </li></ul><ul><li>法政大学 </li></ul><ul><li>早稲田大学 </li></ul><ul><li>関東学院大学 </li></ul><ul><li>聖路加看護大学 </li></ul><ul><li>同志社大学 </li></ul><ul><li>関西大学 </li></ul><ul><li>関西学院大学 </li></ul><ul><li>高知工科大学 </li></ul><ul><li>立命館アジア太平洋大学 </li></ul><ul><li>沖縄国際大学 </li></ul><ul><li>設置機関の構成比 </li></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  17. 17. 三つ目の潮流: OCW の増加 <ul><li>私立大学への広がり </li></ul><ul><li>関西大学 </li></ul><ul><li>京都精華大学 </li></ul><ul><li>慶應義塾大学 </li></ul><ul><li>女子栄養大学 </li></ul><ul><li>同志社大学 </li></ul><ul><li>明治大学 </li></ul><ul><li>立命館大学 </li></ul><ul><li>立命館アジア太平洋大学 </li></ul><ul><li>早稲田大学 </li></ul><ul><li>設置機関の構成比 </li></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  18. 18. 「これから」が示すもの-「そと」へのまなざし <ul><li>広がり </li></ul><ul><li>広がり </li></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  19. 19. 「これから」への評価 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE 所蔵 からの 脱却 所在 への 着目 連携の試み
  20. 20. 「これから」への懐疑 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE 教育 研究
  21. 21. 「みえるもの」と「みえないもの」 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  22. 22. 所蔵:所在=独自:連携=○○:○○ <ul><li>大学図書館の容器 </li></ul><ul><li>図書館サイト </li></ul><ul><li>OPAC </li></ul><ul><li>電子化資料 </li></ul><ul><li>電子ジャーナル </li></ul><ul><li>機関リポジトリ </li></ul><ul><li>OCW </li></ul><ul><li>大学図書館の中身 </li></ul><ul><li>そこに入っているのは何か? </li></ul><ul><li>そこに入れているのは何か? </li></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  23. 23. 多元・多角化する中身 <ul><li>流通の多元・多角化 </li></ul><ul><li>ウェブの普及 </li></ul><ul><ul><li>書籍からの離脱 </li></ul></ul><ul><ul><li>組織からの離脱 </li></ul></ul><ul><li>ウェブの普及 </li></ul><ul><ul><li>発信者としての学会 </li></ul></ul><ul><ul><li>発信者としての個人 </li></ul></ul><ul><li>発信の多元・多角化 </li></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ 個人 の 活躍 ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE サイト ブログ
  24. 24. 個人の活躍-その成果と過程( 1 ) http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  25. 25. 個人の活躍-その成果と過程( 2 ) http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  26. 26. 個人の活躍-その成果と過程( 3 ) http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  27. 27. 大学図書館の視界-「みえないもの」 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  28. 28. 大学図書館の視界-「みるべきもの」 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  29. 29. まとめとして-図書館が果たすべき役割 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  30. 30. ご清聴ありがとうございました。 岡本真 ACADEMIC RESOURCE GUIDE ( ARG ) 編集長 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE

×