Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
Redmineにおける
トレーサビリティ管理の現状と可能性
2018/2/3
あきぴー@Redmine大阪
Copyright2017 akipii@XPJUG関西 1
自己紹介
• ハンドルネーム:@akipii
• 東京Redmine、Redmine大阪スタッフ
• 出版した著書
• 「Redmineによるタスクマネジメント実践技法」 (with 阪井さん)
• 「チケット駆動開発」 (with 阪井さん)...
Agenda
• ソフトウェア開発におけるトレーサビリティの現状と問題
• Redmineによる実現方法
• Redmineの課題とまとめ
Copyright2017 akipii@XPJUG関西 3
Redmineにおける
トレーサビリティの現状と問題
Copyright2017 akipii@XPJUG関西 4
SW開発のトレーサビリティの現状
• 最近のソフトウェア開発では、トレーサビリティを利⽤す
る場面が多い
• プロジェクトリーダーの場合:
• 例:顧客打合せで、議事録と課題一覧を作り、その内容を要件定
義書へ漏れ無く反映する
• 開発者の場合...
Copyright2017 akipii@XPJUG関⻄ 6
従来のプロセス
作成
作成
作成
実装
課題一覧 議事録
レビュー記録
リリース管理台帳
レビュー記録
関連付け
関連付け
関連付け
関連付け
リリース
設計書一覧
障害管理票
要件...
トレーサビリティに関する問題
• トレーサビリティに関するExcel管理台帳が増殖する
• 課題一覧
• レビュー記録
• 設計書の変更履歴
• リリース履歴
• トレーサビリティを維持する運⽤コストが大きい
• 顧客要求や仕様変更で成果物が変...
Redmineによる実現方法
Copyright2017 akipii@XPJUG関西 8
Redmineでの考え方
• 従来のExcel管理台帳は全てRedmineで実現で
きるし、無くせる(はず)
• フロー情報はRedmine、成果物はGitで一元管理
• プロセスをRedmineの機能へ対応付ける
• 後述
• 運⽤ルールを定...
議事録
Wiki
Copyright2017 akipii@XPJUG関⻄ 10
プロセス保証とRedmineの関係
議事録PDF
ソース
要件定義
チケット
外部設計
チケット
内部設計
チケット
実装
チケット
タスク
チケット
課題
チケ...
【例】コミットログのチケットNoも修正可
• コミットログのチケットNOを間違えても、
リポジトリ>リビジョン画面から、「追加」リンク押下によ
り、チケットNoを修正できる。
Copyright2017 akipii@XPJUG関西 11
Re...
【例】プロセス保証とチケット関連図
Copyright2017 akipii@XPJUG関西 12
チケット関連図 | Lychee Redmine
https://lychee-redmine.jp/plugin/association-ch...
Copyright2017 akipii@XPJUG関⻄ 13
【例1】要件と成果物のトレーサビリティマトリクス
第1層チケット(要件) 第2層チケット(機能) 第3層チケット(機能) ・・・ 最下層チケット 成果物
用語集を作りたい xx画面...
【例】全⽂検索によるトレーサビリティ保証
• キーワードで検索した方が速い場合も多い
• 無駄なドキュメントを作るよりも、探す方が速い時もある
• ⇒全⽂検索プラグイン(株ククログ)を使う
Copyright2017 akipii@XPJUG関...
Redmineの課題とまとめ
Copyright2017 akipii@XPJUG関西 15
実際は、、
現状の運⽤は
まだ手探りです
Copyright2017 akipii@XPJUG関西 16
Redmineの課題
• 手動の運⽤ルールだけで十分か?
• 手動の運⽤ルールで、トレーサビリティの正しさを保証できるか?
• 運⽤ルールを組織で徹底できるか?
• トレーサビリティマトリクスやカバレッジを出⼒したい
• 例:リリースごとにカバ...
まとめ
• トレーサビリティが実現できると、開発者もマネージャもメ
リットが増える
• 保守フェーズで、本来の要件を探す
• システム監査時に、成果物の漏れを事前にチェックする
• プロセス保証に使う
• Redmineの運⽤で、プロセス保証の...
copyright2017akipii@XPJUG関西 19
ご清聴
ありがとうございました
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

Redmineにおけるトレーサビリティ管理の現状と可能性(第66回 SEA関西プロセス分科会&第18回 Redmine大阪) #RedmineOsaka

3,883 views

Published on

第66回 SEA関西プロセス分科会&第18回 Redmine大阪 - connpass https://redmine-osaka.connpass.com/event/73716/

