Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
1 of 20

TensorFlow勉強会第1回活動報告会「Azureで作るTensorflow環境」

1

Share

Download to read offline

発表日:2016年12月10日
イベント名:TensorFlow勉強会第1回活動報告会
イベントURL:http://aitc.jp/events/20161210-TensorFlow/info.html
タイトル:「Azureで作るTensorflow環境」
発表者:吉田 裕之氏

Related Books

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

Related Audiobooks

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

TensorFlow勉強会第1回活動報告会「Azureで作るTensorflow環境」

  1. 1. Azureで作る Tensorflow環境 先端IT活用コンソーシアム TensorFlow研究会
  2. 2. AGENDA  1. はじめに  1.1 なぜ Azure?  1.2 TensorFlow環境  1.3 補足説明  2. 環境構築  (https://github.com/0-a/tensorflow-introduction)  2.1 事前準備  2.2 TensorFlow導入  3. おわりに
  3. 3. AGENDA  1. はじめに  1.1 なぜ Azure?  1.2 TensorFlow環境  1.3 補足説明  2. 環境構築  (https://github.com/0-a/tensorflow-introduction)  2.1 事前準備  2.2 TensorFlow導入  3. おわりに
  4. 4. 1.1 なぜAzure?  Azureにした動機  自分のPCを汚したくない (Docker, Virtual Private Server)  MSDNライセンスを持っているので、ある程度利用できる (無料試用版あります)  DockerベースのCoreOSのイメージがある( AWSにもあります)  いつでもどこから(スマホ、タブレット)でも使いたい  スケールアップが簡単  (まだ計算量という壁にぶち当たっていませんが、、、)
  5. 5. 1.2 TensorFlow環境  Docker前提のLinux OS(CoreOS)を利用し、さ くっと作ります Mac/Windows VirtualBox Tensorflow Container Docker Linux (CoreOS) Tensorflow Container Linux Docker よくみる 環境 作る 環境
  6. 6. 1.3 補足説明  CoreOS(https://coreos.com/)とは? 耐障害性の高いインフラの構築を目的としたLinuxディストリビューションである軽量かつ使い捨てを前提 にしており,クラウドなアーキテクチャのベストプラクティスを取り入れている  ミニマルなデザイン  容易かつ安全なOSアップデート  Dockerコンテナによるアプリケーションの起動  クラスタリング (http://deeeet.com/writing/2014/11/17/coreos/ から引用) ちなみに、CoreOSのセキュリティ強化版 Rkt (https://coreos.com/rkt/docs/latest/)もあります
  7. 7. AGENDA  1. はじめに  1.1 なぜ Azure?  1.2 TensorFlow環境  1.3 補足説明  2. 環境構築  (https://github.com/0-a/tensorflow-introduction)  2.1 事前準備  2.2 TensorFlow導入  3. おわりに
  8. 8. 2.環境構築  2.1 事前準備  2.1.1 Azure無料試用版の登録  2.1.2 (任意)Azure CLI のインストール  2.1.3 (任意)SSH証明書の作成  2.2 TensorFlow導入  2.2.1 Virtual Machineの作成  2.2.2 TensorFlowのインストール  2.2.3 (任意)TensorBoardの起動  お断り  嵌る箇所がないので、ネタがない!(勉強会的には、物足りないけど、あるべき姿)  前提として、Windows + CLI操作(Azure Portal画面は使いません)  あくまで学習用の一時的な環境(セキュリティ考慮無し)です。。。
  9. 9. 2.1.1 Azure無料試用版の登録  下記サイトから無料登録  https://azure.microsoft.com/ja-jp/offers/ms- azr-0044p/  会社などで、MSDNライセンスを持っていれば、月に、 5,000〜15,000円分使えます。
  10. 10. azure login 2.1.2 Azure CLI のインストール  NodeJSをインストール  https://nodejs.org/en/download/  Azure CLI をインストール  Azure にログイン  認証コードがコンソールに表示されるので https://aka.ms/devicelogin に入力 npm install --global azure-cli
  11. 11. 2.1.3 SSH証明書の作成  Win32-OpenSSHをインストール  https://github.com/PowerShell/Win32- OpenSSH/releases  SSH認証用の鍵を作成 CD /D %OPENSSH_HOME% ssh-keygen -t rsa -f %USERPROFILE%¥.ssh¥tensorflow
  12. 12. 2.2.1 Virtual Machineの作成  月3,000円程度のインスタンス(Basic_A1)を利用  https://azure.microsoft.com/ja-jp/pricing/details/virtual- machines/linux/  Virtual Machine を作成 ポートの設定などをしたい場合は、補足を参照参照してください。 azure vm quick-create ^ --resource-group tfResourceGroup ^ --name tfVMName ^ --location japaneast ^ --os-type Linux ^ --image-urn CoreOS ^ --vm-size Basic_A1 ^ --admin-username tensorflow ^ --ssh-publickey-file %USERPROFILE%¥.ssh¥tensorflow.pub
  13. 13. 2.2.2 TensorFlowのインストール  TensorFlowのコンテナを起動  IPを確認して、Jupyterが起動していることを確認 ssh -l tensorflow -i %USERPROFILE%¥.ssh¥tensorflow %TENSORFLOW_HOST% sudo docker run -d -p 8888:8888 -p 6006:6006 --volume ~/work:/notebooks/work --name tensorflow gcr.io/tensorflow/tensorflow azure vm list-ip-address tfResourceGroup explorer http://%TENSORFLOW_HOST%:8888
  14. 14. 2.2.3 TensorBoardの起動  TensorBoardを起動  IPを確認して、TensorBoardが起動していることを 確認 (TensorBoard とは?については、後続の方に。。。 ) ssh -l tensorflow -i %USERPROFILE%¥.ssh¥tensorflow %TENSORFLOW_HOST% sudo docker exec -i tensorflow tensorboard --logdir=/notebooks/work azure vm list-ip-address tfResourceGroup explorer http://%TENSORFLOW_HOST%:6006
  15. 15. AGENDA  1. はじめに  1.1 なぜ Azure?  1.2 TensorFlow環境  1.3 補足説明  2. 環境構築  (https://github.com/0-a/tensorflow-introduction)  2.1 事前準備  2.2 TensorFlow導入  3. おわりに
  16. 16. 3. おわりに  作って放置は止めましょう  誰かがビットコインを探し始めます。。。  Virtual Machine でポートの設定方法(次ページ参照) (通常のLinuxOSで構築する場合)  ネットワークセキュリティポリシー(送受信ポート)を作成し、ネットワーク インターフェイスに適用してください root 17627 92.5 0.5 359184 9316 ? Sl 11:52 0:28 ./opt/minergate-cli/minergate-cli -user asdfmnyy@hmamail.com -fcn+xmr
  17. 17. 3.おわりに(ポートの設定 1/4)  ネットワークセキュリティグループ(NSG)作成
  18. 18. 3.おわりに(ポートの設定 2/4)  ネットワークセキュリティグループ(NSG)にルール追加
  19. 19. 3.おわりに(ポートの設定 3/4)  ネットワークインターフェイスにNSGを適用
  20. 20. 3.おわりに(ポートの設定 4/4)  ネットワークインターフェイスにNSGを適用

×