Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

第14回RxTstudy勉強会『工数管理システムとしてのRedmine』~One Matter, One Ticket #RxTStudy

6,263 views

Published on

RxTStudy #14 「Redmineの未来を考える - 機能・運用・コミュニティ」 - RxTStudy~Redmineとタスクマネジメントに関する勉強会 | Doorkeeper
https://rxtstudy.doorkeeper.jp/events/36338

第14回RxTStudy勉強会「Redmineの未来を考える - 機能・運用・コミュニティ」の感想 #RxTStudy: プログラマの思索
http://forza.cocolog-nifty.com/blog/2016/03/14rxtstudyredmi.html

Published in: Technology
  • Be the first to comment

第14回RxTstudy勉強会『工数管理システムとしてのRedmine』~One Matter, One Ticket #RxTStudy

  1. 1. 第14回RxTstudy 『⼯数管理システムとしての Redmine』 2016/3/5 あきぴー@RxTStudy Copyright2016 akipii@XPJUG関西 1 〜One Matter, One Ticket
  2. 2. 自己紹介 • ハンドルネーム:@akipii • 出版した著書 • 「Redmineによるタスクマネジメント実践技法」 (with 阪井さん) • 「チケット駆動開発」 (with 阪井さん) • 「Redmine超入門」(with redmine.tokyoスタッフ) • 「Redmine 実践ガイド」 (with (株)アジャイルウェア) Copyright2016 akipii@XPJUG関西 2
  3. 3. Agenda • 問題提起とその背景 • Redmine導入前の問題点 • Redmineの運用イメージ • 運用 • 評価・課題 Copyright2016 akipii@XPJUG関西 3
  4. 4. 問題提起とその背景 • 顧客へ実費請求する為の作業明細の作成に手間取る • システム企画や要件定義フェーズの準委任案件 • 作業内容に整合性が取れないと、請求できない • ⼩粒で数多くのシステム保守案件で、毎⽉末に作業明 細を作成するのが大変 • 保守案件の請求額は⼩さくても、管理作業の大変さは変わら ない • ⼯数委託社員の請求書を毎⽉末に照合するのに手間 取る • 勤怠管理やスケジュール表と照合する作業がある • 社内の⽉次締めに関わるため、手早く終わらせる必要あり Copyright2016 akipii@XPJUG関西 4
  5. 5. Redmine導入前の問題点 • ExcelやAccessで、メンバーの作業実績管理を⾏ うのが大変 • メンバーに⽉末までに必ず入⼒してもらう • 作業実績が最新であるか、逐一確認する • 実績⼯数を人別・タスク別・日別に集計し直す Copyright2016 akipii@XPJUG関西 5 ExcelやAccessでは、いつもの問題点が出てくる ・共同編集しにくい ・ファイルが壊れやすい ・ファイルが肥大化しやすい ・ファイルの履歴管理が煩雑になる Redmineで実績工数管理してみよう!
  6. 6. Redmineの運用イメージ Copyright2016 akipii@XPJUG関西 6 Redmineへ予定⼯数・実績⼯数 の情報を集約する チケット(予定工数) チケット(実績工数) 作業作業作業作業実績実績実績実績 報告報告報告報告 出力 登録 更新 リーダーリーダーリーダーリーダー
  7. 7. 【運用①】 One Matter, One Ticket • 1チケット=1作業 (One Matter, One Ticket) • チケットに実績⼯数を入⼒するように運用する Copyright2016 akipii@XPJUG関西 7
  8. 8. 【補足】親⼦チケットで粒度を変える • PLや顧客の観点は、親チケットで登録する • メンバーの観点は、作業単位で⼦チケットを登録する Copyright2016 akipii@XPJUG関西 8 ・顧客 本番障害 対応 QA パッチ デグレ対応 Aさん Bさん 実績⼯数実績⼯数(自動集計)
  9. 9. 【運用②】WorkTimeプラグインを使う Copyright2016 akipii@XPJUG関西 9 ⽉間⼯数表で⼯数表示、 日毎⼯数で⼯数入⼒できる ユーザ別・日別・チケット別に CSV出⼒できる
