Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

オープンサイエンスの波に乗れ! : 研究力強化のためにできること

2,991 views

Published on

2015年12月18日(金)
名古屋大学
平成27年度第5回研究支援者セミナー

Published in: Science
  • Hello! Get Your Professional Job-Winning Resume Here - Check our website! https://vk.cc/818RFv
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here

オープンサイエンスの波に乗れ! : 研究力強化のためにできること

  1. 1. オープンサイエンスの波に乗れ! 研究力強化のためにできること 京都大学学術研究支援室 天野絵里子 2015年12月18日(金) 名古屋大学 平成27年度第5回研究支援者セミナー 2015/12/18 1
  2. 2. 本日のゴール 2015/12/18 2 OSを活用した 研究支援の 枠組みがわかる オープン サイエンスが 何かわかる OSを活用して 何ができるか イメージを抱く
  3. 3. 目次 1. オープンサイエンスとは 2. オープンサイエンスを通じて 研究力をアップするには? 3. 京都大学がオープンサイエンスのために していること 2015/12/18 3
  4. 4. オープンを志向するサイエンス(1) 2015/12/18 4 SMAISMRMILMEPOETALEUMIBUNENUGTTAUIR AS 1610年頃、ガリレオ・ガリレイがケプラーらに送ったアナグラム Work. Finish. Publish. マイケル・ファラデー(19世紀) Philosophical Transactions 1665年、英国王立協会が 世界初の科学雑誌を発行 p. 268-273「オープンサイエンス革命」 "Philosophical Transactions Volume 1 frontispiece" by Henry Oldenburg - Philosophical Transactions. Licensed under CC BY 4.0 via Commons - https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Philosophical_Transactions_Volume_1_frontispiece.jpg#/ media/File:Philosophical_Transactions_Volume_1_frontispiece.jpg
  5. 5. オープンを志向するサイエンス(2) 2015/12/18 5 Publish or Perish. ところが・・・・・ By Vmenkov (Own work) [CC BY-SA 3.0 (http://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0) or GFDL (http://www.gnu.org/copyleft/fdl.html)], via Wikimedia Commons
  6. 6. オープンを志向するサイエンス(3) 2015/12/18 6 AAA JOURNAL --- --- --- --- --------- --- --- --- Abstract ----------------------------- --------- Introduction ---------------------------------- ---------------------------------- ------------------------------- 電子ジャーナル登場 “Serials Crisis” アメリカの研究大学の 図書館で、雑誌支出は 340%以上の増加 1986 2007 http://www.lib.washington.edu/scholpub/facts/economics より作成 図書支出
  7. 7. オープンを志向するサイエンス(4) 2015/12/18 7 Budapest Open Access Initiative 2002 査読の信頼低下 まだ高い雑誌 ハゲタカ出版社 進まないオープンアクセス 問題山積ではあるが・・・ インターネット上で 無償で 誰にでも 再利用可能 OAジャーナルの誕生
  8. 8. オープンを志向するサイエンス(5)-1 2015/12/18 8 市民参加型科学(シチズンサイエンス)
  9. 9. オープンを志向するサイエンス(5)-2 2015/12/18 9 http://crowd4u.org/ja/
  10. 10. 基礎知識(1) オープンサイエンスとは 公的研究資金を用いた研究成果(論文、生成された研究データ 等)について、科学界はもとより産業界及び社会一般から広く容 易なアクセス・利用を可能にし、知の創出に新たな道を開くとと もに、効果的に科学技術研究を推進することでイノベーションの 創出につなげることを目指した新たなサイエンスの進め方を意味 する。 内閣府「国際的動向を踏まえたオープンサイエンスに関する 検討会」2015年3月 2015/12/18 10
