Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Inclusive Design Workshop in Tommmmy's group

928 views

Published on

2008年11月19日水曜日にデジハリ大阪校で開催されたインクルーシブデザインワークショップ with Re:Creator's Kansaiのグループごとのスライドです。

Published in: Design
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

Inclusive Design Workshop in Tommmmy's group

  1. 1. しまっているところ 夏:ベルトにつける 冬:ジャケットの内ポケット 夜寝るときは枕元
  2. 2. 使い方について 音声ガイダンスを多用 耳に当てながら、ボタンを片手でおす 画面を見なくても操作できる 充電切れもまったくわからないので、朝起 きたらすぐに充電器にさす
  3. 3. 読み上げ 不在着信もすべて読み上げ 漢字のよみまちがい(今鶴橋→こんつる きょう) 自分はひらがなで入れる
  4. 4. ソフト面 位置情報ナビゲーション(いまどこに居るのかをナビゲー ション) 呼んだら返事する(携帯がないときは電話をかけるので) 戻る・電源オフ/オンも・充電切れ音声を出す 電源が入っているときに何かボタンを押すと、「電源オン」 と言う 辞書機能 Webをやめるときなど、何か操作をやめるときは電源オ フで統一 勝手に設定が変わってしまうことがあるので、「自分設定 に戻す」
  5. 5. ハード面 ボタン 1,3,5,7,9、十字ボタンの真ん中(決定ボタ ン)にポツをつける 戻る・電源オフ/オンボタンをわかりやすく形を 変える 側面のボタンは、読み上げのボタンがいい 十字ボタンと真ん中の決定ボタンはそのまま で
  6. 6. ハード面 スライドのほうがい スライドのほうが、片手で使える 弱視者には、画面の大きいほうがいい どちらが表面かわかりやすいように、押してス ライドを開く部分をへこませる イヤフォン内蔵型

×