Is Forum(20070222)

696 views

Published on

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
696
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Is Forum(20070222)

  1. 1. Web2.0 時代の「情報検索」 - Web2.0 が投げかける課題と可能性 インフォ・スペシャリスト交流会( IS-FORUM ) 日時: 2007 年 2 月 22 日( 木 ) 会場: 大阪科学技術センター 岡本真 ACADEMIC RESOURCE GUIDE ( ARG ) 編集長 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/
  2. 2. 0. 本日の目的と構成 <ul><li>キーワード </li></ul><ul><ul><li>Web2.0 </li></ul></ul><ul><ul><li>情報検索 </li></ul></ul><ul><li>2 つの論点 </li></ul><ul><ul><li>インフォ・スペシャリストにとっての </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>課題 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>可能性 </li></ul></ul></ul><ul><li>報告 </li></ul><ul><ul><li>2 つのキーワードへの立脚した、 </li></ul></ul><ul><ul><li>2 つの論点(仮説)の提示(問題提起) </li></ul></ul><ul><li>質疑・討論 </li></ul><ul><ul><li>不明点の明確化 </li></ul></ul><ul><ul><li>インフォ・スペシャリストとしての実感に基づいた応答 </li></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/
  3. 3. 0-1. 自己紹介 <ul><li>岡本真(おかもと・まこと) </li></ul><ul><ul><li>1973年生まれ。1997年、国際基督教大学卒業。 </li></ul></ul><ul><li>ACADEMIC RESOURCE GUIDE編集長 </li></ul><ul><ul><li>情報科学技術協会評議員 </li></ul></ul><ul><ul><li>情報ネットワーク法学会メールマガジン編集WG座長 </li></ul></ul><ul><li>著書『これからホームページをつくる研究者のために』(築地書館、2006年) </li></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/
  4. 4. 0-2. 情報検索関係の著作 <ul><li>「利用者の目からみた図書館の目録 ‐評価する点、改善すべき点、期待する点」(「現代の図書館」 41-4 、日本図書館協会、 2003-12 ) </li></ul><ul><li>総論「価値観の交差点」(「情報の科学と技術」 56-9 、情報科学技術協会、 2006-09-01 ) </li></ul><ul><li>「パネルディスカッション 情報の流通とアクセス -これからの図書館をめぐって-」(『公開シンポジウム記録 デジタル時代における図書館の変革 -課題と展望-』国立国会図書館、 2006-09-30 ) </li></ul><ul><li>「 Web2.0 時代の図書館- Blog 、 RSS 、 SNS 、 CGM 」(『情報の科学と技術』 56-11 、情報科学技術協会、 2006-11-01 ) </li></ul><ul><li>「「 Web2.0 」時代に対応する学術情報発信へ -真のユーザー参加拡大のためのデータ開放の提案」(『情報管理』 49-11 、科学技術振興機構、 2007-02-01 ) </li></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/help.html
  5. 5. 0-3. Web2.0体験 -知識検索 <ul><li>知識検索( Q&A サイト) </li></ul><ul><ul><li>一般のネット利用者が日常生活で疑問に思ったことを書き込み、別の利用者が回答する。 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>亀井肇「新語探検」 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>( JapanKnowledge ) </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>デモンストレーション </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>会場へのアクセス方法(寄り道を含む) </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>例: Yahoo! 知恵袋 </li></ul></ul></ul>http://chiebukuro.yahoo.co.jp/ http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/
  6. 6. 1. 2 つのキーワードを巡って -その前提 <ul><li>Web2.0 </li></ul><ul><ul><li>様々な「 Web2.0 」 </li></ul></ul><ul><li>情報検索 </li></ul><ul><ul><li>伝統的な「情報検索」 </li></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ このスペースでは、 Web2.0 の代表的な論者を紹介していますが、著作権の関係上、顔写真を提供できません。
  7. 7. 1-1.様々な「Web2.0」 <ul><li>ティム・オライリー による提唱と様々な解釈 </li></ul><ul><ul><li>小川浩 </li></ul></ul><ul><ul><li>「インターネット上でこの数年間に発生した Web の環境変化とその方向性(トレンド)をまとめたもの」(『ウェブ 2.0 ブック』インプレス、 2006 年、 18 頁) </li></ul></ul><ul><ul><li>梅田望夫 </li></ul></ul><ul><ul><li>「ネット上の不特定多数の人々(や企業)を、受動的なサービス享受者ではなく能動的な表現者と認めて積極的に巻き込んでいくための技術やサービス開発姿勢」(『ウェブ進化論』ちくま新書、 2006 年、 120 頁) </li></ul></ul><ul><ul><li>佐々木俊尚 </li></ul></ul><ul><ul><li>「 Web2.0 というムーブメントは九〇年代に失われつつあったインターネットの理想を取り戻そうという、ひとつの復古運動」(『次世代ウェブ』光文社新書、 2007 年、 81 頁) </li></ul></ul><ul><ul><li>大向一輝 </li></ul></ul><ul><ul><li>「 2006 年現在にうまくいっているサービスをまとめたもの」(国立情報学研究所 平成 18 年度市民講座「 8 語で談じる情報学」 第 2 回「次世代ウェブ」、 2006-07-12 ) </li></ul></ul><ul><ul><li>森健 </li></ul></ul><ul><ul><li>「「ユーザー参加型」であり、ユーザーが提供したデータに基づく「膨大なデータベース」によって構成されるサービス」(『グーグル・アマゾン化する社会』光文社新書、 2006 年、 60 頁) </li></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/
  8. 8. 1-2. 伝統的な「情報検索」 <ul><li>括弧つきの「情報検索」 </li></ul><ul><ul><li>伝統的なデータベース検索 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>データのスケールの測定可能性 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><ul><li>再現率 </li></ul></ul></ul></ul><ul><ul><ul><ul><li>適合率 </li></ul></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>プロフェッション属性 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><ul><li>作成:カタロガー </li></ul></ul></ul></ul><ul><ul><ul><ul><li>利用:サーチャー </li></ul></ul></ul></ul><ul><li>注意 </li></ul><ul><ul><li>「情報検索」だけに特有ではない。 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>出版 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>報道 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>製品開発 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>リサーチ </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>マーケティング </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>研究 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>※ 適用可能範囲の広さ </li></ul></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/