  11. 11. 2015/12/18 11
  12. 12. 基礎知識(2) オープンデータ憲章(G8)2013年6月18日 首脳宣言 No. 46 政府のデータを原則として一般に入手可能とし,機械判読可能で,容易に アクセス可能かつ開かれた形式にて無償で再利用可能とすること及び公衆がその 内容や意味を容易に理解できるようにこれらのデータを明確に説明することは, 民間部門のイノベーター,起業家,そして非政府組織によるイノベーションのた めの新たな原動力となる。(首脳コミュニケより) ※G8科学大臣会合において研究成果物のオープン化について合意 2015/12/18 12 1. 原則としてデータをオープンにする = Open by default 2. 質と量を確保する 3. すべての者が利用できる 4. ガバナンスの改善を目指す 5. イノベーションを目指す(将来の技術者の育成)
  13. 13. 基礎知識(3) オープンサイエンスとは オープンアクセスと研究データのオープン化(オープンデータ) を含む概念である。 オープンイノベーションの重要な基盤としても注目されている。 • 研究者の所属機関、専門分野、国境を越えた新たな協働による 知の創出を加速する。 • 社会に対する研究プロセスの透明化や研究成果の幅広い活用が 図られる。 • 市民参画型のサイエンス(シチズンサイエンス)が拡大する。 総合科学技術・イノベーション会議 2015年12月10日 「科学技術基本計画について(答申案)」 (第5期科学技術基本計画 2016~2020) 2015/12/18 13
  14. 14. 内閣府 国際的動向 を踏まえたオープン サイエンスに関する 検討会 2015年 海 外 国 内 G8 オープンデータ憲章 2013 文部科学省 科学技術・学術審議会 学術分科会 「学術情報のオープン化の推進に ついて(中間まとめ)」9月 JST 科学技術情報委員会「わが国にお けるデータシェアリングのあり方 に関する提言」5月 アメリカ 議会→ NIH 2005 Public Access Policy イギリス RCUK EU HORIZON2020 日本学術会議 オープンサイエンスの取組に関す る検討委員会 4月より アメリカ NSF JSPS 科研費の公募要領 リーフレット配布 JST 「オープンアクセス方針」 2013.4 第 4 次 科 学 技 術 基 本 計 画 14 オープンアクセス/サイエンスの推進 第5期科学技術基本 計画へ Open Access mandate (義務) 推奨 ↓ AMED 等 学位規則の改正 2013 学位論文のウェブ公開義務化
  15. 15. 基礎知識(4) オープンサイエンスとは 研究者のような専門家だけでなく、一般社 会の非専門家などあらゆるレベルのそれを 知りたいと思う人々が、科学的研究成果や、 データ、その他発信される情報へアクセス できるようにする活動のことである。 Wikipedia 翻訳中 2015/12/18 15
  16. 16. "Open Science - Prinzipien" by Andreas E. Neuhold - Own work. Licensed under CC BY 3.0 via Commons - https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Open_Science_-_Prinzipien.png#/media/File:Open_Science_-_Prinzipien.png 2015/12/18 16
  17. 17. オープンサイエンス関連のイベント等 2015/12/18 17 2014年9月26日 SPARC Japan 2014 第2回「大学におけるOAポリシー:日本版OAポリシーのモデ ル構築に向けて」 2014年11月7日 第26回図書館総合展 国公私立大学図書館協力委員会等主催フォーラム「大学図書 館と研究支援」 話題提供 2015年6月11〜12日 国立情報学研究所・学術情報基盤オープンフォーラム 「オープンサイエンスに向けた学術情報基盤SINET5」 2015年7月18日 大学図書館問題研究会京都支部 ワンデイ・セミナー「電子ジャーナルはどこへ向 かうのか」 2015年9月 信州大学 第1回RA協議会「オープンサイエンスと公的研究助成」 2015年9月17〜18日 京都大学理学研究科 第1回 オープンサイエンスデータ推進ワークショップ 2015年10月4日 京都大学アカデミックデイ オープンサイエンスをテーマとした座談会 2015年10月2日 総合地球環境学研究所 コアプロジェクトFS第1回研究会「オープンサイエンス時 代の社会協働に基づく地球環境研究を支援する情報サービスの実現」 2015年10月13〜14 日 神戸大学 HORIZON2020によるオープンアクセス政策とオープンサイエンスの国 際的課題 2015年11月10〜12 日 第27回図書館総合展 11日「機関リポジトリの近未来:オープンアクセスからオー プンサイエンスへ」 平成26年度より 大学図書館と国立情報学研究所との連携・ 協力推進会議 機関リポジトリ推進委員会
