Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

NHK番組表API ‐ 放送通信連携とAPIのこれから

10,403 views

Published on

API Meetup Tokyo #2での、NHK放送技術研究所中川俊夫さんの講演資料です。ご本人から許可をいただいて掲載しています。

Published in: Technology
  • Be the first to comment

NHK番組表API ‐ 放送通信連携とAPIのこれから

  1. 1. API Meetup Tokyo #2 NHK番組表API ‐放送通信連携とAPIのこれから 2014/8/29 NHK 中川俊夫 1
  2. 2. 自己紹介:: 中川俊夫 1995頃放送技術研究所(以下、技研)でインターネットネット 技術やサービスの検討をこそこそこと始める 1997 NHKオンラインビットくんのデジタル実験 2001 インターネット博覧会にNHKも参加、「ch@ねっと」 →→ NHKオンライン「ただいま放送中」サービスに移行 2005 放送センターに異動(マルチメディア局) 2006 編成局デジタルサービス部 NHKオンライン全体の技術周り、開発も運用も 2012 番組表API公開の提案を行った後、また技研に 2013 技研ハイブリッド放送システム研究部 どちらかというと「放送技術を知らないネットサービス技術屋さん」 2
  3. 3. ちょっとした歴史 3
  4. 4. NHKオンライン • NHKのインターネットサービス – http://www.nhk.or.jp/ (http://nhk.jp/) • はじまり –– 1991 ドメイン取得nhk.or.jp – 1994 初の番組公式サイト「SimTV2」 – 1995 NHKオンライン開設 Yahoo!から1年、JavaやAmazon.comと同年 • くわしい歴史は http://www.nhk.or.jp/toppage/history/ 4
  5. 5. NHKのインターネットサービスの主な流れ • 1995 NHKオンライン開設 • 2002 携帯・読み上げ版サイト 2003 地デジ 2004 会• 員制サービス • 2005 携帯3キャリア向け公式サイト • 2006 ブログ • 2008 YouTube、Twitter、NHKオンデマンド • 2009 NHKネットクラブ、ニココニココ動動画画 • 2011 NHKネットラジオ「らじるらじる」 2012 • 2012 LINE 完全デジタル化 6
  6. 6. ウェブやアプリ以外のサービス • RSS(2005~) : ニュースや番組情報、ブログ http://www3.nhk.or.jp/toppage/rss/index2.html • 動画・画像・音声素材 ‐ 「クリエイティブ・ライブラリー」(2009~) http://www1.nhk.or.jp/creative/ • API –NHK番組表API (2014/1~) 7
  7. 7. 他の放送局のAPIの先行事例 • BBC(英) : ラジオ番組情報やWild Lifeのデータ等 http://www.bbc.co.uk/developer/technology/apis.html オントロジー、LODなどのセマンティックウェブへの先進的な取り組みも • (ESPN(米) : 選手や試合などさまざまなスポーツデータ http://developer.espn.com/docs 8月にPublic APIの提供を停止。パートナーのみへの提供に • 日テレ(2009 2009~) ) : 出演者検索、ニュース検索 http://www.ntv.co.jp/appli/api/index.html 8
  8. 8. NHK番組表API 9
  9. 9. NHK番組表API http://api‐portal.nhk.or.jp/ • 一般に利用できる情報提供タイプのWeb APIを NNHHKKとして初めて公開((2014/1/27~)) 10
  10. 10. NHK番組表API ベ地上波22波 BS2波 ラジオ3波 当日と翌日の 2日分 EPGースの 番組表の 情報提供EPGにはない全国のNHK 無償サービス ロゴ・URL情報54局 11
  11. 11. インターネットへの番組情報提供の概要 放送用 デジタル放 送 放送デジタル受信機 編成情報の システム EPG オ テレビ・ラジオの 編成情報 インターネット用 番組表DB API NHKンライン ウェブ/アプリ ネットAPI 事業者向け API公開 外部事業者/ 開発者向け 番組表 データ提供 (B2B) 放送のEPG情報をインターネット用に変換して提供12
