エフサミ2014
Kinect2で未来をつかむ
2014年07月12日
TMCN / Microsoft MVP / Oracle ACE
初音玲
ご注意
ソフトウェアやハードウェア、APIは暫定的なものであり正式版では変
更される可能性が あります。
This is preliminary software and/or hardware and APIs are
preliminary...
セッションの目的とゴール
 セッションの目的
 Kinect 2アプリ開発の基本を理解する
 Kinect 2のデータをクラウドにあげる方法を理解する
 セッションのゴール
 Kinect 2アプリを開発したくなる
 Kinect ...
自己紹介
Microsoft MVP / Oracle ACE / Tokyo Motion Control Network
初音玲
twitter:@hatsune_
http://blogs.wankuma.com/hatsune/
4
自己紹介
 仕事略歴
 システム企画
 インフラ構築
 業務アプリ構築
 DB設計、構築、各種支援
 略歴
 Microsoft MVP for Developer Tools (2008/04-2014/03)
 Oracle...
最近の著作
6
センサー&デバイス
7
アジェンダ
 Kinect v2とは
 Kinect v2アプリ開発基礎
 Kinectの使い方はアイデア次第
 Kinect v2データの扱い方
8
Kinect v2とは
9
10
IRカメラRGBカメラ
マイクアレイマイクアレイマイクアレイマイクアレイ
IRプロジェクタ
システム要件
Kinect v1 Kinect v2
OS Windows 7~ Windows 8~
CPU Dual Core 2.66GHz~ Core i7 2.5GHz~
Memory 2GB~ 4GB~
USB USB 2.0 US...
v1.8からの相違点
v1.8 v2.0DP
カラー解像度 640x480 1920x1080
深度データ解像度 320x240 512x424
深度センサー方式 Light Coding Time of Flight
深度センサー
測定可能距...
ハードウェア構成 (Developer Preview)
新型Kinect PCUSB3.0
分離
ボックス
電源
13
ソフトウェア構成
新型Kinect
VB.NET
C#
C++
SDK
Kinect
Service
14
Kinect SDK v1のデータの流れ
カラーデータ
深度データ SDK v1
ColorFrame
DepthFrame
SkeletonFrame
15
Kinect SDK v2のデータの流れ
カラーデータ
深度データ SDK v2
ColorFrame
DepthFrame
BodyFrame
BodyIndexFrame
InfraredFrame
LongInfraredFrame
16
Kinect v1のプログラミングの流れ
Sensor Stream Frame Data
17
Kinect v2のプログラミングの流れ
Sensor Source Reader Reference Frame Data
18
Kinect v2アプリ開発基礎
19
映像系データ
 ColorFrame
 ColorFrameReader
 ColorFrameSource
20
デモ
Kinect2ColorSample
21
距離データ
 DepthFrame
 DepthFrameReader
 DepthFrameSource
22
デモ
Kinect2DepthSample
23
骨格データ
 Body
 BodyFrame
 BodyIndex
 BodyIndexFrame
24
デモ
Kinect2BodySample
25
デモ
Kinect2Sample
27
Kinectの使い方はアイデア次第
28
モーションセンサー
 「このセンサーで何ができるかな?」
 「これにこのセンサーつかえるかも?」
29
どうつかおう
 「身長を測ってください!」
 Kinect 2の設置方法と測定方法を考えてみましょう
30
一緒に
考えて!
Kinectで身長を測ろう!
1.544-(-0.12)
=1.664m
31
Kinectで身長を測ろう!
身長=設置位置ーZ
32
Kinect v2データの扱い方
33
センサー値の扱い
 右手のX,Y,Z座標
 右手「上げている」「おろしている」「前に出している」
34
 生データ
 判断後のデータ
 ⇒データ量が多い
 データの判断は利用時に行う
 ⇒データ量が少ない
 データの判断は取得時...
35
Azure
Mobile
Services
情報記録
Azure
SQL Server
情報送信
FIN
36
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

Kinect2で未来をつかむ

1,845 views

Published on

エフサミ2014 Kinect2で未来をつかむ

Published in: Education
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
1,845
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
275
Actions
Shares
0
Downloads
9
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Kinect2で未来をつかむ

