Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
楽典・編曲から見る
基礎からの
アカペラ処世術
K.O.E. 20th Anniversary Special Music WorkShop
誰やねんこいつ
坂尻 愛明 Aira Sakajiri
• 大学では
• 2011年入学 総合政策学部
• 岩竹 徹 研究会(和声・作曲)
• K.O.E.では
• Bass・3rd、映像班
• 158曲(歌唱)、64曲(採譜・編曲)
• 2012冬コン 紅白...
皆様からの要望
• 効果的なリズム練習方法
• 編曲のブラッシュアップ
• コーラスの変化のつけかた・リードの魅せ方
• 曲イメージの具現化・及び練習での共有方法
• “アカペラ”であることの意義
• 肺活量を増やす方法
• 音楽の基礎
• 声...
皆様からの要望
• 効果的なリズム練習方法
• 編曲のブラッシュアップ
• コーラスの変化のつけかた・リードの魅せ方
• 曲イメージの具現化・及び練習での共有方法
• “アカペラ”であることの意義
• 肺活量を増やす方法
• 音楽の基礎
• 声...
今日伝えたいこと
• アカペラに限らない音楽全般の話
• 練習の上で僕が”知っておきたかったな”という知識
今日の目次
0
序論
知る
1
読譜
2
偏見除去
歌う
6
まとめ
3
編曲
5
練習
4
リズム
それでは、始めますm(_ _)m
楽典・編曲から見る
基礎からの
アカペラ処世術
K.O.E. 20th Anniversary Special Music WorkShop
序論
0
今日の目次
0
序論
知る
1
読譜
2
偏見除去
歌う
6
まとめ
3
編曲
5
練習
4
リズム
アカペラってなによ?
Lesson0 序論
A Cappella = ”演奏形態”
Lesson0 序論
曲のジャンルは多岐にわたる
Lesson0 序論
Jazz
Rock
Metal
J-POP
R&B
“知識”を身につける必要性
Lesson0 序論
音楽の起源って…?
Lesson0 序論
ダーウィン「求愛行動じゃよ」
Lesson0 序論
–Charles Robert Darwin
異性を惹きつけるために声を使った所から始まった
求愛の感情で激しく興奮する時に用いた
Lesson0 序論
L.バーンスタイン「宗教じゃよ」
Lesson0 序論
音楽=相手の心を動かす
Lesson0 序論
“歌を歌う”要素
楽譜を知る 歌う
リズム
リズム
テクニックテンポ
メロディー 和音(コード)
音程
物語 和声進行
チームワーク
表現
Lesson0 序論
0 序論 まとめ
• アカペラを歌う上で、知識を得る必要性がある
• 音楽とは相手の心を動かす試みである
Lesson0 序論
読譜
今日の目次
0
序論
知る
1
読譜
2
偏見除去
歌う
6
まとめ
3
編曲
5
練習
4
リズム
Lesson1 読譜
楽譜が”読める”とはどのような状態なのか?
Lesson1 読譜
2つの”楽譜が読める”
楽譜(から情報)を読める
楽譜(から感情)を読める
Lesson1 読譜
2つの”楽譜が読める”
楽譜(から情報)を読める
楽譜(から感情)を読める
Lesson1 読譜
2つの”楽譜が読める”
楽譜(から情報)を読める
楽譜(から感情)を読める
音符・休符 拍子・テンポ コード(調) 音楽記号
Lesson1 読譜
抜き打ちテスト
Challenge Test
PC or スマホ で以下のURLにアクセス
http://goo.gl/forms/Uf8Xu4qBBd
Lesson1 読譜
楽譜のルール
1. 左から右に流れる
2. 音の高低は表記の高低と一致
Lesson1 読譜
Stripsody - Cathy Berberian
• https://www.youtube.com/watch?v=XHUQFGhXHCw
Lesson1 読譜
Q.楽譜(から情報)が読めるようになるには?
Lesson1 読譜
A. 音楽の教科書を読めばいいよ
Lesson1 読譜
押さえるべきポイント
• 五線の読み方
• 音符の名称、その長さ
• #、♭
• 音符の名前
• ⃝⃝拍子
• 強弱記号の意味
Lesson1 読譜
2つの”楽譜が読める”
楽譜(から情報)を読める
楽譜(から感情)を読める
Lesson1 読譜
Q.楽譜を渡されたら?
