Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

20150304 foodex

191 views

Published on

Japan food culture, we support F&B franchisor in Japan to expand their business to overseas.

Published in: Food
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

20150304 foodex

  1. 1. Japan food culture pte ltd. 2015/3/4 「世界に誇る日本食を輸出産業へ」
  2. 2. 弊社につきまして:1 2005年1月より10年間、ウェブサイト/イベントの運営を通じて 国内フランチャイズ本部と加盟者をマッチングしてきました 出展100社 来場4,500名の大 規模FCイベントを 年6回主催
  3. 3. 弊社につきまして:2 140社超の国内有力FC本部との緊密な関係 国内No.1フラン チャイズポータル サイト「フランチャ イズ比較ネット」を 運営 各国より多数の「たも屋」加盟希望問合せ シンガポールで 海外FC本部として 讃岐うどん「たも屋」を 3店舗運営 出展100社 来場4,500名の大 規模FCイベントを 年2回主催
  4. 4. 会社概要 会社名:Japan food culture pte ltd. URL: http://japanfoodculture.com/ 代表者:古閑 昭彦 設立:2012年8月 所在地: 137 Telok Ayer Street #05-07, SINGAPORE 068906 資本金: SGD 650,000 従業員:30名(シンガポール、日本合計。パートタイマー含む)
  5. 5. 本日の内容 1. 弊社事業のご紹介 2. 弊社実績「たも屋」の実例 3. ASEAN市場の魅力と現実
  6. 6. ASEAN各国で日本食は大人気
  7. 7. 日本以外の企業が、日本食ビジネスを積極展開しています
  8. 8. ASEAN諸国で大人気の 日本食! × 言葉の壁、文化の壁 知識の壁、距離の壁 海外に100店舗以上出店して いる日本飲食チェーン数は わずか 9社 日本で飲食は23兆円の 一大産業 海外進出の現状 需給の大幅なギャッ プ =巨大な ホワイトスペース 讃岐うどん「たも屋」シンガポール店の様子
  9. 9. 9 ブランド・知名度 広範なビジネスパートナー 日本での知名度は海外でも活用可能 海外ではゼロからのネットワーク作り ■フランチャイズの強み ■ 海外では、、、 スケールメリットを生かした 仕入れ 翻訳含めローカライズが必要 海外では1店舗からのスタート 言語・移動・費用面で負担大× × × ○ 体系化されたオペレーション 経営サポート 日本国内での強みを海外で活かすのは難しいです。。 海外パートナーとの意思疎通× 日本飲食FCの海外進出が進まない理由 △
  10. 10. 10 フランチャイズビジネスのコアコンピタンス 業態:A 国内では多様な業態を運営する飲食/FC企業は珍しくない 日本飲食FCの海外進出が進まない理由 飲食ビジネスのコアコンピタンス 業態:B 業態:C 業態:D 業態:A 業態:B 業態:C 業態:D
  11. 11. JFC 11 SV機能: • マニュアル作成 • 経営指導 • QSCチェック • 販促施策 • 人材育成指南 開発機能: • 加盟希望社面談 • 合意/契約締結 • 物件情報取得 • 賃貸交渉/契約締結 • 店舗設計施工 FC本部のクラウド化 海外進出特有の条件 • 海外居住 • 英語での交渉力 • 各国でのネットワーク • 各国法制度の知識 • 文化、国民性の理解 ×× 複数FCの本部業務を代行 A社 B社 C社 A社 B社 C社 A社 B社 C社 A社 B社 C社 A社 B社 C社 A社 B社 C社 Japan food culture事業概要
  12. 12. 10店舗以上の展開が可能な法人と提携 収益構造 国内FC本部 JFC 現地パートナー 店舗 店舗 店舗 店舗店舗 店舗店舗 店舗 店舗 店舗 ブランド/レシピ/マニュアル トレーニング/スーパーバイジング 初期投資:3億円 営業利益率:10-30% 回収期間目安 約2年
  13. 13. 2.「たも屋」実績のご紹介
  14. 14. 香川の「たも屋」様と提携し、2013年3月のオープンから9ヵ月で3店舗をオープン 2013年3月:1号店 Liang court店オープン 2013年7月:2号店 Chinatown Point店オープン 2013年12月:3号店 United Square店オープン 実績1:讃岐うどん「たも屋」展開
  15. 15. 0 50,000 100,000 150,000 200,000 250,000 300,000 350,000 SGD CONFIDENTIAL 3店舗合計で 月商約2,500万円 1号店オープン 2号店オープン 3号店オープン 1SGD=82yen 実績2:讃岐うどん「たも屋」3店舗売上
  16. 16. たも屋概要 • 場所:Liang Court SC • オープン日:2013年3月1日 • 店舗面積:34坪(113.7㎡)/56席 • 初期投資:約4,000万円(3,500万円) – 物件:600万円(保証金:400万円) • 保証金は3か月分が相場 • 契約書は物件側が圧倒的に有利な内容 – 店舗工事:2,000万円 • 相場はSFTあたり$150-200 – 厨房機器類:700万円 – その他:300万円
