Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
IN 広島
IN 広島 目的のためのサービスづくり。サービスのためのデザインづくり。      2011.05.13
お話すること  1. 自己紹介  2. はじめに  3. 考え方について  4. 制作について  5. 制作事例  6. 目的のためのサービスづくり  7. サービスのためのデザインづくり  8. まとめ                    ...
[はじめに]
はじめに   毎日、どれくらいの広告(情報)に       触れていますか?                      10
はじめに      生活者(消費者)が 毎日どんな情報に接触しているでしょう? 世の中の情報は爆発的に増加するばかり。。                        11
はじめに朝起きてケータイを確認し、朝食ととりながら新聞をみる。テレビのニュースにも耳を傾けながら慌てて出社。通勤しながら電車の中刷りをぼんやり眺める。駅でいくつかのポスターや交通広告を通り抜け、会社までの間にいくつかの看板広告、ティッシュ配り、...
はじめに       広告の取り巻く環境はすさまじい勢いで日々、刻々と変化を続けています。  他の情報に埋もれることなく、 自分が発信する情報を届けることは    非常に困難な状況です。                           13
はじめに   「はじめに」のまとめ                14
はじめに       まずは、溢れる情報に どんな目的があるのか、どんな効果を持ち、 どうやって生活者に届けらているのか       考えてみようと思います。                        15
[考え方について]
考え方について 情報とはなんでしょう?    「それは自分にとって必要な情報か」           広告=アテンション?                        17
考え方について          いいえ。「広告なんて、いちいち覚えているわけがない!」                      18
考え方について          目立つ=伝える ?     広告=広く、告げる !   広告=コミュニケーションの成立 共感できる!               一緒に楽しめる!          ずっと使える!               ...
考え方について     情報は   届けられるもの    からそれぞれの価値観から   選ぶもの   へと変化しています。  自ら選択し必要なモノだけを利用                                 20
考え方について   注目の獲得 から 共感の獲得 へ   情報の流れが一方通行から双方向へ   互いのポジティブな情報交換が、   より良い関係と情報共有を生む。                      21
考え方について          [目的]           共感  [効果]          [伝わり方]                         22
考え方について    少し難しいかも?な話                 23
考え方について            マーケティング マーケティング(marketing)とは、企業や非営利組織が行うあらゆる活動の うち、「顧客が真に求める商品やサービスを作り、その情報を届け、顧客がそ の商品を効果的に得られるようにする活動...
考え方についてこれまでのマーケティング → 機能や価格や品質が少しでも違えば、消費者が少しでも  良い方、安い方、に向かって行動することを前提 これからのマーケティング→ 情報が れ広告の効果がどんどん薄まっている。  生活者は自ら情報を選択し...
考え方についてマーケティング1.0[製品中心]製品が中心で、消費者は大衆というひとかたまりとして捉えれていた段階マーケティング2.0[サービス(情報)中心]十分な情報を持った消費者が中心で、消費者自身が情報を共有している段階マーケティング3.0...
考え方について     [人間中心]      企業   と   生活者   が   互いにポジティブな情報交換を行う。                         27
考え方についてメールやDMなどの[囲い込み]のアプローチからTwitterやFacebookなどSNSで直接[語りかけ合う]コミュニケーションへ                           28
考え方について企業本位の発想で「いかに伝え」「いかに理解してもらい」「いかに買ってもらうか」             ↓からいかに商品やブランドに愛着を持ってもらうか アイテムの質ではなくそのモノに対しての満足感。               ...
考え方について企業と生活者のお互いがパートナーとして認め合う関係として整いつつある時代                    30