  9. 9. 1-3. 「Web2.0」による変革の可能性 <ul><li>根本的な変化と、根本的な認識と </li></ul><ul><ul><li>ミネルバの梟 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>ミネルヴァの梟は暮れ染める黄昏とともに飛翔する。 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>変化・変容・変革を叫ぶ声 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>トータルな認識の力 </li></ul></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/
  10. 10. 2. 「Web2.0」へ向かう「情報検索」 <ul><li>ウェブへの動き </li></ul><ul><ul><li>口承 </li></ul></ul><ul><ul><li>文字 </li></ul></ul><ul><ul><li>活版 </li></ul></ul><ul><ul><li>デジタル </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>データベース </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>インターネット </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>インターネット( Web1.0 ) </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>次世代ネット( Web2.0 ) </li></ul></ul></ul><ul><li>インターネットの動き </li></ul><ul><ul><li>草創期 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>学術研究 </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>第一期 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>草の根ネットワーク </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>(阪神・淡路大震災) </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>第二期 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>ドットコム </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>(ヤフー、楽天) </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>第三期 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>Web2.0 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>( Google 、 Amazon ) </li></ul></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/
  11. 11. 2-1. インターネットの本質 <ul><li>無限のデータベースとしてのインターネット </li></ul><ul><ul><li>無限とは? </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>成長 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>連鎖 </li></ul></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/
  12. 12. 2-2. インターネットの発展 <ul><li>指数関数的爆発 </li></ul><ul><ul><li>2 つの増加 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>ユーザー(人) </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>データ(情報) </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>従来方式の「情報検索」の敗北 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>goo 、 infoseek 、 Lycos 、 AltaVista </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>ディレクトリ方式の相対優位(図書分類の援用) </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>Yahoo! </li></ul></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/
  13. 13. 2-3. 「情報検索」の転換 <ul><li>Google の登場 </li></ul><ul><ul><li>Page Rank の採用 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>Citation Index </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>Impact Factor </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>の援用 </li></ul></ul></ul><ul><li>「情報検索」への信頼 </li></ul><ul><ul><li>探せる </li></ul></ul><ul><ul><li>見つかる </li></ul></ul><ul><ul><li>という経験 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>検索の信頼回復 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>検索の利用向上 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>検索のビジネス化 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>検索の一般・大衆化 </li></ul></ul></ul>“ 人”の力の活用 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/
  14. 14. 2-4. 論点-インフォ・スペシャリストの課題 <ul><li>無限の成長と、無限の連鎖の世界 </li></ul><ul><ul><li>伝統的な「情報検索」の突破 </li></ul></ul><ul><ul><li>無限のデータベースの受容 </li></ul></ul>無限の成長と、無限の連鎖の世界を受けとめられるのか http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/
  15. 15. 3. 「 Web2.0 」の中の新たな「情報検索」 <ul><li>「探せない」 </li></ul><ul><li>「見つからない」 </li></ul><ul><li>という現実の再燃 </li></ul><ul><ul><li>検索への信頼の陥穽 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>3 つの不可能 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><ul><li>存在の有無 </li></ul></ul></ul></ul><ul><ul><ul><ul><li>文脈の有無 </li></ul></ul></ul></ul><ul><ul><ul><ul><li>正解の有無 </li></ul></ul></ul></ul><ul><li>All Human Knowledge の世界 </li></ul>ウェブ http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ 知識 記録
