NPO広報とマイクロブログ <ul><ul><li>In: テックカフェ第5回 2009/12/13 </li></ul></ul><ul><ul><li>「あたらしいウェブサービスとNPO広報」 </li></ul></ul><ul><ul>...
本日の御題 <ul><li>マイクロブログとは </li></ul><ul><li>マイクロブログを使っているNPO/NGOの実例 </li></ul><ul><li>マイクロブログのメリットとデメリット </li></ul>
さいきんのウェブサービス <ul><li>ブログ (blog) </li></ul><ul><li>ソーシャル・ネットワーク・サービス(SNS) </li></ul><ul><li>画像サイト </li></ul><ul><li>動画サイト <...
マイクロブログとは <ul><li>ユーザが短い文章(140文字等)を投稿する </li></ul><ul><li>それぞれの投稿に固有のURL </li></ul><ul><li>投稿にはアカウントが必要 </li></ul><ul><li>...
マイクロブログの具体例 <ul><li>Twitter.com </li></ul><ul><ul><li>アメリカ発。2006年から。最大手。 </li></ul></ul><ul><ul><li>インタフェースは日本語化されている。 </l...
マイクロブログの便利な機能 <ul><li>再送(”retweet”) </li></ul><ul><ul><li>ある投稿をそのまま複製して流す </li></ul></ul><ul><ul><li>もとの投稿者を講読していない人にみてもらう...
だれが使ってるの? <ul><li>Twitter のユニークビジター (Google 調べ、 2009 年 11 月)  </li></ul><ul><ul><li>全世界で6600万人 </li></ul></ul><ul><ul><li>...
NPO/NGOでの利用例 <ul><li>各国赤十字 (eg. @RedCross 米国赤十字、@BritishRedCross  英国赤十字) </li></ul><ul><li>英・ナショナルトラスト (@nationaltrust) </...
さまざまな使い方 ・公式 ・リプライを返す ・公式 ・リプライを返さない ・非公式 ・リプライを返す ・非公式 ・リプライを返さない
Twitterにて(1) ―情報発信のいろいろ <ul><li>その場から、個人が発信 </li></ul><ul><ul><li>ボンベイ爆破テロ </li></ul></ul><ul><ul><li>イランの選挙 </li></ul></u...
Twitterにて(2)―いいことばかり? <ul><li>複製が容易、広めやすい </li></ul><ul><li> ->間違った情報でもすぐ広がる </li></ul><ul><li> ->批判もすぐ広がる </li></ul><ul><...
マイクロブログのメリット <ul><li>気軽に書ける </li></ul><ul><ul><li>○ 短いのですぐかける </li></ul></ul><ul><ul><li>○ 管理に時間を取らない(1日20分~1時間 </li></ul>...
マイクロブログのデメリット <ul><li>気軽に書けすぎる </li></ul><ul><ul><li>× うっかり失言 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>失言も複製される->炎上 </li></ul></ul><...
デメリットはメリットの裏返し <ul><li>書くのは簡単、複製するのはもっと簡単 </li></ul><ul><li>でも消すのはとても大変! </li></ul><ul><ul><li>というより(事実上)不可能です </li></ul><...
じゃあ、どうすればいい? <ul><li>前提: 「複製の時代」 </li></ul><ul><ul><li>「複製される」 </li></ul></ul><ul><ul><li>「保存される」->取り消せない </li></ul></ul><...
このスライドについて <ul><li>連絡先 / Contact </li></ul><ul><li>Kizu Naoko mailto: [email_address] </li></ul><ul><li>ライセンス/ Licensing <...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

NPO広報とマイクロブログ / NPO public relations through Microblogging

2,161 views

Published on

TwitterをはじめとするマイクロブログはNPO広報にも使われはじめています。その利用状況、利点とリスクなどをご紹介します。
このスライドは、ひょうごんテック主催の第5回テックカフェにおいて発表されました。

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
2,161
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
13
Actions
Shares
0
Downloads
4
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

