Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

ジャンク解析入門

662 views

Published on

広島ITエンジニア合同忘年会2016で発表したスライドです。

Published in: Technology
  • Be the first to comment

ジャンク解析入門

  1. 1. ジャンク解析のススメ(入門編) 広島ITエンジニア合同忘年会2016
  2. 2. あなた誰? • 名前:金田 晃(HN) • 本業:インフラ屋さん見習い • 趣味: • 自宅サーバ、自宅インフラ • 電子工作 • ジャンク漁り • 機械の分解、故障診断と修理 • 所属: • Hiroshima.rb • 広島サーバユーザ友の会(仮) • 広島電子工作娯楽部 • その他・・・
  3. 3. ジャンクは新しい部品との出会いであり、 修理は高度な知的パズルである。
  4. 4. ところで、こんな悩みありませんか? • ジャンク品を入手したが、動かし方が良くわからない。 • 使えそうな基板を入手したが、データがなく、 使い方やコネクタに何をつなぐのか分からない。 • 電源端子はどこ? • 電源電圧、極性は? • スイッチどこよ・・・ • そもそもこれ何の基板??(ぉぃ
  5. 5. そんなあなたに、ジャンクの解析を教えます。
  6. 6. 先ずはサンプル • 東京の某ジャンク屋で入 手。 • 見た目からカメラの基板 である。 • 値段:108円(税込) • 型番らしきものはない。 • データシートはない。 • メーカー名などない。 • 単独で動作する保証なし。
  7. 7. 鉄則その1: いのちだいじに!!
  8. 8. いのちだいじに • 無謀と勇敢は違う。 • 安全対策は十分やろう。 • 机の周りにひっかけそうなコードはないか。 • はんだごてが足に落下したり、床が焦げる可能性はないか? • 感電の危険はないか? • 尖ったもの(ネジや針金の切れっ端とか)が飛び散らないか?踏 まないか? • 近くに可燃物はないか?引火の危険はないか? • ペットボトルに水を入れておこう。 • 万一の際の対策 • はんだごて台のスポンジへ
  9. 9. はんだごてのコードは引っかけないように上げ る。 コンセントを間違えてさして火災になるのを未 然に防ぐため、切ったら必ず机に上げる。など。
  10. 10. 鉄則その2: 徹底して観察せよ。 そして推測せよ。
  11. 11. 徹底的に観察せよ。推測せよ。 • ジャンク品=無保証=危険物。いきなり電源は入れない。 • 徹底的に観察。 • ICの足が白くなっていたりしていたら、多分水没しています。 • フラックスは水分があると白くなったりします。 • ICの足や、基板のパターンが黒くなっていたら、多分コンデンサ の液漏れで錆びています。 • 基板から妙な匂いがしたら、コンデンサの液漏れ確定です。 • 部品が外れてたような痕跡はないか。空きパターンなのか、外れ ているのかはよく観察します。 • 焦げている、変色している部品やケーブル、プリントパターンは ないか。プリントパターンがモコモコしていないか。 • ハンダが浮いている箇所はないか。ハンダ不良や怪しいハンダは ないか。
  12. 12. 徹底的に観察せよ。推測せよ。 • ヒビが入っている、浮いている、曲がっているなど、変な部品はな いか。 • 針金やハンダブリッジがないか。 • (電源を針金でショートさせるトラップがあるとかないとか。 ジャンク品には時々トラップがあります。) • コンデンサは膨れていないか。 • (電源入れる前に即交換か、ストックを買っておく。) • ICやトランジスタなどのパッケージが膨れていたり、ヒビが入って いないか。 • (過電圧で破損している可能性が高い。そのまま電源を入れると 爆発発火発煙とロクな目に合わない) • 不自然なハンダ付けの痕跡はないか。 • (誰かがいじっている可能性が高い) • その他不自然なところはないか。
  13. 13. カメラがある。 コンデンサが密集。 電源?? フィルタがある。 電源用ICがある。 変なにおいやベタつきはない 焦げたりヒビが入ったり欠けたりは 無さそう。 CCDらしい。
  14. 14. ICがある。 スイッチがある。 カメラの端子数が少 ない。白黒? • ICの刻印は綺麗。 • 偽物ではなさそう • 膨れたり穴が開いたりはしてい ない
  15. 15. 鉄則その3: コネクタ回りを観察せよ。
  16. 16. • F3と書かれた部品がある。 • ヒューズ?でも4端子 • フィルタだろう。 (推測)
  17. 17. • F1、F2と書かれた部品 • この基板では、Fは フィルタである。 (確定)
