Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

オレたちとVisual Studioとの関係を話そう

1,922 views

Published on

2016/3/5 VSUG DAY FINAL
Visual Studioの振り返りを行いました。

Published in: Technology
  • Be the first to comment

オレたちとVisual Studioとの関係を話そう

  1. 1. VSUG DAY – FINAL – オレたちとVisual Studioとの 関係を話そう パネラー 本業はプロデューサー:アオヤギ シンイチ 眠りのC#er:イシノ ミツヒト オニク大好き:シブキ ヒロアキ 帰ってきたネオニート:シャモト アキヒロ 司会 なかのひとだったきがする:かずまお
  2. 2. VSUG DAY – FINAL – 自己紹介 • 名前:青柳 臣一(アオヤギ シンイチ) • コメント:C#,Silverlight,自転車,ロードバイク,ロードレース,アイ マス,ニコマス,中村繪里子さん(えりりん),Blender,3DCG • 住所:Osaka, Japan • Twitter:@ShinichiAoyagi • Blog:shinichiaoyagi.blogspot.jp
  3. 3. VSUG DAY – FINAL – 自己紹介 • 名前:社本 明弘(シャモト アキヒロ) • コメント:シアトルにある企業向けのバックアップソフトの開発 をしていましたが、とうとう日本に戻ってきました。今は会社 (Shaxware)を経営してる風を装いながら、ネオニート生活を 満喫しています! • 住所:愛知県豊橋市 • Twitter:@sha256 • Blog:www.ailight.jp/blog/sha256
  4. 4. VSUG DAY – FINAL – 自己紹介 • 名前:石野 光仁(イシノ ミツヒト) • コメント:昔から、ずっとプログラマー • 住所:新潟県 • Twitter:@AILight • Blog:www.ailight.jp/blog/ishino
  5. 5. VSUG DAY – FINAL – 自己紹介 • 名前:渋木 宏明(シブキ ヒロアキ) • コメント:浅草在住のソフトウェアエンジニア。 C# と .NET Framework と Visual Studio が大好き。 PowerShell のごつ い感じも好き。 座右の銘は「一撃必殺」 ;-) • 住所:東京都墨田区 • Twitter:@hidori • Blog:hidori.jp
  6. 6. VSUG DAY – FINAL – 自己紹介 • 名前:Tadahiro Ishisaka • コメント:ソフトウェアエンジニアです。 • 住所:静岡県 • Twitter:@ishisaka • Blog:opcdiary.net
  7. 7. VSUG DAY – FINAL – Microsoft Visual Studio • Visual Studio 97 • Visual Studio 6.0 • Visual Studio .NET (2002) • Visual Studio .NET 2003 • Visual Studio 2005 • Visual Studio 2008 • Visual Studio 2010 • Visual Studio 2012 • Visual Studio 2013 • Visual Studio 2015
  8. 8. VSUG DAY – FINAL – Visual Studio 6.0 • コードネーム:Aspen (6.0) • ターゲットOS:Windows 9x、Windows 2000 • 発売日:1998年9月25日 • フレームワーク&開発言語 – Visual Basic 6.0 – Visual C++ 6.0 – Visual J++ 6.0 – Visual InterDev 6.0 • エディション – Professional、Enterprise
  9. 9. VSUG DAY – FINAL – Visual Studio 6.0 ー キーワード - • Visual SourceSafe 6.0 • ActiveX Data Object 2.0 (ADO) • Visual Modeler 2.0 • Microsoft BackOffice とのアプリケーション サービスの統合 – Microsoft SQL Server – Microsoft Internet Information Server – Microsoft Transaction Server – Microsoft Message Queue Server – Microsoft SNA Server
  10. 10. VSUG DAY – FINAL – Visual Studio.NET (2002) • コードネーム:Rainier (7.0) • ターゲットOS:Windows XP • 発売日:2002年3月22日 • フレームワーク&開発言語 – .NET Framework 1.0 – Visual Basic.NET (7.0) – Visual C#.NET (1.0) – Visual C++.NET – Visual J#.NET • エディション – Academic、Professional、Enterprise Developer、Enterprise Architect