NPO広報とマイクロブログ / NPO public relations through Microblogging

  1. 1. NPO広報とマイクロブログ <ul><ul><li>In: テックカフェ第5回 2009/12/13 </li></ul></ul><ul><ul><li>「あたらしいウェブサービスとNPO広報」 </li></ul></ul><ul><ul><li>Kizu Naoko / 木津尚子 / @britty </li></ul></ul>
  2. 2. 本日の御題 <ul><li>マイクロブログとは </li></ul><ul><li>マイクロブログを使っているNPO/NGOの実例 </li></ul><ul><li>マイクロブログのメリットとデメリット </li></ul>
  3. 3. さいきんのウェブサービス <ul><li>ブログ (blog) </li></ul><ul><li>ソーシャル・ネットワーク・サービス(SNS) </li></ul><ul><li>画像サイト </li></ul><ul><li>動画サイト </li></ul><ul><li>マイクロブログ </li></ul><ul><li> ⇒Consumer Generated Media (CGM) </li></ul>
  4. 4. マイクロブログとは <ul><li>ユーザが短い文章(140文字等)を投稿する </li></ul><ul><li>それぞれの投稿に固有のURL </li></ul><ul><li>投稿にはアカウントが必要 </li></ul><ul><li>簡単なソーシャルネットワーク機能 </li></ul><ul><ul><li>プロファイル表示 </li></ul></ul><ul><ul><li>ユーザを選んで講読する </li></ul></ul><ul><ul><li>ユーザを選んで閲覧を許す(オプション) </li></ul></ul><ul><ul><li>ダイレクトメッセージ </li></ul></ul>
  5. 5. マイクロブログの具体例 <ul><li>Twitter.com </li></ul><ul><ul><li>アメリカ発。2006年から。最大手。 </li></ul></ul><ul><ul><li>インタフェースは日本語化されている。 </li></ul></ul><ul><li>Wassr.com </li></ul><ul><ul><li>日本発。日本のオープンソース界の人が多い。 </li></ul></ul><ul><li>Identi.ca </li></ul><ul><ul><li>カナダ人がはじめた。オープンソース。 </li></ul></ul><ul><ul><li>ボランティアベースで多言語化(wikitranslate.net) </li></ul></ul>
  6. 6. マイクロブログの便利な機能 <ul><li>再送(”retweet”) </li></ul><ul><ul><li>ある投稿をそのまま複製して流す </li></ul></ul><ul><ul><li>もとの投稿者を講読していない人にみてもらう </li></ul></ul><ul><ul><li>自分用のクリップとしても使える </li></ul></ul><ul><li>Favorites </li></ul><ul><ul><li>Twitter 用のふぁぼったー/Wassrの「イイネ」 </li></ul></ul><ul><li>リスト </li></ul><ul><ul><li>ある話題に関連するユーザ/ある属性でのまとめ </li></ul></ul><ul><ul><li>例: ひょうごんテック世話人のリスト </li></ul></ul>
  7. 7. だれが使ってるの? <ul><li>Twitter のユニークビジター (Google 調べ、 2009 年 11 月) </li></ul><ul><ul><li>全世界で6600万人 </li></ul></ul><ul><ul><li>日本で560万人 </li></ul></ul><ul><li>個人だけでなく企業や団体 </li></ul><ul><li>海外では官公庁の公式アカウントも </li></ul><ul><li>ビジネス界のユーザの投稿を集めた専用サイトも(http://exectweets.com) </li></ul>
  8. 8. NPO/NGOでの利用例 <ul><li>各国赤十字 (eg. @RedCross 米国赤十字、@BritishRedCross 英国赤十字) </li></ul><ul><li>英・ナショナルトラスト (@nationaltrust) </li></ul><ul><li>クリエイティヴ・コモンズ (@creativecommons) </li></ul><ul><li>Kiva (@kiva) </li></ul><ul><li>日本のNPOでも使用するところが増えている </li></ul>
  9. 9. さまざまな使い方 ・公式 ・リプライを返す ・公式 ・リプライを返さない ・非公式 ・リプライを返す ・非公式 ・リプライを返さない