Lesson1 読譜
A.アナリーゼする
Lesson1 読譜
楽譜(から感情)を読み取る - アナリーゼの方法
曲の構造を知る
Lesson1 読譜
和音(コード)を知る
フレーズを決める
楽譜(から感情)を読み取る - アナリーゼの方法
曲の構造を知る
Lesson1 読譜
和音(コード)を知る
フレーズを決める
曲の構造を知る
1. 曲自体をいくつかの固まりに分けてみる
• 練習番号、転調などを足がかりに
2. どんなパートがあるのかを知る
Lesson1 読譜
1.曲自体をいくつかの固まりに分けてみる
• (イントロ) - A - B - A
• 例:Stand By Me
• A - B - C(サビ)
• 例:空も飛べるはず
Lesson1 読譜
–Aira Sakajiri
“楽譜を渡されたら、絵のように眺めなさい”
Lesson1 読譜
グループ分けをしてみよう!
時代(中島みゆきcover) - 浅葱 より
Lesson1 読譜
グループ分けをしてみよう!
時代(中島みゆきcover) - 浅葱 より
Lesson1 読譜
オーケストラ譜のグループ分け
W.A.Mozart - Symphony No.36 “Linz” より
Lesson1 読譜
オーケストラ譜のグループ分け
W.A.Mozart - Symphony No.36 “Linz” より
Lesson1 読譜
楽譜(から感情)を読み取る - アナリーゼの方法
曲の構造を知る
Lesson1 読譜
和音(コード)を知る
フレーズを決める
「自分のパートしか知らない」はNG
Lesson1 読譜
和音が違うと、雰囲気も変わる
https://youtu.be/Eaqf-wRSx7E
Lesson1 読譜
Q.和音(コード)を勉強するには?
Lesson1 読譜
A.和音(コード)の本を読んでくれ。
Lesson1 読譜
和音(コード)の勉強
• トニック、ドミナント、サブドミナント
• 盤を叩いてみて”耳”で感じる
• 音量バランスを考える
Lesson1 読譜
楽譜(から感情)を読み取る - アナリーゼの方法
曲の構造を知る
Lesson1 読譜
和音(コード)を知る
フレーズを決める
フレーズを決める
• 歌詞のつながり
• 音楽の流れ
Lesson1 読譜
演奏を科学する - 五十嵐 滋
1. 発端 - ②がはじまるところ
2. 予期 - アウフタクト
3. 高潮(ティアラ) - ②のクライマックス、④の手前
4. 主動(イニシアティブ) - 構造的アクセント
5. 反動 - ④の後弱くなる、ある...
偏見除去
今日の目次
0
序論
知る
1
読譜
2
偏見除去
歌う
6
まとめ
3
編曲
5
練習
4
リズム
Lesson2 偏見除去
フォルテ≠「強い」、ピアノ≠「弱い」
Lesson2 偏見除去
フォルテ≠「強い」、ピアノ≠「弱い」
• 音楽は「強い」「弱い」だけではない。
• 形容詞を使って表現する
Lesson2 偏見除去
”う”と”uh”は違う
Lesson2 偏見除去
”う”と”uh”は違う
• 口の中がポイント
• a→e→i→o→u
Lesson2 偏見除去
3、純正律と平均律
Lesson2 偏見除去
https://youtu.be/fx3PwP6UP5s?t=47s
Lesson2 偏見除去
http://www.mc-taichi.com/music/theory/scale.html
より引用
「リズムが正確」と「リズム感が良い」は違う
Lesson2 偏見除去
「リズムが正確」と「リズム感が良い」は違う
• リズムが正確 = テンポ通りに演奏ができている
• リズム感が良い = グルーヴが出た演奏が出来る
• Part 4 で後述
Lesson2 偏見除去
開始、終了の間
5
Lesson2 偏見除去
開始、終了の間
• 歌い始めるまで、歌い終わった後も”音楽”
Lesson2 偏見除去
編曲
3
今日の目次
0
序論
知る
1
読譜
2
偏見除去
歌う
6
まとめ
3
編曲
5
練習
4
リズム
Lesson3 編曲
曲を作る = ストーリーを話すことが出来る
Lesson3 編曲
編曲技法 = ストーリーを作るためのテクニック
Lesson3 編曲
アカペラ編曲でよく使われる技法
• ロングトーン(主にuh)
• ベルトーン
• 追っかけ魔神
• 字ハモ
• スキャット
Lesson3 編曲
(例)
Shine - Smooth Ace
勝手にしやがれ - AJI
言葉ベースで説明が可能
Lesson3 編曲
+αの編曲について
Lesson3 編曲
Q.お笑いは何故「面白い」のだろう
Lesson3 編曲
A.日常との落差
Lesson3 編曲
音楽における”日常”とは?
