研修大好き図書館員!! みんなで研修について考えよう- Nagami

1,114 views

Published on

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
1,114
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
276
Actions
Shares
0
Downloads
2
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

研修大好き図書館員!! みんなで研修について考えよう- Nagami

  1. 1. 研修大好き図書館員!!   -­‐みんなで研修について考えよう-­‐ 永見聡一朗   筑波大学大学院図書館情報メディア研究科   nagami@slis.tsukuba.ac.jp   twi5er:  @nagasou 2011/9/17 第4回ALIS定例会 1
  2. 2. 図書館員のイメージって… 2011/9/17 第4回ALIS定例会 2
  3. 3. 図書館員のイメージって… • メガネ  • エプロン                                                              2011/9/17 第4回ALIS定例会 3
  4. 4. 図書館員のイメージって… • 真面目       な人が多いような…               もしかしたら,本が好きなだけかも?                        2011/9/17 第4回ALIS定例会 4
  5. 5. 図書館員は研修が多い •  これでも大学職員のブログ2011年7月7日            “大学図書館員長期研修というものがある。2週間カンヅメ”                h5p://d.hatena.ne.jp/daigaku-­‐syokuin/20110707/p1              → 他部署の大学職員から見ても多い  ‒  学術ポータル担当者研修(NII)  ‒  中堅職員ステップアップ研修(JLA)    ‒  国立大学図書館協会シンポジウム(国立大学図書館協会)  ‒  大学図書館司書主務者研修会(私立大学図書館協会)  ‒  イブニングセミナー(専門図書館協議会)            etc…  2011/9/17 第4回ALIS定例会 5
  6. 6. そもそもなぜ研修を •  専門性を高めるため  •  変わりゆく環境や業務に対応するため   -­‐  情報技術の進展   -­‐  学術情報流通の変化  •  キャリアアップのため  •  図書館員は単なる研修好き?                                                                                        では,良い研修とは?  2011/9/17 第4回ALIS定例会 6
  7. 7. ここで,あえてスポーツの話 2011/9/17 第4回ALIS定例会 7
  8. 8. ここで,あえてスポーツの話 •  研修≒トレーニング  •  アスリート   ‒  トレーニング時間 >> 試合時間   ‒  ある意味でトレーニング(≒研修)のプロ!?   ‒  トレーニングの原則  2011/9/17 第4回ALIS定例会 8
  9. 9. 全面性の原則 様々な要素をバランスよく鍛える   筋力 主題知識   レファレ 平衡性 持久力 出版流通 ンス能力 古書・漢 柔軟性 瞬発力 選書能力 籍 敏捷性 図書館経 営 2011/9/17 第4回ALIS定例会 9
  10. 10. 全面性の原則 様々な要素をバランスよく鍛える   筋力 主題知識   レファレ 平衡性 持久力 出版流通 ンス能力 古書・漢 柔軟性 瞬発力 選書能力 籍 館全体での視点も大事 敏捷性 図書館経 営 2011/9/17 第4回ALIS定例会 10
  11. 11. 個別性の原則 ‒  個人個人に合ったトレーニングを行う  •  様々な担当業務に合わせた研修  •  個々の職員の経験年数等に合わせた研修   –  新任職員研修   –  中堅職員研修   –  管理職研修 2011/9/17 第4回ALIS定例会 11
  12. 12. 反復性の原則 ‒  トレーニングは1回で効果が出るよう な即効性があるものではない。継続 は力なり  •  研修も1回だけでなく,継続して行うことが大 切  •  今の技術,知識が明日も通用するかはわ からない  2011/9/17 第4回ALIS定例会 12
  13. 13. 意識性の原則 ‒ 「なぜ」をもってトレーニングを行う  •  受け身ではなく研修の意義を考える  •  実務への実践を意識する 2011/9/17 第4回ALIS定例会 13
  14. 14. 目指すべき研修とは? •  研修の多様性・包括性,継続性  •  受講者側の意識  •  研修の実施体制   –  どの組織がリーダーシップをとり,どう連携するか?   –  NII(国立情報学研究所)   –  NDL(国立国会図書館)   –  日図協,国大図協   –  自主的コミュニティ (→ALISも含まれる…!?)  •  これまでの研修事業の振り返り  •  海外の事例(IFLA,ALA等)  2011/9/17 第4回ALIS定例会 14
  15. 15. 目指すべき研修とは   これから   修論で取り組みます     着手決意表明のご清聴ありがとうございました  2011/9/17 第4回ALIS定例会 15

×