  11. 11. VSUG DAY – FINAL – Visual Studio.NET (2002) ー キーワード - • .NET Frameworkに対応した初の開発環境 • 全ての言語の開発環境が一つに統合 • managed code • Microsoft Intermediate Language (MSIL) Common Intermediate Language (CIL) • C# (C-sharp) • Managed Extensions for C++ • ノータッチ デプロイメント • ASP.NET 1.0
  12. 12. VSUG DAY – FINAL – 64ビットにインストールできない証拠
  13. 13. VSUG DAY – FINAL – お宝写真館
  14. 14. VSUG DAY – FINAL – お宝写真館
  15. 15. VSUG DAY – FINAL – Visual Studio.NET 2003 • コードネーム:Everett (7.1) • ターゲットOS:Windows XP • 発売日:2003年6月25日 • フレームワーク&開発言語 – .NET Framework 1.1 – Visual Basic.NET (7.1) – Visual C#.NET (1.1) – Visual C++.NET – Visual J#.NET • エディション – Academic、Professional、Enterprise Developer、Enterprise Architect
  16. 16. VSUG DAY – FINAL – Visual Studio.NET 2003 ー キーワード その1- • 複数のバージョンのVisual Studio .NETのインストール • IntelliSenseの学習機能 • インターフェイス実装の支援 • オーバーライドの支援機能 • デリゲートやイベントを使用したコードの記述支援 • イミディエイト・ウィンドウでもIntelliSenseが利用可能 • .NET Compact Framework対応 • Visual J# 統合 • ASP.NET 1.1
  17. 17. VSUG DAY – FINAL – Visual Studio.NET 2003 ー キーワード その2- • 省メモリ化 – VS2002:22,108KB – VS2003: 7,856KB • Managerd C++ • Unified Modeling Language (UML) • foreachとIDisposable – コンパイル時から実行時に変更 • Decimal ToString挙動変更
  18. 18. VSUG DAY – FINAL – IDisposable/Dispose/using に関して • http://www.gdncom.jp/general/bbs/ShowPost.aspx?PostID=4718
  19. 19. VSUG DAY – FINAL – アンダース・ヘルスバーグ (Anders Hejlsberg) • デンマークのソフトウェア エンジニア • ボーランド時代 – Turbo Pascalの原作者で、後にDelphiなどの同社を代表する開発 ツール製品部門のチーフアーキティクト • マイクロソフトに移籍 – J++、C#、 TypeScriptの開発
  20. 20. VSUG DAY – FINAL – Microsoft Developers Conference 2006
  21. 21. VSUG DAY – FINAL – 製品別メモリ使用量 Exe 使用メモリ コメント 製品名 VB6.EXE 6,136KB Visual Basic Visual Basic 6.0 MSDEV.EXE 3,680KB Microsoft (R) Developer Studio Visual C++ 6.0 DEVENV.EXE 5,212KB Development Environment Visual InterDev 6.0 devenv.exe 22,108KB Microsoft Visual Studio .NET 2002 devenv.exe 7,856KB Microsoft Visual Studio .NET 2003 devenv.exe 9,824KB Microsoft Visual Studio 2005 devenv.exe 11,448KB Microsoft Visual Studio 2008 devenv.exe 54,172KB Microsoft Visual Studio 2010 devenv.exe 55,400KB Microsoft Visual Studio 2012 devenv.exe 122,036KB Microsoft Visual Studio 2013 devenv.exe 110,284KB Microsoft Visual Studio 2015