  12. 12. EPG • EPG((電子番組ガイド)) – テレビ受信機に表示される番組表のデータサービス – 新聞、雑誌のラテ欄の情報提供とは異なる • EPGの仕様は、デジタル放送の規格参照 – ARIB(電波産業会)の放送の標準規格のページ http://www.arib.or.jp/tyosakenkyu/kikaku_hoso/hoso_kikaku_number.html • ARIB STD‐B10 デジタル放送に使用する番組配列情報標準規格5.1版 • ARIB TR‐B14、TR‐B15などの運用規定等 • でも、API使うには知らなくてもほとんど大丈夫 13
  13. 13. NHK番組表API • アプリ・サービスの開発者/提供者向け •• 登録制//API KEYの配布 – API公開に 外部のAPIプラットフォームのサービスを利用 • ポータル、開発者登録、API Key、アクセス制限、 負荷対策、分析、… 14
  14. 14. 放送のEPGとの比較 EPG(放送) EPGデータ 事業者向け NHK 組表提供 番API 提供手段放送波- Web API 事業者 提供先受信機 事業者向け (有償) ・ 開発者向け (無償) 提供範囲 (日数) 8日分 (1週間先) 8日分 (1週間先) 2日分 ((当日・翌日)) 更新頻度・ 早さ 早い - 1日1回 (5時頃) 15
  15. 15. NHK番組表API •• REST • 戻りデータ形式は、JSON • 4つのAPI – Program List API 地域日付指定で一日の番組リスト – Program Genre API 地域、日付、ジャンル指定 – Program Info API 個別の番組の詳細情報 – Now On Air API 現在と前後の番組情報 16
  16. 16. サービス パラメータ テレビ(地上/BS) パラメータラジオ service g1 NHK総合1 g2 NHK総合2* service r1 NHKラジオ第1 2 r2 NHKラジオ第2 e1 NHK Eテレ1 e2 NHK Eテレ2* r3 NHK FM n1 NHKネットラジオ第1 e3 NHK Eテレ3* e4 NHKワンセグ2 n2 NHKネットラジオ第2 n3 NHKネットラジオ第3 s1 NHK BS1 s2 NHK BS1(102ch)* s3 NHK BSプレミアム *印はマルチ編成(サブチャンネル) s4 NHK BSプレミアム (104ch)* ネットラジオは番組の権利や地域等の 関係でラジオとは異なる場合あります 17
  17. 17. 18
  18. 18. { "id" : "2014082712144", "event id" : "12144" Program List APIのJSON event_id 12144 , 番 組のID 出力の"start_time" : "2014‐08‐27T04:15:00+09:00", "end_time" : "2014‐08‐27T04:20:00+09:00", "area":{ 一番組部分 番組開始・終了時刻 "id" : "130", "name" : "東京" }, "service":{ 放送エリア service :{ "id" : "g1", "name" : "NHK総合1", "logo_s":{ 放送サービスの ロゴ情報 "url" : "http://www.nhk.or.jp/common/img/media/gtv‐100x50.png", "width" : "100", "height" : "50" (~中略~) (S/L/Mサイズ) }, "title" : "シリーズ世界遺産100「コトル~モンテネグロ~」", "subtitle" : "中世が薫る港町▽文化遺産【語り】松平定知【テーマ音楽】久石譲", "genres":[ "0801", "0804", "0802" 番 組のタイトルなど ] }, 番組の詳細情報はidから Program Info APIを引く仕様 ジャンルコードは ARIB規格書参照19
  19. 19. "g1": [ { "id": "2014082814267" Program Info APIの id : 2014082814267 , JSON出力例 "event_id": "14267", "start_time": "2014‐08‐29T00:10:00+09:00", "end_time": "2014‐08‐29T00:36:00+09:00", (~中略~) "title": "クローズアップ現代「異常気象に適応せよ~進む農作物の温暖化対策~」", "subtitle": "猛暑の中、食の生産現場に異変が。温州ミカンの皮が浮き上がり、コメの「王様」コ シヒカリも各地で食味が続落。窮地を乗り越える「適応策」、その課題と可能性を考える。", "genres": [ "0002", "0800" 以下、EPGにはない情報 ], "program_logo": { "url": "http://www.nhk.or.jp/prog/img/112/112.jpg", 番組ロゴ等 "width": "200" width : 200 , "height": "200" }, "program_url": "http://nhk.jp/P112", 番組サイトURL "hashtags": [ "#nhk_kurogen", ハッシュタグ "#nhk_gendai" ] (設定してあるもののみ) (~後略~) 20
