Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
   で
きれいな図を書こう
@y_system
2014年6月8日
KETpic v4.2.2 ltd コマンド一
for R
いての注意
込みには次を実行する.
/work/ketpic.Rdata”)  (C:/work/は作業フォルダ名...
このスライドは
統計解析ソフトR で     を使って,TEXの作図を
美しくしようというもの
どんなに頑張ってもRのplotでは限界がある!
Rではexpression関数で数式表現はサポートされてま
すが…見た目は美しくない…
2
2
KE...
about:
教科書のようなきれいな図をTEXに
図の中の記号や数式も本文と同じ見た目
図をわかりやすく!
3
KETpic v4.2.2 ltd コマン
for R
R についての注意
KETpic の読込みには次を実行する.
load(”C...
about:
TEXには数値計算の十分な機能はないので解析ソフト
などで計算を行う
Rの上でKETpic関数を利用してTEX用の作図を得ると
いうもの
4
KETpic v4.2.2 ltd コマン
for R
R についての注意
KETpic...
準備
TeXとRは既にインストールしてあると思うので,
必要なのは,
• Rの関数が定義されたファイル
• TeXのスタイルファイル
このファイルがないと始まらない!
5
まず,公式サイトに行きましょう
まず http://ketpic.com/ にアクセスし,
ダウンロードをクリック
6
RのファイルのDownload
Rを選択
7
RのファイルのDownload
ketpicR_4_3_1_ltd01.zip (現バージョン)
をダウンロード.
8
TeXのスタイルファイルのDownload
1つ前に戻ってtexmacroをクリック
9
TeXのスタイルファイルのDownload
ketpicsty131009.zip
    と
ketslide100920F.zip
をダウンロード
10
それぞれ解凍しましょう
さきほどダウンロードしたファイルをダブルクリック
などで解凍してあげましょう
11
解凍したら…
こんなファイル構成にしましょう.
今回はstyのインストールはしません.
12
どこかのフォルダ
あなたのtexファイル
ketpic.sty
ketpicフォルダ
ketpic_ltd.Rdata
作成した図ファイル
作図データをつくろう
ketpic_ltd.Rdata をダブルクリックしてRを
起動します.
(既に起動済みの方はDrag&Dropなどで)
13
作図データをつくろう
このコードをRで実行してみよう
14
Ketinit()
Setwindow(c(-0.5,1.5),c(-0.5,2.5))
G=Plotdata('2*x','x=c(0,1)')
Gv=Listplot(c(1,0)...
作図データをつくろう
このコードをRで実行してみよう
Ketinit()
Setwindow(c(-0.5,1.5),c(-0.5,2.5))
G=Plotdata('2*x','x=c(0,1)')
Gv=Listplot(c(1,0),c(...
TeX に図を挿入しよう
先ほど「2x.tex」が作成されたと思うので,
本文となるtexファイルをketpic.styと同じフォルダに
つくりましょう.
16
TeX のソース
ketpic と graphicx は必須!
figure 環境の中にinputコマンドで先ほどの作図を入
れる.
17
documentclass[12pt]{jsarticle}
usepackage{ketpic}
use...
コンパイル
こんなPDFが出力されたと思います!
!
!
!
!
!
!
!
次のページで解説
18
(1, 2)
f(x) = 2x(0 < x < 1)
1 x
f(x)
O
図 1 f(x) = 2x(0 < x < 1) のグラフ
1
コードの解説
Ketinit()
Setwindow(c(-0.5,1.5),c(-0.5,2.5))
G=Plotdata('2*x','x=c(0,1)')
Gv=Listplot(c(1,0),c(1,2))
SEG1=Listplot(...
Code for generating values
20
#	 領域の初期化

Ketinit()
#	 作図領域の指定

Setwindow(c(-0.5,1.5),c(-0.5,2.5))
#	 関数系のデータ作成

G=Plotdata...
Code for extracting the TeX source
21
#	 書き出すファイルの指定

Openfile(“2x.tex")
#	 拡大率の設定(図の1が何mmなのか)