  16. 16. 3-1. 知識を引き出す「しかけ」の登場 <ul><li>Blog </li></ul><ul><ul><li>ウェブ発信の簡易化 </li></ul></ul><ul><ul><li>存在の有無への対応 </li></ul></ul><ul><li>SNS </li></ul><ul><ul><li>ウェブ発信の簡易化 </li></ul></ul><ul><ul><li>文脈の有無への対応 </li></ul></ul><ul><li>知識検索( Q&A ) </li></ul><ul><ul><li>検索方法の多様化 </li></ul></ul><ul><ul><li>存在の有無への対応 </li></ul></ul><ul><ul><li>文脈の有無への対応 </li></ul></ul><ul><ul><li>正解の有無への対応 </li></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/
  17. 17. 3-2. UGC/CGM による新たな「情報検索」 <ul><li>2 つの役割 </li></ul><ul><ul><li>ウェブ検索の強化 </li></ul></ul><ul><ul><li>ウェブ検索の代替 </li></ul></ul><ul><li>UGC/CGM </li></ul><ul><ul><li>User Generated Content </li></ul></ul><ul><ul><li>Consumer Generated Media </li></ul></ul><ul><li>生成の二義性 </li></ul><ul><ul><li>自然発生 </li></ul></ul><ul><ul><li>人工育成 </li></ul></ul>“ 人”の力の活用 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/
  18. 18. 3-3. 「 Web2.0 」の進展がもたらす課題 <ul><li>情報爆発の時代 </li></ul><ul><ul><li>参考:国家プロジェクトの開始 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>情報爆発時代に向けた新しい IT 基盤技術の研究(文部科学省) </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>情報大航海プロジェクト・コンソーシアム(経済産業省) </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>準備中(総務省) </li></ul></ul></ul><ul><li>新たな課題 </li></ul><ul><ul><li>ウェブで生成される知識の抽出 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>キーワード: </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><ul><li>Share </li></ul></ul></ul></ul><ul><ul><ul><ul><li>Social </li></ul></ul></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/
  19. 19. 3-4. 知識を見出す「しかけ」の登場 <ul><li>人々の注目や関心の可視化 </li></ul><ul><ul><li>検索数 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>瞬!ワード </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>言及数 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>kizasi.jp </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>注目数 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>はてなブックマーク </li></ul></ul></ul><ul><li>「集合知」 ( Wisdom of Crowds )の抽出 </li></ul><ul><ul><li>集合知の発揮: </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>必要条件 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><ul><li>意見の多様性 </li></ul></ul></ul></ul><ul><ul><ul><ul><li>各メンバーの独立性 </li></ul></ul></ul></ul><ul><ul><ul><ul><li>分散化 </li></ul></ul></ul></ul><ul><ul><ul><ul><li>意見集約のための優れたシステム </li></ul></ul></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/
  20. 20. 3-5. 「集合知」が内包する課題 <ul><li>「集合知」の有効範囲 </li></ul><ul><ul><li>注目度・話題性の指標 </li></ul></ul><ul><ul><li>2 つの問い </li></ul></ul><ul><ul><li>注目度や話題性は、 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>真正性 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>希少性 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>と相容れるのか? </li></ul></ul></ul><ul><li>過渡期にある「集合知」 </li></ul><ul><ul><li>機会平等のゆらぎ </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>オピニオンリーダーの固定化 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>フォロワーの増加 </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>集団の二面性 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>量的拡大 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>質的拡散 </li></ul></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/
  21. 21. 3-6. 論点-インフォ・スペシャリストの可能性 <ul><li>「集合知」による「情報検索」が広がる世界 </li></ul><ul><ul><li>真正性を見抜く「目利き」という役割 </li></ul></ul><ul><ul><li>希少性を見出す「目利き」という役割 </li></ul></ul>知識を見抜き、見出す 「目利き」になれるのか http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/
  22. 22. 4. 質疑と討論のために <ul><li>2つの論点 </li></ul><ul><ul><li>インフォ・スペシャリストは、 </li></ul></ul><ul><ul><li>インターネットの無限の成長と、無限の連鎖の世界を受けとめられるのか </li></ul></ul><ul><ul><li>その上で、知識を見抜き、見出す「目利き」になれるのか </li></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/
  23. 23. ご清聴ありがとうございました。 岡本真 ACADEMIC RESOURCE GUIDE ( ARG ) 編集長 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/
  24. 24. [PR]著書紹介 <ul><li>『これからホームページをつくる研究者のために -ウェブから学術情報を発信する実践ガイド』 </li></ul><ul><ul><li>築地書館 </li></ul></ul><ul><ul><li>2800 円 + 税 </li></ul></ul><ul><ul><li>A5 並製 288 頁 </li></ul></ul><ul><ul><li>2006 年 8 月発行 </li></ul></ul><ul><ul><li>ISBN4-8067-1335-X </li></ul></ul><ul><li>書評・紹介 </li></ul><ul><ul><li>「読売新聞」 </li></ul></ul><ul><ul><li>「出版ニュース」 </li></ul></ul><ul><ul><li>「漢字文献情報処理研究」 </li></ul></ul><ul><ul><li>「情報管理」 </li></ul></ul><ul><ul><li>「コンピュータ&エデュケーション」 </li></ul></ul><ul><ul><li>「レコード・マネジメント」 </li></ul></ul>

×