Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
オンライン英語学習教材Teachcast platformの使い方          Part 2             株式会社亜門    ( http://www.amoncorp.com/ )          2011年11月24日
1最初に行うこと(TeachCast Platformに既に登録された方が対象です)TeachCast Platformを使うには、システムにログインする必要があります。そのための手続きは、下記の(1)(2)です。(1) TeachCastのU...
1(1)TeachCastのURLから登録画面へ これがTeachCastの初期画面です。LoginとPasswordの箇所に、あらかじめ設定した 英数字を入力し、ボタン「Login」を押すと、利用画面へ移動します。
2 利用してみるTeachCast Platformの最初の画面を見ると、いくつかのタグやリンクがあります。利用者は、学習の目的に合わせて、以下のタグやリンクを選択し、クリックして下さい。(1)Study Center(自主学習) ※Part1...
2(3)Live Broadcastを利用してみる (その1 : Live Broadcastのタグを開く)    タグ「Live Broadcast」を押して下さい。
2(3)Live Broadcastを利用してみる (その2 : ライブ授業のスケジュールを調べる)リンク先の画面です。受講出来る、ライブ授業のスケジュール(期日と時間)が表示されます。受講したいライブ授業を調べましょう。青い部分にカーソルを移...
2(3)Live Broadcastを利用してみる (その3 : ライブ授業を受講する)例えば、11月23日10:30AMからのライブ授業を受講したい場合、その期日の授業開始時間の前に、このページを開けておいて下さい。
2(3)Live Broadcastを利用してみる (その4 : ライブ授業が自動的に始まる)前のスケジュール表から、上記の画面に自動的に切り替わります。左側に、このライブ授業で使う資料が掲載されます。右側の空欄に、やがて英語講師の画像が写し出...
2(3)Live Broadcastを利用してみる  (その5 : 英語講師が登場する)右側の空欄に、英語講師の画像が写し出されました。英語講師は、ライブ授業が始まる前に、今日のニュースやトピックスの話をします。次に、英語講師の指示に合わせて、...
2(3)Live Broadcastを利用してみる (その6 : 最初に学ぶテーマ)ボタン「Next」を押すと、次のスライド「Common Greetings」が写し出されました。最初に、挨拶の表現を学びます。資料番号は2です。
2(3)Live Broadcastを利用してみる (その7 : 2番目に学ぶテーマ)ボタン「Next」を押すと、次のスライド「Common Responses」が写し出されました。挨拶に対する返答表現を学びます。資料番号は3です。
2(3)Live Broadcastを利用してみる (その8 : 3番目に学ぶテーマ)ボタン「Next」を押すと、次のスライド「Let’s Practice…」が写し出されました。学んだ挨拶と返答を、会話の中で使う練習をします。資料番号は4です。
2(3)Live Broadcastを利用してみる (その9 : 4番目に学ぶテーマ)ボタン「Next」を押すと、次のスライド「Contractions」が写し出されました。学んだ挨拶の表現を使った短縮形を学びます。資料番号は5です。
2(3)Live Broadcastを利用してみる (その10 : ライブ授業で質問がある場合)テーマ毎に学んだ後、英語講師は「質問はありますか?」と聞いてきます。質問がある方は、右側の空欄に質問を英語でタイプし、ボタン「Ask」を押して下さい...
2(3)Live Broadcastを利用してみる (その11 : 学んだテーマの内容が欲しい方)ライブ授業の内容が欲しい方は、携帯電話に内蔵されたカメラでQR Codeを読み取り、授業で習った内容をダウンロードして下さい。
2(3)Live Broadcastを利用してみる (その12 : 他の参加者との交流方法)授業中、他の参加者とコミュニケーションを取りたい方は、右側の空欄に質問を英語でタイプし、ボタン「Send」を押して下さい。「Discussion」の下側...
2(3)Live Broadcastを利用してみる (その13 : ライブ授業の終了)ライブ授業が終了すると、自動的にスケジュール表に戻ります。Teachcast Platformでの学習を終了する方は、ボタン「Signout」を押して下さい。
本ファイルについてTeachCast Platformの使い方(Part2)の詳細な内容をご確認されたい方は、メールアドレス yoshifuji@amoncorp.com 宛に、資料をご請求下さい。使い方をまとめた詳細資料(PDFファイル、0....
お問い合わせ先(1)米国:David ThomasSVP, Sales & Marketing,Eleutian Technology, Inc. ( http://www.eleutian.com/ )Address : 702 33rd S...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