  10. 10. Twitterにて(1) ―情報発信のいろいろ <ul><li>その場から、個人が発信 </li></ul><ul><ul><li>ボンベイ爆破テロ </li></ul></ul><ul><ul><li>イランの選挙 </li></ul></ul><ul><ul><li>「Tsudaる」 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>津田大介 (@tsuda)さんによる審議会等の実況 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>他の言語でも似たような試みをしている人がいる </li></ul></ul></ul><ul><li>ハッシュタグによる情報の整理と議論の広がり </li></ul><ul><ul><li>#shiwake3 </li></ul></ul>
  11. 11. Twitterにて(2)―いいことばかり? <ul><li>複製が容易、広めやすい </li></ul><ul><li> ->間違った情報でもすぐ広がる </li></ul><ul><li> ->批判もすぐ広がる </li></ul><ul><li>誤報の例 </li></ul><ul><ul><li>Aさんの訃報が、姓が同じBさんの訃報として広まる </li></ul></ul><ul><ul><li>意図的な虚偽情報: 「地下鉄で爆発物」 </li></ul></ul><ul><li>Twitter的「炎上」 </li></ul><ul><ul><li>個人の発言のつもりが団体の意見と勘違いされる </li></ul></ul><ul><ul><li>公人の個人名のアカウントからスタッフが暴言 </li></ul></ul>
  12. 12. マイクロブログのメリット <ul><li>気軽に書ける </li></ul><ul><ul><li>○ 短いのですぐかける </li></ul></ul><ul><ul><li>○ 管理に時間を取らない(1日20分~1時間 </li></ul></ul><ul><ul><li>○ 返事(リプライ)も簡単=一般からの反応が返りやすい </li></ul></ul><ul><ul><li>○ 投稿が簡単に複製できる(retweet=口コミ) </li></ul></ul>
  13. 13. マイクロブログのデメリット <ul><li>気軽に書けすぎる </li></ul><ul><ul><li>× うっかり失言 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>失言も複製される->炎上 </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>× 更新が多すぎると迷惑がられる </li></ul></ul><ul><li>短い </li></ul><ul><ul><li>× 複雑なことを伝えにくい </li></ul></ul><ul><li>マイクロブログ特有のユーザ層 </li></ul><ul><ul><li>× 更新が少なすぎると飽きられる </li></ul></ul><ul><ul><ul><li> 英国政府の政府機関向けガイドラインでは1営業日あたり最低2回を推奨=週に10投稿 </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>× 返事がないと飽きられる </li></ul></ul>
  14. 14. デメリットはメリットの裏返し <ul><li>書くのは簡単、複製するのはもっと簡単 </li></ul><ul><li>でも消すのはとても大変! </li></ul><ul><ul><li>というより(事実上)不可能です </li></ul></ul><ul><li>でもネットってそもそも、そういうものだよね </li></ul>
  15. 15. じゃあ、どうすればいい? <ul><li>前提: 「複製の時代」 </li></ul><ul><ul><li>「複製される」 </li></ul></ul><ul><ul><li>「保存される」->取り消せない </li></ul></ul><ul><li> ⇒「消さない」で「訂正する」 </li></ul><ul><li>発言に軸をもつ: ふたつの統一性 </li></ul><ul><ul><li>マイクロブログ上の発言の一貫性 </li></ul></ul><ul><ul><li>団体/組織の活動との一貫性 </li></ul></ul><ul><li>発話主体を明確に </li></ul><ul><ul><li>発言者の個人の人格/団体の性格の切り分け </li></ul></ul><ul><ul><li>複数者が発言する場合はさらに意識して一貫性をもたせる </li></ul></ul>
  16. 16. このスライドについて <ul><li>連絡先 / Contact </li></ul><ul><li>Kizu Naoko mailto: [email_address] </li></ul><ul><li>ライセンス/ Licensing </li></ul><ul><ul><li>クリエイティブ・コモンズ 表示-継承 3.0非移植 </li></ul></ul><ul><ul><li>(Creative Commons Attribution-SharedAlike-3.0-Unimported) </li></ul></ul><ul><ul><li>http://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0/deed.ja </li></ul></ul>

×