  20. 20. { "nowonair list":{ Now On Air APIの nowonair_list :{ "g1":{ "previous":{ (~中略~) JSON出力例 前番組 }, "present":{ "id" : "2014082712235", "event id" : "12235" 放送中の番組 event_id 12235 , "start_time" : "2014‐08‐27T16:55:00+09:00", "end_time" : "2014‐08‐27T18:00:00+09:00", (~中略~) "title" : "ゆうどき▽田原総一朗さんが生出演。亡き妻と共に歩んだ人生を語る。", "subtitle" : "ジャーナリストの田原総一朗さんが生出演。亡き妻と共に歩んだ人生を語る。 旅企画は、鳥取県岩美町を訪ね、シーカヤックや名産の白いかなど、夏の日本海を満喫!", "genres":[ "0000", "0202", "0205" ] }, "following":{ ((~~後略~~)) 後番組 21
  21. 21. 番組表APIならではの情報 • 番組サイトURL – 現在、マルチデバイス対応で振り分ける短いURLで運用 http://nhk.jp/P166 → PC: http://www.nhk.or.jp/sekaiisan/s100/ ガラケー: 3キャリア別ページへ ⇒ デバイスに関係なく共通で使えるURL • サービスロゴ・番組ロゴURL • ハッシュタグ 22
  22. 22. 番組のID • デジタル放送では、番組のIDとしては、event_idとしてサイク リックなコードが使われている ↓ そのままではネットで使いにくいので、現状のAPIとして、日付 を加えて一意なidとして番組表APIでは提供 JSON出力の一部 { "id" : "2014082611618", "event_id" : "11618", 23
  23. 23. もろもろ • システム上の一日の定義は、何時から? • 放送休止も番組扱い • 放送終了時間は未定のことも • subtitleに詳細っぽい情報が入っているが… • 文字は放送EPGと違う?? • 現在放送している番組と違うのだが… 24
  24. 24. 利用の制限など • API key毎のアクセス制限 – Now On Air APIは1500回/日 – その他は300回/日 Q: データは保存して使って良いのか? A: サーバーでキャッシュとしてサービスに使ってください • クレジットの表示は 「情報提供:NHK」または「NHK番組の情報提供:NHK」 NHKのロゴ( など)の使用は認めていません 25
  25. 25. 開発例 • 「NHK番組表API for PHP を書いたよ」‐ localdisk http://localdisk.hatenablog.com/entry/2014/01/26/NHK番組表API_for_PHP_を書いたよ • 「NHK 番組表API のScala クライアント」‐ seratch's weblog in Japanese http://seratch.hatenablog.jp/entry/2014/01/26/040338 • 「NHK番組表APIを触る為のPerlクライアント作った」‐ その手の平は 尻もつかめるさ http://moznion.hatenadiary.com/entry/2014/02/05/221347 • 「NHK 番組表API を触る為のRuby クライアント作った」‐ Kōenji http://mitukiii.hatenablog.com/entry/2014/02/07/015233 • 「NHK 番組表API を触る為のTitaniumMobile版クライアントをちょっと作ってみた」‐ Titanium Mobile http://h5y1m141.hatenablog.com/entry/2014/02/08/092048 • 「NHK 番組表API を触る為のEmacs クライアント作った」‐ Thanks Driven Life http://gongo.hatenablog.com/entry/2014/02/09/223704 • 「NHK 番組表API を触る為のPython クライアント作った」‐祢占堂 http://drillbits.hatenablog.com/entry/nhk_api • Go: mattn/go‐nhk ・GitHub 26
