Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Contents2007 13

7,641 views

Published on

  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

Contents2007 13

  1. 1. 恋愛至上主義の呪縛 <ul><li>メディアとコンテンツ⑬ </li></ul>『私をスキーに連れてって』 スキー場でのボーイ・ミーツ・ガール
  2. 2. 『私をスキーに連れてって』 <ul><li>1987 年 </li></ul><ul><li>ホイチョイプロダクション </li></ul><ul><li>スキー人口 </li></ul><ul><ul><li>87 年・ 1230 万人 </li></ul></ul><ul><ul><li>93 年・ 1770 万人 ( ピーク ) </li></ul></ul><ul><ul><li>04 年・ 760 万人 </li></ul></ul>
  3. 3. バブルの歌姫―松任谷由実 <ul><li>『 SURF & SNOW 』 (1980) </li></ul><ul><li>恋人はサンタクロース </li></ul><ul><li>サーフ天国、スキー天国 </li></ul><ul><li>恋愛至上 ( 商品 ) 主義ソング </li></ul><ul><li>都市の若者 ( 女性 ) の心象風景をダンボの耳で表現 </li></ul>
  4. 4. バブルの歌姫―松任谷由実 ほぼ年 1 作のアルバム発売。 88 ~ 95 年はミリオン 最高は『 THE DANCING SUN 』 (94) の 217.2 万枚
  5. 5. A Happy New Year 二回目のスキー旅行で、 二人は恋におちましたとさ。
  6. 6. メリトクラシーの貫徹 <ul><li>'79 年 1 月 大学入試共通一次試験 </li></ul><ul><li>偏差値など “見える学力” だけが人間の価値を計る唯一の尺度 ? </li></ul><ul><li>差異化への偏執 ( パラノイア ) </li></ul><ul><li>親の世代も子どもを通じた社会的上昇への過剰な圧力 ( 右肩上がり幻想 ) </li></ul><ul><li>80 年代の“流行語”は 「落ちこぼれ」 </li></ul>
  7. 7. 家庭戦争 <ul><li>『積木くずし 親と子の 200 日戦争』 ('83/2/15-3/29/ 全 7 回 ) TBS, 平均 35.7 %最終回 45.3 % ( テレビドラマ〈一般〉歴代 1 位 ) </li></ul>平均は 10 回以上という条件が加わり, 『 HERO 』 ( 木村拓哉 ) が 34.2 %で 1 位
  8. 8. 共同性の基盤脆弱化 <ul><li>少年期->青年期の「共同性」の基盤だったはずの家庭と学校の共同性が「フェイク」であることが露呈 </li></ul><ul><li>70 年代の地域社会の崩壊に次ぐ,共同性の脆弱化 </li></ul><ul><li>「共同性」の基準はメディアが提供 </li></ul>
  9. 9. 果てしなき差異化の戯れ <ul><li>「 ネアカ / ネクラ 」 ('82) </li></ul><ul><li>「 ナウい / ダサイ 」 (??) </li></ul><ul><li>「 マル金 / マルビ 」 ( 金持ち / 貧乏人 ) という究極の差異化 ( 神足裕司 + 渡辺和博『金魂巻』 '84) </li></ul><ul><li>ナウくてネアカな拝金主義 </li></ul><ul><li>同調圧力と差異化強迫観念 </li></ul>
  10. 10. 消費文化の十年 <ul><li>田中康夫 ( ‘ 56) 『 なんとなく、クリスタル 』 ( ’ 81)-> 記号的差異を求める消費 </li></ul><ul><li>財貨の蕩尽,金銭的能力の誇示,ブランド消費による「趣味の良い人」軍団 </li></ul><ul><li>「ダサいやつらに差をつけろ ! 」 </li></ul>
  11. 11. 「欲望」のメカニズム <ul><li>① メディアなどを通じてブランドそのものを認知させ,欲望を生み出す </li></ul><ul><li>② 消費・衒示を通じて他者の羨望をかきたて,自己の優位性と同一性 ( 高感度人間の一員 ) を確認 </li></ul><ul><li>( 他者が欲しがらないものは所有する意味がない。他者の欲求を常に模倣・学習・確認する必要がある ) </li></ul>
  12. 12. 細部 ( ディテール ) へのこだわり <ul><li>ブランド消費で差異化を図るには,さらに 細部にこだわる 必要がある </li></ul><ul><li>ブランド品,音楽など文化全般の細部へのマニアックな執着 </li></ul><ul><li>東京の高偏差値層でまず現れ,徐々に周辺 ( 地方・中位層 ) に伝播 </li></ul>
  13. 13. 新人類 ('86 年流行語大賞 ) <ul><li>'83 年,浅田彰『構造と力』 </li></ul><ul><li>朝日ジャーナル「若者たちの神々」連載。 カタカナ職業に従事するセンスエリート </li></ul><ul><li>「わけのわからなさ」を自己演出。特異な符号を理解できるセンスある自分と,理解できない「ダサい」周囲 </li></ul>