  17. 17. 開店まで(約4ヶ月) 2012/11 •物件視察/条件交渉>出店意思決定 •日本人店長/副店長の募集開始 2012/12 •物件契約 •日本人店長/副店長決定。現地居住物件選定 2013/1 •店長/副店長、本部研修受講(1週間) •中旬に渡航、現地準備開始 •店舗/厨房のデザイン、設計 •食材商社と調達打ち合わせ •人材募集広告出稿 2013/2 •店舗/厨房施工工事 •当局(NEA)届出 •従業員衛生管理資格取得 (店長:フードハイジン/スタッフ/フードハンドラー) •人材採用最高潮 •メニュー/価格設定 •集客用現地メディアと打ち合わせ
  18. 18. Point:人材3 Salary No Total 日本人 統括 $5,000-$7,000 1 $5,000 ローカル 店長 $3,000 1 $3,000 ローカルFT $1,700-$2,500 6 $12,000 ローカルPT $500 4 $2,000 Total 11 $22,000
  19. 19. 営業状況 • 売上:120,000ドル(約1,080万円) • 平均客数:400名(7回転)  平日:300名(5.35回転)  休日:600名(10.07回転) • 客単価:12ドル(1,100円) • 一人当たりトッピング:1.8個 • 客層:ローカル9割、日本人1割 • 営業利益:8%
  20. 20. CONFIDENTIAL マーケティング 運用開始から1年半で 36,000超のファンを獲得 ネットマーケティング力を活かして1年半で日本から の進出飲食最多の36,000超の”いいね!”獲得 弊社の取り組みが日本、シンガポールのテレビでも紹介されました NHK「おはよう日本」 Mediacorp「Channel news Asia」
  21. 21. Point:採用媒体 • Jobstreet.com • The straits times • Gum Tree • World post
  22. 22. 3.ASEAN市場の魅力
  23. 23. 0% 20% 40% 60% 80% 100% 120% 140% 160% 180% 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019 2020 2021 2022 2023 2024 2025 2026 2027 2028 2029 2030 ASEANと日本の経済規模予測 現在はASEAN各国の合計で日本の半分。しかし数年で日本がもう一つ出現する そして、15年後には日本約2つ分のマーケットが現出 マーケットデータ① 日本 2030年には ASEANのGDP合計が 日本の1.7倍に いまこ こ 出典:日経ビジネス
  24. 24. ASEAN市場について 人口 名目GDP 1人当たりGDP: 全国 1人当たりGDP: 主要都市 シンガポール 518万人 21兆円 406万円 406万円 インドネシア 2億3,764万人 67兆6,000億円 28万円 95万円 タイ 6,408万人 28兆円 44万円 105万円 マレーシア 2,855万人 22兆6,000億円 82万円 157万円 フィリピン 9,586万人 18兆2,000億円 18万円 55万円 ベトナム 8,784万人 10兆円 11万円 30万円 ミャンマー 6,062万人 3兆8,700億円 6万円 16万円 カンボジア 1,340万人 9,400億円 6万円 14万円 ラオス 639万人 5,230億円 10万円 15万円 合計 5億8,000万人 約170兆円 日本 1億2,800万人 468兆円 366万円
  25. 25. 58 41 66 41 45 67 35 45 24 50 52 27 3 11 5 5 2 0 4 3 5 4 1 6 0 20 40 60 80 100 タイ マレーシア シンガポール インドネシア ベトナム フィリピン 大好き 好き 嫌い 大嫌い とても親日なASEAN諸国 各国の約9割が日本を「大好き」、「好き」と回答 事業環境は大変良好です 親日度 アウンコンサルティング株式会社調査より(2012/11)
  26. 26. 各国のポイント • シンガポール • マレーシア • フィリピン • インドネシア • ベトナム – 賃料 – 人件費 – 客単価目安 – 特徴 – ラーメン
  27. 27. ご支援概要 物件 届出 会社設立 銀行口座開設 会社登記 物件情報収集 土地勘・相場観 契約内容交渉 ビザ申請 衛生関連資格取得(店舗/従業員) 人材 現地求人広告媒体選定 広告内容作成・出稿 面接/採用 雇用契約書作成 集客 現地広告媒体選定 広告内容作成・出稿 食材調達 商社選定 見積り・交渉 発注 住居探し・契約(日本人用) デザイン会社選定 厨房機器見積り・発注 内外装施工交渉・発注 海外 進出
  28. 28. さいごに:ASEAN進出の魅力 • 親日家が多い。”From Japan”に価値を感じている • 日本に比べて格段に低い法人税率 • 安い人件費(シンガポールを除く) • 本格日本食はまだ少ない • 高い経済成長見込み 国名 法人税率 シンガポール 17% マレーシア 25% タイ 20% インドネシア 25% ベトナム 25%
  29. 29. (本当に)最後に 是非、一度“行って見てみる“ことをおすすめします!

×