  18. 18. 2015/12/18 18 第1回: 2015年9月17〜18日、第2回: 12月7~8日 オープンサイエンスデータ推進ワークショップ 京都大学理学研究科 世話人:理学研究科 家森俊彦先生、能勢正仁先生 参加者は学内外から5,60名ほど • オープン「サイエンス」データを巡る現状を多分野の研究者が報告し、 議論 • 附属図書館長・引原先生、学際センター・宮野先生など • 第2回は図書館職員など実務家からの報告もあり • 地質学、宇宙物理学等ではすでにデータはオープンである • 同床異夢 = 科学を変えたいと思う人が「オープンサイエンス」に関心を 持っているが、思いはばらばら。(北本朝展(NII)) • 「評価されたい」にこたえるため、データにID(doi)を付けることが重要 • 研究者/室ベースのオープンデータ(齊藤昭則(京大))
  19. 19. 2015年10月13〜14日 神戸大学 HORIZON2020によるオープンアクセス政策と オープンサイエンスの国際的課題 EUIJ関西が主催 神戸大学、大阪大学、京都大学の附属図書館 参加者は100名ほど(大学図書館関係者が主) EC OA Mandate “The European Commission’s vision is that information already paid for by the public purse should not be paid for again each time it is accessed or used, and that it should benefit European companies and citizens to the full.” OpenAIRE • 人的ネットワーク • 技術 • リポジトリの統合 • モニタリング・・・ ※ 資料は神戸大学リポジトリKernelで 公開されている。 「HORIZON2020」で検索 2015/12/18 19
  20. 20. 2015/12/18 20 2015年10月2日 総合地球環境学研究所 コアプロジェクトFS第1回研究会 「オープンサイエンス時代の社会協働に基づく地球環境研究を支援する 情報サービスの実現」 プロジェクトの目的 • 研究者以外の利用者にも使いやすく、使ってもらえる地球環境研究情報の 検索・提供サービスを開発し、実用化する。 • 地球環境学オープンサイエンスの超学際コミュニティを形成する。 • 地球環境学にオープンサイエンスを研究風土として定着させる。 近藤康久さん企画 主に研究者が2,30名参加 ※地球研 = 大学共同利用機関。文理融合型・時限付きのプロジェクト推進 Future Earth のアジアセンター 報告 • 淺野悟史(地球研)「栄養循環プロジェクトにおける市民参加型科学の推 進: 滋賀県水草堆肥事業を例に」→ “クックパッド”的市民参加PFの構想 • 羽生純子(地球研、UC;考古学)→公開・共有はすでに原則。地域との関 わりで課題あり。
  21. 21. 2015/12/18 21 2015年11月30日 JSTバイオサイエンスデータベースセンター(NBDC)、 情報・システム研究機構 ライフサイエンス統合データベースセンター(DBCLS) 共同で立ち上げた、多数の生命科学分野データベースのデータを 相互運用性の高い形式で提供するポータルサイトを公開。 簡単に世界中の他のデータベースと連結し、相互参照することによって ・遺伝子の変異情報と薬剤活性との関連を根拠とする個別化医療 ・環境や腸内の細菌分布を表すメタゲノム解析 といった研究の展開が期待できる。
  22. 22. オープンサイエンス関連の動き(一部) 2015/12/18 22 政府 公的助成機関 オープンアクセスの義務化 市民 シチズンサイエンス、クラウドファンディング 研究者 オープンデータ、市民との協働 図書館 オープンアクセス支援(機関リポジトリ) 産業界 オープンイノベーションへの期待 研究支援者 ???
  23. 23. 3つの大事な現状認識 1. 政策として、オープンサイエンスが強く推 進されている。 – 「イノベーションの創出」「公的資金の有効活用」 2. 研究者は、科学・人文社会科学のあり方を 変えたがっている。 – 従来の学術論文に依存した成果発表に制度疲労。 3. 様々なステークホルダーが部分最適を目指 している。 – 「誰」が「何」をやるか未知数な部分も多い。 2015/12/18 23
  24. 24. 目次 1. オープンサイエンスとは 2. オープンサイエンスを通じて 研究力をアップするには? 3. 京都大学がオープンサイエンスのために していること 2015/12/18 24
  25. 25. なぜオープンサイエンス?(1) 2015/12/18 25 研究者 研究者コミュニティ 図書館 出版社 査読付き 論文掲載 脱・一括購入 APC 値上げ 安定供給 OAポリシー それぞれが部分最適を志向している 助成団体事例 論文投稿料問題 (APC) モラル ハザード 実績・OA義務 申請 参考: Beall’s List
  26. 26. なぜオープンサイエンス?(2) 2015/12/18 26 研究者 研究者コミュニティ 図書館 出版社 APC支援? 価格交渉? オープンアクセスの広報 リポジトリ支援 協働での研究力分析 研究者と 大学の利益のための 全体最適化 全体を見て 動ける 人たち 助成団体 オープンサイエンス 推奨・義務化 URA URA URA