第18回Redmine大阪の感想 #RedmineOsaka: プログラマの思索
http://forza.cocolog-nifty.com/blog/2018/02/18redmineredmin.html

Published in: Technology
  • Be the first to comment

Redmineにおけるトレーサビリティ管理の現状と可能性(第66回 SEA関西プロセス分科会&第18回 Redmine大阪) #RedmineOsaka

  1. 1. Redmineにおける トレーサビリティ管理の現状と可能性 2018/2/3 あきぴー@Redmine大阪 Copyright2017 akipii@XPJUG関西 1
  2. 2. 自己紹介 • ハンドルネーム:@akipii • 東京Redmine、Redmine大阪スタッフ • 出版した著書 • 「Redmineによるタスクマネジメント実践技法」 (with 阪井さん) • 「チケット駆動開発」 (with 阪井さん) • 「Redmine超入門」(with redmine.tokyoスタッフ) • 「Redmine 実践ガイド」 (with (株)アジャイルウェア) Copyright2017 akipii@XPJUG関西 2
  3. 3. Agenda • ソフトウェア開発におけるトレーサビリティの現状と問題 • Redmineによる実現方法 • Redmineの課題とまとめ Copyright2017 akipii@XPJUG関西 3
  4. 4. Redmineにおける トレーサビリティの現状と問題 Copyright2017 akipii@XPJUG関西 4
  5. 5. SW開発のトレーサビリティの現状 • 最近のソフトウェア開発では、トレーサビリティを利⽤す る場面が多い • プロジェクトリーダーの場合: • 例:顧客打合せで、議事録と課題一覧を作り、その内容を要件定 義書へ漏れ無く反映する • 開発者の場合: • 例:要件定義書に基いて、設計内容を詳細化する • 例:設計レビュー、コードレビューの指摘事項を漏れ無く反映する • プロセス保証でトレーサビリティを意識して運⽤する時 がある • 例:ISOやISMSなどのシステム監査 • 例:組込システムの安全規格 Copyright2017 akipii@XPJUG関西 5
  6. 6. Copyright2017 akipii@XPJUG関⻄ 6 従来のプロセス 作成 作成 作成 実装 課題一覧 議事録 レビュー記録 リリース管理台帳 レビュー記録 関連付け 関連付け 関連付け 関連付け リリース 設計書一覧 障害管理票 要件定義 外部設計 内部設計 開発・テスト リリース・運⽤ 要件定義書 設計書 設計書 ソース ビルド モジュール 作業や成果物のト レース確保の為、 Excel台帳を 各工程で作る 成果物のトレースは Excel台帳で管理 ⇒かなり煩雑 作業や成果物の トレース情報無し
  7. 7. トレーサビリティに関する問題 • トレーサビリティに関するExcel管理台帳が増殖する • 課題一覧 • レビュー記録 • 設計書の変更履歴 • リリース履歴 • トレーサビリティを維持する運⽤コストが大きい • 顧客要求や仕様変更で成果物が変更されると、トレーサ ビリティに関するExcel管理台帳まで修正が発⽣する • ツール支援がない環境では、Excel管理台帳だけでトレー サビリティを維持するのは難しい Copyright2017 akipii@XPJUG関西 7
  8. 8. Redmineによる実現方法 Copyright2017 akipii@XPJUG関西 8
  9. 9. Redmineでの考え方 • 従来のExcel管理台帳は全てRedmineで実現で きるし、無くせる(はず) • フロー情報はRedmine、成果物はGitで一元管理 • プロセスをRedmineの機能へ対応付ける • 後述 • 運⽤ルールを定める • No ticket, No commit • Redmiineバージョンとマイルストーンを対応付ける • 親子チケットでWBSを実現する Copyright2017 akipii@XPJUG関西 9
  10. 10. 議事録 Wiki Copyright2017 akipii@XPJUG関⻄ 10 プロセス保証とRedmineの関係 議事録PDF ソース 要件定義 チケット 外部設計 チケット 内部設計 チケット 実装 チケット タスク チケット 課題 チケット 課題一覧 要件定義書 タスク チケット 課題 チケット レビュー チケット レビュー 一覧 設計書 タスク チケット 課題一覧 課題 チケット 障害 チケット リリース チケット 障害一覧 課題一覧 ・・・・・・・ PDF出⼒ 相互リンク Excel出⼒ Excel出⼒ 相互リンク Excel出⼒ ロードマップ ビルド モジュール ビルド チェックイン 作業や成果物のトレースが 可能かつ楽になる 従来のExcel台帳 はRedmineから 出⼒する 設計書やソースは RedmineのSCM連 携でトレース可能 工程・作業は親子 チケットやバージョン 機能でマッピング
