Cmls(20080117)

609 views

Published on

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
609
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Cmls(20080117)

  1. 1. インターネット時代のライブラリアン -県内公共図書館のウェブ対応を中心に 静岡県市立図書館協議会職員研修会 日時: 2008 年 1 月 17 日 ( 木 ) 会場: 沼津市立図書館 岡本真 ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) 編集長 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  2. 2. 自己紹介 <ul><li>岡本真(おかもと・まこと) </li></ul><ul><ul><li>1973 年、東京都で出生 </li></ul></ul><ul><ul><li>1997 年、国際基督教大学を卒業 </li></ul></ul><ul><ul><li>1998 年、 ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) を創刊 </li></ul></ul><ul><ul><li>2006 年、『これからホームページをつくる研究者のために』(築地書館)を刊行 </li></ul></ul><ul><ul><li>2007 年、 TRC ライブラリー・アカデミーや文部科学省図書館地区別研修の講師を担当 </li></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  3. 3. 本日の構成 <ul><li>TRC ライブラリーアカデミーでの講義「インターネット時代のライブラリアン」から、 </li></ul><ul><ul><li>第 2 回:インターネット上の図書館サービス-その実像と課題 </li></ul></ul><ul><ul><li>第 4 回:図書館サイトの評価 </li></ul></ul><ul><ul><li>第 8 回:理想の図書館サイト-その企画とデザイン、そして運営 </li></ul></ul><ul><ul><li>を再構成。 </li></ul></ul><ul><li>講演: 1 時間 30 分、質疑: 30 分 </li></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  4. 4. 県内公共図書館のウェブ対応( 1 ) 全国平均と比較して、マクロな視点から http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  5. 5. 公共図書館サイトの開設率 <ul><li>全国平均 </li></ul><ul><li>静岡県 </li></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ 全国平均を上回る ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  6. 6. 公共図書館の OPAC 公開率 <ul><li>全国平均 </li></ul><ul><li>静岡県 </li></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ 全国平均を下回る ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  7. 7. (データ出典) <ul><li>サイト開設率 </li></ul><ul><li>全国平均: </li></ul><ul><ul><li>日本図書館協会の図書館リンク集等に基づく。 </li></ul></ul><ul><li>静岡県内: </li></ul><ul><ul><li>静岡県立図書館のデータと追加調査に基づく。 </li></ul></ul><ul><li>OPAC 公開率 </li></ul><ul><li>全国平均: </li></ul><ul><ul><li>「日本の図書館 2006 」等、日本図書館協会のデータに基づく。 </li></ul></ul><ul><li>静岡県内: </li></ul><ul><ul><li>静岡県立図書館のデータと追加調査に基づく。 </li></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  8. 8. サイト/ OPAC の普及の意味 <ul><li>Public Access の実現 </li></ul><ul><ul><li>OPAC の理念 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>OPAC : O nline P ublic A ccess C atalog </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>「業務専用から来館者の利用に開放され、ウェブでの万人への公開にまで進んできた歴史、 Public Access の保障へと向かってきた歴史」 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><ul><li>岡本真「利用者の目からみた図書館の目録-評価する点、改善すべき点、期待する点」(「現代の図書館」 41-4 、日本図書館協会、 2003 年) </li></ul></ul></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  9. 9. 県内公共図書館のウェブ対応( 2 ) 全サイト訪問に基づいて、ミクロな視点から http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  10. 10. 評価例( 1 ):伊豆の国市立図書館 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  11. 11. 評価例( 2 ): 三島市立図書館 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  12. 12. 評価例( 3 ):静岡市立図書館 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  13. 13. 評価例( 4 ):菊川市立図書館 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  14. 14. 評価例( 5 ):磐田市立図書館 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  15. 15. 評価例( 6 ):河津町立文化の家 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  16. 16. 評価例( 7 ):沼津市立図書館 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  17. 17. 県内公共図書館サイトの課題 <ul><li>横断検索の未活用 </li></ul><ul><li>図書館サイトでのリンク率 </li></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  18. 18. 横断検索の活かし方( 1 ) http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  19. 19. 横断検索の活かし方( 2 ) http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG 近隣の公共図書館は 所蔵していないだろか?
  20. 20. 横断検索の活かし方( 3 ) http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG 失敗シーンに横断 OPAC を差し込む
  21. 21. 図書館サイトの改善のために 理想の図書館サイトに向けて http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  22. 22. 理想の図書館サイトへの道-模倣と創造 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  23. 23. 模倣と創造に取り組む前提 <ul><li>現状の把握 </li></ul><ul><li>ターゲットの設定 </li></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  24. 24. 模倣と創造に取り組む前提 <ul><li>VMS の設定 </li></ul><ul><ul><li>Vision </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>実現する未来 </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>Mission </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>未来を実現するための使命 </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>Strategy </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>使命を果たすための方策 </li></ul></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  25. 25. 参考: VMS の明文化 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE
  26. 26. 「模倣」するという方法 <ul><li>横断的な見渡し </li></ul><ul><li>県内の他の図書館 </li></ul><ul><ul><li>例:静岡県市立図書館 </li></ul></ul><ul><li>同規模・同条件自治体の図書館 </li></ul><ul><ul><li>例:政令指定都市 </li></ul></ul><ul><li>優良例への着目 </li></ul><ul><li>部分と全体 </li></ul><ul><ul><li>部分 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>機能面 </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>全体 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>デザイン面 </li></ul></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG グループ批評 (合評会)が効果的 全面適用可能な 優良例を探さない
  27. 27. 「模倣」から「創造」へ http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG 様々な先行例の 模倣の総合によって、創造的なサイトへ
  28. 28. 具体的な課題から 4 市の質問に基づいて http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  29. 29. 事例( 1 ):オンラインでのリクエスト受付 <ul><li>オンライン予約の実態 </li></ul><ul><li>OPAC の理念 </li></ul><ul><ul><ul><li>OPAC : </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><ul><li>O nline P ublic A ccess C atalog </li></ul></ul></ul></ul><ul><li>課題と可能性 </li></ul><ul><ul><li>オンライン予約の先へ </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>利用者の目的とのズレ </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>Amazon との差 </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>配送の実現へ </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>分館・施設配送の限界 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>自宅配送という理想 </li></ul></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ 2000 年 2 月 2007 年 12 月 都道府県立 1 34 市区町村立 10 606 合計 11 640 ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG 理念の追求
  30. 30. 事例( 2 ):パスファインダーによる情報提供 <ul><li>パスファインダーの現状 </li></ul><ul><li>簡易な仕組みの活用 </li></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG 手段と目的のバランス
  31. 31. 事例( 3 ):モバイル版の提供 <ul><li>モバイル版の現状 </li></ul><ul><li>特性の未活用 </li></ul><ul><li>デバイスとしての力 </li></ul><ul><ul><li>位置情報( GPS ) </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>近隣の所蔵館 </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>カメラ /QR コード </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>ISBN の取得 </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>メールの利便性 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>メールでの照会 </li></ul></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG 設置数 モバイル版 535 検索可能 529 予約可能 365 利用シーンの想像
  32. 32. 事例( 4 ):全体的なデザイン <ul><li>図書館サイトの現状 </li></ul><ul><ul><li>ウェブのデザインは未成熟 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>一貫性の欠如 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>OPAC との断絶 </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>数少ない優良例 </li></ul></ul><ul><ul><li>図書館外の模範例 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>ポータル </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>検索エンジン </li></ul></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  33. 33. まとめとして インターネット時代のライブラリアンに向けて http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  34. 34. 図書館再興のために <ul><li>内部の一体化 </li></ul><ul><li>内輪からの脱却 </li></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  35. 35. 参考文献・参考サイト <ul><li>「利用者の目からみた図書館の目録-評価する点、改善すべき点、期待する点」 </li></ul><ul><ul><li>「現代の図書館」 41-4 、日本図書館協会、 2003-12 </li></ul></ul><ul><li>「大学図書館のホームページを「再」設計しよう- OPAC を中心に」(『 How to Find? -変わりつつある情報探索-』 </li></ul><ul><ul><li>大図研シリーズ 21 、大学図書館問題研究会第 14 回オープンカレッジ報告集)、大学図書館問題研究会、 2005-12-03 </li></ul></ul><ul><li>「 Web2.0 時代の図書館- Blog, RSS, SNS, CGM 」 </li></ul><ul><ul><li>『情報の科学と技術』 56-11 、情報科学技術協会、 2006-11-01 </li></ul></ul><ul><li>「図書館サイトの現状-再点検の必要性と危機感の欠如-」 CA1622 </li></ul><ul><ul><li>「カレントアウェアネス」第 291 号、 2007-03-20 </li></ul></ul><ul><li>「試論:理想の OPAC を求めて-ユーザビリティの観点から」 </li></ul><ul><ul><li>「現代の図書館」 45-3 、日本図書館協会、 2007-09-25 </li></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE ARG
  36. 36. ご清聴ありがとうございました。 岡本真 ACADEMIC RESOURCE GUIDE ( ARG ) 編集長 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ARG ACADEMIC RESOURCE GUIDE

×