考え方について結局これも     共感   となります。                    31
考え方について 「考え方について」のまとめ                 32
考え方について  [目的][効果][伝わり方]         × 共感を生むパートナー 同士のポジティブな関係                   33
制作について
制作について[コンセプト(全体像)] →            目的[ストーリー(物語)]  →            効果[デザイン(表現)]   →            伝わり方                インタラクシ ンデザイ   ...
制作について            イ ォ ーシ ンデザイ             ンフ メ ョ    ン         情報を設計 構築し、与件に適した配置・配色をデザインする。              ・            インタラ...
制作について3つの情報設計を行った上で、[コンセプト(全体像)][ストーリー(物語)][デザイン(表現)]3つのデザイン設計を行います。 イ ォ ーシ ンデザイ  ンフ メ ョ    ン   インタラクシ ンデザイ               ...
[制作事例]
制作について ファンとの対話を視覚的にたのしく表現                      39
制作について              ひろしま国際平和マラソン              www.hiroshima-marathon.com             [目的]         参加者12000人,認知度UP,30周年    ...
制作について              ひろしま国際平和マラソン              www.hiroshima-marathon.com             [目的]         参加者12000人,認知度UP,30周年    ...
制作について  ブランドイメージを徹底して追求                    41
制作について          家具の里プロダクト研究所          www.kagusatoken.jp         [目的]          徹底したブランド展開で他との差別化         [効果]          新規フ...
制作について          家具の里プロダクト研究所          www.kagusatoken.jp         [目的]          徹底したブランド展開で他との差別化         [効果]          新規フ...
制作についてウェブサイトから伝わるありのままのお店                      43
制作について          ヘアサロン RUTH          www.ruth.co.jp         [目的]          来店促進         [効果]          お店の印象をインテリアなどから発信     ...
制作について          ヘアサロン RUTH          www.ruth.co.jp         [目的]          来店促進         [効果]          お店の印象をインテリアなどから発信     ...
制作について 「制作について」のまとめ                45
制作について  [構造] [機能]   [表層]         × 一貫したイメージづくり  とシンプルな世界観                     46
目的のためのサービスづくり
目的のためのサービスづくり  [目的] [効果] [伝わり方]         × 共感を生むパートナー 同士のポジティブな関係                     48
サービスのためのデザインづくり
サービスのためのデザインづくり  [構造] [機能]   [表層]         × 一貫したイメージづくり  とシンプルな世界観                     50
[まとめ]
まとめ      改めてもう一度。                 52
まとめ   広告なんて いちいち覚えている   わけがない!             53
まとめ      情報は   届けられるもの   から  それぞれの価値観から   選ぶもの   へと変化                             54
まとめ      「自然な共感」 「コミュニケーション」                55
まとめ      人の日常を。               56
ご清聴、ありがとうございました。   高見 祐介 @aghome
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

