Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
Debian開発者からみた  AWSにまつわる話    荒木靖宏
自己紹介名前 • 荒木 靖宏所属 • アマゾンデータサービスジャパン(株)   プリンシパルソリューションアーキテクトID • Twitter: ar1 • ar@debian.org好きなAWSサービス • Amazon Virtual Pr...
世の中沢山のAMIがあります
AWSでつかうLinux Distributionについてかんがえたことがありますか?AMIを提供し続ける全ての方にまず感謝
特にsuz_labさん(iretさんCTO)4年にわたる提供、改善、ありがとうございます
でも、大変じゃないですか?このプレゼンはそんな方々話のネタを提供します
Debianはオープンソース完全公開、民主主義のDistribution• ソースコード、議論の過程など全て公開• カスタマイズ、派生DistributionなどもすべてOKDebian システムの開発者により結成された Debian プロジェ...
Debian社会契約Debian は 100% フリーソフトウェアであり続けます私たちはフリーソフトウェアコミュニティにお返しをします私たちは問題を隠しません私たちはユーザとフリーソフトウェアを大切にします私たちのフリーソフトウェア基準に合致し...
使わない理由ないじゃん!
使わない理由ないじゃん!しかし、そういうわけにもいかないこともある
Debianはライセンスに厳格ライセンスは、すべての個人や団体を差別してはなりません。プログラムにはソースコードが含まれていなければならず、 かつ実行形式での配布に加えてソースコードでの配布をも 許可していなければなりません。例:AWSのCLI...
そこでDebian以外のポリシーに意味がうまれる
そこでDebian以外のポリシーに意義がうまれる意義の明確化をお願いします
Amazon LinuxAmazonがつくったRHELバイナリ互換をめざしたDistribution違うところ• AWS製のCLIたち• cloud-init • Ubuntu (Canonical)からでてきたツール• カーネル• デスクトッ...
Suz_labさんに注文?Suz_labレポジトリを正面から公開したら?• 興味ないところやるの大変じゃないですか?•   RHELクローン系にもつかってもらえるし•   AmazonLinuxでももちろん使えるだろうし•   何が違うかが明確...
JAWS-UGへの参加おねがい 荒木の部屋が3月16日に 開催されます • もしかしたら15日もやるか   もAWSで作った事例を支える人の話をききたいです! • 事例ではでてこない「技術   者」 • 「思いのある人」 • Ust可能ならば超...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

Debian開発者からみたAWSの話。もしくはsuz_labさんありがとう!

2,899 views

Published on

Published in: Technology

Debian開発者からみたAWSの話。もしくはsuz_labさんありがとう!

  1. 1. Debian開発者からみた AWSにまつわる話 荒木靖宏
  2. 2. 自己紹介名前 • 荒木 靖宏所属 • アマゾンデータサービスジャパン(株) プリンシパルソリューションアーキテクトID • Twitter: ar1 • ar@debian.org好きなAWSサービス • Amazon Virtual Private Cloud • AWS Direct Connect
  3. 3. 世の中沢山のAMIがあります
  4. 4. AWSでつかうLinux Distributionについてかんがえたことがありますか?AMIを提供し続ける全ての方にまず感謝
  5. 5. 特にsuz_labさん(iretさんCTO)4年にわたる提供、改善、ありがとうございます
  6. 6. でも、大変じゃないですか?このプレゼンはそんな方々話のネタを提供します
  7. 7. Debianはオープンソース完全公開、民主主義のDistribution• ソースコード、議論の過程など全て公開• カスタマイズ、派生DistributionなどもすべてOKDebian システムの開発者により結成された Debian プロジェクトは 「Debian 社会契約」を作成しています。 この契約の Debian フリーソフトウェアガイドライン(DFSG) の部分は、 もともと我々が合意によって遵守を決めた誓約として作成されたものですが、 後にフリーソフトウェアコミュニティによって オープンソース定義 の雛型として採用されました。
  8. 8. Debian社会契約Debian は 100% フリーソフトウェアであり続けます私たちはフリーソフトウェアコミュニティにお返しをします私たちは問題を隠しません私たちはユーザとフリーソフトウェアを大切にします私たちのフリーソフトウェア基準に合致しない著作物について• 私たちは、Debian フリーソフトウェアガイドラインに適合して いない著作物を 使わなければならないユーザがいることを認め ています。 このような著作物のために、私たちはアーカイブに contrib とnon-freeという領域を作りました。• これらの領域にあるパッケージは、Debian 上で使用できるよう 設定されていますが、 Debian システムの一部ではありません。
  9. 9. 使わない理由ないじゃん!
  10. 10. 使わない理由ないじゃん!しかし、そういうわけにもいかないこともある
  11. 11. Debianはライセンスに厳格ライセンスは、すべての個人や団体を差別してはなりません。プログラムにはソースコードが含まれていなければならず、 かつ実行形式での配布に加えてソースコードでの配布をも 許可していなければなりません。例:AWSのCLIははいらない• →そこでeuca-toolsといった回避をしていたり。。
  12. 12. そこでDebian以外のポリシーに意味がうまれる
  13. 13. そこでDebian以外のポリシーに意義がうまれる意義の明確化をお願いします
  14. 14. Amazon LinuxAmazonがつくったRHELバイナリ互換をめざしたDistribution違うところ• AWS製のCLIたち• cloud-init • Ubuntu (Canonical)からでてきたツール• カーネル• デスクトップ系パッケージがごっそり無い• 半年に一度のアップデート
  15. 15. Suz_labさんに注文?Suz_labレポジトリを正面から公開したら?• 興味ないところやるの大変じゃないですか?• RHELクローン系にもつかってもらえるし• AmazonLinuxでももちろん使えるだろうし• 何が違うかが明確になるし• deb派生もあるだろうしミニマム主義者にもうけいれられる!• まさかのgentooとかね。。
  16. 16. JAWS-UGへの参加おねがい 荒木の部屋が3月16日に 開催されます • もしかしたら15日もやるか もAWSで作った事例を支える人の話をききたいです! • 事例ではでてこない「技術 者」 • 「思いのある人」 • Ust可能ならば超ウレシイです

×