AED位置ソリューションによる
心停止者救命支援
オープンデータアプリについて
Microsoft MVP 初音玲
AEDオープンデータアプリの特徴
AEDオープンデータアプリは、
AED位置情報をオープンデータとして提供することで
迅速な119番、迅速なAED手配、迅速な胸骨圧迫の実施
などを実現するアプリに必要なデータを提供することで
心停止者の救命率を...
AED関連の解決すべき問題
現場に居合わせたときに、自分で救命措置をとれますか?
33.1%
66.9%
とれる
とれない
http://www.pref.saitama.lg.jp/site/supporter/kani38.html 3
救命処置できる率は、救命講習会の受講率より低い
救命講習会を受講し、AED使用法を学んだことがありますか?
50.7%
49.3%
ある
ない
http://www.pref.saitama.lg.jp/site/supporter/kani3...
救命処置をとれない理由
5
目撃時に救命措置をとれない理由は何ですか?(複数回答)
47.7%
30.4%
25.6%
25.0%
22.5%
7.9%
7.4%
4.0%
方法が分からない
講習を受けたが、対応する自信がない
専門家に任せた方...
AED関連の解決すべき問題
救命講習会の受講の有無に関わらず
目の前で人が倒れたときに
対応方法がわからなかったり、
対応するのが【不安な気持ち】を減らし
【助けたいと思う気持ち】を後押しし、
救命処置を実際に行うという【行動に結びつける】
6
心停止者に必要なたった3つのこと
7
①119番
②胸骨圧迫(心臓マッサージ)
③AEDの使用
AED関連アプリに必須の3つの機能
8
①119番を即す
②胸骨圧迫の方法をガイド
③AEDの入手依頼の自動化
最大の特徴「行動する勇気」をあたるUX/UIを実現
9
心停止の現場では、誰もが混乱し、パニックに陥ります。
仮に心肺蘇生やAEDの使用に関わる知識を持っていたとして
も、自信を持って即座に行動を起こすことは容易ではありま
せん。
『迷ったり、...
例えば:119番を即す
10
耳元で「大丈夫で
すか?」と大声で
呼びかけ、肩を軽
くたたいて、
反応を確認してく
ださい。
反応あり
反応なし
http://aed.jaam.jp/cpr_process_02/cpr_process_02_...
例えば: 119番を即す
11
反応がないなら
周りに助けを求め
ましょう
「誰か来て!」
反応なし
http://aed.jaam.jp/cpr_process_02/cpr_process_02_02.html
誰もいないなら
119番 C...
例えば: AEDの入手依頼(119番コール時に自動実行)
12
AEDを取りに行く
SOS
💛
各AEDの規定範囲内に通知
入手依頼の受信ユーザ
規定範囲内/直近のAEDを検索
💛
SOS
入手依頼の発信ユーザ
入手依頼発信中
例えば:胸骨圧迫のガイド
13
呼吸を確認
胸とおなかの動き
動きがある
動きがない
動きがない
不規則な動き
規定秒数で自動選択
例えば:胸骨圧迫のガイド
15
AED移動中 / あと100m
0
10
20
30
40
50
60
70
80
90
100
1 2 3 4 5 6 7 8 9
救
命
率
心停止からの経過時間
AED関連アプリが目指すもの
16
1. 迅速な119番で、救急車到着時間を短縮し、救命率を上げる
2. 胸...
システム構成
18
Microsoft Azure Mobile Services
Microsoft Azure SQL Database
Microsoft Azure Notification Hub
Windowsストアアプリ / iO...
Azure
Mobile
Services
AED情報の収集
情報記録
認
証
Azure
SQL Server
Facebook認証
AED位置情報を
REST/JSON形式で
オープンデータとして提供
位置情報
最寄り検索結果
将来想定(M2Mによる119番連携/SOS自動発信)
通知
認
証
該当者抽出
該当AED抽出
AED位置表示
SOS位置表示
承諾応答
通知ハブ
Azure
SQL Server
Azure
Mobile
Services
通知
Facebo...
アイデア
フェーズから
実装
フェーズへ
23
実装要素の検証として
Windowsストアアプリ「AED検索」
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

AEDオープンデータアプリ

481 views

Published on

AEDオープンデータアプリは、AED位置情報を使ったアプリを作成するとともに、そこで使用しているデータについてオープンデータとして公開することが特徴のアプリです。

Published in: Health & Medicine
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
481
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
59
Actions
Shares
0
Downloads
7
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

