ピボットテーブル01

2,556 views

Published on

Excel 2010 Pivot Table,ピボット,ピボットテーブル

Published in: Technology
0 Comments
3 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
2,556
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
7
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
3
Embeds 0
No embeds

No notes for slide
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • ピボットテーブル01

    1. 1.    第六回 ピボットテーブル 01 2012/03/27
    2. 2. ピボットテーブルとは?Business Intelligence機能一目見ただけではわかりづらいデータベースを見える化する機能行と列に「その項目を中心に見たい」という項目を指定すると、Excelが便利にまとめてくれる
    3. 3. ピボットテーブルは、データの編集や追加/削除をするため のツールではありません。 いろいろな切り口でデータを加工/分析するためのツールです。
    4. 4. サンプルデータ
    5. 5. ほとんどの操作はここの[フィールドリスト] で項目をD&Dして行います
    6. 6. 一般的な構成レポートフィルターいちばん上位の分類項目。(なければなしでよい)列ラベル比較したい横軸。だいたい日付かテキストデータ。行ラベル調べたい項目そのもの。だいたいテキストデータ。値調べたい項目の値。だいたい数値データ。
    7. 7. 行ラベルに[商品名]列ラベルに[営業担当者] 値に[合計/計]
    8. 8. 行ラベルに[分類] > [商品名] 列ラベルに[営業担当者] 値に[合計/計]
    9. 9. こういった形で、項目Aを行に項目Bを列にして、その2つを中心とした視点でデータを再構成して、すぐ把握できるようにするというのが最も基本的な使い方。D&Dという簡単な操作で手軽にデータを可視化できますが、どういうポイントを中心としてそのデータを見たいのか、という目的意識が非常に重要。ただ、最初からそれが分かれば苦労しないよ、という話なので、最初はとにかくいろいろなパターンを試してみて、「ここ怪しいかも」というポイントを見つけたら、今度はそこを中心にして試してみる、というプロセスを続けると、最終的に価値あるInsightが得られるのではないかと思います。
    10. 10. 基本的な操作ピボットテーブルの ドリルダウン作成 日付のグループ化詳細データの表示 (年/月/週表示)並び替え テキストのグループ化
    11. 11. ピボットテーブルの作成
    12. 12. [挿入] > [ピボットテーブル]その後、データ元、作成先を指定する
    13. 13. データを更新/追加した場合ピボットテーブルでは値の変更ができないので、必ず元データを修正する単純にデータを修正しただけであれば、修正後に[更新]をクリック元データが追加されて、取り込む範囲が変わったときは、[データソースの変更]から範囲を変更する
    14. 14. 詳細データの表示
    15. 15. たとえば、「チキンカレー」の詳細を見たいときは、該当する値をダブルクリックすると、
    16. 16. このように、「チキンカレー」のデータの詳細(元データ)が表 示される
    17. 17. ドリルダウン
    18. 18. こういうドリルダウンを作りたいとき
    19. 19. やり方1[フィールドリスト]で項目を上から順に配置していくやり方2テーブルのほうで項目をダブルクリックして、[詳細データの表示]から追加していく
    20. 20. 並べ替え
    21. 21. 値を昇順/降順に並べ替えたい
    22. 22. 並べ替えたい値を選択した上で、[並べ替え]をクリック
    23. 23. 日付のグループ化
    24. 24. 日付などを列ラベルにすると横長すぎるから 月単位などにまとめたいとき
    25. 25. グループ化したい項目を選択して、 [グループの選択]をクリック
    26. 26. ここで[月]を選択すれば、 月単位の表示に変わる
    27. 27. テキストデータの グループ化
    28. 28. 日時のように一定の単位が決まっているのものでないときは、自分でグループ化したいものを選択した状態で[グループの選択] をクリックすると、選択したものをグループ化できる
    29. 29. 適当に3グループに分けた様子
