3分で読める「7つの習慣」超要約(スティーブン・R・コヴィー)

10,528 views

Published on

スティーブン・R・コビーの名著「7つの習慣」を超要約して、3分で読める程度までにまとめました。

超要約とはいえ、7つの習慣と言うくらいですから、やはり「7つ」は何であるかを説明しようと思い、少しボリュームが増えてしまったように思います。

「7つの習慣」はとても良い内容なので、ぜひ原典を読んでみてください。
ただし、理解して実践するには難度が高いので注意。
読んだだけでは何も変わりません。

説明の切り口は違いますが、デール・カーネギーも根本的には同じことを言っています。「人を動かす」と「道は開ける」という2つの名著も超要約しておりますので、ぜひご覧ください。

人を動かす(デール・カーネギー)の超要約
http://www.slideshare.net/aoyamataku/ss-33244903

道は開ける(デール・カーネギー)の超要約
http://www.slideshare.net/aoyamataku/3-33716405

Published in: Business
  • Be the first to comment

3分で読める「7つの習慣」超要約(スティーブン・R・コヴィー)

  1. 1. 3分で読める スティーブン・R・コヴィー 「7つの習慣」超要約 2014年7月26日 青山 卓
  2. 2. 7つの習慣を理解する キーワード • インサイド・アウト • P/PCバランス
  3. 3. インサイド・アウト • インサイド(自分)からアウト(自分の外)へ。 • 他人や環境を変えるには自分が変わる。 – 信頼されたいなら信頼される人になる。 – 仕事で権限が欲しいなら、責任感と リーダーシップを持った従業員になる。
  4. 4. P/PCバランス • 継続的な成果(P)には、能力(PC)が必要 • P (Performance):成果 • PC (Performance Capability):能力 P(成果) PC(能力) 子供の部屋を綺麗にする 子供の自制心を育てる 会社の業績を上げる 人材を育て、技術を磨く 真に成功する 7つの習慣を身に着ける
  5. 5. 7つの習慣 私的成功 真の意味で自立する 公的成功 高度な人間関係を築く 1. 主体性を発揮する 2. 目的を持って始める 3. 重要事項を優先する 4. Win-Winを考える 5. 理解してから理解される 6. 相乗効果を発揮する 7.刃を研ぐ
  6. 6. 1. 主体性を発揮する • 周りがどうあろうと、自ら進んで状況を 改善する。 • 自分の人生を決めるのは自分だけ。 • 自分が自分の行動を選択する。 どうしようもない ⇒ 代替案を考える 腹が立つ ⇒ 感情をコントロールする ○○なら幸せなのに ⇒ 幸せのために○○する 私的 成功 公的 成功
  7. 7. 2. 目的を持って始める • 自分の価値観を意識する。 • 目的を考えてから行動する。 • 長期的な目標を決める。 – 私は父親として、子供の自主性を育てる。 – 私は社会人として、 業績を生み出す変化を作り出す。 – 私は人として、 周囲に希望を与える存在になる。 私的 成功 公的 成功
  8. 8. 3. 重要事項を優先する • 緊急でないが重要なことを優先する。 • そのためには人に任せることが有用。 緊急でない緊急 重要 重要 でない 優先 する 私的 成功 公的 成功 • 人間関係づくり • 健康維持 • 勉強、読書 • 業務改善 • 準備、計画 • 真のレクリエー ション 減らす 減らす 減らす
  9. 9. 4. Win-Winを考える • 全員が満足できる案があると信じる。 • 人生は、競争ではなく協力である。 • 自分のWinを求める勇気と、相手にWinを 与える思いやり。 私的 成功 公的 成功 Win-Win Win-Lose Lose-Win 自分も相手も満足する 相手を負かして、自分が勝つ。 相手の満足のために我慢する。
  10. 10. 5. 理解してから理解される • 人は、自分の気持ちを分かってくれる相手 に心を開く。 • 心から相手を理解したいという誠意を持つ。 • 相手の価値観で世界を見る。 • 相手の話をよく聞く。 私的 成功 公的 成功
  11. 11. 6. 相乗効果を発揮する • 相手との違いを尊重する。 • 自分の価値観や能力の限界を認め、相手の 長所から学ぶ。 • 自分と違う価値観を知ることで、物事を深 く理解できる。 • Win-Winを忍耐強く創り出す。 私的 成功 公的 成功
  12. 12. 7. 刃を研ぐ • 日々、自分の能力を磨く。 私的 成功 公的 成功 肉体 食事・休養・運動 によって健康を保つ。 精神 自分の価値観を見つめる。 心をリフレッシュする。 知性 本を読む。勉強する。 アウトプットする。 社会・情緒 第4~6の習慣を実践する。 Win-Winを追求する。
  13. 13. 出典 7つの習慣 -成功には原則があった! 著者:スティーブン・R・コヴィー 1990年 初版 1996年 日本語訳 初版 ※本要約はこちらが出典です 2014年 日本語訳の修正版 「完訳 7つの習慣 人格主義の回復」 もあります。
  14. 14. 注意 • 実践の難度は高い。 • 表面的な理解だけでなく、心から理解す るまで反芻すること。 • 7つの習慣を賛美して勧めまくる人は、 きっと表面的な理解しかしていない。

×