Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

AITCオープンラボ 2018年5月度(4)

53 views

Published on

空間OSの設計コンセプトと先端IT

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

AITCオープンラボ 2018年5月度(4)

  1. 1. Copyright © 2015 Advanced IT Consortium to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved. 空間OSの設計コンセプトと先端IT 2018年5月25日 先端IT活用推進コンソーシアム ビジネスAR研究部会 日本総合システム株式会社 中川雅三
  2. 2. Copyright © 2015 Advanced IT Consortium to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved. やばい日本をITで支えたい 2 出典:国立社会保障・人口問題研究所ホームページ (http://www.ipss.go.jp/)
  3. 3. Copyright © 2015 Advanced IT Consortium to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved. BizAR研究会 • Business AR – 広義のAR =人の能力をITで拡張する → Augmented Human • 感じる・知る力 • 実行する力 3 生産人口 労働生産性を向上 老年人口 体力・知力低下を補完して自立 すべて 多様な幸せ・学び
  4. 4. Copyright © 2015 Advanced IT Consortium to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved. こんなことを実現したい • たとえば:住環境制御 – 普段:目立たずにサポート • 主人の生活習慣・体調などをそれとなくセンシング • 人間関係や出入り業者を把握 • 住居や環境の特性を計測 • 世界中から知識を更新 • エアコンなどの機器を制御して最適な環境へ – 少し暑い日にエアコン沈黙 • 故障を検出 : センサーデータ総合判断 • 修理を依頼 : 外部Webサービスへ • 北の窓開けと南のカーテン閉めを主人へ依頼 : 会話 • 主人が忠告を無視する : センサー判断・会話 • 高齢化した主人が危険に気付かないと判断し、適切な人間に相談 (家族、ご近所、契約事業者、民生委員etc..) 4 技術的には できる…
  5. 5. Copyright © 2015 Advanced IT Consortium to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved. でも、できない • 囲い込みビジネスばかり – すべての要素を1企業あるいはグループで実装しなけ れば実現できていない。 • だから… – スマートハウス、ひっこしできない – 10年後に使えるかわからない – 実装すべき分野が多すぎて、1企業1グループでは対 処できない。 – 現場は多様なのに、同じことしかできない。 5
  6. 6. Copyright © 2015 Advanced IT Consortium to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved. 解決策 • ソフトウエア・機器のエージェント化(ロボット 化) • 人々(社会)を構成要素とするアーキテクチャ • コンテキスト共有基盤の提供・インフラ化 • 規格の「だれでも作れる」化 6
  7. 7. Copyright © 2015 Advanced IT Consortium to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved. エージェント • ある仕事をやり続けるロボット 機械の体を持たない場合もあるのでエージェントと呼んでみた。 「温度計」のように小さくて単純なものもある。 – 永続性 常に起動された状態で、何らかの行動を起こす時期を自身で判断する。 – 自律性 実行すべきタスクの選択、優先順位付け、目標に向けた行動、意思決定を人間の手助けなしで行 う機能を持つ。 – 社会性 人間や、他のコンポーネントと何らかの通信や協調をする機能を持ち、1つのタスクを共同で処理す る。 – 反応性 周囲の環境を把握し、その変化に適切に反応する。 • 空調、警備、見守り、掃除、洗濯など、様々なエージェントが、人や他のエージェン トと対話しながらサービスする。 7
  8. 8. Copyright © 2015 Advanced IT Consortium to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved. エージェントの連携 8 環境制御 エアコン 見守り 住人 メンテナンス 業者 センサ エアコンの故障 UI
  9. 9. Copyright © 2015 Advanced IT Consortium to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved. 人々を構成要素とする • エージェントができないことは人に相談・依頼する – 全部機械化しない • 今はできないことがある • しないほうがいいことがある – 黙って止まらない • エラーログ出力しても見る人がいなければ無意味 • UIをつかさどるのもエージェント – 「ユーザ」は多様 • 家族、来客、出入り業者: 対話、メール、… • エージェント派遣元オペレータ: Web受付へポスト、電話、… 9
  10. 10. Copyright © 2015 Advanced IT Consortium to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved. コンテキスト共有のインフラ化 • エージェントが必要とする情報は膨大 – 例:「この部屋のあかりつけてよ」 • 誰が言ってるの? • この部屋って? • 今は昼間で窓があるからカーテン開けたら? • さっき閉めろっていわれたけど? • コンテキスト – その場所・人・もの・エージェントの現状と履歴 – エージェント間で交換する「インテント」 – 上記情報のメタデータ(オントロジー) • インフラ化 – 互換性 – 電気・水道のように、存在することを前提にできる基盤 10