  22. 22. VSUG DAY – FINAL – 製品別メモリ使用量 Exe 使用メモリ コメント 製品名 Blend.exe 62,220KB Blend for Visual Studio 2012 Blend.exe 67,024KB Blend for Visual Studio 2013 Blend.exe 94,036KB Blend for Visual Studio 2015
  23. 23. VSUG DAY – FINAL – お宝写真館
  24. 24. VSUG DAY – FINAL – お宝写真館
  25. 25. VSUG DAY – FINAL – ASP.NET Web Matrix (初代) • コミュニティ向けの非公式な製品 • マイクロソフト米国本社のASP.NET開発チームから有志が集 まり、作成された開発ツール • Cassini ( カッシーニ ) • 代表的なテンプレート – ASP.NETページ、ASP.NETユーザーコントロール、HTMLページ、 XMLWebサービス、クラス、スタイルシート、Global.aspx、 Web.Config、XMLファイル、XSLTスタイルシート、XMLスキーマ、 HTTPハンドラ、テキストファイル、SQLスクリプト
  26. 26. VSUG DAY – FINAL – Cω (Comega) • マイクロソフトリサーチとMicrosoft SQL Server web開発チー ムとの共同で開発 • C#に並行計算の制御機能を追加したものとして開発されてい た言語であるPolyphonic C#と、XMLやデータベース処理に 最適化して開発されていた言語であるX#とを組み合わせる形 で開発 • 2004年10月28日にcompiler previewが公開 • Visual Studio .NET 2003 – 機能拡張としてプレビュー版が公開
  27. 27. VSUG DAY – FINAL – Visual Studio 2005 • コードネーム:Whidbey (8.0) • ターゲットOS:Windows XP • 発売日:2006年2月1日 • フレームワーク&開発言語 – .NET Framework 2.0 – Visual Basic 2005 (8.0) – Visual C# 2.0 – Visual Studio 2005 Team System – SQL Server 2005 • エディション – Express、Standard、Professional、Tools for Office、Team System • Team Suite(Software Architects、Software Developers、Software Testers、Database Professionals)
  28. 28. VSUG DAY – FINAL – Visual Studio 2005 ー キーワード その1- • ネイティブとマネージドの 64 ビット アプリケーション開発に対応 • ClickOnce対応 • リファクタリング • コードスニペット • スマート タグ • ジェネリクス • Nullable • C++/CLI • ASP.NET 2.0
  29. 29. VSUG DAY – FINAL – Longhorn ー キーワード- • WinFS (Windows File System) • WinFX – 技術的な観点で言えば、WinFX の構成と .NET Framework 3.0 の 構成はまったく同一です。(MSDNライブラリより)
  30. 30. VSUG DAY – FINAL – Win FS (Windows File System) • Vistaで採用される予定であった統合ファイルシステム • SQL Server 2005(Yukon)のエンジンを使い、ファイルシステ ム自体が検索機能を持ち、様々なタイプのデータを瞬時に取 り出すことができる。 また、各ファイルの属性を示すメタデータ を管理することによりファイルシステム自体が個々のファイル の持つ意味や属性を把握できる仕様となっていた。この機能 を利用することによって、個々のファイルの持つ様々な情報を、 OSのサービスとしてAPIを通じて各アプリケーションに提供で きるはずだった。 • バーチャルフォルダ機能
  31. 31. VSUG DAY – FINAL – Whitehorse • サービス指向アプリケーションデザイナー
  32. 32. VSUG DAY – FINAL – Visual Studio 2008 • コードネーム:Orcas (9.0) • ターゲットOS:Windows Vista • 発売日:2008年2月8日 • フレームワーク&開発言語 – .NET Framework 3.0、3.5 – Visual Basic 2005 (9.0) – Visual C# 3.0 – Visual Studio Team System 2008 – SQL Server 2005 • エディション – Express、Standard、Professional、Team System
