Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
IT概覧
~デバイスから見たIoTまでの流れ~
2015年05月23日
先端IT活用推進コンソーシアム
クラウド・テクノロジー活用部会 リーダー
アドソル日進株式会社 荒本道隆
IoTを使ったシステムの全体像-1
 INPUT
 多種多様なセンサが入手可能
 センサのみだと安価だが、簡単な工作が必要
 高精度・高機能なものは、やっぱり高価
 ゲートウエイ
 Raspberry PIやAndroid端末を利用...
IoTを使ったシステムの全体像-2
3
パーソナルメディア株式会社 『「PMCセミカスタムIoT」のシステム概念図』
http://www.t-engine4u.com/press/pmc_iot.html
IoTを自宅でやってみた-1
 目的
 ここ数年、ずっと睡眠不足気味なので、原因を知りたい
 仮説
 そもそも睡眠時間が短い
 睡眠中の環境が悪い(気温や湿度が高い)
 ノンレム睡眠(深い眠り)の時間が短い
 ノンレム睡眠中に目覚...
6畳
IoTを自宅でやってみた-2
5
ベット
TV
無線LAN
AP
 システム構成
Internet
さくらインターネット
レンタルサーバ
•10秒ごとにHTTP送信
•単純なREST
OCN
光回線
カメラと加速度センサ
で眠りの深さを...
IoTを自宅でやってみた-3
 システム構成
 Raspberry PI(5,650-)
 CCDカメラ(200万画素)(1,200-)
 Sensortag「CC2541」(温度、加速度など)($25-)
 http://www.t...
IoTを自宅でやってみた-4
 CCDカメラ
 USBで接続
 ベット上の画像の変化量を測定
 OpenCV付属のサンプル「motempl.py」を改造
 Sensortag
 Bluetoothで接続
 ベット上の温度を測定
...
IoTを自宅でやってみた-5
 収集したデータを可視化してみると
 毎日6~7時間寝ているつもりだった
 実際は毎日3.5時間しか寝ていない
 体が動いているのは、レム睡眠(浅い眠り)中 8
実際に起きたのは7時過ぎ
4:40から体は起...
IoTを自宅でやってみた-6
 問題解決に向けて
 気温は関係ないらしい
 朝7時のレム睡眠(浅い眠り)中に起こす仕掛けを開発中
 朝5時のレム睡眠からノンレム睡眠へ移行できるはず
 システム拡張案
 CCDカメラの強化
 可動式...
IoTを自宅でやってみた-7
 画像解析方法を変更
 OpenCV付属のサンプルを改造
10
使用中
まとめ
 そのまま色々な事に使えそう
◦ 見守り(ペット、乳幼児)
◦ 動作監視(ルンバ)
◦ 防犯
 Pepper君でやれば、未来感満載
◦ OUTPUTを変えるだけで印象が大きく変わる
 頻繁に構成を変更しました
◦ 実業務だと、こん...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