Lesson3 編曲
“歌を歌う”要素
楽譜を知る 歌う
リズム
リズム
テクニックテンポ
メロディー 和音(コード)
音程
物語 和声進行
チームワーク
表現
Lesson3 編曲
“歌を歌う”要素
楽譜を知る 歌う
リズム
リズム
テクニックテンポ
メロディー 和音(コード)
音程
物語 和声進行
チームワーク
表現
Lesson3 編曲
日常 = リズム、メロディー、和音
Lesson3 編曲
シンコペーション先輩
• 拍があるべき場所より前にずらす
リズム
Lesson3 編曲
リズム変更先輩
• 拍があるべき場所より前にずらす
リズム
Lesson3 編曲
ストップモーション 先輩
• 急に音楽をなくす
• https://youtu.be/OPf0YbXqDm0
メロディー
Lesson3 編曲
おしゃれ和音 先輩
• 最後の和音を崩す
• 先ほどの動画
和音
Lesson3 編曲
編曲する時に気をつけること
• (特に4声では)音被りに気をつける
• メンバーを最大限に生かす編曲を
• 編曲の意図を説明できること
Lesson3 編曲
リズム
今日の目次
0
序論
知る
1
読譜
2
偏見除去
歌う
6
まとめ
3
編曲
5
練習
4
リズム
Lesson4 リズム
リズムは音楽の土台である
Lesson4 リズム
リズムに関する用語
パルス 一定の間隔で規則正しく進行する無規則な刻み
続・リズムに強くなるためのノウハウ より
ビート パルスに強弱がついたもの
タイム
テンポ =速度
リズムの正確さ、ビートが一塊になったもの
Lesson4 リズム
テンポ感 = 正確なタイム感で演奏できること
リズム感 = 音楽のノリが出ること
Lesson4 リズム
Q.テンポ感を鍛えるには?
Lesson4 リズム
A.細かく分類してみる
Lesson4 リズム
拍は基準ではなく、結果である
Lesson4 リズム
細かく分ける練習方法
• 楽譜を展開してみる
• メトロノームを使った練習
Lesson4 リズム
楽譜を展開してみる
Lesson4 リズム
メトロノームを使った練習方法
• 裏拍にメトロノームを使ってみる
Lesson4 リズム
Q.リズム感を鍛えるには?
Lesson4 リズム
A.各ジャンルのノリを理解する
Lesson4 リズム
クラシック音楽 = 強・弱・強・弱
ポピュラー音楽 = 弱・強・弱・強
(ロック・ジャズ・ラテン etc.)
Lesson4 リズム
2,4拍目が強くなるビートを
バックビート(アフタービート)と呼ぶ
Lesson4 リズム
Stand By Me - Ben E. King
https://youtu.be/pHa4pvspCqc
Lesson4 リズム
Stand By Me の2・4拍目
• 2拍目にはギロ、4拍目にはトライアングル
Lesson4 リズム
バックビートについて理解したら、
裏拍を感じる
Lesson4 リズム
どのように見えますか?
DONDONDONDON
Lesson4 リズム
どのように見えますか?
①D・O・N・D・O・N…
②DON・DON・…
Lesson4 リズム
どのように見えますか?