Jimdo hiroshima2011

1,037 views

Published on

  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

Jimdo hiroshima2011

  1. 1. IN 広島
  2. 2. IN 広島 目的のためのサービスづくり。サービスのためのデザインづくり。 2011.05.13
  3. 3. お話すること 1. 自己紹介 2. はじめに 3. 考え方について 4. 制作について 5. 制作事例 6. 目的のためのサービスづくり 7. サービスのためのデザインづくり 8. まとめ 3
  4. 4. [はじめに]
  5. 5. はじめに 毎日、どれくらいの広告(情報)に 触れていますか? 10
  6. 6. はじめに 生活者(消費者)が 毎日どんな情報に接触しているでしょう? 世の中の情報は爆発的に増加するばかり。。 11
  7. 7. はじめに朝起きてケータイを確認し、朝食ととりながら新聞をみる。テレビのニュースにも耳を傾けながら慌てて出社。通勤しながら電車の中刷りをぼんやり眺める。駅でいくつかのポスターや交通広告を通り抜け、会社までの間にいくつかの看板広告、ティッシュ配り、街頭PRを横目に会社に到着。会社のラジオやチラシ、雑誌などに触れながらメールをチェックしているとブラウザにはレコメンド広告が…。。 12
  8. 8. はじめに 広告の取り巻く環境はすさまじい勢いで日々、刻々と変化を続けています。 他の情報に埋もれることなく、 自分が発信する情報を届けることは 非常に困難な状況です。 13
  9. 9. はじめに 「はじめに」のまとめ 14
  10. 10. はじめに まずは、溢れる情報に どんな目的があるのか、どんな効果を持ち、 どうやって生活者に届けらているのか 考えてみようと思います。 15
  11. 11. [考え方について]
  12. 12. 考え方について 情報とはなんでしょう? 「それは自分にとって必要な情報か」 広告=アテンション? 17
  13. 13. 考え方について いいえ。「広告なんて、いちいち覚えているわけがない!」 18
  14. 14. 考え方について 目立つ=伝える ? 広告=広く、告げる ! 広告=コミュニケーションの成立 共感できる! 一緒に楽しめる! ずっと使える! 19
  15. 15. 考え方について 情報は 届けられるもの からそれぞれの価値観から 選ぶもの へと変化しています。 自ら選択し必要なモノだけを利用 20
  16. 16. 考え方について 注目の獲得 から 共感の獲得 へ 情報の流れが一方通行から双方向へ 互いのポジティブな情報交換が、 より良い関係と情報共有を生む。 21
  17. 17. 考え方について [目的] 共感 [効果] [伝わり方] 22
  18. 18. 考え方について 少し難しいかも?な話 23
  19. 19. 考え方について マーケティング マーケティング(marketing)とは、企業や非営利組織が行うあらゆる活動の うち、「顧客が真に求める商品やサービスを作り、その情報を届け、顧客がそ の商品を効果的に得られるようにする活動」の全てを表す概念である。 24
  20. 20. 考え方についてこれまでのマーケティング → 機能や価格や品質が少しでも違えば、消費者が少しでも 良い方、安い方、に向かって行動することを前提 これからのマーケティング→ 情報が れ広告の効果がどんどん薄まっている。 生活者は自ら情報を選択し、共感しながら行動することを 前提 25
  21. 21. 考え方についてマーケティング1.0[製品中心]製品が中心で、消費者は大衆というひとかたまりとして捉えれていた段階マーケティング2.0[サービス(情報)中心]十分な情報を持った消費者が中心で、消費者自身が情報を共有している段階マーケティング3.0[人間中心]人間的アプローチが必要であり、生活者を人間として捉える段階 26
  22. 22. 考え方について [人間中心] 企業 と 生活者 が 互いにポジティブな情報交換を行う。 27
  23. 23. 考え方についてメールやDMなどの[囲い込み]のアプローチからTwitterやFacebookなどSNSで直接[語りかけ合う]コミュニケーションへ 28
  24. 24. 考え方について企業本位の発想で「いかに伝え」「いかに理解してもらい」「いかに買ってもらうか」 ↓からいかに商品やブランドに愛着を持ってもらうか アイテムの質ではなくそのモノに対しての満足感。 29
  25. 25. 考え方について企業と生活者のお互いがパートナーとして認め合う関係として整いつつある時代 30
  26. 26. 考え方について結局これも 共感 となります。 31
  27. 27. 考え方について 「考え方について」のまとめ 32
  28. 28. 考え方について [目的][効果][伝わり方] × 共感を生むパートナー 同士のポジティブな関係 33
  29. 29. 制作について
  30. 30. 制作について[コンセプト(全体像)] → 目的[ストーリー(物語)] → 効果[デザイン(表現)] → 伝わり方 インタラクシ ンデザイ ョ ン [機能] イ ォ ーシ ンデザイ ンフ メ ョ ン [構造] 35
