Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

UE4背景アーティスト勉強会(後編) 実演+解説

33,178 views

Published on

前半のアートプロトタイプを各工程ごとに実演とそれにあわせた機能の解説になります。
実演に関しては動画にてごらんください。

Published in: Design
  • Be the first to comment

UE4背景アーティスト勉強会(後編) 実演+解説

  1. 1. UE4 背景アーティスト勉強会 in 大阪 デモンストレーションや 第2部
  2. 2. 前提として・・・ UE4をある程度触ったことある前提で 話を進めますので、 細かい部分まで解説が行き届かないと思います。 よくわからない操作の部分があれば 質問タイムや懇親会で遠慮無く聞いてください。
  3. 3. 前提として・・・ 私がPolycountのNoobChallengeを見て 作ってみたものを使って解説をします。(未完成)
  4. 4. 工程 ・ブロックアウト + 解説 ・仮モデル作成 + 解説 ・仮レイアウト + 解説 ・仮ライティング + 解説 ・仮ポストプロセス + 解説 ・アートディレクターチェック
  5. 5. ブロックアウト コンセプトアートを確認します。
  6. 6. ブロックアウト パーツを上から描いて切り分ける。
  7. 7. ブロックアウト 厳密に細かく分ける必要はない。 壁、床、天井、柱など大きな構成パーツで分類。 作りながらイテレーションの中で細分化していく
  8. 8. 工程 ・ブロックアウト + 解説 ・仮モデル作成 + 解説 ・仮レイアウト + 解説 ・仮ライティング + 解説 ・仮ポストプロセス + 解説 ・アートディレクターチェック
  9. 9. 仮モデル作成 DCCツールで仮モデル作成する。 UVは自動展開ツールで展開するだけ。
  10. 10. この段階で 友達のコンセプトアーティスト に見せてみた
  11. 11. 仮モデル作成 ※元のコンセプトをディスしている わけではありません。 形がかわいいね
  12. 12. 仮モデル作成 もっとかっこよくしたいよね
  13. 13. 仮モデル 修正
  14. 14. 仮モデル 修正 いいね♥
  15. 15. 仮モデル 修正 これに上から 描いていい?
  16. 16. もちろん、OK!
  17. 17. 新コンセプトアート Concept art by Yap Kun Rong
  18. 18. UE4にデータをインポート
  19. 19. 仮モデルの設定
  20. 20. 仮モデルの設定でやること ・マテリアルのセット ・コリジョンの設定 ・Light map解像度の設定
  21. 21. マテリアル 基本色、ラフネス、メタリックが変更できる マテリアルインスタンスを作成。
  22. 22. マテリアル 色はグレー(0.25, 0.25, 0.25)ぐらい。 Roughnessは0.2 反射が入るように低め。
  23. 23. マテリアル ライトの部分にはEmissiveを使った マテリアルインスタンスを適用
  24. 24. 仮モデルの設定 コリジョン Collision Complexityを Use Complex Collision As Simple にする
  25. 25. Light map解像度 最初は適当に大きめで設定する。
  26. 26. 工程 ・ブロックアウト + 解説 ・仮モデル作成 + 解説 ・仮レイアウト + 解説 ・仮ライティング + 解説 ・仮ポストプロセス + 解説 ・アートディレクターチェック
  27. 27. レイアウト 仮モデルをレイアウトしていく
  28. 28. レイアウトで必ず配置するもの ・仮モデルのStaticMesh ・レイアウト用ライト ・反射キャプチャ
  29. 29. 反射キャプチャ 配置した所から一定範囲のCubemapをキャプ チャしてくれる。
  30. 30. 反射について 詳細はUnrealDocumentを参照 ・反射環境 ・反射の事例
  31. 31. UE4の反射 ・Screen Space Reflection ・Reflection Capture (Sphere/Box) ・Light(Movable, Stationary)
  32. 32. Screen Space Reflection 動的に計算してくれる反射
  33. 33. Screen Space Reflection Screen Space (画面の範囲) しか計算されない。
  34. 34. Screen Space Reflection 設定はPost process Volumeから変更可能
  35. 35. Reflection Capture シーンに配置した位置から一定範囲を キャプチャしたCubemapを貼ってくれる。
  36. 36. Reflection Capture 映り込む範囲はInfluence Radiusで変更 変形ウィジットのスケールでも可
  37. 37. Reflectionの問題点 複数のReflectionの結果のズレが見える
  38. 38. Reflection結果はおおよその結果でしかない。 (公式ドキュメントから) Reflectionの問題点
  39. 39. 反射が目立つフラットな平面を使用しない。 ディテールノーマルを入れたり、 曲線形の形状を使用する。 問題の解決方法