  18. 18. • コネクタ回りにコンデン サが沢山ある。 • 電源の可能性大 • 耐圧は16Vから6V • 電源電圧は最大で も16Vより小 • コンデンサから極性がわ かる。
  19. 19. 鉄則その4: 使用部品を観察せよ。 特にICを観察せよ。
  20. 20. 使用部品を観察せよ。 特にICを観察せよ。 • 使用部品で機能がわかる。 • 今は大抵型番でググればデータシートが無料で入手可能! • 高級測定器などはカスタムIC使われていたりするけど・・・ • 特にICがあれば、機能が特定しやすい。 • 膨大な汎用部品を集積して使用している太古の基板とか、 オーディオ系なアナログ系はこのアプローチは厳しいので、 基板から回路図を起こすー>機能特定という流れになる。(難易 度高) • データシートが入手できれば、入出力も推測がつきますし、動作 チェックする内容も見当がつきます。 • ピンアサインや動作電圧、推奨回路図から、実際の回路を比較し、 不明な点を少しづつ埋めていきます。
  21. 21. • SHARP LZ95G69
  22. 22. • 78M05 • 5Vレギュレータ • 入力電圧は7V~
  23. 23. 鉄則その5: 電源端子を特定せよ。
  24. 24. • コネクタの端子から以下の導通 をチェック。 • コンデンサの負極 • 導通があればマイナス • 78M05の入力 • プラス端子。6Vから • コンデンサの正極 • プラス端子。耐圧から16V より小 • 物によるが、電源端子のプリン トパターンは他より太いことが 多い。
  25. 25. • パターンが他より太い。 • 電源ラインの可能性大
  26. 26. • 電源を入れる前に、各コネクタ の端子が、基板上のどの部品と 導通があるかをチェックし、電 源端子の特定、極性、電圧を推 定する。 • HITしない端子は、ICの全端子を 総当たりして、導通チェック。 • 導通があればデータシートの 端子チェック • テスターの極性注意。特にコ ンデンサがつながっていると 一瞬導通がある。 • それでも不明なら放置。
  27. 27. 鉄則その6: 通電する際は全感覚を 研ぎ澄ませよ。
  28. 28. 通電する際は全感覚を研ぎ澄ませよ。 • 電源端子を特定したら通電してみる。 • 定電圧、定電流電源があれば、電流リミットを設定しておく。 • 経験的には、小型基板であれば300mA程度、中型であれば1A。 • 予想より低い電圧から始めよ。 • 電圧、電流を常に監視せよ。 • 流すのは一瞬。 • 変な音がしないか? • 変な煙が出ないか? • 熱くなっている部品はないか? • 電流が予想より多くないか? • 問題なさそうなら、5秒、10秒と長くしてみる。 • 臆病なほど慎重になれ。
  29. 29. 鉄則その7: 人間は万能な測定器で ある。
  30. 30. 人間は万能な測定器である。 • 測定器があれば、オシロスコープなどで不明な端子にどのような信 号が出ているのかをチェック。 • 入力信号がないと動かないことがある。 • 指で触ると動いたりする。(感電注意!) • コネクタの出力で何が出ているのか分からない。 • アナログならクリスタルイヤホンが便利。 • イヤホンの片方を口に挟み、もう片方を不明な 端子へ触る。 • カリッツっと音がしたら電源かデジタル信号 →テスターでチェック • ブーンと音がしたら繋がっていないか交流信 号 • ブビーと音が変化するなら映像信号 • 音がしなければ大抵グラウンド
  31. 31. 鉄則その8: 動作するのに必要なも のがすべてそろっていると 思うな。
  32. 32. 動作するのに必要なものがすべてそろっていると思 うな。 • ジャンクなので、動作する保証は全くありません。 • そもそも動くのならジャンクになっていません。 • 単独で動作する保証はありません。 • 電源が正しくても、必要な基板が足りていない可能性もあります。 • 電源が正しく、動作しているのに、それが分からないこともあり ます。 • ジャンクに手を出すなら動作がわかりやすいものがいい。 • 光るとか音が出るとか・・・ • 液晶などデジタル系はタイミングなど正解を引くまで無反 応だったりするので難易度が高い。
  33. 33. まとめ • ジャンク品はたのしい。 • 未知の部品に出会える。 • 高価な機材の構造が分かる。 • 使われている部品や、実装技術、工夫など。 • 知っている部品の実際の使用例に出会える。 • もともと壊れているので、これ以上悪化することはない。 • 安心して修理や解析ができる。 • 解析スキルが身につく • 修理スキルが身につく • 部品に対するスキルが身につく • データシートの読み方とか調べ方とか。 • 壊れやすい所が分かるようになる。 • 修理する際に役立つ • 予防的に対策することができる

×