  33. 33. VSUG DAY – FINAL – Visual Studio 2008 ー キーワード その1- • .NET Framework 2.0、 3.0、 3.5 と切替が可能 • JavaScript – Intellisense、Debugging • MSBuild • LINQ (Language INtegrated Query) – LINQ to Objects (コレクション/列挙子をLINQクエリで操作可能にする) – LINQ to XML – LINQ to ADO.NET • LINQ to SQL (DLinq / SQL Server専用) • LINQ to Entities (SQL Setrver / ORACLE / MySQL / SQLite等) • LINQ to DataSet (DataSetに対する拡張メソッドにより、LINQクエリを記述可能とする) • ASP.NET 3.5
  34. 34. VSUG DAY – FINAL – Windows Vista ー キーワード その1- • Windows Aero • Windows Update – Webベースでのインタフェース ⇒ コントロールパネル • ユーザーアカウント制御 (UAC:User Account Control) • .NET Framework 3.0 • Windows SuperFetch • Windows ReadyBoost • Windows エクスペリエンス インデックス
  35. 35. VSUG DAY – FINAL – こんなPCもありました
  36. 36. VSUG DAY – FINAL – ASP.NET MVC Framework • Model View Controller (MVC) パターンをベースとしたアプリ ケーションを開発するためのASP.NETのWebアプリケーショ ンフレームワーク • ASP.NET MVC CTP 2007年12月10日 • ASP.NET MVC 1.0 2009年 3月13日 • ASP.NET MVC 2.0 2010年 3月10日 • ASP.NET MVC 3.0 2011年 1月13日 • ASP.NET MVC 4.0 2012年 8月15日 • ASP.NET MVC 5.0 2013年10月17日 • ASP.NET MVC 5.1 2014年 1月17日
  37. 37. VSUG DAY – FINAL – Visual Studio 2010 • コードネーム:Dev10 (Hawaii) (10.0) • ターゲットOS:Windows 7 • 発売日:2010年6月18日 • フレームワーク&開発言語 – .NET Framework 4.0 – Visual Basic 2010 (10.0) – Visual C# 4.0 – F#追加 – SQL Server 2008 • エディション – Express (言語別) 、Professional、Premium、Ultimate (Standard は廃止)
  38. 38. VSUG DAY – FINAL – Visual Studio 2010 ー キーワード その1- • .NET Framework 2.0、 3.0、 3.5 、4.0 と切替が可能 • Visual Studio Shell は WPFで作り直し • Crystal Reports のバンドルを終了 • ウェブデザイナー機能の HTML 5、CSS 3 の対応 • SQL Server Compact 4.0の対応 • IIS Express の対応 • Parallel Extensions • ASP.NET 4.0
  39. 39. VSUG DAY – FINAL – Microsoft Silverlight • Silverlight 1 – 公開日:2007年9月6日 – JavaScriptを利用したプログラムのみに対応 • Silverlight 2 – 公開日:2008年10月14日 – CLR(Common Language Runtime)を搭載 • Silverlight 3 – 公開日:2009年7月11日 – Out Of Browser • Silverlight 4 – 公開日:2010年4月16日 – Webカメラ、マイクのサポート、オフラインのDRM対応、マルチキャストストリーム、コピー・アンド・ペースト、ドラッグ・アンド・ドロップ、マウスホイール、右クリック、印刷のサポート • Silverlight 5 – 公開日:2011年12月6日 – 動画のハードウェア アクセラレーション、メディア コンテンツの変速再生(機能名:トリックプレイ)、パワー マネージメント、リモート コントロール、文字の表示の 改善とOpenType機能の完全対応、印刷機能の強化、グラフィックのハードウェア アクセラレーション、アウトオブブラウザー機能の強化、自動UIテストの対応、 起動の高速化と、Internet Explorer 9のハードウェア アクセラレーション機能の対応、64ビット版ブラウザーの対応
  40. 40. VSUG DAY – FINAL – Visual Studio LightSwitch 2011
  41. 41. VSUG DAY – FINAL – お宝写真館