  40. 40. ・Screen Space Reflectionは重い。 ・Reflection Captureを配置しすぎると 描画負荷につながるので注意。 パフォーマンス
  41. 41. 詳細な反射が必要な箇所以外には配置は不要。 Red:レベル、背景全体 Blue:それぞれの部屋 Green:重要な詳細が必要な場所 パフォーマンス
  42. 42. レイアウトで知っておくとよいこと ・画角(FOV) ・ブックマーク機能 ・カメラ配置 ・全画面表示(F11) ・選択解除(Esc) ・ゲームビュー(G) ・半透明オブジェクトの選択(T) ・ブラシマーカーポリゴンを描画
  43. 43. 画角(FOV) ゲームと画角と 揃える。 デフォルトは FOV90
  44. 44. ブックマーク機能 カッコいい構図の 位置で登録 超便利! 数字はテンキーではない 方になるので注意。
  45. 45. カメラ配置 Camera Actorを配置 左下のピンをクリックで常時表示される 遠景のレイアウトをするときに便利
  46. 46. 全画面表示(F11) 時々全画面表示にして、椅子に持たれて眺める。 そして、自画自賛! 自分最高♥
  47. 47. 全画面表示(F11) 作業中は画面比率が正しくない事が多い。 正しい比率で時々チェックをする
  48. 48. 選択解除(Esc) 選択を解除する ESCで選択解除
  49. 49. ゲームビュー(G) エディタに表示されているアイコンを非表示
  50. 50. 半透明オブジェクトの選択(T) 半透明オブジェクトの選択の可否のトグル
  51. 51. ブラシマーカーポリゴンを描画 Volumeの調整をする時に便利
  52. 52. 工程 ・ブロックアウト + 解説 ・仮モデル作成 + 解説 ・仮レイアウト + 解説 ・仮ライティング + 解説 ・仮ポストプロセス + 解説 ・アートディレクターチェック
  53. 53. おことわり… 茄子はライティング、ポストプロセスに 詳しくありません。 今日解説する内容は こういう一個人のやり方 という感じで捉えてください。 間違いがあればご指摘お願いします! 堪忍な~
  54. 54. ライティングで配置するもの ・Lightmass Importance Volume ・各種ライト
  55. 55. LightmassImportanceVolume 間接ライティングの計算範囲を指定するもの。 プレイヤーが受ける間接ライティングの情報が サンプルとして配置される。
  56. 56. LightmassImportanceVolume プレイヤーの移動する範囲のみ配置する メモリの節約とビルド時間の短縮が出来る。
  57. 57. ライトの使い方 基本的な使い方はUnreal Documentで。 入門編>ライティングクイックスタートガイド
  58. 58. ライトの設定の参考 Contents ExampleのLighting.umap
  59. 59. UE4のライトの種類 ・平行光源(Directional Light) ・スカイライト(Sky Light) ・点光源(Point Light) ・スポットライト(Spot Light)
  60. 60. 平行光源 太陽専用ライト
  61. 61. スカイライト 空からの反射光を計算してくれるもの。 影の色を明るくしたい場合に使用する。 HDRIの画像を割り当てることでIBL環境を作成 することも可能。
  62. 62. 点光源 全方向を照らすライト 室内ライティングでは大変お世話になる。 よく使用する例 裸電球、蛍光管など
  63. 63. スポットライト 円すい形に一定方向を照らすライト 室内ライティングでは大変お世話になる。 よく使用する例 照明器具各種…
  64. 64. ライトを置く前に… 表示>ポストプロセスの項目を全て外す。
  65. 65. ライトを置く前に… ポストプロセスにはライティングに 影響を与える要素が多いため、 ライトだけで設定を行った方がいいのかなと思っ てます。 (あくまでも個人的なフローになります)
  66. 66. では早速ライトを置いてみましょう
  67. 67. ライティングの目標
  68. 68. ライティングの目標 ライティングの目標はリアルではなく、 コンセプトアートの印象にあわせること。 ライティングは絵の重要な要素なので、 コンセプトアートの印象に合わる。
  69. 69. Previewの文字を消す 表示>可視化>Preview Shadows Indicator チェックを外す
  70. 70. IES Profiles 点光源とスポットライトに使用することが可能。 IESデータは以下から無料でDL可能 http://www.mrcad.com/download-free- ies-lights/
  71. 71. IES Profiles StationaryもしくはMovableでしか 使用できない。
  72. 72. エリアライト 蛍光管のような一定の面積をもつものから発せら れる光を表現するのに使用。
  73. 73. エリアライト 現在、球か円柱形のみ可能
  74. 74. Use Emissive For Static Lighting Ver4.6以降 StaticMesh設定でチェックを入れると EmissiveをStaticLightとして使用できる。
  75. 75. 可動性について 3つ種類があります。 ・Movable ・Stationary ・Static