  26. 26. NHKサイトとAPI 27
  27. 27. NHKのサービスでも多用される番組表API •• 現在、NHKオンラインでもさまざまなところで番組表 のAPIは使用されている – PPCCサイト//スマホサイト – アプリ • 公開用APIとは別のAPI • 放送番組の視聴促進や番組サイトへの視聴者を案 内するサイトの基本機能 28
  28. 28. ーーー(中略)ーーー 「ただいま放送中」 NHKオンライントップページ(PC) 29
  29. 29. NHKネットラジオらじる★らじる http://nhk.jp/netradio 30
  30. 30. アプリ(iOS、Android) NHKネットラジオらじるらじる) NHKオンライントップ(スマホ) 31
  31. 31. ハイブリッドキャストの番組表でも利用 32
  32. 32. 番組表API公開のきっかけ • NHKサイト内でもAPIは多用するようになっていた • その一方で、自サイト用に用意したAPIを想定しない 方法(サイト利用規約以外の目的)でアクセスして欲 しくない – システム負荷や情報の利用方法 – 仕様の改廃の影響 – 権利 33
  33. 33. 番組表API公開のきっかけ • 外部から必要とされる情報は、一定の範囲、 取りやすい形で公開していっても良いのでは? • 番組表APIの公開 –外部で利用できる情報・方法・制限を明示 – アクセス制限などサービスの安定運用の実現 – 外部の事業者等による新しいサービスの開発 ⇒ 放送局にとって視聴やサイト利用の促進につながれば 34
  34. 34. 番組表APIの現状 •• API公開の効果は?? – とりあえずますは公開するところまで漕ぎ着けた – エンドユーザー向けのアプリやサービスはまだ • 次の時代のネットサービスへのトライアル – 放送局にとってどんな効果があるか、半信半疑 – BBCは積極的だが • NHKだけでは役に立たないよね! – 民放・NHKそろってはじめて視聴者にとっての放送サービス – 他局もAPI公開したくなるような雰囲気にしたい 35
  35. 35. 番組表APIのこれから • 便利なサービス、おもしろいアプリが出てくれば… – 効果が見えてくれば、さらなる情報提供も考える? – 放送局も新たなユーザーを取り込める手段として期待? • テレビ離れの若年層、ネットユーザー、スマホユーザー 36
  36. 36. 昔話 放送通信連携への模索 APIに至った訳 37
  37. 37. 2000年頃技研で… • 放送と通信の融合や連携って言うけど、、 何を研究開発する? •• 従来は受信機や放送方式の研究開発や 標準化が中心 • ネットからの新しいアプローチも必要では?? ‐ 技術からではなく、サービス目標から考える 38
  38. 38. テーマ 当時もテレビ離れが議論される中、 「放送局のコンテンツに対する ユーザの接触率・利用率の向上」 ネットコンテンツを対象に 1.「コンテンツへの到達」(リーチ) 2.「コンテンツの繰り返し利用」(フリークエンシ) を増やす 39
  39. 39. 当時のネットサービス • NHKはホームページ開設から55年 とにかく、広報を目的にどんどん番組のPCホーム ページを増やしていた時期 •• なぜアクセスが今ひとつのコンテンツが多いのか?? – コンテンツが多すぎてページが知られていない – 放送で告知しても簡単には人は来ない – 検索も入力の手間の問題、SEO自体も問題 放送局ならではのネットアクセスの改善手段は? 40
  40. 40. 当時のスライド URLを短時間表示してもなかなかアクセスできし、面倒! 41
  41. 41. 放送連動番組ホームページナビゲーション (実験サービス名:ch@ねっと、2001年インターネット博覧会で実施) リモコン番組HP TV PC URL テレビを見ながらインターネットパソコン画面 従来 パソコン画面上のリモコンを使っ ビ感覚簡単呼びURLをキーボード入力するの は難 “ch@ねっと”を使うと しいてテレでに出 し 42
  42. 42. 放送連動番組ホームページナビゲーション (実験サービス名:ch@ねっと、2001年インターネット博覧会で実施) • 当時の放送通信連携の対象は、PC • リモコン部分はFLASH、あとは、普通のCGI • 番組表のデータは番組表ページから勝手に抽出 • ホームページをチャンネルと前後の時間でザッピン グできる新しい感覚 • 民放のチャンネルも用意してたが、サービスとして 実現せず 43
  43. 43. 【実サービス】NHKオンラインに搭載 (2003~) • 「ただいま放送中」としてトップページ等に搭載 • NHKの地上、BSのみ • ポップアップウィンドウの リモコン操作でHP表示 • FLASH + フレーム実装 44
  44. 44. 【研究開発】リモコンデバイス実装((2000)) 赤外線受光 ユニット テレビ PC PC用リモコン 45