  31. 31. 制作について イ ォ ーシ ンデザイ ンフ メ ョ ン 情報を設計 構築し、与件に適した配置・配色をデザインする。 ・ インタラクシ ンデザイ ョ ン 構造と仕組みを創りだし使いやすい機能としてデザインする。!"##$% インターフ イスデザイ ェ ン ユーザーの特色を表現(イメージ)した世界観をデザインする。 36
  32. 32. 制作について3つの情報設計を行った上で、[コンセプト(全体像)][ストーリー(物語)][デザイン(表現)]3つのデザイン設計を行います。 イ ォ ーシ ンデザイ ンフ メ ョ ン インタラクシ ンデザイ ョ ン [構造] [機能] 37
  33. 33. [制作事例]
  34. 34. 制作について ファンとの対話を視覚的にたのしく表現 39
  35. 35. 制作について ひろしま国際平和マラソン www.hiroshima-marathon.com [目的] 参加者12000人,認知度UP,30周年 [効果] 市民が参加する地元密着型マラソン [伝わり方] 盛り上がってる感、みんなで楽しむ [構造] 印刷物とも連動したビジュアル、イラスト [機能] Twitterと連動した拡散機能 [表層] キーカラー、キャラクターの導入 参加者10000(web:3000人/紙:7000人)人を 参加者12000(web:10000人/紙:2000人)人に 40
  36. 36. 制作について ひろしま国際平和マラソン www.hiroshima-marathon.com [目的] 参加者12000人,認知度UP,30周年 [効果] 市民が参加する地元密着型マラソン [伝わり方] 盛り上がってる感、みんなで楽しむ [構造] 印刷物とも連動したビジュアル、イラスト [機能] Twitterと連動した拡散機能 [表層] キーカラー、キャラクターの導入 参加者10000(web:3000人/紙:7000人)人を 参加者12000(web:10000人/紙:2000人)人に 40
  37. 37. 制作について ブランドイメージを徹底して追求 41
  38. 38. 制作について 家具の里プロダクト研究所 www.kagusatoken.jp [目的] 徹底したブランド展開で他との差別化 [効果] 新規ファンの獲得、質を世界観で表現 [伝わり方] 買いやすく、安全。日本製の安心感。 [構造] 商品特徴を一貫したブランドイメージ [機能] アイテムの詳細、作り手の声、生産地 [表層] 手作り感、心地よい生活スタイル統一されたブランドイメージで世界観をつくりだす 42
  39. 39. 制作について 家具の里プロダクト研究所 www.kagusatoken.jp [目的] 徹底したブランド展開で他との差別化 [効果] 新規ファンの獲得、質を世界観で表現 [伝わり方] 買いやすく、安全。日本製の安心感。 [構造] 商品特徴を一貫したブランドイメージ [機能] アイテムの詳細、作り手の声、生産地 [表層] 手作り感、心地よい生活スタイル統一されたブランドイメージで世界観をつくりだす 42
  40. 40. 制作についてウェブサイトから伝わるありのままのお店 43
  41. 41. 制作について ヘアサロン RUTH www.ruth.co.jp [目的] 来店促進 [効果] お店の印象をインテリアなどから発信 [伝わり方] デザインやスタッフの声から親近感を [構造] ひとめで分かるお店のイメージ [機能] 動画や写真を大胆に分かり易く見せる [表層] スタッフの顔や言葉をそのまま表現 ヒトけのある表現で親近感と魅力を盛り込む 44
  42. 42. 制作について ヘアサロン RUTH www.ruth.co.jp [目的] 来店促進 [効果] お店の印象をインテリアなどから発信 [伝わり方] デザインやスタッフの声から親近感を [構造] ひとめで分かるお店のイメージ [機能] 動画や写真を大胆に分かり易く見せる [表層] スタッフの顔や言葉をそのまま表現 ヒトけのある表現で親近感と魅力を盛り込む 44
  43. 43. 制作について 「制作について」のまとめ 45
  44. 44. 制作について [構造] [機能] [表層] × 一貫したイメージづくり とシンプルな世界観 46
  45. 45. 目的のためのサービスづくり
  46. 46. 目的のためのサービスづくり [目的] [効果] [伝わり方] × 共感を生むパートナー 同士のポジティブな関係 48
  47. 47. サービスのためのデザインづくり
  48. 48. サービスのためのデザインづくり [構造] [機能] [表層] × 一貫したイメージづくり とシンプルな世界観 50
  49. 49. [まとめ]
  50. 50. まとめ 改めてもう一度。 52
  51. 51. まとめ 広告なんて いちいち覚えている わけがない! 53
  52. 52. まとめ 情報は 届けられるもの から それぞれの価値観から 選ぶもの へと変化 54
  53. 53. まとめ 「自然な共感」 「コミュニケーション」 55
  54. 54. まとめ 人の日常を。 56
  55. 55. ご清聴、ありがとうございました。 高見 祐介 @aghome

×