①D・O・N・D・O・N…
②DON・DON・…
③NDO・NDO・…
Lesson4 リズム
裏拍の正体
• doot doot doot doot
• tdoo tdoo tdoo tdoo
Lesson4 リズム
テンポ→リズム実践 ー汽車ポッポごっこー
• テンポ通りに歌ってみる
• リズムを感じてみる
• バックビートを感じてみる
Lesson4 リズム
番外編:
スイング感 = コントラバスを弾いているつもりで
Lesson4 リズム
リズム感を鍛える = 肉体を通して意識と感覚を鍛える
by ベーシストのリズム感向上メカニズム
Lesson4 リズム
練習
5
今日の目次
0
序論
知る
1
読譜
2
偏見除去
歌う
6
まとめ
3
編曲
5
練習
4
リズム
Lesson5 練習
アカペラは団体戦。
Lesson5 練習
指揮者のいないオーケストラ
• オルフェウス室内管弦楽団
• https://youtu.be/mDhp1d4LvZg
Lesson5 練習
オルフェウス・プロセス -8つの原則-
1. 	 その仕事をしている人に権限を持たせる
2. 	 自己責任を負わせる
3. 	 役割を明確にする
4. 	 リーダーシップを固定させない
5. 	 平等なチームワークを育てる
6. 	 話の聞き方...
有用だった練習方法
Lesson5 練習
準備運動
• リップトリル
• 首の運動 - ほぐす
Lesson5 練習
バンド練習方法
• 松岡さん式バンド音感トレーニング
• リードトレース式バンド内意思共有
• 盛り上がりグラフ作成
• 声を一点に集めるトレーニング
Lesson5 練習
緊張しないためには…?
• マイクの持ち手を決定してしまう
• 心拍数があがった状態を作り出して練習する - メンタ
ルトレーニング(ドン・グリーン)
Lesson5 練習
終わりに
6
今日の目次
0
序論
知る
1
読譜
2
偏見除去
歌う
6
まとめ
3
編曲
5
練習
4
リズム
Lesson6 終わりに
アカペラで歌う意味ってなんだろう?
Lesson6 終わりに
参考になるサイト
• あかぺら村
• mokabuu.com
後ろに座ってる人
Lesson6 終わりに
この資料を作成するにあたって参考にした文献
• 青島 広志『究極の楽典』全音楽譜出版社,2009
• 石桁 真礼生, 末吉 保雄, 丸田 昭三, 飯田 隆, 金光 威和雄, 飯沼 信義
『新装版 楽典 理論と実習』音楽之友社,2001
• 友寄...
質問など
@chamenma
http://cha1ra.com
Lesson6 終わりに
基礎からのアカペラ処世術 - 2015/6/20
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

基礎からのアカペラ処世術 - 2015/6/20

1,089 views

Published on

当日の詳細はcha1ra.comのエントリー"アカペラ基礎知識の講演をしてきた"にて記述

Published in: Education
  • Be the first to comment

基礎からのアカペラ処世術 - 2015/6/20

  1. 1. 楽典・編曲から見る 基礎からの アカペラ処世術 K.O.E. 20th Anniversary Special Music WorkShop
  2. 2. 誰やねんこいつ
  3. 3. 坂尻 愛明 Aira Sakajiri • 大学では • 2011年入学 総合政策学部 • 岩竹 徹 研究会(和声・作曲) • K.O.E.では • Bass・3rd、映像班 • 158曲(歌唱)、64曲(採譜・編曲) • 2012冬コン 紅白歌合戦 AP • 所属バンド • おーだーめいどカンタービレ♪ • Jing-Jang • 浅葱 • λ21 他
  4. 4. 皆様からの要望 • 効果的なリズム練習方法 • 編曲のブラッシュアップ • コーラスの変化のつけかた・リードの魅せ方 • 曲イメージの具現化・及び練習での共有方法 • “アカペラ”であることの意義 • 肺活量を増やす方法 • 音楽の基礎 • 声域を広げる方法 • コード進行 • 音感の鍛え方 • 音の取り方のコツ • 楽器でなく声でハモる時のポイント • リードとして練習している時に他パートに対する気の配り方 • コーラスとしてアカペラをするときに大切にすべきこと
  5. 5. 皆様からの要望 • 効果的なリズム練習方法 • 編曲のブラッシュアップ • コーラスの変化のつけかた・リードの魅せ方 • 曲イメージの具現化・及び練習での共有方法 • “アカペラ”であることの意義 • 肺活量を増やす方法 • 音楽の基礎 • 声域を広げる方法 • コード進行 • 音感の鍛え方 • 音の取り方のコツ • 楽器でなく声でハモる時のポイント • リードとして練習している時に他パートに対する気の配り方 • コーラスとしてアカペラをするときに大切にすべきこと 多い!!
