Conf Of Library Hyogo(20080919)

549 views

Published on

Published in: Technology, Education
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
549
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Conf Of Library Hyogo(20080919)

  1. 1. Web2.0 時代の図書館サービス -特に「利用情報」活用の可能性と課題 全国図書館大会第 94 回兵庫大会 第 7 分科会「図書館の自由」 「「 Web2.0 時代」における図書館の自由」 日時: 2008 年 9 月 19 日 ( 金 ) 会場: 神戸学院大学ポートアイランドキャンパス 岡本真 ACADEMIC RESOURCE GUIDE ( ARG ) 編集長 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  2. 2. 自己紹介 <ul><li>岡本真(おかもと・まこと) </li></ul><ul><ul><li>1973 年、東京都で出生 </li></ul></ul><ul><ul><li>1997 年、国際基督教大学を卒業 </li></ul></ul><ul><ul><li>1998 年、 ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) (週刊、約 4700 部)を創刊 </li></ul></ul><ul><ul><li>2006 年、『これからホームページをつくる研究者のために』(築地書館)を刊行 </li></ul></ul><ul><ul><li>2007 年、 TRC ライブラリー・アカデミーや文部科学省図書館地区別研修の講師を担当 </li></ul></ul><ul><ul><li>2008 年、静岡県市立図書館協議会職員研修会、神奈川県立図書館アドバイザー・レクチャー、京都図書館大会等で登壇 </li></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  3. 3. はじめに-本報告の位置づけ http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ 不正確な理解の排除 共通の前提・基盤 同じ土俵での議論 ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  4. 4. 「 Web2.0 時代の図書館」 <ul><li>「 Web2.0 時代の図書館- Blog 、 RSS 、 SNS 、 CGM 」 </li></ul><ul><ul><li>情報科学技術協会での講演( 2006-05-23 ) </li></ul></ul><ul><ul><li>後に『情報の科学と技術』 56-11 に収録 </li></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ 図書館は Amazon と同等以上のおすすめを実現できる ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  5. 5. 参考: Amazon のレコメンド例( 1 ) http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  6. 6. 参考: Amazon のレコメンド例( 2 ) http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  7. 7. レコメンドの仕組み-協調フィルタリング http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE おススメ
  8. 8. 図書館の持つデータ量 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  9. 9. 図書館業界の反応 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  10. 10. 参考:図書館の自由に関する宣言 <ul><li>第 3  図書館は利用者の秘密を守る </li></ul><ul><ul><li>読者が何を読むかはその人のプライバシーに属することであり、図書館は、利用者の読書事実を外部に漏らさない。ただし、憲法第35条にもとづく令状を確認した場合は例外とする。 </li></ul></ul><ul><ul><li>図書館は、読書記録以外の図書館の利用事実に関しても、利用者のプライバシーを侵さない。 </li></ul></ul><ul><ul><li>利用者の読書事実、利用事実は、図書館が業務上知り得た秘密であって、図書館活動に従事するすべての人びとは、この秘密を守らなければならない。 </li></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  11. 11. 参考:貸出業務へのコンピュータ導入に     伴う個人情報の保護に関する基準 <ul><li> コンピュータによる貸出しに関する記録は、図書館における資料管理の一環であって、利用者の管理のためではないことを確認し、そのことに必要な範囲の記録しか図書館には残さないことを明らかにして、利用者の理解を得るよう努めなければならない。さらに、コンピュータのデータは図書館の責任において管理され、それが目的外に流用されたり、外部に漏らされたりしないこと、そのために必要な方策を十分整理することがぜひ必要である。 </li></ul><ul><li>   コンピュータ導入は、大量の事務処理を効率的に行う手段であって、この手段をいかに運用するかは図書館の責任である。いかなる貸出方式をとるにせよ、利用者ひいては国民の読書の自由を守ることが前提でなければならないことを再確認し、その具体化にあたっては、以下の基準によるべきことを提言する。 </li></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  12. 12. 参考:貸出業務へのコンピュータ導入に     伴う個人情報の保護に関する基準 <ul><li>貸出しに関する記録は、資料を管理するためのものであり、利用者を管理するためのものではないことを前提にし、個人情報が外部に漏れることのないコンピュータ・システムを構成しなければならない。 </li></ul><ul><li>データの処理は、図書館内部で行うことが望ましい。 </li></ul><ul><li>貸出記録のファイルと登録者のファイルの連結は、資料管理上必要な場合のみとする。 </li></ul><ul><li>貸出記録は、資料が返却されたらできるだけすみやかに消去しなければならない。 </li></ul><ul><li>登録者の番号は、図書館で独自に与えるべきである。住民基本台帳等の番号を利用することはしない。 </li></ul><ul><li>登録者に関するデータは、必要最小限に限るものとし、その内容およびそれを利用する範囲は、利用者に十分周知しなければならない。 </li></ul><ul><li>利用者の求めがあれば、当人に関する記録を開示しなければならない。 </li></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  13. 13. 貸出情報のうちわけ http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  14. 14. Who のうちわけ http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  15. 15. What のうちわけ http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  16. 16. 利用情報の集積による利用履歴の形成 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  17. 17. 【重要】レコメンド実現のための条件 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  18. 18. 想定されるリスク http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  19. 19. リスクの 2 区分 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  20. 20. 外部圧力というリスク、そして対策 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ 渡邉斉志「知的自由の陥穽:利用情報保護思想が 公立図書館に及ぼす影響の分析」(『 Library and Information Science 』 58 、三田図書館・情報学会) ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  21. 21. 内部漏洩というリスク、そして対策 <ul><li>業務目的外閲覧の可能性 </li></ul><ul><ul><li>情報アクセスの権限管理 </li></ul></ul><ul><ul><li>情報アクセスの記録管理 </li></ul></ul><ul><ul><li>暗号化 </li></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  22. 22. まとめ―討論のために <ul><li>図書館は、 Amazon と同等以上のおすすめを実現できる </li></ul><ul><li>システムには、直接的に個人を特定できる情報は必要ない </li></ul><ul><li>外部リスクは、ライブラリアンの専門性に依存する </li></ul><ul><li>より重大な内部リスクは、情報管理システムの設計である程度カバーできる </li></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  23. 23. まとめ―討論の素材として http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  24. 24. 続きは、全体討議で 岡本真 ACADEMIC RESOURCE GUIDE ( ARG ) 編集長 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE

×