Beginpicture(‘20mm')
#	 先ほ...
Code for extracting the TeX source
22
#	 領域の図示

#	 Hatchdata(	 領域の内外,領域の指定:閉曲線や曲線の上下の指定,

#	 	 	 	 	 	 	 	 	 	 	 	 	 	 斜線の...
他にも色々できます
ketpicR_4_3_1_ltd01.zip の中の referenceR4_3_1_ltd.pdf
に様々な関数の説明が書いてあります.
23
2014 年 1 月 2 日
KETpic v4.3.1 ltd コマンド一...
作成例
三乗根
Ketinit()
Setwindow(c(-1.5,1.5),c(-1.5,1.5))
x=seq(0,2*pi,.01)
G=matrix(c(cos(x),sin(x)),length(x),2)
!
Windisp(G)
Ope...
Bibliography
CASTEX応用研究会(2011), 『KETpicで楽々TEX
グラフ』, イーテキスト研究所.
Y. Maeda & M. Kaneko (2013). “Making math
textbooks and mat...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

KETpic できれいな図を書こう

2,143 views

Published on

KETpic を使って TeX に教科書のようなきれいな図を挿入しようというお話です.
KETpic では3次元のものだとか細かい機能が定義されていますが,簡単な作図を用いてこのスライドでは解説していきます.