  6. 6. 今日伝えたいこと • アカペラに限らない音楽全般の話 • 練習の上で僕が”知っておきたかったな”という知識
  7. 7. 今日の目次 0 序論 知る 1 読譜 2 偏見除去 歌う 6 まとめ 3 編曲 5 練習 4 リズム
  8. 8. それでは、始めますm(_ _)m
  9. 9. 楽典・編曲から見る 基礎からの アカペラ処世術 K.O.E. 20th Anniversary Special Music WorkShop
  10. 10. 序論 0
  11. 11. 今日の目次 0 序論 知る 1 読譜 2 偏見除去 歌う 6 まとめ 3 編曲 5 練習 4 リズム
  12. 12. アカペラってなによ? Lesson0 序論
  13. 13. A Cappella = ”演奏形態” Lesson0 序論
  14. 14. 曲のジャンルは多岐にわたる Lesson0 序論 Jazz Rock Metal J-POP R&B
  15. 15. “知識”を身につける必要性 Lesson0 序論
  16. 16. 音楽の起源って…? Lesson0 序論
  17. 17. ダーウィン「求愛行動じゃよ」 Lesson0 序論
  18. 18. –Charles Robert Darwin 異性を惹きつけるために声を使った所から始まった 求愛の感情で激しく興奮する時に用いた Lesson0 序論
  19. 19. L.バーンスタイン「宗教じゃよ」 Lesson0 序論
  20. 20. 音楽=相手の心を動かす Lesson0 序論
  21. 21. “歌を歌う”要素 楽譜を知る 歌う リズム リズム テクニックテンポ メロディー 和音(コード) 音程 物語 和声進行 チームワーク 表現 Lesson0 序論
  22. 22. 0 序論 まとめ • アカペラを歌う上で、知識を得る必要性がある • 音楽とは相手の心を動かす試みである Lesson0 序論
  23. 23. 読譜
  24. 24. 今日の目次 0 序論 知る 1 読譜 2 偏見除去 歌う 6 まとめ 3 編曲 5 練習 4 リズム Lesson1 読譜
  25. 25. 楽譜が”読める”とはどのような状態なのか? Lesson1 読譜
  26. 26. 2つの”楽譜が読める” 楽譜(から情報)を読める 楽譜(から感情)を読める Lesson1 読譜
  27. 27. 2つの”楽譜が読める” 楽譜(から情報)を読める 楽譜(から感情)を読める Lesson1 読譜
  28. 28. 2つの”楽譜が読める” 楽譜(から情報)を読める 楽譜(から感情)を読める 音符・休符 拍子・テンポ コード(調) 音楽記号 Lesson1 読譜
  29. 29. 抜き打ちテスト Challenge Test
  30. 30. PC or スマホ で以下のURLにアクセス http://goo.gl/forms/Uf8Xu4qBBd Lesson1 読譜
  31. 31. 楽譜のルール 1. 左から右に流れる 2. 音の高低は表記の高低と一致 Lesson1 読譜
  32. 32. Stripsody - Cathy Berberian • https://www.youtube.com/watch?v=XHUQFGhXHCw Lesson1 読譜
  33. 33. Q.楽譜(から情報)が読めるようになるには? Lesson1 読譜
  34. 34. A. 音楽の教科書を読めばいいよ Lesson1 読譜
  35. 35. 押さえるべきポイント • 五線の読み方 • 音符の名称、その長さ • #、♭ • 音符の名前 • ⃝⃝拍子 • 強弱記号の意味 Lesson1 読譜
  36. 36. 2つの”楽譜が読める” 楽譜(から情報)を読める 楽譜(から感情)を読める Lesson1 読譜
  37. 37. Q.楽譜を渡されたら? Lesson1 読譜
  38. 38. A.アナリーゼする Lesson1 読譜
  39. 39. 楽譜(から感情)を読み取る - アナリーゼの方法 曲の構造を知る Lesson1 読譜 和音(コード)を知る フレーズを決める