  10. 10. 【補足】⼯数に作業分類を付ける Copyright2016 akipii@XPJUG関西 10 管理画⾯から作業分類 を設定 プロジェクト設定画⾯から 使用する項目にチェック
  11. 11. 【運用③】レポート機能で⼯数明細を出⼒ Copyright2016 akipii@XPJUG関西 11 レポート画⾯で、実績⼯数の 明細を表示・更新・出⼒可能
  12. 12. 【補足】チケット一覧で合計の実績⼯数を表示 Copyright2016 akipii@XPJUG関西 12 ⼦チケットの予定⼯数・実績⼯ 数の合計を、親チケットの⼯数 として表示できる
  13. 13. 結果は Copyright2016 akipii@XPJUG関西 13 上手く 運用できていません (今の所)
  14. 14. 【課題①】⼯数の⼆重入⼒が発⽣ ① Redmineへ作業単位の実績⼯数の入⼒ ② 社内の勤怠管理システムへ勤務実績の入⼒ • 勤怠⼯数と実績⼯数の整合性を取るのが⾯倒 • 管理者は、⽉末にメンバーの実績⼯数を照合&一括修正したい Copyright2016 akipii@XPJUG関西 14 Redmine 勤怠人事 システム 当月工数CSV CSV出力 ⼯数の⼆重入⼒ が発⽣! 実績⼯数CSV(日別・ ユーザ別・チケット別)を一 括インポートできない
  15. 15. 【補足】チケットのCSVインポート(Ver3.2) Copyright2016 akipii@XPJUG関西 15 Ver3.2では、予定⼯数・実績 ⼯数をCSVインポートできない (但しVerUpで仕様変更の可 能性あり)
  16. 16. 【補足】実績⼯数の更新はREST APIを使う Copyright2016 akipii@XPJUG関西 16 但し、times_entry.xmlを POSTすれば解決可能
  17. 17. 【課題②】親⼦チケットの⼯数入⼒が⾯倒 • 作業明細の粒度は、どのレベルにすべきか? • 顧客へ提出する作業は、粒度は中〜大くらい • メンバーの作業は、詳細レベルなので、粒度が違う • 予定⼯数を入れると、実績⼯数と1対Nになるので管理しづらい Copyright2016 akipii@XPJUG関西 17 ・顧客 本番障害 対応 QA パッチ デグレ対応 Aさん Bさん 予定⼯数 実績⼯数
  18. 18. 【課題③】⽉次締めの概念がない • ⽉次の⼯数締めが実現できていない • 前⽉に確定した実績⼯数が修正できてしまう • ⼯数修正の履歴が残らない • ⼯数締後、社内の勤怠管理システムと⼯数データが連動する 必要あり Copyright2016 akipii@XPJUG関西 18 N月 作業報告 N月 N+1月 N+1月 作業報告 工数変更可 工数変更不可工数変更不可工数変更不可工数変更不可 にしたい!にしたい!にしたい!にしたい! 工数変更可
  19. 19. 【課題④】その他 • ⽉をまたいだチケットの⼯数集計は問題ないか? • 日別の作業明細を出⼒すれば問題ない • チケット一覧の実績⼯数合計は、⽉またぎで表示される ので注意 • 作業分類はどのように使えばよいか? • 管理者としては、メトリクス集計に使いたい • しかし、増やし過ぎると、入⼒が⾯倒になる • 管理者はこだわり過ぎない方が無難 Copyright2016 akipii@XPJUG関西 19
  20. 20. 【評価】⼯数管理システムのRedmine Copyright2016 akipii@XPJUG関西 20 評価の観点 結果 対策 効果 ⼯数データ の入⼒ ○ ・WorkTime画⾯で⼯数入⼒ ・リーダーは定期的にWorkTime 画⾯から⼯数チェック ・ユーザ別、日別、タスク別に 入⼒しやすい ・当⽉の作業を一覧で⾒れる のが良い ⼯数データ の精度 △ ・1チケット=1作業 (One Matter, One Ticket) ・日々の実績⼯数を入⼒ ・親⼦チケットの作業管理は 運用可能 ・親⼦チケットの⼯数入⼒が ⾯倒 ⼯数集計 △ ・レポート画⾯から⼯数明細を出⼒ ・チケット一覧で合計⼯数表示 ・作業分類ごとに⼯数集計可 ・勤怠⼯数と照合し辛い ・⽉次締め後、前⽉度の実績 ⼯数を修正不可にできない ・⽉末に⼯数の一括修正&一 括インポートの手間がかかる 運用上の課題運用上の課題運用上の課題運用上の課題を解決する必要ありを解決する必要ありを解決する必要ありを解決する必要あり
  21. 21. copyright2016akipii@XPJUG関西 21 ご清聴 ありがとうございました
  22. 22. copyright2016 akipii@XPJUG関西 22 【独り言】 Redmineを LinuxやRubyのような 永続的なOSSコミュニティにしたい

×