Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

DevLove現場甲子園2013うちでもアジャイルな文化を実現できますか

1,988 views

Published on

DevLove現場甲子園2013
チーム団 4回の表
うちでもアジャイルな文化を実現できますか
2013/11/9

  • Be the first to comment

DevLove現場甲子園2013うちでもアジャイルな文化を実現できますか

  1. 1. うちでも アジャイルな文化を 実現できますか? 2013/11/9 DevLove現場甲子園 団チーム 4回の表 株式会社ヴァル研究所 新井 剛
  2. 2. アジャイルな文化が どのように根付いていったか 1年半の奮闘記
  3. 3. アジェンダ •誰・背景 •私の考えるアジャイルな文化とは •文化導入のためにやったこと •アジャイルな文化を実感するシーン •仲間 •最後に
  4. 4. 誰?
  5. 5. • (株)ヴァル研究所 • C/C#/Java/VB/Ruby • アジャイル、スタートアップ、マネジメント、  組織論、リーダーシップなど勉強中 • JAWS-UG中央線、schoo学級委員
  6. 6. 会社の背景
  7. 7. • パッケージ主体のビジネス • 「駅すぱあと」生誕25周年
  8. 8. 私の考える アジャイルな文化とは
  9. 9. • 計画より変化に対応 • スモールスタート • たゆまぬカイゼン • トヨタ生産方式 • カイゼンからの学び
  10. 10. そう!
  11. 11. 脱皮できない 蛇は滅びる フリードリヒ・ニーチェ
  12. 12. 自分でやったこと
  13. 13. 自分のプロジェクトで Hudson(Jenkins)さんと 仲良くなった。
  14. 14. アジャイル 関連の書籍を 読み倒す
  15. 15. 朝会を 3人で はじめる
  16. 16. 仲間を見つける
  17. 17. 会社全体に 浸透させねば!!
  18. 18. 血判状
  19. 19. 経営戦略会議で愬える
  20. 20. すると
  21. 21. 組織図上に枠 (アジャイル推進委員会) 会社として社員に意思表示
  22. 22. 辞令 課長によばれ 一開発者から 部長へ
  23. 23. そしてやったこと
  24. 24. カイゼン・ビアバッシュ • ビールを飲みながら会社でカイゼンできること を酒の力で語り合おう • 管理部から反対された • 有志から8万円の軍資金 • 次の年の管理部門の目標に利用
  25. 25. 月例発表会 月1開催 ライトニングトーク (LT職人:13回/年)
  26. 26. 焼肉メソッド 奇数月:焼肉 偶数月:居酒屋
  27. 27. 社内勉強会 ひと月に3、4回 • Hangar Flight • 外部イベント後のワールドカフェ • 読書会 • ワークショップ • 動画で勉強会
  28. 28. 1年後
  29. 29. 定量的評価 ここ悩み中 まだまだ発展途上
  30. 30. 2年スタート
  31. 31. 朝会 他部署に広まる
  32. 32. ホワイトボード ポストイットがそこら中に
  33. 33. 朝会が社内に 営業も朝会をはじめる
  34. 34. 明らかに 変化している
  35. 35. アジャイルな文化を より実感するシーン
  36. 36. 夕会も始まる
  37. 37. ペア作業を やっているチームがでてくる
  38. 38. 新入社員が LTで「カイゼン」したと 連呼する
  39. 39. TDD/GitHubなどで プロジェクトをリードする 2年目社員
  40. 40. ○○ビア バッシュ が他部署 から
  41. 41. バーンアップチャート をやってみようか (DownからUpへTry)
  42. 42. やってみて やっぱり戻そう
  43. 43. コミュニティへの 参加者が増えた
  44. 44. 共通用語 スモールスタート、KPT、 カイゼン、リーン、アジャ イル、かんばん
  45. 45. まず、やってみよう! ダメだったら戻せば いいじゃん
  46. 46. 私の力は 微々たるもの 独りでやりとげたなんて言える分けない 騒いでいただけかも
  47. 47. ひとりでは無理
  48. 48. リーダーではなく 最初のフォロワーの 重要性 デレク・シヴァーズ 「社会運動はどうやって起こすか」  www.ted.com/talks/lang/ja/derek_sivers_how_to_start_a_movement.html
  49. 49. がしかし
  50. 50. 私はリーダーではなく フォロワーだった のかもしれない
  51. 51. 社内外の仲間大事
  52. 52. 変化を 恐れないために
  53. 53. 変化をおこす 最強カード
  54. 54. Fealess Change Fearless Journey―48の影響戦略カード 2,980円 http://waicrew.thebase.in/items/37055
  55. 55. 著名人を招いた • アジャイル界隈 ✦ • アジャイルサムライ ★ • 西村さん DevLove ★ • すごい人 市谷さん・上野さん レゴスクラム会場提供 ★ 角さん・角谷さん
  56. 56. コミュニティに感謝 DevLove・POStudy・   スクラム道・JAWS-UGなど
  57. 57. 最後に
  58. 58. 改革者は常にマイノリティ • 新しいことを実施するとい うことはマイノリティ • 平準化されればアイデアは つまらなくなる
  59. 59. 継続することの重要性 • 発信しつづけないと、存在 が消える
  60. 60. 点がつながり線となる • 社内で発信しつづける事で、 その点と点がつながる力に なる
  61. 61. 仲間に・コミュニティに感謝 • 社内基準ではなくアウタースケール • 社外の人の言動がパワーの源
  62. 62. バラバラの点であっても 将来それが何らかの かたちで 必ず繋がっていく スティーブ・ジョブズ
  63. 63. 一緒に点を繋げましょう
  64. 64. ご清聴 ありがとうございました。

×