  76. 76. Movable ゲーム中に移動、回転など様々な変更が可能。 処理負荷が最も高い。 太陽光の時間変化シュミレート プレイヤーが持つランプ、懐中電灯など…
  77. 77. Stationary ゲーム中に移動、回転は出来ないが、 IntensityとColorの変更が可能。 (ただし、直接光のみ) ライトの重なりは3つまで。 反射に影響あり。 IES Profileが使用できる。
  78. 78. Static 完全にLightmapに焼き付けられるライト。 負荷がほとんどない。 反射に影響しない。
  79. 79. 可動性について alweiさんのblogに わかりやすい解説があります。
  80. 80. 工程 ・ブロックアウト + 解説 ・仮モデル作成 + 解説 ・仮レイアウト + 解説 ・仮ライティング + 解説 ・仮ポストプロセス + 解説 ・アートディレクターチェック
  81. 81. Post Process 本来なら… アーティストの好みで設定するのではなく、 アートディレクターと相談をしながら 決めていく工程。
  82. 82. Post Processで配置するもの ・Post Process Volume
  83. 83. Post Process Volume とりあえず置きます。
  84. 84. Post Process Volume Unbound ☑ で全域にかかる
  85. 85. 表示>ポストプロセス ポストの表示をもとに戻す。
  86. 86. Post Processの参考 Unreal Document ポストプロセスエフェクト
  87. 87. Post Processの参考 Contents ExampleのPostProcessing.umap
  88. 88. Post Processで設定するもの ・Auto Exposure ・Scene Color (Fringe, Vignette, Grain) ・Ambient Occlusion(SSAO) ・Bloom ・Lens Flares ・Color Grading などなどお好みで…
  89. 89. Scene Color(Fringe) いわゆる色収差。 現実のカメラで起こる現象のシュミレート。
  90. 90. Scene Color(Vignette) カメラの端がだんだん暗くなる効果の シュミレート
  91. 91. Scene Color(Grain) 画質が悪い感じの細かいノイズ。 ISO感度のシュミレーション??
  92. 92. この3つが入るだけで レンズっぽさが出てくる お得やね
  93. 93. Ambient Occlusion Post Processで設定するAOは Screen Space Ambient Occlusion リアルタイムで計算されているAO デフォルト値 Intensity : 1.0 Radius : 120
  94. 94. Ambient Occlusion 視覚化したいときは 表示モードからアンビエントオクリュージョン
  95. 95. Bloom 発光現象。 Bloomなし Bloomあり
  96. 96. Bloom 発光現象。 ThresholdはBloomが反応する輝度の値。 デフォルト1なので 1以上の値 にするのがよ さそう。 発光させたいもの(ライトなど)は一定の輝度値 を決めておくとコントロールしやすいかも
  97. 97. Bloom 汚れマスクも設定出来ます。
  98. 98. Lens Flares レンズが明るい光源に向けられている時に起こる 現象。 Lens flares なし Lens flares あり
  99. 99. Lens Flares 映画のようなアナモルフィックレンズの効果は ポストプロセスでは出来ないので注意
  100. 100. Color Grading ルックアップテーブルにフォトショップでかけた 色調補正と同じ効果をかける機能 Photoshop で調整 ColorGradingを適用
  101. 101. これで、ひと通りの設定が完了
  102. 102. しかし、 これで終わりではありません。 なんやて!!!
  103. 103. (大事なので2回目) アートプロトタイプは イテレーションを 何回も行います。
  104. 104. 工程 ・ブロックアウト + 解説 ・仮モデル作成 + 解説 ・仮レイアウト + 解説 ・仮ライティング + 解説 ・仮ポストプロセス + 解説 ・アートディレクターチェック
  105. 105. ということで、 現段階をアートディレクターに チェックしてもらいました。
  106. 106. 太陽光の向きが よくないね… 床が目立ちすぎるし…
  107. 107. まじか… (予想はしてたけども…)
  108. 108. ライトの向きを 色々テストしてみようか
  109. 109. 一緒に調整してみた。
  110. 110. こんなかんじでいいよ!
  111. 111. という感じで、 アートディレクターと 一緒に簡単に調整できるのは UE4の良い所です。
  112. 112. ・グラフィック方針の確定 ・レベルデザインの調整 ・仮モデル精度のアップ ・メモリの確認 ArtPrototypeで行うこと
  113. 113. ご質問は?
  114. 114. ご清聴ありがとうございました。 最後まできいてくれて おおきに!

×