  40. 40. 楽譜(から感情)を読み取る - アナリーゼの方法 曲の構造を知る Lesson1 読譜 和音(コード)を知る フレーズを決める
  41. 41. 曲の構造を知る 1. 曲自体をいくつかの固まりに分けてみる • 練習番号、転調などを足がかりに 2. どんなパートがあるのかを知る Lesson1 読譜
  42. 42. 1.曲自体をいくつかの固まりに分けてみる • (イントロ) - A - B - A • 例:Stand By Me • A - B - C(サビ) • 例:空も飛べるはず Lesson1 読譜
  43. 43. –Aira Sakajiri “楽譜を渡されたら、絵のように眺めなさい” Lesson1 読譜
  44. 44. グループ分けをしてみよう! 時代(中島みゆきcover) - 浅葱 より Lesson1 読譜
  45. 45. グループ分けをしてみよう! 時代(中島みゆきcover) - 浅葱 より Lesson1 読譜
  46. 46. オーケストラ譜のグループ分け W.A.Mozart - Symphony No.36 “Linz” より Lesson1 読譜
  47. 47. オーケストラ譜のグループ分け W.A.Mozart - Symphony No.36 “Linz” より Lesson1 読譜
  48. 48. 楽譜(から感情)を読み取る - アナリーゼの方法 曲の構造を知る Lesson1 読譜 和音(コード)を知る フレーズを決める
  49. 49. 「自分のパートしか知らない」はNG Lesson1 読譜
  50. 50. 和音が違うと、雰囲気も変わる https://youtu.be/Eaqf-wRSx7E Lesson1 読譜
  51. 51. Q.和音(コード)を勉強するには? Lesson1 読譜
  52. 52. A.和音(コード)の本を読んでくれ。 Lesson1 読譜
  53. 53. 和音(コード)の勉強 • トニック、ドミナント、サブドミナント • 盤を叩いてみて”耳”で感じる • 音量バランスを考える Lesson1 読譜
  54. 54. 楽譜(から感情)を読み取る - アナリーゼの方法 曲の構造を知る Lesson1 読譜 和音(コード)を知る フレーズを決める
  55. 55. フレーズを決める • 歌詞のつながり • 音楽の流れ Lesson1 読譜
  56. 56. 演奏を科学する - 五十嵐 滋 1. 発端 - ②がはじまるところ 2. 予期 - アウフタクト 3. 高潮(ティアラ) - ②のクライマックス、④の手前 4. 主動(イニシアティブ) - 構造的アクセント 5. 反動 - ④の後弱くなる、ある程度長い 6. 終端 Lesson1 読譜
  57. 57. 偏見除去
  58. 58. 今日の目次 0 序論 知る 1 読譜 2 偏見除去 歌う 6 まとめ 3 編曲 5 練習 4 リズム Lesson2 偏見除去
  59. 59. フォルテ≠「強い」、ピアノ≠「弱い」 Lesson2 偏見除去
  60. 60. フォルテ≠「強い」、ピアノ≠「弱い」 • 音楽は「強い」「弱い」だけではない。 • 形容詞を使って表現する Lesson2 偏見除去
  61. 61. ”う”と”uh”は違う Lesson2 偏見除去
  62. 62. ”う”と”uh”は違う • 口の中がポイント • a→e→i→o→u Lesson2 偏見除去
  63. 63. 3、純正律と平均律 Lesson2 偏見除去
  64. 64. https://youtu.be/fx3PwP6UP5s?t=47s Lesson2 偏見除去 http://www.mc-taichi.com/music/theory/scale.html より引用
  65. 65. 「リズムが正確」と「リズム感が良い」は違う Lesson2 偏見除去
  66. 66. 「リズムが正確」と「リズム感が良い」は違う • リズムが正確 = テンポ通りに演奏ができている • リズム感が良い = グルーヴが出た演奏が出来る • Part 4 で後述 Lesson2 偏見除去
  67. 67. 開始、終了の間 5 Lesson2 偏見除去