  11. 11. 【例】コミットログのチケットNoも修正可 • コミットログのチケットNOを間違えても、 リポジトリ>リビジョン画面から、「追加」リンク押下によ り、チケットNoを修正できる。 Copyright2017 akipii@XPJUG関西 11 Redmine 1.4新機能紹介: チケットとリビジョンの関連づけの追加・削除 | Redmine.JP Blog http://blog.redmine.jp/articles/new-feature-1_4/manage-issue-relations/
  12. 12. 【例】プロセス保証とチケット関連図 Copyright2017 akipii@XPJUG関西 12 チケット関連図 | Lychee Redmine https://lychee-redmine.jp/plugin/association-chart/ 本来は、プロセスと成果物を 一瞥できる図が欲しい
  13. 13. Copyright2017 akipii@XPJUG関⻄ 13 【例1】要件と成果物のトレーサビリティマトリクス 第1層チケット(要件) 第2層チケット(機能) 第3層チケット(機能) ・・・ 最下層チケット 成果物 用語集を作りたい xx画面 登録 ・・・ 画面作成 ソースX1 yy画面 参照 ・・・ 画面参照 ソースY1 ・・・ 障害1 ソースY1 ・・・ 障害2 なしなしなしなし 用語集を出力したい xx画面 CSV出力 ・・・ タスク1 なしなしなしなし yy画面 PDF出力 ・・・ タスク2 ソースZ2 ・・・ 課題1 なしなしなしなし 機能 xx画面 yy画面 第1層チケット(要件) 登録 参照 CSV出力 PDF出力 登録 参照 CSV出力 PDF出力 用語集を作りたい ○ ○ - - - △△△△ - - 用語集を出力したい - - XXXX ○ - - ○ △△△△ ・・・・・・・ ・・ ・・ ・・ ・・ ・・ ・・ ・・ ・・ 【例】下記のような仕様が考えられる。⇒さらに、Xや△のリンク押下後、該当のチケット一覧に遷移できれば、なお良い。 ○:成果物が完全に揃っている △:成果物はあるが、未対応チケットがある X:成果物そのものが存在しない 【例2】要件と機能のトレーサビリティマトリクス 利⽤シーン: ①リリース直前に、プロジェクトリーダーが成果物の漏れがないか確認する。 ②システム監査時に、品質保証部がプロセス保証の観点で要件漏れがないかを確認する。 利⽤シーン: ①リリース直前に、プロジェクトリーダーが対応漏れがないことを確認する。 ②仕様変更の対応直前に、アーキテクトが影響を受ける箇所を事前に把握し、インパクト分析を⾏う。 Gitの成果物と相互リンクが 無いと、コミット漏れを疑う
  14. 14. 【例】全⽂検索によるトレーサビリティ保証 • キーワードで検索した方が速い場合も多い • 無駄なドキュメントを作るよりも、探す方が速い時もある • ⇒全⽂検索プラグイン(株ククログ)を使う Copyright2017 akipii@XPJUG関西 14 GroongaでRedmineを高速全文検索須藤功平 株式会社クリアコード redmine.tokyo第12回勉強会 2017-05-13 https://www.slideshare.net/kou/redminetokyo12
  15. 15. Redmineの課題とまとめ Copyright2017 akipii@XPJUG関西 15
  16. 16. 実際は、、 現状の運⽤は まだ手探りです Copyright2017 akipii@XPJUG関西 16
  17. 17. Redmineの課題 • 手動の運⽤ルールだけで十分か? • 手動の運⽤ルールで、トレーサビリティの正しさを保証できるか? • 運⽤ルールを組織で徹底できるか? • トレーサビリティマトリクスやカバレッジを出⼒したい • 例:リリースごとにカバレッジの時系列の推移を⾒る • 例:工数⾒積や開発規模を⾒る Copyright2017 akipii@XPJUG関西 17
  18. 18. まとめ • トレーサビリティが実現できると、開発者もマネージャもメ リットが増える • 保守フェーズで、本来の要件を探す • システム監査時に、成果物の漏れを事前にチェックする • プロセス保証に使う • Redmineの運⽤で、プロセス保証のトレーサビリティは ある程度カバーできそう • 但し、トレーサビリティに関する機能実装は発展途上 • 理想は、通常のチケット運⽤を元に、トレーサビリティの最新 情報をいつでも出⼒できること Copyright2017 akipii@XPJUG関西 18
  19. 19. copyright2017akipii@XPJUG関西 19 ご清聴 ありがとうございました

×