Teachcast Platformの使い方(Part2)

1,563 views

Published on

Teachcast platform(ティーチキャスト・プラットフォーム)は、米国ワイオミング州を拠点とするイルーション・テクノロジー社(Eleutian Technology)が開発した、新しいオンライン英語学習教材です。イルーション・テクノロジー社の英語講師によるライブの英語授業と、米国のESLスクールで広く利用されている英語学習コンテンツから構成されています。Teachcast Platformの使い方(その2)では、ライブの英語授業をどう受講するのかまとめています。

Published in: Education
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

Teachcast Platformの使い方(Part2)

  1. 1. オンライン英語学習教材Teachcast platformの使い方 Part 2 株式会社亜門 ( http://www.amoncorp.com/ ) 2011年11月24日
  2. 2. 1最初に行うこと(TeachCast Platformに既に登録された方が対象です)TeachCast Platformを使うには、システムにログインする必要があります。そのための手続きは、下記の(1)(2)です。(1) TeachCastのURLからログイン画面へ(2)あらかじめ設定しているログインのための情報を入力(1)(2)の手続きが完了すると、TeachCast Platformの画面に移動します。次ページ以降で、 (1)(2)の手続きを解説します。
  3. 3. 1(1)TeachCastのURLから登録画面へ これがTeachCastの初期画面です。LoginとPasswordの箇所に、あらかじめ設定した 英数字を入力し、ボタン「Login」を押すと、利用画面へ移動します。
  4. 4. 2 利用してみるTeachCast Platformの最初の画面を見ると、いくつかのタグやリンクがあります。利用者は、学習の目的に合わせて、以下のタグやリンクを選択し、クリックして下さい。(1)Study Center(自主学習) ※Part1をご参照下さい。英語学習コンテンツELLISの100以上のレッスンを自分で受講します。各レッスンは、動画、音声、様々な学習教材及び簡単なテストで構成されています。(2)SpeakENG Level Test(能力テスト) ※Part1をご参照下さい。自分の英語のレベルを測るためのテストです。あくまで目安として、お使い下さい。(3)Live Broadcast(ライブ授業)通常は、米国イルーション・テクノロジー社の英会話講師による、ライブ授業のスケジュール表が掲載されています。ライブ授業の開始時刻になると、画面からスケジュール表が消え、ライブ授業のための資料と講師が画面に登場します。
  5. 5. 2(3)Live Broadcastを利用してみる (その1 : Live Broadcastのタグを開く) タグ「Live Broadcast」を押して下さい。
  6. 6. 2(3)Live Broadcastを利用してみる (その2 : ライブ授業のスケジュールを調べる)リンク先の画面です。受講出来る、ライブ授業のスケジュール(期日と時間)が表示されます。受講したいライブ授業を調べましょう。青い部分にカーソルを移動し、それを拡げると、授業の概要が分かります。
  7. 7. 2(3)Live Broadcastを利用してみる (その3 : ライブ授業を受講する)例えば、11月23日10:30AMからのライブ授業を受講したい場合、その期日の授業開始時間の前に、このページを開けておいて下さい。
  8. 8. 2(3)Live Broadcastを利用してみる (その4 : ライブ授業が自動的に始まる)前のスケジュール表から、上記の画面に自動的に切り替わります。左側に、このライブ授業で使う資料が掲載されます。右側の空欄に、やがて英語講師の画像が写し出されます。