    30. 30. 知っていると便利な操作データの個数 グループ化したデータ を並べて表示列集計に対する比率 総計/空白行などの表示前月比 設定累計 すべての分類に含まれ る数の合計複数データの組合わせ レポートフィルター任意の数式組み込み
    31. 31. データの個数(値でなく個数が知りたい)
    32. 32. [フィールドの設定] > [データの個数] を選択する
    33. 33. 列集計に対する比率の表示
    34. 34. [フィールドの設定] > [計算の種類]タブ[計算の種類]で[列集計に対する比率]を選択
    35. 35. 前月比の比率
    36. 36. このデータから前月との比率を出したい
    37. 37. 前月比表示用に、[計]のフィールドを追加する ([計]の値の前月比を出したいから)
    38. 38. [値フィールドの設定]で、以下のようにする。[計算の種類] = [基準値との差分の比率] [基準フィールド] = 日付 [基準アイテム] = (前の値)
    39. 39. すると、このように、対前月比の割合を表示できる (最初の月は前月データが無いので空欄)
    40. 40. 累計
    41. 41. 7月からはじめて、各月ごとに累計を出したい
    42. 42. 前月比表示用に、[計]のフィールドを追加する ([計]の値の累計を出したいから)
    43. 43. [値フィールドの設定]で、以下のようにする。 [計算の種類] = [累計] [基準フィールド] = 日付
    44. 44. すると、このように、各月ごとの累計が表示される
    45. 45. 複数データの組み合わせ
    46. 46. これまでの操作を組み合わせて、複数の集計結果を合わせて表示することも可能
    47. 47. この場合、フィールド設定を左のようにし、注文件数は、明細番号を「データの個数」表示にしている。
    48. 48. 任意(自作)の数式組み込み
    49. 49. 任意のフィールドの値を使用した数式を 新しいフィールドとして組み込む
    50. 50. [オプション]タブ > [計算方法] >[フィールド/アイテム/セット] > [集計フィールド]
    51. 51. [名前] = 新しいフィールドの名前 [数式] = <既存フィールド>を使用した数式 (この場合は、「計*0.05」)*数式なので、数値データのフィールドでないと機能しません
    52. 52. [数式の一覧表示]で、使用されている数式を、 文字どおり一覧可能
    53. 53. グループ化したデータを 並べて表示
    54. 54. カレー、シチュー、カレー比率、シチュー比率というアイテムを作って、行に並べて表示する
    55. 55. アイテムを追加したいフィールドを選択した状態で、 [集計アイテム]をクリック(ちなみに、すでにそのピボットテーブルでどこかのアイテムをグ ループ化していると、この機能は使用できません)
    56. 56. アイテムに名前をつけて、まとめたい項目で、数式を組み立てます
    57. 57. 自分で作ったアイテムも、数式に組み込むこと ができます。
    58. 58. 総計や空白行の表示設定
    59. 59. [デザイン]タブの[小計]、[総計]、[空白行]などでもろもろ設定できます。
    60. 60. すべての分類に含まれる数 の合計
    61. 61. 担当者ごとに分類しているが、アイテムごとの合計も知りたい
    62. 62. アイテムのフィールドを選択した状態で、 [フィールドの設定]をクリック[小計とフィルター]で、[指定]をチェックし、[合計]を選択
    63. 63. すると、一番下に「商品名」ごとの 合計値が表示される
    64. 64. レポートフィルター
    65. 65. レポートフィルター? ドリルダウン?どちらをつかうか
    66. 66. レポートフィルターの場合
    67. 67. ドリルダウンの場合
    68. 68. [オプション] > [レポートフィルターページの表示]をクリックして、フィールドを選ぶと、
    69. 69. そのフィールドでフィルターした結果ごとにシートを一括で作成できるので、パターンが決まっているときはこれが便利。
    70. 70. どちらでも同じ数値を出すことはできるどう見たい/見せたいかの問題レポートフィルターの方がデータはコンパクトで見やすいが、テーブルひとつの情報量は少ない。自分でフィルター設定を変える必要があるドリルダウンは重ねるほどデータが量が多く、長くなる。含まれるデータは豊富だが、データ解析で読みづらいというのは問題。それぞれ一長一短なので、うまく組み合わせたり、状況に即して設定するといいと思います。パターン化していて、何パターンか作るものが決まっているときはレポートフィルターがいい

    ×