Published in: Design
  • Login to see the comments

KETpic できれいな図を書こう

  1. 1.    で きれいな図を書こう @y_system 2014年6月8日 KETpic v4.2.2 ltd コマンド一 for R いての注意 込みには次を実行する. /work/ketpic.Rdata”)  (C:/work/は作業フォルダ名) ィレクトリの変更は setwd(”c:/work”) (1, 2) f(x) = 2x(0 < x < 1) 1 x f(x) O
  2. 2. このスライドは 統計解析ソフトR で     を使って,TEXの作図を 美しくしようというもの どんなに頑張ってもRのplotでは限界がある! Rではexpression関数で数式表現はサポートされてま すが…見た目は美しくない… 2 2 KETpic v4.2.2 ltd コマンド一覧 for R PD 1 R についての注意 1. KETpic の読込みには次を実行する. load(”C:/work/ketpic.Rdata”)  (C:/work/は作業フォルダ名) ※ ディレクトリの変更は setwd(”c:/work”) 2. 文字列は  ”(ダブル)で囲む ※ 文字列の中に文字列を入れるときは ’ と ” を入れ子に使う. 3. 関数などを引数とするときは,文字列とする. 例)G<- Plotdata( ”x^2”, ”x=c(0,1)”) 4. (バックスラッシュ)を出力するには2つ並べてかく. 5. 注釈は # 6. 数と文字列の変換 as.character(数) f(x)=x 2
  3. 3. about: 教科書のようなきれいな図をTEXに 図の中の記号や数式も本文と同じ見た目 図をわかりやすく! 3 KETpic v4.2.2 ltd コマン for R R についての注意 KETpic の読込みには次を実行する. load(”C:/work/ketpic.Rdata”)  (C:/work/は作業フォルダ名) ※ ディレクトリの変更は setwd(”c:/work”) 文字列は  ”(ダブル)で囲む ※ 文字列の中に文字列を入れるときは ’ (1, 2) f(x) = 2x(0 < x < 1) 1 x f(x) O
  4. 4. about: TEXには数値計算の十分な機能はないので解析ソフト などで計算を行う Rの上でKETpic関数を利用してTEX用の作図を得ると いうもの 4 KETpic v4.2.2 ltd コマン for R R についての注意 KETpic の読込みには次を実行する. load(”C:/work/ketpic.Rdata”)  (C:/work/は作業フォルダ名) ※ ディレクトリの変更は setwd(”c:/work”) 文字列は  ”(ダブル)で囲む ※ 文字列の中に文字列を入れるときは ’ R TeX 図ファイル .texの作成 KETpic 関数 KETpic スタイルファイル (1, 2) f(x) = 2x(0 < x < 1) 1 x f(x) O 1 f(x) = 2x(0 < x < 1) f(x) = x2 (0 < x < 1) f(x)
  5. 5. 準備 TeXとRは既にインストールしてあると思うので, 必要なのは, • Rの関数が定義されたファイル • TeXのスタイルファイル このファイルがないと始まらない! 5
  6. 6. まず,公式サイトに行きましょう まず http://ketpic.com/ にアクセスし, ダウンロードをクリック 6
  7. 7. RのファイルのDownload Rを選択 7
  8. 8. RのファイルのDownload ketpicR_4_3_1_ltd01.zip (現バージョン) をダウンロード. 8
  9. 9. TeXのスタイルファイルのDownload 1つ前に戻ってtexmacroをクリック 9
  10. 10. TeXのスタイルファイルのDownload ketpicsty131009.zip     と ketslide100920F.zip をダウンロード 10
  11. 11. それぞれ解凍しましょう さきほどダウンロードしたファイルをダブルクリック などで解凍してあげましょう 11
  12. 12. 解凍したら… こんなファイル構成にしましょう. 今回はstyのインストールはしません. 12 どこかのフォルダ あなたのtexファイル ketpic.sty ketpicフォルダ ketpic_ltd.Rdata 作成した図ファイル
  13. 13. 作図データをつくろう ketpic_ltd.Rdata をダブルクリックしてRを 起動します. (既に起動済みの方はDrag&Dropなどで) 13
  14. 14. 作図データをつくろう このコードをRで実行してみよう 14 Ketinit() Setwindow(c(-0.5,1.5),c(-0.5,2.5)) G=Plotdata('2*x','x=c(0,1)') Gv=Listplot(c(1,0),c(1,2)) SEG1=Listplot(c(0,0),c(1,0),c(1,2)) Windisp(G) Openfile("2x.tex") Beginpicture('20mm') Drwline(G,2) Drwline(Gv,0.5) Setax("a0.5","x","s2","f(x)","w","O","nw") Expr(c(1,2),"w","(1,2)") Expr(c(1.3,2.4),"e","f(x)=2x (0<x<1)") Expr(c(1,0),"es2","1") GH=Hatchdata(list('ii'),list(SEG1,'n'),list(G,'s'),-45,0.5) Drwline(GH,0.5) Endpicture(1) Closefile()
  15. 15. 作図データをつくろう このコードをRで実行してみよう Ketinit() Setwindow(c(-0.5,1.5),c(-0.5,2.5)) G=Plotdata('2*x','x=c(0,1)') Gv=Listplot(c(1,0),c(1,2)) SEG1=Listplot(c(0,0),c(1,0),c(1,2)) Windisp(G) Openfile("2x.tex") Beginpicture('20mm') Drwline(G,2) Drwline(Gv,0.5) Setax("a0.5","x","s2","f(x)","w","O","nw") Expr(c(1,2),"w","(1,2)") Expr(c(1.3,2.4),"e","f(x)=2x (0<x<1)") Expr(c(1,0),"es2","1") GH=Hatchdata(list('ii'),list(SEG1,'n'),list(G,'s'),-45,0.5) Drwline(GH,0.5) Endpicture(1) Closefile() 15 データの 作成 作図TeX 書き出し 細かいコードの説明は後で
  16. 16. TeX に図を挿入しよう 先ほど「2x.tex」が作成されたと思うので, 本文となるtexファイルをketpic.styと同じフォルダに つくりましょう. 16