  1. 1. エフサミ2014 Kinect2で未来をつかむ 2014年07月12日 TMCN / Microsoft MVP / Oracle ACE 初音玲
  2. 2. ご注意 ソフトウェアやハードウェア、APIは暫定的なものであり正式版では変 更される可能性が あります。 This is preliminary software and/or hardware and APIs are preliminary and subject to change. 2
  3. 3. セッションの目的とゴール  セッションの目的  Kinect 2アプリ開発の基本を理解する  Kinect 2のデータをクラウドにあげる方法を理解する  セッションのゴール  Kinect 2アプリを開発したくなる  Kinect 2を予約したくなる
  4. 4. 自己紹介 Microsoft MVP / Oracle ACE / Tokyo Motion Control Network 初音玲 twitter:@hatsune_ http://blogs.wankuma.com/hatsune/ 4
  5. 5. 自己紹介  仕事略歴  システム企画  インフラ構築  業務アプリ構築  DB設計、構築、各種支援  略歴  Microsoft MVP for Developer Tools (2008/04-2014/03)  Oracle ACE (2008/04-:日本で2人目) 5
  6. 6. 最近の著作 6
  7. 7. センサー&デバイス 7
  8. 8. アジェンダ  Kinect v2とは  Kinect v2アプリ開発基礎  Kinectの使い方はアイデア次第  Kinect v2データの扱い方 8
  9. 9. Kinect v2とは 9
  10. 10. 10 IRカメラRGBカメラ マイクアレイマイクアレイマイクアレイマイクアレイ IRプロジェクタ
  11. 11. システム要件 Kinect v1 Kinect v2 OS Windows 7~ Windows 8~ CPU Dual Core 2.66GHz~ Core i7 2.5GHz~ Memory 2GB~ 4GB~ USB USB 2.0 USB 3.0 GPU Direct X 9.0c~ Direct X 11.0~ 開発環境 VS2010~ VS2012~ 11
  12. 12. v1.8からの相違点 v1.8 v2.0DP カラー解像度 640x480 1920x1080 深度データ解像度 320x240 512x424 深度センサー方式 Light Coding Time of Flight 深度センサー 測定可能距離 0.8m~4.0m (通常) 0.5m~3.5m (近接) 0.5m~4.5m (モード切替なし) センサー視野角度 (垂直/水平) 57度/43度 70度/60度 スケルトントラッキング 2人 6人 関節データ数 20か所 25か所 複数アプリの同時使用 × ○ 手のひらの開閉 △Developer Toolkit ○ 12
  13. 13. ハードウェア構成 (Developer Preview) 新型Kinect PCUSB3.0 分離 ボックス 電源 13
  14. 14. ソフトウェア構成 新型Kinect VB.NET C# C++ SDK Kinect Service 14
  15. 15. Kinect SDK v1のデータの流れ カラーデータ 深度データ SDK v1 ColorFrame DepthFrame SkeletonFrame 15
  16. 16. Kinect SDK v2のデータの流れ カラーデータ 深度データ SDK v2 ColorFrame DepthFrame BodyFrame BodyIndexFrame InfraredFrame LongInfraredFrame 16
  17. 17. Kinect v1のプログラミングの流れ Sensor Stream Frame Data 17
  18. 18. Kinect v2のプログラミングの流れ Sensor Source Reader Reference Frame Data 18
  19. 19. Kinect v2アプリ開発基礎 19
  20. 20. 映像系データ  ColorFrame  ColorFrameReader  ColorFrameSource 20
  21. 21. デモ Kinect2ColorSample 21
  22. 22. 距離データ  DepthFrame  DepthFrameReader  DepthFrameSource 22
  23. 23. デモ Kinect2DepthSample 23
  24. 24. 骨格データ  Body  BodyFrame  BodyIndex  BodyIndexFrame 24
  25. 25. デモ Kinect2BodySample 25
  26. 26. デモ Kinect2Sample 27
  27. 27. Kinectの使い方はアイデア次第 28
  28. 28. モーションセンサー  「このセンサーで何ができるかな?」  「これにこのセンサーつかえるかも?」 29
  29. 29. どうつかおう  「身長を測ってください!」  Kinect 2の設置方法と測定方法を考えてみましょう 30 一緒に 考えて!
  30. 30. Kinectで身長を測ろう! 1.544-(-0.12) =1.664m 31
  31. 31. Kinectで身長を測ろう! 身長=設置位置ーZ 32
  32. 32. Kinect v2データの扱い方 33
  33. 33. センサー値の扱い  右手のX,Y,Z座標  右手「上げている」「おろしている」「前に出している」 34  生データ  判断後のデータ  ⇒データ量が多い  データの判断は利用時に行う  ⇒データ量が少ない  データの判断は取得時に行う
  34. 34. 35 Azure Mobile Services 情報記録 Azure SQL Server 情報送信
  35. 35. FIN 36

×