  68. 68. 開始、終了の間 • 歌い始めるまで、歌い終わった後も”音楽” Lesson2 偏見除去
  69. 69. 編曲 3
  70. 70. 今日の目次 0 序論 知る 1 読譜 2 偏見除去 歌う 6 まとめ 3 編曲 5 練習 4 リズム Lesson3 編曲
  71. 71. 曲を作る = ストーリーを話すことが出来る Lesson3 編曲
  72. 72. 編曲技法 = ストーリーを作るためのテクニック Lesson3 編曲
  73. 73. アカペラ編曲でよく使われる技法 • ロングトーン(主にuh) • ベルトーン • 追っかけ魔神 • 字ハモ • スキャット Lesson3 編曲 (例) Shine - Smooth Ace 勝手にしやがれ - AJI
  74. 74. 言葉ベースで説明が可能 Lesson3 編曲
  75. 75. +αの編曲について Lesson3 編曲
  76. 76. Q.お笑いは何故「面白い」のだろう Lesson3 編曲
  77. 77. A.日常との落差 Lesson3 編曲
  78. 78. 音楽における”日常”とは? Lesson3 編曲
  79. 79. “歌を歌う”要素 楽譜を知る 歌う リズム リズム テクニックテンポ メロディー 和音(コード) 音程 物語 和声進行 チームワーク 表現 Lesson3 編曲
  80. 80. “歌を歌う”要素 楽譜を知る 歌う リズム リズム テクニックテンポ メロディー 和音(コード) 音程 物語 和声進行 チームワーク 表現 Lesson3 編曲
  81. 81. 日常 = リズム、メロディー、和音 Lesson3 編曲
  82. 82. シンコペーション先輩 • 拍があるべき場所より前にずらす リズム Lesson3 編曲
  83. 83. リズム変更先輩 • 拍があるべき場所より前にずらす リズム Lesson3 編曲
  84. 84. ストップモーション 先輩 • 急に音楽をなくす • https://youtu.be/OPf0YbXqDm0 メロディー Lesson3 編曲
  85. 85. おしゃれ和音 先輩 • 最後の和音を崩す • 先ほどの動画 和音 Lesson3 編曲
  86. 86. 編曲する時に気をつけること • (特に4声では)音被りに気をつける • メンバーを最大限に生かす編曲を • 編曲の意図を説明できること Lesson3 編曲
  87. 87. リズム
  88. 88. 今日の目次 0 序論 知る 1 読譜 2 偏見除去 歌う 6 まとめ 3 編曲 5 練習 4 リズム Lesson4 リズム
  89. 89. リズムは音楽の土台である Lesson4 リズム
  90. 90. リズムに関する用語 パルス 一定の間隔で規則正しく進行する無規則な刻み 続・リズムに強くなるためのノウハウ より ビート パルスに強弱がついたもの タイム テンポ =速度 リズムの正確さ、ビートが一塊になったもの Lesson4 リズム
  91. 91. テンポ感 = 正確なタイム感で演奏できること リズム感 = 音楽のノリが出ること Lesson4 リズム
  92. 92. Q.テンポ感を鍛えるには? Lesson4 リズム
  93. 93. A.細かく分類してみる Lesson4 リズム
  94. 94. 拍は基準ではなく、結果である Lesson4 リズム
  95. 95. 細かく分ける練習方法 • 楽譜を展開してみる • メトロノームを使った練習 Lesson4 リズム
  96. 96. 楽譜を展開してみる Lesson4 リズム
  97. 97. メトロノームを使った練習方法 • 裏拍にメトロノームを使ってみる Lesson4 リズム
  98. 98. Q.リズム感を鍛えるには? Lesson4 リズム
  99. 99. A.各ジャンルのノリを理解する Lesson4 リズム
  100. 100. クラシック音楽 = 強・弱・強・弱 ポピュラー音楽 = 弱・強・弱・強 (ロック・ジャズ・ラテン etc.) Lesson4 リズム
  101. 101. 2,4拍目が強くなるビートを バックビート(アフタービート)と呼ぶ Lesson4 リズム