  14. 14. 『若者たちの神々』 1 ・ 2 巻 <ul><li>浅田彰 糸井重里 藤原新也 </li></ul><ul><li> 坂本龍一 ビートたけし 森田芳光 </li></ul><ul><li> 如月小春 新井素子 日比野克彦 </li></ul><ul><li> 北方謙三 島田雅彦 椎名誠 </li></ul><ul><li>野田秀樹 村上龍 林真理子 戸川純 大竹伸朗 橋本治 三宅一生 山本耀司 鈴木邦男 山下和仁 小栗康平 中島梓 </li></ul>
  15. 15. 真意は揶揄 ? <ul><li>「アイツら何を考えているかさっぱりわからん。まるで『異星人』だ,エイリアンだ,インベーダーだ。とにかくオレたちとは違う人類だ。むしろ昆虫に近い …… 。なるほど。人類じゃない,少なくともこれまでの人類ではない。だったら『新人類』だ」 </li></ul>筑紫哲也編『新人類図鑑 PART1 』 ( 朝日新聞社, 1986 年 )
  16. 16. ポストモダニズム <ul><li>モラトリアムの正当化 ―近代的自我や主体が虚構ならば,アイデンティティの確立は無意味に </li></ul><ul><li>他者の内面への不介入 =やさしさ。相互の不関与を埋めるメディア </li></ul><ul><li>規範 ( 大きな物語 ) の解体と欲望の開放 ―生活の遊戯性 </li></ul>
  17. 17. 恋愛至上 ( 市場 ) 主義 <ul><li>主に若者にとって,恋愛こそが最も重要なテーマだとの認識 </li></ul><ul><li>モテる / モテない が究極の二分法 </li></ul><ul><li>恋愛至上主義を支援するため,産業界とメディアが 恋愛にまつわる / サポートする商品・サービス を提供 ( 恋愛の市場化 ) </li></ul>
  18. 18. 恋愛のマニュアル化 <ul><li>デートの手順,口説き方, </li></ul><ul><li>モテ・ファッションなどを, </li></ul><ul><li>雑誌などがマニュアル化 </li></ul><ul><li>女性の場合は,モテ・メ </li></ul><ul><li>イク術など </li></ul>『 HOT ・ DOG PRESS 』 ( 講談社 ) 恋愛初心者・新参者向け
  19. 19. 恋愛市場 <ul><li>アニバーサリー </li></ul><ul><ul><li>バレンタインデー,クリスマス,誕生日 </li></ul></ul><ul><li>スポーツ </li></ul><ul><ul><li>夏はサーフィン,冬はスキー,春秋はテニス </li></ul></ul><ul><li>飲食 </li></ul><ul><ul><li>カフェ,カフェバーというスタイル </li></ul></ul><ul><li>音楽や映画など“文化市場” </li></ul>
  20. 20. トレンディ・ドラマ <ul><li>恋愛教科書として </li></ul><ul><li>のドラマ </li></ul><ul><li>バブル期の M1 層の </li></ul><ul><li>憧れの具現で,登場 </li></ul><ul><li>人物の生活感は乏しい </li></ul><ul><li>94 年頃までドラマの </li></ul><ul><li>主流 </li></ul>『男女 7 人秋物語』 1987 年 10-12 月・ TBS 明石家さんま・大竹しのぶ 『ロングバケーション』 (96 年 ) が幕引き ?
  21. 21. 恋愛排他主義 <ul><li>恋愛は誰にでも出来そうにみえる ( だって,人間だもの ) </li></ul><ul><li>しかし,マニュアル通りに出来ない者はシステムからはじかれ,取り残される ( という焦燥感 ) </li></ul><ul><li>それをおそれて,見栄を張り,必要以上に相手を愉しませようとする ( 恋愛の非日常性・劇場性 ) </li></ul>
  22. 22. ( 中入 ) 原田知世 16 歳 『時をかける少女』 ( 同名映画EDテーマ ) 一九八三・四・二一 詞・曲:松任谷由実
  23. 23. 授業アンケート <ul><li>科目コード </li></ul><ul><li>19105517 </li></ul>
  24. 24. 恋愛“妄想”主義
  25. 25. 恋愛制御主義 <ul><li>恋愛は誰にでもできる ( 電脳空間の中ならば ( ノ Д`)) </li></ul><ul><li>パラメータとフラグとロジックさえ把握できれば,どんな女の子とも「ときめき」状態で伝説の樹の下だぜ </li></ul><ul><li>現実の恋のために金を使ってムリを重ねる人間は愚かだぜ !! </li></ul>
  26. 26. 恋愛ゲーム ( 主に PC ・ 18 禁 ) <ul><li>おたくは現実の「恋愛ゲーム」からは早々に離脱し,二次元世界へ進出 </li></ul><ul><li>恋愛能力・人間の関係性も数値化・因果分析し,操作できるという信念 </li></ul><ul><li>主に“学園”を舞台とし,理想の少女性を追求するため,多彩な「記号化 ( 類型化 ) された少女」を取り揃える </li></ul><ul><li>もう一つの“恋愛至上主義” </li></ul>