  11. 11. Copyright © 2015 Advanced IT Consortium to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved. 規格の「だれでも作れる」化 • 様々な現場で、様々な業者・行政・ユーザー・ボランティ アが、エージェントを作る・設定する – エージェントが使う語彙を誰でもが作って公開できるように する。 – 自由に作れるようにするために、認定などの手続きは不要 とする。 – でも、そのことが他のエージェントに悪影響を与えないよう にする。 • これまでの規格の作り方は通用しない – 時間がかかる、多様性に対応できない、「業界」が無けれ ばつくれない、… 11
  12. 12. Copyright © 2015 Advanced IT Consortium to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved. 解決のシナリオ • 必然(ほっといてもそうなる) – ソフトウエア・機器のエージェント化(ロボット化) – 人々(社会)を構成要素とするアーキテクチャ • 空間OSによる解決 – コンテキスト共有基盤の提供・インフラ化 – 規格の「だれでも作れる」化 12
  13. 13. Copyright © 2015 Advanced IT Consortium to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved. 空間OS • エージェントのコンテキスト共有基盤 動的RDFストア – WEBサービス(pushもできる) – 黒板モデルとして使える – 「エージェントを実行するメタOS」 • 語彙の作り方の標準化(RDF) – 「単語」の作り方を既存の規格で – 「文」「文章」の作り方はこれからの課題 13
  14. 14. Copyright © 2015 Advanced IT Consortium to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved. 空間OSによる連携 14 環境制御 エアコン 見守り 住人 メンテナンス 業者 センサ エアコンの故障 UI 空間OS 空間OS
  15. 15. Copyright © 2015 Advanced IT Consortium to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved. RDFによるコンテキスト表現 • 任意のグラフ構造を作れる • 独自の名前空間を作れる 規格化された名前空間も同居できる • 問い合わせ言語SPARQLで目的のデータや構 造を探し出すことができる。 15
  16. 16. Copyright © 2015 Advanced IT Consortium to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved. 居間のレターボックスの爪切り 16
  17. 17. Copyright © 2015 Advanced IT Consortium to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved. 空間OS2016 • BIOS、デバイスドライバレベルの実装 – 空間内の機器を連携させる機能拡張RDFストア • 物理ノード – 外部データの変化に値がリアルタイム追従するノード – WebSocketによって » センサーなどからの変化通知を受信 » 制御プログラムなどへ変化通知を送信 » 全履歴の記録 • アクセス権限制御(未実装。実証実験は行った) – すべてのRDFノードに個別にアクセス権限を指定 – Read権限レベル:可、推論のみに可、不可 – Write権限レベル:可、不可 – Apache Fusekiを改造 17
  18. 18. Copyright © 2015 Advanced IT Consortium to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved. デモ • 空間OS 2016の紹介 – 複数の人が、「コンテキスト」へ書き込み – 全員がそれをリアルタイムに観察 – 機械からも値を書き込める – その値で何かが動作する 18 https://aitc2.dyndns.org
  19. 19. Copyright © 2015 Advanced IT Consortium to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved. デモ構成 19 空間OSサーバ AWS EC2 T2small (デモの都合でクラウド上) ブラウザ上のエージェント
  20. 20. Copyright © 2015 Advanced IT Consortium to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved. 物理ノード 20
  21. 21. Copyright © 2015 Advanced IT Consortium to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved. 今後 • 「文」「文章」レベルのオントロジーの構築方法を規格化 – オントロジーからのコード生成 – オントロジーを作るツール • セキュリティ – 信頼: • エージェントや情報をどう信頼するか – 機械としての信頼 – 背後の事業者への信頼 – 説明: • エージェントが自分の動作をどう説明するか • エージェント群の動作をどう説明するか 21
  22. 22. Copyright © 2015 Advanced IT Consortium to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved. ご興味のある方 • AITC BizAR(ビジネスAR)部会 入会のご案内 http://aitc.jp/consortium/join.html • Moyoのダウンロード 2017年1月版(空間OS2016) https://github.com/m-nakagawa/jena/releases 22
  23. 23. Copyright © 2015 Advanced IT Consortium to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved. http://aitc.jp https://www.facebook.com/aitc.jp 最新情報は こちらをご参照ください ハルミン AITC非公式イメージキャラクター

×