  102. 102. Stand By Me - Ben E. King https://youtu.be/pHa4pvspCqc Lesson4 リズム
  103. 103. Stand By Me の2・4拍目 • 2拍目にはギロ、4拍目にはトライアングル Lesson4 リズム
  104. 104. バックビートについて理解したら、 裏拍を感じる Lesson4 リズム
  105. 105. どのように見えますか? DONDONDONDON Lesson4 リズム
  106. 106. どのように見えますか? ①D・O・N・D・O・N… ②DON・DON・… Lesson4 リズム
  107. 107. どのように見えますか? ①D・O・N・D・O・N… ②DON・DON・… ③NDO・NDO・… Lesson4 リズム
  108. 108. 裏拍の正体 • doot doot doot doot • tdoo tdoo tdoo tdoo Lesson4 リズム
  109. 109. テンポ→リズム実践 ー汽車ポッポごっこー • テンポ通りに歌ってみる • リズムを感じてみる • バックビートを感じてみる Lesson4 リズム
  110. 110. 番外編: スイング感 = コントラバスを弾いているつもりで Lesson4 リズム
  111. 111. リズム感を鍛える = 肉体を通して意識と感覚を鍛える by ベーシストのリズム感向上メカニズム Lesson4 リズム
  112. 112. 練習 5
  113. 113. 今日の目次 0 序論 知る 1 読譜 2 偏見除去 歌う 6 まとめ 3 編曲 5 練習 4 リズム Lesson5 練習
  114. 114. アカペラは団体戦。 Lesson5 練習
  115. 115. 指揮者のいないオーケストラ • オルフェウス室内管弦楽団 • https://youtu.be/mDhp1d4LvZg Lesson5 練習
  116. 116. オルフェウス・プロセス -8つの原則- 1. その仕事をしている人に権限を持たせる 2. 自己責任を負わせる 3. 役割を明確にする 4. リーダーシップを固定させない 5. 平等なチームワークを育てる 6. 話の聞き方を学び、話し方を学ぶ 7. コンセンサスを形成する 8. 職務へのひたむきな献身 Lesson5 練習
  117. 117. 有用だった練習方法 Lesson5 練習
  118. 118. 準備運動 • リップトリル • 首の運動 - ほぐす Lesson5 練習
  119. 119. バンド練習方法 • 松岡さん式バンド音感トレーニング • リードトレース式バンド内意思共有 • 盛り上がりグラフ作成 • 声を一点に集めるトレーニング Lesson5 練習
  120. 120. 緊張しないためには…? • マイクの持ち手を決定してしまう • 心拍数があがった状態を作り出して練習する - メンタ ルトレーニング(ドン・グリーン) Lesson5 練習
  121. 121. 終わりに 6
  122. 122. 今日の目次 0 序論 知る 1 読譜 2 偏見除去 歌う 6 まとめ 3 編曲 5 練習 4 リズム Lesson6 終わりに
  123. 123. アカペラで歌う意味ってなんだろう? Lesson6 終わりに
  124. 124. 参考になるサイト • あかぺら村 • mokabuu.com 後ろに座ってる人 Lesson6 終わりに
  125. 125. この資料を作成するにあたって参考にした文献 • 青島 広志『究極の楽典』全音楽譜出版社,2009 • 石桁 真礼生, 末吉 保雄, 丸田 昭三, 飯田 隆, 金光 威和雄, 飯沼 信義 『新装版 楽典 理論と実習』音楽之友社,2001 • 友寄 隆哉『日本人のためのリズム感トレーニング理論』リットー ミュージック,2014 • 市川 宇一郎『続・リズムに強くなるための全ノウハウ』中央アート 出版,2012 • 武田 雅博『おもしろ合唱事典』音楽之友社, Lesson6 終わりに
  126. 126. 質問など @chamenma http://cha1ra.com Lesson6 終わりに

×