Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

9th ar gcafe&argfest

2,612 views

Published on

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

9th ar gcafe&argfest

  1. 1. 第9回 ARGカフェ&ARGフェスト@京都 日時:2010年9月19日'日( 会場:ダブリン 岡本真'@arg( アカデミック・リソース・ガイド株式会社 代表取締役/プロデューサー 1 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  2. 2. 本日の構成:第1部 ARGカフェ  15:30 開会 - 挨拶と説明'岡本(  15:45 ライトニングトーク'約14名、各5分(  個別質疑は行いません。  17:00 ショートQ&A'全員(  確認したいことを中心に。  17:30 閉会 - 挨拶と第二部の説明  18:00 第二部 ARGフェスト開始 2 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  3. 3. 諸々のお願い  Ustreamでの中継  予定しています。  Twitterでのつぶやき  ハッシュタグ  #argcafe 3 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  4. 4. ライトニングトーク登壇者'登壇順( 1. 木津尚子'関西ウィキメディアユーザ 会( 8. 井上昌彦'関西学院聖和短大図書館(  「GLAM-WIKIへの招待-ウィキメディア・プ  「図書館員の、図書館員による、自分のため ロジェクトと図書館・美術館の協働」 の営業活動」 2. 江上敏哲'国際日本文化研究セン ター( 9. 河合英紀'NEC C&Cイノベーション研  「海外の日本研究サポートのために-日文 究所( 研からのメッセージ」  「未来検索とワークショップ」 3. 石川慎一郎'神戸大学( 10. 村上浩介'国立国会図書館(  「ウェブはコーパスに代わるか?-サイバー  「デジタル情報の長期保存とアクセスに向け コーパスの行方」 て」 4. 土出郁子'大阪大学附属図書館(  「知の共有!オープンアクセスウィークに向 11. 越智洋司'近畿大学( けて」  「教育工学とARG」 5. 白水菜々重'関西大学( 12. 三浦麻子'関西学院大学(  「イベント×Twitter×USTREAM-邂逅  「Scienceのカレントがオンラインで読めな 'わくらわ(の支援を目指す研究」 いって…何なの?」 6. 久保山健'大阪大学情報推進部( 13. 田中慎司'はてな(  「どうなる?どうする?図書館システムと OPAC」'仮(  演題未定 7. 日置将之'国立国会図書館( 14. 朝倉康仁'日本酒BARあさくら(  「矯正施設に対する図書館サービス」  「日本酒を語らない日本酒バーに集まる 人々」 4 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  5. 5. 様々な違いを超える場であるために 1.専門用語・業界用語は言い 変えよう。 2.馴染み同士だけでの語らい は避けよう。 3.人と人とをつなげよう 5 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  6. 6. 今後の開催予定  第10 回'2010年11月(  第12回図書館総合展にあわせて開催。もしくは、 12/8北大講義にあわせて開催。  第11回'2011年2月(  未定。誘致大歓迎。日本海側の可能性あり。  第12回'2011年5月(  未定。誘致大歓迎。  第13回'2011年8月(  未定。 6 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  7. 7. ARGカフェ&ARGフェストのVer. UP  2年間の試行錯誤  様々な違いを超えたコラボレーションの促進に成功した。  他方、「図書館」色が濃くなってきた。  また、常連メンバーが増え運営が安定する半面、新たな出会いの機 会が減る可能性を感じ出した。  あくまで、「学問」「知識」「情報」への関心が接点でありたい。  3年目でのバージョンアップ  第7回ARGカフェ&ARGフェスト@筑波で、岡部晋典さんに示唆を いただいた。  推薦・指名制へと徐々に移行していく。  招待方式・同伴方式も検討している。  私はあくまで場の提供者なので、皆さんのご要望もうかがいたいとこ ろです。 7 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  8. 8. [番外]報告と御礼と 会社を創ってそろそろ1年が経ちます。 8 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  9. 9. 8月決算だけど、 とりあえず、 税金は 払えそう 9 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  10. 10. それもこれも、 営業せずとも お誘いくださる 皆さまのおかげ 10 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  11. 11. そこで思い切って、 インターン 始めてみた! 3人の学生 11 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  12. 12. インターン3名の紹介 有元よしの 三津石智巳 平山陽菜 12 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  13. 13. 大きな力を得て、 法人としてのビジョン 「学問を生かす社会」 の実現に邁進 していく! 13 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  14. 14. 見えてきたこと 知識インフラ 経験/現場/実感の盲信 一人ひとりの実践と、 その支援 14 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  15. 15. 当面の事業  Code4Lib JAPAN  ライブラリアンのウェブ活用の飛躍的向上  別法人として  図書館総合展  3日間9コマ中、7コマをプロデュース  L-1グランプリ等  横浜ストリーム  総務省事業による地域情報化推進  ウェブ構築、勉強会開催  Gov 2.0  日本版オープンガバメントの模索  10月に第2回ARGフォーラム 15 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  16. 16. 直近の活動  2010-09-22(Wed):  平成22年度 情報処理学会関西支部 支部大会で講演。  「ウェブビジネスとウェブサイエンスの狭間で-Yahoo! JAPANプロ デューサーとして、そしてWebDBフォーラム実行委員としての経験 から」  2010-10-01(Fri):  共編著『 ブックビジネス2.0-デジタル時代の本・読者・図書館』 iPhoneアプリ版、刊行  2010-10-21(Thu):  私立大学図書館協会2010年度西地区部会研究会で講演。  「電子書籍元年に考える「場」としての図書館-その可能性と課題」  2010-11-08(Mon):  同志社大学図書館「ウェブ情報の効果的活用法」講習会で講師。 16 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  17. 17. [PR]『ブックビジネス2.0』  目次: 限定20部 著者サインを集めよう!  仲俣暁生「はじめに」  津田大介「電子書籍で著者と出版社の関係はどう変わる か」  橋本大也「印税90%が可能なエコシステムを」  岡本真「未来の図書館のためのグランドデザイン」  長尾真「ディジタル時代の本・読者・図書館」  野口祐子「多様化するコンテンツと著作権・ライセンス」  渡辺智暁「ウィキペディアから「出版」を考える」  金正勲「「コンテンツ2.0」時代の政策と制度設計」  書誌:  実業之日本社、2010年、1995円→著者割1600円! 17 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  18. 18. 今日が 素敵な出会いになりますように 岡本真'@arg( アカデミック・リソース・ガイド株式会社 代表取締役/プロデューサー 18 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.

×