  27. 27. 想定される研究者からの相談 Q. 論文を公開するのが義務ですが、出版社から追加 料金が要ると言われました。 A. 図書館のリポジトリなら、無料で著者最終稿を 公開できますよ! Q. プロジェクトの研究成果をうまく発信して一般の 人にも使ってもらいたいんだけど・・・ A. クリエイティブ・コモンズ・ライセンスで再利 用可能としておけば、成果が広まりますよ。 広報にSNSを活用するのもよいですね。 「とりあえずURAに相談してみよう!」 ・・・となったらいいなあ。 2015/12/18 27
  28. 28. 目次 1. オープンサイエンスとは 2. オープンサイエンスを通じて 研究力をアップするには? 3. 京都大学がオープンサイエンスのために していること 2015/12/18 28
  29. 29. 人文社会科学系研究支援 2015/12/18 29 資源整備 成果発信 成果の可視化 (評価) 研究に必要な資源の 情報/所在がばらばら 引用データがそもそもない 出版にはお金がかかる データベースがばらばら 電子化少ない 日本語の成果の発信不足 日本語の成果のデータ不足 オープン アクセス オープンサイエンス の考え方で解消が 可能では? デジタル苦手 オープン データ オープン ソース “デジタル・ヒューマニティーズ”
  30. 30. 著者情報へリンク 成果①:データ統合による相互リンク • 研究者DBに本文リンクを付与することでオープンサイエンスへ前進 • 著者情報リンク:KURENAI自体の利便性向上 • 有用なデータ整備(著者IDなど) 2015/12/11 30 URL 研究者番号 本文PDFへリンク 見た目は地味だが... 少し違う例になっています http://hdl.handle.net/2433/xxyyy 12345678 © Keigo Imai
  31. 31. H27: オープンアクセスの義務化 1. 京都大学は、出版社、学会、学内部局等が発行した 学術雑誌(図書等を除く)に掲載された教員の研究成果(...)を、 京都大学学術情報リポジトリ(...)によって公開する。 (京都大学オープンアクセス方針より,2015年4月) 2015/12/11 31 → 教職員の義務に → 公開が容易になるよう、申請システムや内規を整 備しなければならない © Keigo Imai
  32. 32. ワンストップのサービスを考えよう • 現状:文献登録の二度手間 2015/12/18 32 教 員 教育研究活動データベースKURENAI ☺教 員 • 一度の文献登録で済むようにしたい K. Imai, A thesis title, pp. 12-33, 2014. PDF 文献情報 K. Imai, A thesis title, pp. 12-33, 2014. 教育研究活動KURENAI データベース by 図書館員 (Ongoing work) © Keigo Imai
  33. 33. クラウドファンディング支援(1) クラウドファンディングとは? 33 従 来 型 ク ラ ウ ド フ ァ ン デ ィ ン グ 研究者 大学 助成機関 国 Crowd 市民 税 金 こんな研究をす るので投資して ください! リターン 投資 研究成果
  34. 34. クラウドファンディング支援(2) KURAによる支援 34 研究者 大学 Crowd 市民 リターン 投資 クラウドファンディング サービス 寄付 依頼 挑戦します! URA URA URA https://academist-cf.com/
  35. 35. 2015/12/18 35
  36. 36. 2015/12/18 36 研究者 大学 社会 全体を見て 動ける URA! Twitter @kura_office Facebook 京都大学学術研究支援室 | K.U.RESEARCH おわり
  37. 37. 参考文献 • マイケル・ニールセン(高橋洋訳) 「オープンサイエンス革命」紀伊國屋書店. 2013年. • Michael Nielsen, “Open science now!”, TED Talk | TED.com, 2011. • 柴藤亮介(株式会社エデュケーショナル・デザイン), “学術系クラウドファンディングの現状”, 第1回クラウド ファンディング勉強会, 2015. (unpublished) 2015/12/18 37
  38. 38. これからある関連イベント • どう活かす?新しい研究のすすめ方オープンサイエンス https://mtrl.net/kyoto/events/160108_open-science/ – 2016年1月8日(金)13:00~ – 場所:MTRL KYOTO ※京大の研究者が企画し、KURAが支援しています。 • オープンサイエンスと著作権 http://www.nims.go.jp/publicity/events/hdfqf1000002ds0h.html – 2016年1月8日(金)15:20-17:00 – 場所 NIMS Auditorium (並木地区) • データシェアリングシンポジウム《科学の発展への起爆剤》 ~デー タ駆動型科学の推進に向けて~ – 2016年2月29日(月) – 場所 学術総合センター 一橋記念講堂 • 第7回 RDA総会 “Making data sharing work in the era of Open Science” – 2016年3月1〜3日 2015/12/18 38

×