  27. 27. 『天使たちの午後』 (85) <ul><li>JAST ,シャープ X1 </li></ul><ul><li>コマンド入力型 AVG </li></ul><ul><li>学園のヒロインを口説き </li></ul><ul><li>落とすため,複雑な人間 </li></ul><ul><li>関係の海を駆け巡る </li></ul><ul><li>“ ナンパゲーム”を超えた, </li></ul><ul><li>学園青春アドベンチャー </li></ul>ヒロインの 白石由美子
  28. 28. 『きゃんきゃんバニー』 (89) <ul><li>カクテルソフト, PC </li></ul><ul><li>ナンパゲームの頂点。女の </li></ul><ul><li>子の反応を見ながら会話 </li></ul><ul><li>パターンは多く, 1 ヶ所間 </li></ul><ul><li>違えてもバッドエンド。 </li></ul>元祖・妹キャラ,中原唯 ↑ 女子大生,河合麻里奈 ↓ バイク少女,森村美貴 同じことを何度も聞いたり, コマンドを選ばず黙ってい ると好感度が下がる
  29. 29. 『プリンセス・メーカー』 (91) <ul><li>ガイナックス, PC98 </li></ul><ul><li>RPG から育成部分を </li></ul><ul><li>切り出し, 8 年間にわ </li></ul><ul><li>たり,女の子を育てる </li></ul><ul><li>パラメーターが常に </li></ul><ul><li>把握できたら,人生は </li></ul><ul><li>どんなにかラクだろう </li></ul>勉強・アルバイトの内容 で、パラメータが変化
  30. 30. 『同級生』 (92) <ul><li>エルフ, PC9801 </li></ul><ul><li>女の子同士に“関係” </li></ul><ul><li>があり,フラグの立ち方 </li></ul><ul><li>により,ストーリーが変化 </li></ul><ul><li>記号的“女の子像”は </li></ul><ul><li>ほぼ出尽くした ? </li></ul>超お嬢様キャラ,桜木舞 斎藤亜子 田中美沙
  31. 31. 『ときめきメモリアル』 (94) <ul><li>コナミ, PC-Engine </li></ul><ul><li>「こんな高校生活を </li></ul><ul><li>送りたかった」という, </li></ul><ul><li>甘酸っぱいゲーム </li></ul><ul><li>パラメータ制御,選択肢などによるフラグ管理,ミニゲームなどの総合技。しかもフルボイス </li></ul>
  32. 32. 藤崎詩織って,こんな人 ?
  33. 33. 爆弾システム <ul><li>親密度 UP ,風評 DOWN , </li></ul><ul><li>魅力 DOWN という三重背反 </li></ul><ul><li>「風評」で女の子が怒る, </li></ul><ul><li>という爆弾をどう処理 ? </li></ul><ul><li>『ときメモ』をクリアできた </li></ul><ul><li>ところで,現実の恋愛でモ </li></ul><ul><li>テ男になるわけではない </li></ul>藤崎詩織が爆弾状態 全員ときめき。楽勝だぜ !
  34. 34. 『下級生』 (96) <ul><li>エルフ, PC-98 </li></ul><ul><li>「純愛だけど朝帰り」 ( 憂 </li></ul><ul><li>歌団 ) 的な二律背反性 </li></ul><ul><li>「ドスケベだけど,ド純 </li></ul><ul><li>情でド純愛指向」 </li></ul>結城瑞穂 愛と美雪 “ 約束の人”ティナ
  35. 35. 純愛養成ギプス <ul><li>畳の上の水練 ? </li></ul><ul><li>現実逃避 ? </li></ul><ul><li>仮想世界で“経験値”は向上 </li></ul><ul><li>“ 純愛”性癖を養成する装置になったことは間違いない </li></ul><ul><li>脳内は妄想で渦巻くが,現実的行動はピュア->ポスト・バブルの生き方 </li></ul>
  36. 36. 感想文リポート <ul><li>恋愛至上主義,新人類,『私をスキーに連れてって』,恋愛ゲームなど,本日の授業内のトピックについて,何についてでも可 </li></ul><ul><li>200 字程度 </li></ul><ul><li>2008 年 2 月 13 日をリミットとするが, ASAP! で </li></ul>
  37. 37. 最終リポート <ul><li>60 ~ 80 年代のコンテンツ ( 映像・音楽・ゲーム・コミック・小説 … ) を一つあげてその 概要を紹介 し ( 約 50 % ) ,当時の若者はそのコンテンツに どんな意味や意義を見出していたか を推察しなさい ( 約 50 % ) 。 </li></ul><ul><li>分量: 600 字程度 </li></ul><ul><li>〆切: 2 月 13 日 ( 水 )23:59:59 </li></ul><ul><li>提出:電子メール (report@akaokoichi.jp) または個人研究室扉のポスト ( ノック不要 ) </li></ul>

×