  42. 42. VSUG DAY – FINAL – Visual Studio 2012 • コードネーム:Dev11 (11.0) • ターゲットOS:Windows 8 • 発売日:2012年9月12日 • フレームワーク&開発言語 – .NET Framework 4.5 – Visual Basic 2012 (11.0) – Visual C# 5.0 – F# 3.0 – SQL Server 2012 • エディション – Express(言語統合)、Professional、Premium、Ultimate
  43. 43. VSUG DAY – FINAL – Visual Studio 2012 ー キーワード その1- • .NET Framework 2.0、 3.0、 3.5 、4.0、4.5 と切替が可能 • Windows 8 アプリケーション開発へ対応 • C++/CX • Blend for Visual Studio • 同梱されているWindows SDK 8.0は、これまで単独提供されていた DirectX SDKが統合 • IDEの正規表現検索・置換機能にVisual Studio独自の文法を用いて いたが、2012以降では.NETベースの正規表現に変更 • 標準のVisual Studioマクロ機能はバージョン2010までの提供で、 2012では廃止 • ASP.NET 4.5
  44. 44. VSUG DAY – FINAL – Visual Studio 2013 • コードネーム:Dev12 (12.0) • ターゲットOS:Windows 8.1 • 発売日:2013年10月17日 • フレームワーク&開発言語 – .NET Framework 4.5.1 – Visual Basic 2013 (11.0) – Visual C# 5.0 – F# 3.1 – SQL Server 2012? • エディション – Express、Community、Professional、Premium、Ultimate
  45. 45. VSUG DAY – FINAL – Visual Studio 2013 ー キーワード その1- • .NET Framework 2.0、 3.0、 3.5 、4.0、4.5 と切替が可能 • Windows 8.1 アプリケーション開発へ対応 • Gitを用いたバージョン管理に標準機能で対応 • TypeScriptに対応(update2) • ASP.NET 4.5.1
  46. 46. VSUG DAY – FINAL – Visual Studio 2015 • コードネーム:Visual Studio "14" (14.0) • ターゲットOS:Windows 10 • 発売日:2015年7月20日 • フレームワーク&開発言語 – .NET Framework 4.5.1 – Visual Basic 2013 (11.0) – Visual C# 6.0 – F# 4.0 – SQL Server 2014 • エディション – Express、Community、Professional、Ultimate ( Premium は廃止)
  47. 47. VSUG DAY – FINAL – Visual Studio 2015 ー キーワード その1- • .NET Framework 2.0、 3.0、 3.5 、4.0、4.5、4.5.1、4.6 と切替が可能 • Windows 10向けのユニバーサルWindowsプラットフォーム (Universal Windows Platform, UWP) アプリケーションを開発 • iOS、Androidなど各種モバイル端末に向けた、Apache Cordovaなど を用いたクロスプラットフォーム開発機能の強化[45] • TypeScript 1.5 • (ASP.NET 5) • Roslyn 採用などによる言語解析やIDEサポートの改善 • ASP.NET 4.6
  48. 48. VSUG DAY – FINAL – ASP.NET • 1.0 – 最初のバージョン • 1.1 – モバイルコントロール、自動入力検証 • 2.0 – データコントロール(GridView、FormView、DetailsView)、データアクセス(SqlDataSource, ObjectDataSource, XmlDataSource) ナビゲートコントロール、マスターページ、ログインコントロール、テーマ、スキン、Web Parts、ほか多数 • 3.0 – Windows Communication Foundation 、Windows CardSpace • 3.5 – データコントロール(ListView、DataPager)、ASP.NET AJAX • 3.5 Service Pack 1 • 4.0 – Pageクラスへ、MetaKeyword と MetaDescription のプロパティを追加 • 4.5 • 4.5.1 – Bootstrap 3.0、MVC 5、EF 6、Signal R、OWIN • 4.6 – HTTP/2サポート(Windows10)、Async対応のライブラリを増やした
  49. 49. VSUG DAY – FINAL –

×