  9. 9. 2(3)Live Broadcastを利用してみる (その5 : 英語講師が登場する)右側の空欄に、英語講師の画像が写し出されました。英語講師は、ライブ授業が始まる前に、今日のニュースやトピックスの話をします。次に、英語講師の指示に合わせて、ボタン「Next」を押して下さい。資料のページが変わります。
  10. 10. 2(3)Live Broadcastを利用してみる (その6 : 最初に学ぶテーマ)ボタン「Next」を押すと、次のスライド「Common Greetings」が写し出されました。最初に、挨拶の表現を学びます。資料番号は2です。
  11. 11. 2(3)Live Broadcastを利用してみる (その7 : 2番目に学ぶテーマ)ボタン「Next」を押すと、次のスライド「Common Responses」が写し出されました。挨拶に対する返答表現を学びます。資料番号は3です。
  12. 12. 2(3)Live Broadcastを利用してみる (その8 : 3番目に学ぶテーマ)ボタン「Next」を押すと、次のスライド「Let’s Practice…」が写し出されました。学んだ挨拶と返答を、会話の中で使う練習をします。資料番号は4です。
  13. 13. 2(3)Live Broadcastを利用してみる (その9 : 4番目に学ぶテーマ)ボタン「Next」を押すと、次のスライド「Contractions」が写し出されました。学んだ挨拶の表現を使った短縮形を学びます。資料番号は5です。
  14. 14. 2(3)Live Broadcastを利用してみる (その10 : ライブ授業で質問がある場合)テーマ毎に学んだ後、英語講師は「質問はありますか?」と聞いてきます。質問がある方は、右側の空欄に質問を英語でタイプし、ボタン「Ask」を押して下さい。英語講師の左側の空欄に、あなたの質問が現われ、英語講師が回答します。
  15. 15. 2(3)Live Broadcastを利用してみる (その11 : 学んだテーマの内容が欲しい方)ライブ授業の内容が欲しい方は、携帯電話に内蔵されたカメラでQR Codeを読み取り、授業で習った内容をダウンロードして下さい。
  16. 16. 2(3)Live Broadcastを利用してみる (その12 : 他の参加者との交流方法)授業中、他の参加者とコミュニケーションを取りたい方は、右側の空欄に質問を英語でタイプし、ボタン「Send」を押して下さい。「Discussion」の下側の空欄にあなたのコメントが現われます。
  17. 17. 2(3)Live Broadcastを利用してみる (その13 : ライブ授業の終了)ライブ授業が終了すると、自動的にスケジュール表に戻ります。Teachcast Platformでの学習を終了する方は、ボタン「Signout」を押して下さい。
  18. 18. 本ファイルについてTeachCast Platformの使い方(Part2)の詳細な内容をご確認されたい方は、メールアドレス yoshifuji@amoncorp.com 宛に、資料をご請求下さい。使い方をまとめた詳細資料(PDFファイル、0.87MB)をお送りします。また、実際にTeachCast Platform(デモ版)を体験されたい方も、同じメールアドレス宛に、「体験希望」とご連絡下さい。 TeachCast Platform(デモ版)を利用するためのパスワードなどをお知らせします。
  19. 19. お問い合わせ先(1)米国:David ThomasSVP, Sales & Marketing,Eleutian Technology, Inc. ( http://www.eleutian.com/ )Address : 702 33rd Stree, Cody, Wyoming 82414, United StatesTel. : +1-307-366-2902E-mail : david@eleutian.com (2)日本:株式会社亜門 ( http://www.amoncorp.com/ )吉藤 昇(よしふじ のぼる)〒104-0061 東京都中央区銀座7丁目13番5号 NREG銀座ビル1階Tel. : 050-5806-8001 / 携帯電話: 090-8568-7694  E-mail : yoshifuji@amoncorp.com  

×