2015/05/23 シニア技術者プログラム第3弾 「第二回IoT勉強会&交流会」 13:35~13:50 IT概覧~デバイスから見たIoTまでの流れ~

1,040 views

Published on

Published in: Technology
  • Be the first to comment

2015/05/23 シニア技術者プログラム第3弾 「第二回IoT勉強会&交流会」 13:35~13:50 IT概覧~デバイスから見たIoTまでの流れ~

  1. 1. IT概覧 ~デバイスから見たIoTまでの流れ~ 2015年05月23日 先端IT活用推進コンソーシアム クラウド・テクノロジー活用部会 リーダー アドソル日進株式会社 荒本道隆
  2. 2. IoTを使ったシステムの全体像-1  INPUT  多種多様なセンサが入手可能  センサのみだと安価だが、簡単な工作が必要  高精度・高機能なものは、やっぱり高価  ゲートウエイ  Raspberry PIやAndroid端末を利用  センサデバイスからのデータを受信  簡単なデータ処理を実行  データを一時保存  サーバ  サーバ機やクラウドを利用  データを長期間に渡って保存  OUTPUT  デバイスを動かす。例:照明やエアコンをON  PUSH通知を行う。例:メールによる通知  可視化を行う。例:グラフ  データ分析・機械学習の入力として使う 2 貼付け型ウェアラブル生体センサ 東芝 「Silmee Bar type」 Raspberry PI 2 OUTPUTするまでが IoTです Things=モノ・センサ だけじゃない
  3. 3. IoTを使ったシステムの全体像-2 3 パーソナルメディア株式会社 『「PMCセミカスタムIoT」のシステム概念図』 http://www.t-engine4u.com/press/pmc_iot.html
  4. 4. IoTを自宅でやってみた-1  目的  ここ数年、ずっと睡眠不足気味なので、原因を知りたい  仮説  そもそも睡眠時間が短い  睡眠中の環境が悪い(気温や湿度が高い)  ノンレム睡眠(深い眠り)の時間が短い  ノンレム睡眠中に目覚まし時計→体への負担が大きい  手段  睡眠中の状態を測定して、データを可視化してみる  つまり、寝ている自分を監視するシステムを作成  うまくいけば、ペットの監視などに転用できそう  非機能要件  付加機能を追加できるようにしておく  24時間運転するので、リスクをできるだけ排除  ソフトウエアでできることは、ソフトウエアで 4
  5. 5. 6畳 IoTを自宅でやってみた-2 5 ベット TV 無線LAN AP  システム構成 Internet さくらインターネット レンタルサーバ •10秒ごとにHTTP送信 •単純なREST OCN 光回線 カメラと加速度センサ で眠りの深さを測定 データ受信cgiを設置 グラフ生成cgiを設置
  6. 6. IoTを自宅でやってみた-3  システム構成  Raspberry PI(5,650-)  CCDカメラ(200万画素)(1,200-)  Sensortag「CC2541」(温度、加速度など)($25-)  http://www.tij.co.jp/tool/jp/cc2541dk-sensor  MicroSDカード、無線LANアダプタ、Bluetoothアダプタ(各千円)  さくらのレンタルサーバ(500-/月)  外から自宅の状況を確認することもできる  「スタンダード」を契約済み。MySQLが利用可能  Raspberry PIにインストールしたもの  OpenCV  画像処理・画像解析および機械学習等の機能を持つライブラリ  Python版のサンプルが付属。それを改造して使用  Sensortag用サンプル  https://github.com/msaunby/ble-sensor-pi  Pythonで書かれたサンプルプログラムを改造して使用  デバイスのアドレスを修正する必要アリ  独自作成シェル+Pythonプログラム  シェルと tail コマンドでほとんど完成  REST呼び出しをPythonで実装 6 •実は工作ゼロ •USBとBluetoothで接続
  7. 7. IoTを自宅でやってみた-4  CCDカメラ  USBで接続  ベット上の画像の変化量を測定  OpenCV付属のサンプル「motempl.py」を改造  Sensortag  Bluetoothで接続  ベット上の温度を測定  ベット上の加速度を測定  Raspberry PI  無線LANで接続  情報収集シェルを常駐  収集した情報をREST送信  拡張を想定して、独自実装 7
  8. 8. IoTを自宅でやってみた-5  収集したデータを可視化してみると  毎日6~7時間寝ているつもりだった  実際は毎日3.5時間しか寝ていない  体が動いているのは、レム睡眠(浅い眠り)中 8 実際に起きたのは7時過ぎ 4:40から体は起きている 青:加速度センサ 緑:画像の変化量 起床
  9. 9. IoTを自宅でやってみた-6  問題解決に向けて  気温は関係ないらしい  朝7時のレム睡眠(浅い眠り)中に起こす仕掛けを開発中  朝5時のレム睡眠からノンレム睡眠へ移行できるはず  システム拡張案  CCDカメラの強化  可動式にする  画像解析方法を変更  エアコンの消費電力も記録  電力測定プラグを購入済み  ドアや窓の開閉を監視  Sensortagを貼ればできそう  朝7:00に山手線の状況を報告  スピーカーを追加  Twitter API+音声合成 9 タミヤ「リモコンロボット製作セット」 4,104- 富士通BSC F-PLUG115 電 力・温度・湿度・照度測定機 能つきプラグ ホワイト BSCESFP0103 4,327-
  10. 10. IoTを自宅でやってみた-7  画像解析方法を変更  OpenCV付属のサンプルを改造 10 使用中
  11. 11. まとめ  そのまま色々な事に使えそう ◦ 見守り(ペット、乳幼児) ◦ 動作監視(ルンバ) ◦ 防犯  Pepper君でやれば、未来感満載 ◦ OUTPUTを変えるだけで印象が大きく変わる  頻繁に構成を変更しました ◦ 実業務だと、こんなに勝手に変えられない ◦ IoTの「Fail First」という考え方  Fail First:どんどん失敗する  分析には、データの蓄積が必要 ◦ 小規模なら、可視化で済んでしまうかも ◦ データを公開すれば、誰かが使ってくれる? 11 Pepper君 約20万円

×