  45. 45. 【研究開発】ユビキタスサービス化((2004)) • 赤外線ビーコンで近くのテレビに連動して番組ホー ムページが表示される仕掛け • REST API実装 赤外線ビーコン装置 赤外線受信部 46
  46. 46. 【サービス実験】テレビパソコンへの実装 ((2004~2005)) • NECパーソナルプロダクツ((株))との共同実験 • PC付属のSMART VISIONの機能としてプリインストール ②ch@ねっとに  放送中の番組 ①テレビ視聴中  インフォメーション  ボタン押下 Start テレビ受信ソフト NHK パソコン画面 オンライン ▼  ホームページを  問い合せ REST サーバー ▼ ▼ ③番組ホームページ  情報 テレビ画面 XML ボタン一つで 視聴中の 番組ホームページが 番組 ホームページ パソコン画面 オープン Start テレビ受信ソフト 47
  47. 47. 【サービス実験】テレビパソコンへの実装 ((2004~2005)) • NECパーソナルプロダクツ((株))との共同実験 • PC付属のSMART VISIONの機能としてプリインストール REST ②ch@ねっとに  放送中の番組 ユーザーの意見 ①テレビ視聴中  インフォメーション  ボタン押下  ホームページを  問い合せ「簡単で、便利だが…」 Start テレビ受信ソフト NHK パソコン画面 オンライン Q 今か? Q: 後このようなサービ▼ スを利用しテたレビい画面ですA: 他のTV局もはじめたら利用したい(39%) サーバー ▼ ▼ ③番組ホームページ  情報 ボタン一つで 視聴中の 番組ホームページが 番組 ホームページ XML 連携やプロモーションが課題! パソコン画面 オープン Start テレビ受信ソフト 48
  48. 48. 2005年時点で見えてきたこと • テレビ受信機 – HTMLとは異なる独自のデータ放送仕様のBML形式のコンテンツ – インターネットサービスとの親和性が良くない スマートTTVV、ハイブリッドキャスト規格((2013))を待つことに •• テレビ外部のデバイスやネットサービスと連携すれば、柔軟で ネットコンテンツを活かしたいろいろ面白いサービスができる? – マルチデバイス対 応 ユビキタス – 複数のネットサービス連携 Web2.0 連携」⇒ 「API」と「サービス! 2005年以降、現場で時々 NHKオンライン: RSSや自サイト用API整備 49
  49. 49. 一気に飛んでW 最近((2010年前後~)) 50
  50. 50. • iPhone 登場(2008‐) スマホ、アプリ、… – モバイルファーストの時代に • YouTube、Twitter、FacebookなどSNSの台頭 • SmartTV –日本標準規格のハイブリッドキャスト((2013‐)) • O2O(Online to Offline) – 放送も加わりたい⇒ O2O2O(Onair to Online to Offline) •• IoT、ビッグデータ、M2M…、ロボット?? – 情報を使うのは人間だけではなくなってきた??? 51
  51. 51. 52
  52. 52. 放送通信連携サービスのプラットフォーム ハイブリッドキャスト • IPTVフォーラムで、放送局、メーカー、通信事業者等で標準規格化 2013年3月v1.0 現在運用中の規格、対応受信機5社 2014年6 月v2.0 次の世代の規格 • 既存のデジタル放送システムに通信サービスを融合 – 放送の利点((高品質、同報性、安定))は継承しつつ、通信の活用で強 化 • 放送と通信が機能的に連携したこれまでにないサービスを提供 – 放送・通信コンテンツのシームレスな連携や合成 – ネット上の各種サービスとの連携 – テレビとスマホ・タブレット他種端末との連携 • テレビを軸に様々なサービスを展開するための基盤システム 53
  53. 53. “ハイブリッドキャスト”サービス開始 • NNHHKKは、22001133年99月22日にサービス開始 http://nhk.jp/hc •• 民放キー局らは総務省の実証実験に参加((22001144年11月~~33月)) • 対応受信機: 現在5社:東芝、パナソニック、シャープ、三菱電機、ソニー 54
  54. 54. Hybridcastの基本概念 デジタル放送 現行の放送サービス(地上/ 放送とWebアプリのハイブリッドで 様々なサービスを実現 放送局 (高品質、同報配信、安定) 番組 BS)の拡張として導入 受信機の 高機能化 放送に連動・連携した ネットサービス Hybridcastテレビ サービス事業者インターネット HTML5の 携帯情報端末や PCとの連携 コンテンツ 放送局以外の事業者も通信 55 連携サービス提供(視聴者ごとの要求に応える)