  17. 17. TeX のソース ketpic と graphicx は必須! figure 環境の中にinputコマンドで先ほどの作図を入 れる. 17 documentclass[12pt]{jsarticle} usepackage{ketpic} usepackage{graphicx} usepackage{float} begin{document} begin{figure}[H] centering input{ketpic/2x.tex} caption{$f(x)=2x (0<x<1)$のグラフ} end{figure} end{document}
  18. 18. コンパイル こんなPDFが出力されたと思います! ! ! ! ! ! ! ! 次のページで解説 18 (1, 2) f(x) = 2x(0 < x < 1) 1 x f(x) O 図 1 f(x) = 2x(0 < x < 1) のグラフ 1
  19. 19. コードの解説 Ketinit() Setwindow(c(-0.5,1.5),c(-0.5,2.5)) G=Plotdata('2*x','x=c(0,1)') Gv=Listplot(c(1,0),c(1,2)) SEG1=Listplot(c(0,0),c(1,0),c(1,2)) Windisp(G) Openfile("2x.tex") Beginpicture('20mm') Drwline(G,2) Drwline(Gv,0.5) Setax("a0.5","x","s2","f(x)","w","O","nw") Expr(c(1,2),"w","(1,2)") Expr(c(1.3,2.4),"e","f(x)=2x (0<x<1)") Expr(c(1,0),"es2","1") GH=Hatchdata(list('ii'),list(SEG1,'n'),list(G,'s'),-45,0.5) Drwline(GH,0.5) Endpicture(1) Closefile() 19 データの 作成 作図TeX 書き出し
  20. 20. Code for generating values 20 # 領域の初期化 Ketinit() # 作図領域の指定 Setwindow(c(-0.5,1.5),c(-0.5,2.5)) # 関数系のデータ作成 G=Plotdata(‘2*x','x=c(0,1)') # 線分データの作成 Gv=Listplot(c(1,0),c(1,2)) # 線分データの作成(頂点3つ以上で領域の作成) SEG1=Listplot(c(0,0),c(1,0),c(1,2)) データの 作成 ここまでがデータ座標データなどの準備
  21. 21. Code for extracting the TeX source 21 # 書き出すファイルの指定 Openfile(“2x.tex") # 拡大率の設定(図の1が何mmなのか) Beginpicture(‘20mm') # 先ほど設定した線の書き出し Drwline(G,2) # y=2x Drwline(Gv,0.5) # 線分 # 軸関連の設定 # Setax(軸の形状,横軸名,横軸名の位置,縦軸名,縦軸名の位置, # 原点名,原点の位置) # a0.5 とすると線幅を指定できる Setax(“a0.5”,"x","s2","f(x)","w","O","nw") # 座標に文字を書き入れる # Expr(座標, 東西南北, TeXの数式表現) Expr(c(1,2),"w","(1,2)") Expr(c(1.3,2.4),"e","f(x)=2x (0<x<1)") Expr(c(1,0),”es2","1") # es2とすると右下の下 作図TeX 書き出し 続く 1/2
  22. 22. Code for extracting the TeX source 22 # 領域の図示 # Hatchdata( 領域の内外,領域の指定:閉曲線や曲線の上下の指定, # 斜線の向き,線幅 ) GH=Hatchdata(list(‘ii'),list(SEG1,'n'),list(G,'s'),-45,0.5) # 描画 Drwline(GH,0.5) # 作図終了の宣言 # 1で座標軸を書く,0で書かずに終了. Endpicture(1) # Rでのファイル書き出しの終了の宣言. Closefile() 作図TeX 書き出し 2/2
  23. 23. 他にも色々できます ketpicR_4_3_1_ltd01.zip の中の referenceR4_3_1_ltd.pdf に様々な関数の説明が書いてあります. 23 2014 年 1 月 2 日 KETpic v4.3.1 ltd コマンド一覧 for R PD プロットデータ 1 R についての注意 1. KETpic の読込みには次を実行する. load(”C:/work/ketpic.Rdata”)  (C:/work/は作業フォルダ名) ※ ディレクトリの変更は setwd(”c:/work”) 2. 文字列は  ”(ダブル)で囲む ※ 文字列の中に文字列を入れるときは ’ と ” を入れ子に使う. 3. 関数などを引数とするときは,文字列とする. 例)G<- Plotdata( ”x^2”, ”x=c(0,1)”) 4. (バックスラッシュ)を出力するには2つ並べてかく. 5. 注釈は # 6. 数と文字列の変換 as.character(数) as.numeric(文字列) eval(parse(text=文字列))) sprintf(書式, 数) 書式付き文字列 7. 異なる型のデータからリストを作るには list を用いる. 作成    L<- list(... , ... ); 取り出し  A<- L[[i]] 部分リスト  L[V] (V はベクトル) 置き換え  L[[i]]<- ... 長さ    length(L)
  24. 24. 作成例
  25. 25. 三乗根 Ketinit() Setwindow(c(-1.5,1.5),c(-1.5,1.5)) x=seq(0,2*pi,.01) G=matrix(c(cos(x),sin(x)),length(x),2) ! Windisp(G) Openfile("omega.tex") Beginpicture('2cm') Dashline(G,1) ! Setax("a0.7","rm Re","s0.7","rm Im","w","O","sw") Expr(c(1,0),"es2","1") Expr(c(cos(2*pi/3),sin(2*pi/3)),"wn","-displaystylefrac{1}{2}+frac{sqrt{3}}{2}i") Expr(c(cos(4*pi/3),sin(4*pi/3)),"ws","-displaystylefrac{1}{2}-frac{sqrt{3}}{2}i") Drwxy() Setpt(5) Drwpt(c(1,0),1) Drwpt(c(cos(2*pi/3),sin(2*pi/3)),1) Drwpt(c(cos(4*pi/3),sin(4*pi/3)),1) Endpicture(0) Closefile() 1 − 1 2 + √ 3 2 i − 1 2 − √ 3 2 i Re Im O 1
  26. 26. Bibliography CASTEX応用研究会(2011), 『KETpicで楽々TEX グラフ』, イーテキスト研究所. Y. Maeda & M. Kaneko (2013). “Making math textbooks and materials with TEX+KETpic +hyperlink”, The 34th Annual Meeting of the TeX Users Group. 26 [1] [2]

×