AEDオープンデータアプリ

  1. 1. AED位置ソリューションによる 心停止者救命支援 オープンデータアプリについて Microsoft MVP 初音玲
  2. 2. AEDオープンデータアプリの特徴 AEDオープンデータアプリは、 AED位置情報をオープンデータとして提供することで 迅速な119番、迅速なAED手配、迅速な胸骨圧迫の実施 などを実現するアプリに必要なデータを提供することで 心停止者の救命率を向上することを目的としています。 2 心臓マッサージ
  3. 3. AED関連の解決すべき問題 現場に居合わせたときに、自分で救命措置をとれますか? 33.1% 66.9% とれる とれない http://www.pref.saitama.lg.jp/site/supporter/kani38.html 3
  4. 4. 救命処置できる率は、救命講習会の受講率より低い 救命講習会を受講し、AED使用法を学んだことがありますか? 50.7% 49.3% ある ない http://www.pref.saitama.lg.jp/site/supporter/kani38.html 4
  5. 5. 救命処置をとれない理由 5 目撃時に救命措置をとれない理由は何ですか?(複数回答) 47.7% 30.4% 25.6% 25.0% 22.5% 7.9% 7.4% 4.0% 方法が分からない 講習を受けたが、対応する自信がない 専門家に任せた方が良い 講習を受けたが、方法を忘れてしまった 怖くて手が出せない 対応したくない 巻き込まれたくない その他 http://www.pref.saitama.lg.jp/site/supporter/kani38.html
  6. 6. AED関連の解決すべき問題 救命講習会の受講の有無に関わらず 目の前で人が倒れたときに 対応方法がわからなかったり、 対応するのが【不安な気持ち】を減らし 【助けたいと思う気持ち】を後押しし、 救命処置を実際に行うという【行動に結びつける】 6
  7. 7. 心停止者に必要なたった3つのこと 7 ①119番 ②胸骨圧迫(心臓マッサージ) ③AEDの使用
  8. 8. AED関連アプリに必須の3つの機能 8 ①119番を即す ②胸骨圧迫の方法をガイド ③AEDの入手依頼の自動化
  9. 9. 最大の特徴「行動する勇気」をあたるUX/UIを実現 9 心停止の現場では、誰もが混乱し、パニックに陥ります。 仮に心肺蘇生やAEDの使用に関わる知識を持っていたとして も、自信を持って即座に行動を起こすことは容易ではありま せん。 『迷ったり、判断に困ったら、胸骨圧迫を開始し、AEDの電 源を入れ指示に従う!』というメッセージを強化することに よって、心肺蘇生の実施、AEDの積極的な使用を促す必要が あります。
  10. 10. 例えば:119番を即す 10 耳元で「大丈夫で すか?」と大声で 呼びかけ、肩を軽 くたたいて、 反応を確認してく ださい。 反応あり 反応なし http://aed.jaam.jp/cpr_process_02/cpr_process_02_01.html
  11. 11. 例えば: 119番を即す 11 反応がないなら 周りに助けを求め ましょう 「誰か来て!」 反応なし http://aed.jaam.jp/cpr_process_02/cpr_process_02_02.html 誰もいないなら 119番 CALL 住所は ◯◯区○○町3-2-1 付近です。
  12. 12. 例えば: AEDの入手依頼(119番コール時に自動実行) 12 AEDを取りに行く SOS 💛 各AEDの規定範囲内に通知 入手依頼の受信ユーザ 規定範囲内/直近のAEDを検索 💛 SOS 入手依頼の発信ユーザ 入手依頼発信中
  13. 13. 例えば:胸骨圧迫のガイド 13 呼吸を確認 胸とおなかの動き 動きがある 動きがない 動きがない 不規則な動き 規定秒数で自動選択
  14. 14. 例えば:胸骨圧迫のガイド 15 AED移動中 / あと100m
  15. 15. 0 10 20 30 40 50 60 70 80 90 100 1 2 3 4 5 6 7 8 9 救 命 率 心停止からの経過時間 AED関連アプリが目指すもの 16 1. 迅速な119番で、救急車到着時間を短縮し、救命率を上げる 2. 胸骨圧迫の実施率を向上し、救命率を上げる 3. AED到着時間を短縮し、胸骨圧迫を続ける時間を短縮する 救命率:20%⇒90% 救急車到着平均 :8分⇒約20% AEDを探し回る :5分⇒約50% AED片道搬送 :3分⇒約70% 胸骨圧迫開始 :1分⇒約90% AED到着時間:5分⇒3分 AED使用率:3.7%⇒100%
  16. 16. システム構成 18 Microsoft Azure Mobile Services Microsoft Azure SQL Database Microsoft Azure Notification Hub Windowsストアアプリ / iOSアプリ(xamarin)
  17. 17. Azure Mobile Services AED情報の収集 情報記録 認 証 Azure SQL Server Facebook認証 AED位置情報を REST/JSON形式で オープンデータとして提供 位置情報 最寄り検索結果
  18. 18. 将来想定(M2Mによる119番連携/SOS自動発信) 通知 認 証 該当者抽出 該当AED抽出 AED位置表示 SOS位置表示 承諾応答 通知ハブ Azure SQL Server Azure Mobile Services 通知 Facebook認証 ウェラブル/スマホ などからの自動発信
  19. 19. アイデア フェーズから 実装 フェーズへ 23 実装要素の検証として Windowsストアアプリ「AED検索」

×