  55. 55. アプリケーション実行環境 • 受信機のアプリケーション実行環境としてHTML5ブラウザーを搭載するこ とにより、通信との親和性を高め、視聴者のニーズに合わせて多彩な放 送通信連携サービスを実現 •• インターネット上のサーバーからさまざまなHTML5アプリケーションを受 信機にダウンロードして実行 56
  56. 56. 放送外マネージドアプリ(v2.0仕様~)  チャンネル横断のサービスが利用できるようになります。  アプリマーケットが配信する多様なアプリの中から、お気に入 りのアプリを選んで利用します。 放送事業者以外の チャンサードパーティのアプリも想定 多様なアプリの配信 ネル 横断 アプリマーケット 複数アプリの同時実行 連携端末からのアプリ起動58
  57. 57. ハイブリッドキャストの ネットサービスから見たポイント • コンテンツやサービスはインターネットが前提 • HTML5(+ Javascript) • セカンドスクリーン連携(スマホ、タブレット) • 放送事業者以外のサービスも想定 ((放送外マネージド機能、v2.0仕様~)) 59
  58. 58. • テレビ視聴をさまざまなオンラインやオフラインのユーザー行動 につなげる技研で研究開発中のハイブリッドキャストアプリ • ユーザー管理、認証認可やメタデータサービスなどさまざまな サービスをAPIで連携して実現 関連情報・知識 の取得 テレビ番組の リアルタイム 購買行動 視聴人とのつながり (ソーシャル) 興味・関心を 番組との出会い 視聴質の測定 簡易に記録 60
  59. 59. 利用シーン1:リアルタイム視聴時 • 視聴中の番組シーンに対する興味・関心を、テレビと 連携している端末を用いて簡易に記録 – 手元でタッチするだけの簡単UI⇒番組視聴を妨げない – 時間的タイミングや空間的な座標位置とあわせて記録 番組を見ながら、興 味・関心のあることを 端末連携タッチで記録 タッチした位置を Hybridcastテタブレット端末 画面上で確認することが可能 反応の切り替えボタン (いいね/気になる/コメント) yb dc s レビ 61
  60. 60. 利用シーン2:番組視聴後 • 情報提 示(ホームでもモバイルでも) – 番組、シーン、記録した感情、画面上の位置、などに応じた 有益な情報提供 興味・関心をもとにした情報提供 記録した視聴ヒストリーを提示(商品・人物・場所etc.) マイヒストリ情報詳細画面(リンク先) 62 ー画面
  61. 61. テレビノートをサービス例に考えると • 視聴を放送以外のユーザー行動につなげられる • だれがサービスを実施する?(ユーザー管理) – 放送局?、サードパーティ事業者? • だれが情報を提供する? ⇒ 広い分野のさまざまなプレイヤーが関係 (放送、コンテンツ、ネットサービス、広告、流通、小売、 飲食、旅行、…) 連携は、ますますプログラマブルに行われていく ⇒ APIとデータの重要性の高まり 63
  62. 62. まとめ 64
  63. 63. 放送局から見た インタネトサビスの時代ーッーの流れ 1995~ インターネットの可能性 2000~ 新しいコンテンツの拡充 2005~ 携帯(ガラケー)囲い込み 動画ブロードバンド 2010前後~ SNS スマートフォン(モバイルファースト) スマートテレビ、アドテク 2015~ ? 65
  64. 64. 気になる技術・サービスの変化 – PCからスマホへ、そしてマルチデバイスへ – ウェブからアプリへ –一方向的メディアからソーシャルへ – 検索からキュレーションへ – 直感によるサービスからデータマーケティングへ ––囲い込みから、サービス連携・オープンデータへ 未来は? 放送が受信機のあるところでも、ないところでも さまざまな生活の場面で役に立てるか? ⇒ IoT、プログラマブルWeb とか大きな役割? 66
  65. 65. ハミテレ(2014/3~) http://hamitv.jp 民放とNHKによる連携 67
  66. 66. ハッカソン 2014年に入っていろんな試みも加速 • Open Hack Day Japan 2(Yahoo!)(※NHK番組表APIも) • TBS TV Hack Day • NHK HACKATHON 68
  67. 67. 放送局にこれから もっと必要になること?? 1. 連携サービスのためのデータ/APIの整備 – オープンデータ、プログラマブルWeb、セマンティックWeb 2. サービス間、事業者間の連携 - 新しいビジネスモデル、プレイヤー、コンテンツ権利モデル 放送もハイブリッドキャストというインターネットに本格 的につながる道具を用意できた 放送局もこのネットの大きな輪の中に加わって Win‐Winの関係が築いていけるか 69
  68. 68. 最後に 番組表API公開は、放送局のオープンデータの ひとつのトライアルステップ 十分じゃないかもしれませんが… ぜひ、うまく使っていろんな アイデア・サービス・ビジネスを 70
  69. 69. ありがとうございました 71

×